仮面ライダーキックホッパー

「誰か俺を笑ったか?」

【ライダー名】 仮面ライダーキックホッパー
【読み方】 かめんらいだーきっくほっぱー
【変身者】 矢車想
【スペック】 パンチ力:3t
キック力:6.5t
ジャンプ力:ひと跳び39m
走力:100mを5.6秒
【登場作品】 仮面ライダーカブト(2005年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場】 第33話「萌える副官」

【詳細】

ホッパーゼクターのキックサイドをライダーベルトにセットすることで変身するライダー。
変身者はザビーの力を失った矢車想。

全身がヒヒイロノカネと呼ばれる未知の金属で構成された鎧に覆われており、
マスクドフォームを廃して最初からライダーフォームに変身する。

両腕は使わず名前の通り、足技のみで相手を圧倒し、
左足にはキックの力を開放する アンカージャッキ を備える。
本編ではクロックアップを使用しなかったが、システム自体は搭載されている。

必殺技はゼクターのタキオン粒子をチャージアップし両脚に込めて放つ「ライダーキック」。
キックを放つ前に上空へ高く飛び上がる「ライダージャンプ」を挟むのが特徴、キックの反動を利用して複数の相手を倒すこともできる。