仮面ライダークウガ アルティメットフォーム

聖なる泉枯れ果てし時、凄まじき戦士雷の如く出で、太陽は闇に葬られん

【ライダー名】 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
【読み方】 かめんらいだーくうが あるてぃめっとふぉーむ
【変身者】 五代雄介(クウガ)
小野寺ユウスケ(ディケイド)
【スペック】 パンチ力:80t
キック力:100t
ジャンプ力:ひと跳び90m
走力:100mを1秒
【スーツアクター】 富永研司(クウガ)
伊藤教人(ディケイド)
【フォームチェンジ】 仮面ライダークウガ グローイングフォーム
仮面ライダークウガ マイティフォーム
仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム
仮面ライダークウガ ペガサスフォーム
仮面ライダークウガ タイタンフォーム
【強化フォーム】 仮面ライダークウガ ライジングマイティ
仮面ライダークウガ ライジングドラゴン
仮面ライダークウガ ライジングタイタン
仮面ライダークウガ ライジングペガサス
仮面ライダークウガ アメイジングマイティ
【登場作品】 仮面ライダークウガ(2000年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場話】 第48話「空我」

【詳細】

アマダムと融合してクウガとなった者が、憎しみの力で「究極の闇」と同等の存在へ覚醒した最強フォーム。通称「凄まじき戦士」。

全身のシルエットが黒を基調とした刺々しい物へと変貌。
全ての平成ライダーすら凌駕する圧倒的なスペックや、各ライジングフォームの武器を作り出す能力に加え、
視認しただけで対象をプラズマ化して消滅させる超自然発火能力(単純に燃やすわけではなく、回避もダメージを軽減することも不可能)など超常的な能力を数多く身につけている。
肘や膝の刺は封印エネルギーを放出しながら伸縮して対象を切断することが出来、全身を走る血管状の組織は強い封印エネルギーを絶えず放出し続けている。

「究極」と名のつく通り絶対的な力を持つが、この姿になると変身者は理性を失い憎しみのままに暴走することになる。
五代雄介はグロンギの中でも飛び抜けて非道なゴ・ジャラジ・ダとの戦いで、
憎しみと怒りで我を忘れた時にアークルからこの姿になった自分のイメージを見せるという警告を受ける。
以後ならないように細心の注意を払っていたが、パワーアップを果たした筈のアメイジングマイティですら対応できない ン・ダグバ・ゼバ を倒すのにこのフォームへの変身を決意した。

伝承ではアルティメットフォームは目が黒いもの(後にダークアイなどの名称が付けられる)という記述が残されているが、
雄介が決して優しさを失わなかったことで理性を失わず暴走もしない赤目のアルティメットフォームが誕生し、ダグバを倒してグロンギとの戦いに決着をつけた。

この戦いは双方が全く同じ能力を持っていたことで、自然発火能力も効果を示さず、純粋な殴り合いでの決着となった。
この時、ベルトに表面化した古代文字によると、赤目のアルティメットフォームのことは「清らかなる戦士、心の力を極めて戦い邪悪を葬りし時、汝自らの邪悪を除きて、究極の闇を消し去らん」と記述されている。

ダグバとの殴り合いの最中、ベルト(アークル)に罅が入り変身が解除され、以後は生身での戦いとなった。
そのため劇中での登場時間は約2分という短かさであった。

本編登場前に行われたプロデューサーインタビューでは「五代は怒りで暴走してアルティメット化する」と語られていた。
これは「オフレコにして下さい」と言い添えられたのだが、雑誌には掲載されてしまった。

その後、公式で「怒りでアルティメット化はしない」という否定発言があり、現に番組ではそうなったため、登場の予定が変更された結果、最終回直前の登場になったものと推察される。

必殺技は両足に封印エネルギーを込めて放つ「アルティメットキック」(データファイルなどではダグバ戦で見せた蹴りがアルティメットキックとされている場合もある)。
TV本編では上記の通り殴り合いとなり、放送当時発売された格闘ゲームでの登場に終わった。

必殺技は「ディケイド」でようやく使われることになるが、「てれびくんの世界」でコンプリートフォームに召喚され、その他のライダーと同時攻撃という形で終わった。
また、ディケイドでは大神官ビシュムの地の石によって生み出されたライジングアルティメットと呼ばれるフォームが登場している。

ディケイドでは黒目(ブラックアイ/ダークアイ)の方が一般的な形で登場する。
また、超発火能力という技が『パイロキネシス』という名称で、後に発売される『クライマックスヒーローズ』や『バトライド・ウォー』などで超必殺技に使用されている。

【活躍】

ゴ・ジャラジ・ダ戦で憎しみと怒りで我を忘れた時にアークルからの警告として登場。
以後、第48話のン・ダグバ・ゼバ戦まで登場することはなかった。

『ディケイド』ではディケイドの能力で召喚されるレッドアイが『バトルDVD』のテレビバエくん戦で登場しており、アルティメットキックを披露している。
本編では最終話で理性を失ったユウスケが変身するダークアイ(再放送版ではユウスケとは別人扱い)が登場し、ディケイドと戦う。
だが、『ディケイド完結編』ではどんな経緯があったのか不明の正気に戻ったユウスケがダークアイに変身しており、死闘の末にディケイド激情態に敗れている。

【余談】

スペックは高く、この形態と互角な形態は登場しなかったが、『仮面ライダーエグゼイド』にて仮面ライダーエグゼイド マキシマムゲーマー レベル99が登場することとなった。