仮面ライダーゲンム プロトスポーツアクションゲーマー レベル0

「シャカリキ!メチャコギ! ホット!ホット!シャカ!シャカ!コギ!コギ! シャカリキスポーツ!」

【ライダー名】 仮面ライダーゲンム プロトスポーツアクションゲーマー レベル0
【読み方】 かめんらいだーげんむ ぷろとすぽーつあくしょんげーまー れべるぜろ
【変身者】 なし
【スペック】 パンチ力:t
キック力:t
ジャンプ力:ひと跳びm
走力:100mを秒
【ジャンル】 Xスポーツゲーム
【初期形態】 仮面ライダーゲンム アクションゲーマー レベル2
【声/俳優】 不明
【スーツ】 不明
【登場作品】 仮面ライダーレーザー(2017年)

【詳細】

仮面ライダーゲンムがプロトシャカリキスポーツガシャットをゲーマドライバーの左スロットに装填しアクチュエーションレバーを展開することで変身した特殊形態。
変身コールはなし。

プロトゲーマが胸部装甲となり、エグゼイドとレーザーに襲い掛かる。

【身体機能】

GMヘッド-ACT2 となった頭部を持つ。
変身に用いているのがプロトガシャットであるためなのか、正規版のガシャットを使ったレベル3で装着されていたヘルメット状のパーツは頭部に無い。

ゲンムの全身を覆う プロトギアスーツ は変身者の動作を補助、強化することで常人離れした身体能力を発揮する。
また、このスーツは運動能力と反応速度を重視した調整が加えられており装着者の技量がそのまま戦闘力に反映される。
プロトと名のつくようにエグゼイドのものの試作品(というよりライダーシステム自体の試作品)のようで、強化リミッターを解除することで、
ゲインライザー と呼ばれるレベルアップや戦闘経験に応じた攻撃力と防御力の向上を担う機能を持つ GNグロウスアーム はレスポンスが早く、
攻撃の出が早いことから素早い連続攻撃が可能。
プロトファイトグローブ に覆われた拳はバグスターウイルスに対する駆除プログラムを流し込むことができる他、ガシャコンウェポンと連動し攻撃動作を最適化できる。
また、 GNグロウスレッグ も駆除プログラムの流し込み等GNグロウスアームと同じ機能を持ち、エア噴射による二段ジャンプなどを可能にする プロトファイトシューズ をより強化する。

更に胸部に装着された増加装甲に組み込まれた レイドアンプリファー で攻撃力を、
ガードアンプリファー で防御力を飛躍的に向上させている。

トリックフライホイール を武器とし、高速回転させることでホイール表面が鋭利な刃に変化。
投げつけることで相手の体力を大きく削ることが可能となっている。

必殺技は不明。

【活躍】

『仮面ライダーレーザー』に登場。
本来のゲンムとは異なる存在で、エグゼイドが入り込んだゲーム『爆捜トレジャー』のセキュリティシステムである。
エグゼイドとレーザーと倒すためにレベル2からレベルアップし、2人のライダーを追い詰める。

だが、エグゼイドがバイクアクションゲーマーにレベルアップしたことで、形勢が逆転、その必殺技で倒される。