仮面ライダーウォズ フューチャーリングシノビ

「投影、フューチャータイム! 誰じゃ?俺じゃ?忍者! フューチャーリング、シノビ!シノビ!」

【ライダー名】 仮面ライダーウォズ フューチャーリングシノビ
【読み方】 かめんらいだーうぉず ふゅーちゃーりんぐしのび
【変身者】 ウォズ
【スペック】 パンチ力:18t
キック力:44.5t
ジャンプ力:ひと跳び87.4m
走力:100mを1.6秒
【基本形態】 仮面ライダーウォズ
【声/俳優】 渡邉圭祐
【スーツ】 永徳
【登場作品】 仮面ライダージオウ(2019年)
【初登場話】 EP18「スゴイ!ジダイ!ミライ!2022」

【詳細】

別の未来からやってきたウォズがビヨンドドライバーのマッピングスロットにシノビミライドウォッチをセットし変身したウォズの派生形態。

複眼センサーには「シノビ」という立体的な文字が収まっている。
仮面ライダーシノビの力を投影した姿。

専用武器は基本形態同様にヤリ、カマ、ツエの3つのモードを持つ「ジカンデスピア」。
この姿では鎌モードで戦い、仮面ライダーシノビと同じ忍法を駆使し分身技等を使って変幻自在の戦いを行う。

【各部機能】

頭部は仮面ライダーシノビの能力を付与したキャリバーS/FS
額のクロックブレードSはシノビの能力が追加されたクロックブレードSシノビとなり、全ての周波数帯での通信が可能であり、
デジタル化や暗号化された情報も傍受してしまう。
「シノビ」の文字がトラックアイとして配置されたインジケーショントラックアイ・シノビは10km先の木の葉を見分ける視力を持ち、
暗視モード、透視モードといった複数のチャンネルを状況に合わせて使い分けることで様々な状況下に対応できる。

ウォズのフューチャーリング形態は仮面ライダージオウ仮面ライダーゲイツらのライダーアーマーに比べると置き換わっている部分はあまり多くない。
主に頭部と両肩、エクスパンションバンドライナーの部分がセットしたミライドウォッチのデータでそのライダーの機能を付与する形状に変化する。

仮面ライダーシノビのミライドウォッチデータでエクスパンションバンドライナーはシノビアーマーライナーへと変化。
光学迷彩装置、ステルス機能など仮面ライダーシノビが有する隠密活動に適した特殊装備のほとんどを内蔵する。
胸部装甲にはホーミング機能を持ったシノビシュリケンがあり、ブーメランのように投げても使用者の手元に戻す事が可能。

仮面ライダーシノビの全能力は両肩のシノビショルダーに収められ、この部分の機能によって忍術を現実化し使用する。
相手の影に潜んだり、分身するなどアナザーシノビ以上の高度な忍術を行使可能にする。

必殺技は「忍法時間破壊の術」。武器の必殺技は「一撃カマーン」。

【活躍】

EP18にて登場。
アナザーシノビとの戦いで変身し、一方的に攻撃して撃破した。

【余談】

雑誌「宇宙船」によると、仮面ライダーウォズのスーツは該当箇所のパーツを取り替えることで撮影に対応しているとのこと。
具体的には上記の頭部、胴体中央部のパーツ、両肩となる。

なお「フューチャーリング」という言葉は、「未来(Future)」とテーマ収集から転じて「客演」等を意味する「フィーチャリング」とかけた造語。
意味合いを読めば、「未来からの客演」となるか。フューチャーリングシノビであれば、「未来から(仮面ライダー)シノビの客演」という意味とも採れる。