登戸MAP説明


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登戸は小田急線とJR南武線の二つの路線が通過する所に位置しています。登戸から小田急線の急行で新宿まで約25分、新百合ヶ丘まで約10分程で経由可能です。登戸は、短時間で気楽に訪問できる地域であると思い、登戸の最も代表的なスポットである生田緑地を重心に見所を説明します。

1.生田緑地は多摩丘陵の市内第一の緑地であります。四季ずっと自然を楽しめる一方、緑地内には色々な施設があるので、ひとつの場で多様な経験ができるスポットであります。以下の代表的なスポットの他にも、色々な見所があり、緑豊な自然を楽しめることができます。日本の自然や文化の経験以外、一休みのスポットとしてもお勧めです。生田緑地の行き方は、小田急線の向ヶ丘遊園駅に下車し、南口のバスを利用する方法が最もお勧めです。徒歩では約20〜25分所要です。

生田緑地内の重要スポットから順番に説明すると、
2.日本民家園は、2〜300百年前に建てられた東日本の代表的な古民家から始め、25点の文化財建造物、野外博物館があります。また、民家内には生活用具の展示や多様な体験、公演などの行事も行われています。日本の歴史や伝統生活を一目に見ることができるスポットであります。

また、日本民家園のすぐ横に位置している
3.そば処は、民家内から流れる水を使用して作るそば専門店であり、日本の代表的な食が楽しめる店です。

生田緑地の西口からすぐに位置している
4.伝統工芸館では、日本伝統工芸の藍染めを体験できるスポットであります。日本でしか出せない色の染め方を実際に体験でき、日本をより感じることができる機会になると思います。体験には事前予約が必要です。

伝統工芸館から奥の池の道に向かう所に位置している
5.岡本太郎美術館には、芸術家岡本太郎さんの美術作品や資料の他、多様な芸術や近現代美術の展示が行っています。ここでは、異色的空間の中で一味違った日本の現代美術を楽しめることができるスポットであります。すぐ外にある美術館のシンボルタワー母の搭ももうひとつの見所であります。また、館内にはカフェテリアが設備されていて、簡単な洋食やデザートを楽しめながら一休みもお勧めです。

6.青少年科学館では、生田緑地の自然の特徴を説明する常設展と特別展を行っています。また、ここではプラネタリウム展示室があり、新しい経験ができると思います。だが、平成22年〜23年にかけて改修工事が行われ24年春、また新たな青少年科学館が生まれる予定です。工事の間、プラネタリウム投影は現本館展示室内に設置する仮説プラネタリウムにて投影を続けます。時間などの詳しいことは後ろページを参考してください。

生田緑地から少し離れている
7.バラ苑には、1.2haほどの敷地の中に沢山のバラが咲いています。開花時期に合わせて春と秋に一般公開されており、詳しい日程などはホームページなどを参考してください。ここでは、緑豊な生田緑地とは一味違う自然の色を楽しめることができる心豊かな時間を提供するスポットです。

生田緑地から離れて、小田急線向ヶ丘遊園の北口から徒歩5分の所に位置している
8.柏屋は、180年の歴史を持つ伝統日本料理店であります。ランチメニューもあり、本格的な日本の伝統味や食文化を経験できる店であります。

以上、登戸MAPの説明は終りです。アクセスや料金、開館時間などの詳しいことは後ろページを参考してください。


このように登戸は都心から経由しやすいし、伝統と現代文化を一度に経験できる利点を持つ地域であります。ちなみに、2011年秋には、ドラえもんの作家として世界的に有名な藤子不二雄さんの作品を展示する美術館が生田緑地内に開館する予定であります。また、生田緑地内には川崎国際生田緑地ゴルフ場があり、このような施設は外国人向けの川崎市の認知度を引き上げるのに大きく影響を与えられると思われます。