仮面ライダーパンチホッパー

【ライダー名】 仮面ライダーパンチホッパー
【読み方】 かめんらいだーぱんちほっぱー
【変身者】 影山瞬
【スペック】 パンチ力:3t
キック力:6.5t
ジャンプ力:ひと跳び39m
走力:100mを5.6秒
【登場作品】 仮面ライダーカブト(2005年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場話】 第35話「地獄の兄弟」

【詳細】

ホッパーゼクターのパンチサイドをライダーベルトにセットすることで変身するライダー。
変身者はザビーの資格を剥奪された影山瞬。

全身がヒヒイロノカネと呼ばれる未知の金属で構成された鎧に覆われており、マスクドフォームを廃して最初からライダーフォームに変身する。
足技は使わずに名前の通りパンチのみで相手を圧倒、右腕にはパンチを打ち込んだ打撃の力を開放するアンカージャッキを備える。

劇中では未使用だったがクロックアップシステムも搭載。

必殺技はゼクターのタキオン粒子をチャージアップし、
右腕に込めて放つ「ライダーパンチ」。
パンチを放つ前に上空へ高く飛び上がる「ライダージャンプ」を挟むのが特徴。

ザビー変身時にボクシングスタイルで戦っていた 装着者のスタイル を最もよく反映させるシステムといえる。
ただ、スペック上はキックホッパーと全く同一であり、 パンチ力に優れているわけ ではない。