仮面ライダーブラッド

「マックスハザードオン! グレートクローズドラゴン!」
「アーユーレディー ウェイクアップクローズ! ゲットグレートドラゴン! ブラブラブラブラブラァ!ヤベーイ!」

【ライダー名】 仮面ライダーブラッド
【読み方】 かめんらいだーぶらっど
【変身者】 伊能賢剛
【スペック】 パンチ力:61.3t
キック力:67.1t
ジャンプ力:ひと跳び82.5m
走力:100mを0.9秒
【声/俳優】 勝村政信
【スーツ】 今井靖彦
【登場作品】 劇場版 仮面ライダービルド Be The One(2018年)

【詳細】

伊能賢剛がハザードトリガーをセットしたビルドドライバーに、ガジェットモードに変形したグレートクローズドラゴンへコブラロストボトルを装填、ベルトにセットして変身した悪の仮面ライダー。
彼なりに考案した仮面ライダーエボルと同等の姿。

変身時はシザーズ、ゼブラの両ロストスマッシュと万丈龍我をエネルギーに変えて中に取り込んでいる。
ビルド全フォームすら上回る戦闘力を持ち、コブラ型のエネルギー体を出現させることも可能。
必ずしも同族たちを吸収して変身しなければ維持できないというわけではなく、最終決戦ではジーニアスフォームのビルドの攻撃でシザーズたちを分離させられ、取り込んでいた龍我も奪われたが変身自体は解除されなかった。

伊能賢剛たちは星を滅ぼすブラッド族であるエボルトを影から補佐してきたが、彼の気が変わり地球滅亡ができなくなったためエボルトに変わる存在として地球を滅ぼすべく、表舞台に出ることとなった。
エボルトリガーを有するエボルトに対抗する必要があるためそれに迫る戦闘力を手に入れることを考えた伊能は、エボルトリガーと同じ仕組みと似た機能を持つハザードトリガーの入手を目論見、その結果が劇場版で展開された仮面ライダービルドの殲滅計画である。

背中のBDベクターマントで飛行できる。

洗脳された民衆たちの野次が飛ぶ中、ジーニアスフォームと互角以上の戦いを繰り広げ追い詰めるが、
決して諦めない戦兎は龍我と融合したクローズビルドフォームに変身。
激闘の末に最期は「ラブ&ピースフィニッシュ」を受け撃破された。

【余談】

変身音声はビルドとクローズのものを合わせている。