仮面ライダーディエンド

「僕の旅の行き先は、僕が決める」

【ライダー名】 仮面ライダーディエンド
【読み方】 かめんらいだーでぃえんど
【変身者】 海東大樹
【スペック】 パンチ力:6t
キック力:8t
ジャンプ力:ひと跳び30m
走力:100mを5秒
【最強フォーム】 仮面ライダーディエンド コンプリートフォーム
【声/俳優】 戸谷公人
【スーツアクター】 永徳
横田遼(スーパーヒーロー大戦)
【登場作品】 仮面ライダーディケイド(2009年)
【名前の由来】 死(英:die)とおわり(英:end)を組み合わせた造語
【初登場話】 第10話「ファイズ学園の怪盗」

【詳細】

海東大樹が「ディエンドライバー」に「カメンライド ディエンド」のカードを読み込ませることによって変身するライダー。

ドライバーにカードを読み込ませることで攻撃や特殊効果など様々な対応を行うのは仮面ライダーディケイドと同様だが、
最大の違いはディケイドとは異なる「カメンライド」の使用方法。

ディケイドは「カメンライド」によって描かれたライダーに変身、自身がそのライダーの能力や必殺技などを使用することであらゆる状況に対応でき、
ディエンドは「カメンライド」に描かれた仮面ライダーを召喚できる。
自分という存在を保ったまま、単純に戦力を倍化できるため、数によって相手を圧倒する戦法を得意とする。

「アタックライド」による様々な攻撃能力の他、召喚したライダーを「ファイナルフォームライド」の力で変形させ「ファイナルアタックライド」の発動も可能。
ディエンドライバーの限界からか、基本的に同時に呼び出すライダーは2体まで。

ただし、「カメンライド ライオトルーパーズ」だけ1枚のカードで3体あるいは5体同時に召喚が行われる。

また、ディエンド本体の能力として高速移動能力も持ち、徒手空拳以外にもディエンドライバー自体で相手を殴りつけるなど格闘能力も非常に高い。
必殺技は「ファイナルアタックライド ディエンド」のカードを用いた「ディメンションシュート」。

ディエンドライバーは 大ショッカーが開発したもの を海東大樹が盗んだ。