仮面ライダータイガ

【ライダー名】 仮面ライダータイガ
【読み方】 かめんらいだーたいが
【変身者】 東條悟
【スペック】 パンチ力:250AP(約12.5t)
キック力:400AP(約20t)
ジャンプ力:ひと跳び40m
走力:100mを5秒
【召喚機】 白召斧デストバイザー
【契約モンスター】 デストワイルダー
【所有カード】 アドベント-契約モンスターの召喚
ストライクベント-デストクローの召喚
フリーズべント-相手の発動したカードを凍らせ無効化させる。
ファイナルベント-クリスタルブレイクの発動
【登場作品】 仮面ライダー龍騎(2002年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
仮面ライダーブレイブ~Surviveせよ!復活のビーストライダー・スクワッド!~(2017年)
【初登場】 第35話「タイガ登場」

【詳細】

トラ型ミラーモンスター・デストワイルダーと契約した者がカードデッキをVバックルに装填して変身するミラーライダー。

ストライクベントで呼び出されるAP2000の手甲・「デストクロー」を用いた格闘戦を得意とし、
フリーズベントを使って相手のカード(というより相手が呼び出したモンスター)を停止させ、その隙に自身のファイナルベントを発動させると言う戦法を得意とする。
また、設定上はコンファインベントの対策用カード・「リターンベント」のカードも持っているが、
劇中ではコンファインベントを持ったライダーと同時期には登場せず、未使用。

必殺技はデストクローを構え、デストワイルダーが引きずってくる相手に突き立て結晶爆発させる「クリスタルブレイク」。
構えるタイガのところまでモンスターが引きずっていく都合上、デストワイルダーが攻撃を受けるなどして失敗する場合が多かったが、
背後からデストワイルダーが不意打ちで攻撃を行うため、初撃の命中率だけは極めて高い。

【仮面ライダーブレイブ~Surviveせよ!復活のビーストライダー・スクワッド!~】

作中に登場するビーストライダー・スクワッドのメンバーとして何者かの手で蘇った。
劇中では鏡飛彩の助手のみずきを襲い、ライダーの出方を見る役割を得る。

ブレイブとの決戦ではダークキバ、サソードがあっさり倒され、ビーストと共にブレイブと距離を取って戦闘していたが、変身したリーダー格の王蛇がブレイブの攻撃を受けさせる楯代わりにされて消滅した。
その正体は他のビーストライダー・スクワッドと同様に謎の組織によって 仮面ライダーのデータ を元に複製された存在である模様。