弾幕の二重奏 4

GM: あらすじ三行。
コウキュウ: ひゅーひゅーどんどん

GM: ・咏那は犯人が化けた偽者。演奏会を乗っ取って何やら企んでいる様子。
GM: ・時間ギリギリで救出。一行は演奏会が行われる東の広場へ。
GM: ・3サイズのセキュリティクリアランスはホワイトです

コウキュウ: え、今ならきけr(パーン
GM: 次のクローンはうまくやってくれることでしょう
コウキュウ: 私、三回目なの……
GM: では天子もとい天狐もとい点呼を行います。
コウキュウ: いちすっぱ!
色: 二神将!
ユメヌ: さん……さん……
踏鞴: 失礼しました
GM: では揃いましたので始め……る前にまた一つ伝達事項を。
コウキュウ: 追跡やめてー?……冗談です
 ・戦闘中、NPCはPCのHPを知らないのでグレイズのダメージ増加への使用はダメージ決定前に行います。ただしカードが割れるダメージはある程度学習します。
 ・クライマックス戦闘のため開始時間にゆとりを持たせましたが、いつ終わるか予想はつきません。揃っていないと進まないので寝落ちには気をつけてください。

ユメヌ: 了解ですー
踏鞴: 了解であります
コウキュウ: 逝ける……逝けるさ!
色: はい、すみません
GM: 以上でございます。それでは第5回セッションを始めましょう!
ユメヌ: よろしくおねがいしますー!
色: よろしくおねがいします
踏鞴: お願いしますー
コウキュウ: がんばりますよー!

クライマックスシーン 戌の刻(20:00) 東の広場


GM: 一行は咏那を連れて広場へと戻ってきました。ステージには魔法の光が灯っており、あたりは明るくなっています。
コウキュウ: 「ギリギリ間に合ったかのぉ……?」空中で静止。様子見しつつ、みわたすよ
色: 「どうかしら。大きな騒ぎにはなってないみたいだけど」
踏鞴: 「さて、犯人はどこかな……?」ステージ辺りを見渡し
GM/咏那: 「あ、あれは……なんで私がっ!?」 咏那がステージを指差すと、そこにはセフィアと咏那の姿があります。
コウキュウ: さて、ライブは始まる寸前な感じですか?
踏鞴: 「あーあー……こりゃあ厄介な事に……」
弟子: 「今更本物を出しても大丈夫なのか……?」
GM: ええ、今まさに始まりそうですね
ユメヌ: 「あら、やっぱり姿を奪う輩だったのね」
色: 「あらあら。私達がいない間に紛れ込んじゃってるわけね」
コウキュウ: 「さて、どうするかのぉ……ぬしは、どうしたいかのぉ?」今まさに始まりそうなステージを見ながら咏那へと問いかける
GM/咏那: 「決まってるよ。……私の演奏会なんだもん、取り戻さなくっちゃ!」
踏鞴: 「このまま突っ込んだら演奏会というよりヒーローショーになるよな」
弟子: 「……やけに嬉しそうだな、師匠……」
コウキュウ: 「そうかえ……なら、やるべき事は一つじゃよな」片目だけを開け悪戯を思いついた子供のように笑い、全員に問いかけるように
踏鞴: 「よーし……ドアに窓のリベンジを果たしてくれよう……」にやにや
弟子: 「観客から暴言が出なければいいのだが……」
コウキュウ: 「ぬしは……どうするかえ? 一緒に来てもよいが、身の安全は保障できぬぞ?」咏那へと
ユメヌ: 「はぁ、やっぱりやるのね……」
色: 「じゃあ行くわね?」
GM/咏那: 「私はあんまり弾幕ごっこは得意じゃないから、直接あの妖怪を退治することはできないけど……みんな、力を貸してもらえる?」
踏鞴: 「よし、決まりだな……じゃあ突っ込むか」
弟子:「ええい、ここまで来たら後には引けん!」
コウキュウ: 「ぬしがそう望むのならば...な」にやりと笑い答える
コウキュウ: 「それでは、みな逝くぞっ!遅れたものは観客と一緒にみてるがええわ!」ズバッ、と一人先に夜闇を切り裂きステージへと突っ込む
ユメヌ: 「そうできたらどれほど良いか……」仕方なしについて行きます
GM: 咏那もそれに続いて飛んでいきます。
踏鞴: 「呼ばれてなくても即参上!怪人姿写しっ!今こそ成敗するっ!」バッとポーズ 弟子「……するー……」
色: 「最初の一声は咏那に任せなさいよ」

「ありがとう、みんな。それじゃあ――」咏那は一度深呼吸をした後、一気にギターをかきならす。

広場に響き渡るエレキギターの音に、観客、セフィア、そして咏那と同じ姿の何者かが一斉に振り向いた。

GM/セフィア: 「あれっ!?え、咏那ちゃん!? それに、そのギターは――!」
GM/偽咏那: 「…………」
踏鞴: 「セフィアっ離れろ!そいつは偽物の怪人姿写しだっ!」
弟子:「センスないな師匠……」
色: 「本物の咏那はこっちよぉ」いろいろ妨害道を作り出す準備
コウキュウ: 「……さて、ギリギリ間に合ったかのぉ?」セフィアと咏那偽の間を割るように着地し、立ち上がると同時に髪を書き上げる。その笑みは悪人と言っても過言では……あれ?
GM/セフィア: 「え、ええっ!? 一体何が起こってるの!?」
GM/偽咏那:「…………」
ユメヌ: 「あんた何の恨みがあって私が盗んだなんて言ったのかしら……?そのせいで今日一日さんざん引っ張り回されて……!」
コウキュウ: 「さて、本当の姿、見せてもらおうかのぉ……言い逃れは出来ぬぞっ!」ずびし、と人差し指を突きつけて
踏鞴: 「あっ……いつの間にか主役をコウキュウに盗られてる……ちゃっかりしてるなあ」
弟子:「師匠だったら酷い事になってた気が……」
色: 「さあ早いところ舞台から降りなさい?」舞台のまん前で(観客に背を向けてたつ
GM/セフィア: 「に、偽者って……」
GM/偽咏那: 「…………ふふっ、まさかとは思ったけど本物まで連れてくるとはね……!!」バッとステージから飛び立ち、偽咏那を黒い影が覆っていきます。
GM: そして影が消えていき、徐々に現れるのは軍曹の姿。
コウキュウ: 「……その姿、どこぞで見たのぉ」
GM/???: 「ははははははっ! これを倒した連中を潰し合わせておくつもりが、まさか一緒になっているとはな! だが、もうそんなことは関係ないわ!」
踏鞴: 「なんと、軍曹が犯人だったのかッッ!」
弟子: 「あからさまに驚くんじゃないっ!違う事はとっくにわかっているだろう!」
色: 「あらあら、またも偽の姿なのねぇ」
コウキュウ: 「……三文芝居じゃな。その戦いずらそうな姿のまま戦うというのならば、わしは止めないがの」アホ毛の間に妖力をためて
GM/???: 「貴様らが遊んでいればこのまま第二次妖精大戦争でも始めようかと思ったがな。だが、私の真の目的は達成されつつある! あの人間達の戸惑う様を見ろ!」
GM: 演奏会が始まると思いきやもう一人の咏那が現れ、元からいた咏那が噂の軍曹に変身という状況に観客達はざわめいています。
踏鞴: 「おのれ、怪人姿写し……正体を見せろ!」光魔法かっこいいポーズ
弟子: 「どうでもいいが軍曹殿の名誉を汚す事は許せんっ!」
コウキュウ: 「まぁ、こうなるわな……さてはて、おぬしは本当に軍曹なのかのぉ」そう言いながらセンスオーラ発動。対象指定、目の前の軍曹(?)
GM: どうぞ。あと、移動で30分経過してますので霊力3回復しておいて下さい。

コウキュウ: 6+2+3d6 達成地勝てよっ
 (ダイス): 6+2+12(3D6: 5 1 6) = 20

コウキュウ: 微妙!
踏鞴: こちらも今の内に武器生成を試みます

踏鞴: 7+2+3d6
 (ダイス): 7+2+14(3D6: 6 4 4) = 23

センスオーラ結果  種族:人間 健康状態:健康 感情:高揚

コウキュウ: 「ほぉ……なぜかのぉ。ぬしから人間の気配がするのぉ……」にやり、と笑いかけながら、偽軍曹へと
色: 色さんはすることがないなあ。観客を守るシールドでも張れたらいいんだけど
踏鞴: 「本物の軍曹は亡霊っ!つまり!」炎の槌を構えて
弟子:「お前は軍曹殿じゃないっ!」銃剣を構える
GM/???: 「ほうほう、人間、人間か……。くくく、まずまずといったところか?」さも面白そうに笑っています。
色: 「粘るわねぇ。ここまでお膳立てされてるんだからさっさと正体現すなり逃げ出すなりしなさいよ」
コウキュウ: 「さて……いい加減いいじゃろう?このようないたちごっこ、もう飽き飽きなのじゃが」
踏鞴: 「きっと正体を見せられない理由でもあるに違いないなー」馬鹿にしたような笑いを見せつけ
GM/???: 「くくっ……! そうだな、この姿を取るのもいささか面倒だ。まあ真の姿など晒すつもりはさらさらないが」再び軍曹の姿が揺らぎ、魔理沙の姿を取ります。
ユメヌ: 「えー……そういうことなの?」 非常に嫌な予感がする……
コウキュウ: 「……メンドクサイヤツじゃな、おぬし。その姿でいいのならよかろうて……ぬしの狙いをきこうかの。わざわざわしらと軍曹を仲違いするような真似をして……ホンにステージを荒らすだけが目的かの?」
色: (ところで咏那さんのステージはどうなってるのかしら?
踏鞴: 「きっと正体はとても見せられない様な酷い姿なんだろうなー可哀そうに」しっかり聞こえるように 弟子「……軍曹殿じゃなければ別になんでもいい」
コウキュウ/観客: 「ざわざわ......ざわざわ............」
色: 「はーい、連絡連絡。ただいま咏那の姿になって紛れ込もうとしたフトドキモノがいたのよ。そっちは今から懲らしめるから咏那さんと観客さんたちは音楽会のほう進めててねえ」マイクがあればマイクを使ってアナウンス。なければ地声で
コウキュウ: (守りながら戦え、とでもいうのかのぉ、ぬしは……)小声で色に
GM/???: 「私は人の写し身を取る」「隣人が別の存在にすりかわっていたら?自分とそっくりな姿の人間を見たら?」「そういった恐怖心がわちきの生きる糧よ」

おしゃべりなドッペルゲンガー
双影 離夢
Futakage Rimu

 

 GM/離夢: 「そう、ここの人間達を陥れる――それが私、双影 離夢の目的よ!」 魔理沙、霊夢、傘を持った青い妖怪、異形の羽を持つ吸血鬼――と、次々に姿を変えながら話します。

踏鞴: 「うへえ……ぐにょぐにょ変わって不気味な奴だなぁ……」 弟子「……私は極力自分の姿を殴りたくない」

ユメヌ: 「面倒な奴ねぇ……」

GM/離夢: 「昔は死の前兆なんてことをしていたけど、ここじゃそもそも死ぬ人間が少ないからなあ。まあこうして恐怖心を煽るのも悪くないぜ」と、再び魔理沙の姿を取って話しています。

コウキュウ: 「ならば、わしらがする事は一つ……ここの人間達を楽しませる。それを邪魔するならば……」手持ちのスペカを一枚取り出し、見せ付けるように「容赦はせぬぞっ!」

GM: コウキュウがそう言った瞬間、ステージと観客周辺が結界で包まれ、踏鞴へと[ヒール]が飛んできます。HP15回復どうぞ。

踏鞴: 「うおお……?痛い所が消えていく……誰がしてくれたんだ?」

GM/慧音: 「守りは私に任せて、お前達は存分にそいつらを叩きのめしてやれ!」

GM/セフィア: 「今の私にはこれくらいしかできないけど――お願いしますっ!」

色: けーねいたんだ。

GM: 慧音に咏那の演奏会とギターのことを話していたのでこっちに赴いています。

コウキュウ: 「けーね、おったのか……ならば、そちらは任せられるのぉ。では、こちらもしょーたいむといこうかのぉ!」やる気は充分だ

色: 「あら、迷い道は必要ないみたいね。じゃあこれはあれに使わせてもらおうかしら」

踏鞴: 「おおっ!アクション演劇っぽくなってきた!よーし、ここでドアと窓の汚名挽回をしてやるっ!」

GM/離夢: 「ええい、小癪な。まあこいつらを落としてから破るとするぜ――ミスティア!」と声を張り上げる。

GM/ミスティア: すると、「人間に私の歌を聴かせるついでにまとめに鳥目にしてやるわ!」と、妖怪が一人離夢のそばにやってきます。

ユメヌ: 「ん、こいつは本物? ……どっちでもいいか」

踏鞴: 「ちょっと待て!なんで夜雀がいるんだ!鳥目にされたら観客がアクションを見れなくなるだろうが!」

弟子: 「突っ込む場所はそこか?」

コウキュウ: 「汚名挽回でもないがのぉ。 一人じゃろうが二人じゃろうが、邪魔をするならば蹴散らすのみよっ!」

GM: 指揮棒を持ったセフィアとギターを持った咏那が同時に[サウンド]を発動し、一帯に音楽が流れ始めます。

色: 「下も無事始まったみたいね。こちらもそろそろ始めましょう?」弾を展開して威嚇的に打ち出し始める

コウキュウ: 「戦いの舞台は整った、といった所じゃろうかの……くくく、腕がなるわっ」

GM: 離夢「さあ、始めるわよ!」 ミスティア「いざ、弾幕決闘!!」 ♪G Free

 

自陣スペルカード:10  敵陣スペルカード:8
勝利条件:双影 離夢、ミスティア・ローレライの撃墜

 

Set Spell Card


GM: 戦闘開始! DP宣言をどうぞ!


踏鞴: DP25 前衛 

ユメヌ: DP24 後衛で

色: DP24後衛。

コウキュウ: DP22 前衛 イニシアティブ0!

弟子: DP19 前衛


離夢 DP30後衛 ミスティア DP28前衛

 

ターン1 離夢(後衛)>ミスティア>踏鞴>ユメヌ(後衛)=色(後衛)>弟子>コウキュウ


GM: 離夢はプレコグニションを発動します。「お前達の未来も視てやるぜ」

 

GM: 10+1+3d6

 (ダイス): 10+1+8(3D6: 3 1 4) = 19

GM: 回復DPに+1しました。

 

離夢(後衛)>ミスティア>踏鞴>ユメヌ(後衛)=色(後衛)>弟子>コウキュウ


GM: ミスティアは弾幕。11ダメージor5D減少です

ユメヌ: DPで受けます

踏鞴: 踏鞴、弟子は回避 弟子は当たり判定が小さいです

コウキュウ: よけますー

色: 避けて5D減らします

 

離夢(後衛)>ミスティア>踏鞴>ユメヌ(後衛)=色(後衛)>弟子>コウキュウ


踏鞴: 6D使ってショットをみすちーにショットを打ちます


踏鞴: 9+6d6

 (ダイス): 9+22(6D6: 2 3 2 6 3 6) = 31


GM: 10+3+7d6 回避

 (ダイス): 10+3+18(7D6: 4 1 2 5 1 1 4) = 31


 ユメヌ: おすい!

GM: 危ない……。同値回避しました

踏鞴: ぎりぎりせーふ

 

離夢(後衛)>ミスティア>踏鞴>ユメヌ(後衛)=色(後衛)>弟子>コウキュウ


 GM: どちらからでもどうぞ。

ユメヌ: じゃあ先に


ユメヌ: 弾幕撃ちます 水属性4Dor8ダメ


GM: どちらも回避します。

 

離夢(後衛)>ミスティア>踏鞴>ユメヌ(後衛)=色(後衛)>弟子>コウキュウ


色: ホーミングを2人ともに打ちます。判定値は23。

色: 「すべての道はローマに通ずのよ。」

GM: まず離夢の回避から。


GM: 3+5+6d6

 (ダイス): 3+5+27(6D6: 3 3 6 3 6 6) = 35


GM: 続いてミスティアの回避。


GM: 13+4d6

 (ダイス): 13+18(4D6: 6 3 4 5) = 31


色: 達成値の上昇しないと当たらないなあこれは;

GM: 両者とも回避しました。

コウキュウ: 回避13……

色: 「ちょっと薄すぎたわねえ。」

コウキュウ: 「もう少し気合を入れて撃つんじゃな」

 

離夢(後衛)>ミスティア>踏鞴>ユメヌ(後衛)=色(後衛)>弟子>コウキュウ


踏鞴: 弾幕を撃ちます 5ダメor3D

GM: 両者とも回避。

 

離夢(後衛)>ミスティア>踏鞴>ユメヌ(後衛)=色(後衛)>弟子>コウキュウ


色: おお!

コウキュウ: さて、演るか……っ

コウキュウ: ショット、対象みすちー


コウキュウ: 10+6d6

 (ダイス): 10+16(6D6: 2 4 2 1 1 6) = 26


GM: 13+5d6 回避。

 (ダイス): 13+19(5D6: 1 5 5 5 3)  = 32

 

 GM: DP宣言どうぞ。


ユメヌ: DP21 後衛で

色: 今は19か。まだ後衛で。

踏鞴: DP18 前衛

弟子: DP16 前衛

コウキュウ: DP16 前衛 イニシアティブ1!


ミスティアDP11後衛 離夢DP20前衛

 

ターン2 ユメヌ(後衛)>離夢>色(後衛)>踏鞴>弟子>ミスティア(後衛)>コウキュウ


 ユメヌ: もういっちょ弾幕 何となく光属性4Dor8ダメ

GM: 両者被弾。

GM/ミスティア: 「あーもう、眩しい!」

 

ユメヌ(後衛)>離夢=色(後衛)>踏鞴>弟子>ミスティア(後衛)>コウキュウ


GM: どちらでもどうぞ。三妖精戦と同じく、行動順が同じ場合はPC側が先攻後攻決めていいですので。

色: では先いきます

色: 相変わらずにホーミングを2人に。ただし達成値の増加をして33で。

色: 「風の道の十二方位。」合計DP8消費は大きい

GM: どちらも被弾します。ダメージどうぞ。


色: 9+2d6 離夢へのダメージ

 (ダイス): 9+6(2D6: 5 1) = 15


色: 9+2d6 ミスティアへのダメージ

 (ダイス): 9+5(2D6: 3 2) = 14


色: あっと、先が離夢かな。

GM: ではそれで。次からはダメージまとめても大丈夫ですよ

色: はい

GM: ミスティア「あだだっ」 離夢「むっ、よく曲がる」

 

ユメヌ(後衛)>離夢>色(後衛)>踏鞴>弟子>ミスティア(後衛)>コウキュウ


GM/離夢: 「盗むのは姿だけじゃないぜ? どれ、魔理沙はどう動いてたかなっと……」 エクステンド:知性を自分に発動。

 

 GM: 10+1+3d6

 (ダイス): 10+1+12(3D6: 3 6 3) = 23

 GM: 知性+2されました。

 

ユメヌ(後衛)>離夢>色(後衛)>踏鞴>弟子>ミスティア(後衛)>コウキュウ


 Spell Card Attack!! 鼓舞「ウォークライ」 エクステンド:身体強化 消費型


 踏鞴: 7+2+5+3d6 身体+5

 (ダイス): 7+2+5+14(3D6: 5 5 4) = 28

 

ユメヌ(後衛)>離夢>色(後衛)>踏鞴>弟子>ミスティア(後衛)>コウキュウ


踏鞴: 弟子は弾幕を撃ちます 5ダメor3D

GM: 回避します。ミスティアは霊撃でDP減少無し。

 

ユメヌ(後衛)>離夢>色(後衛)>踏鞴>弟子>ミスティア(後衛)>コウキュウ


GM: ミスティアは弟子に向かってブラインドを発動します。「まずはあんたから鳥目にしてあげるわ!」


GM: 10+6+1+3d6

 (ダイス): 10+6+1+13(3D6: 4 5 4) = 30


GM: 歌と組み合わせです。抵抗目標は22。

踏鞴: クリティカルをださないと終わりか……


 弟子: 4+3d6 精神抵抗

 (ダイス): 4+8(3D6: 1 2 5) = 12


GM: では、視界が封じられます。視覚を使う行動に-8のペナルティです。

弟子: 「ううーっ……目が見えない……」ふらふら

コウキュウ: 「……踏鞴、主の弟子じゃろう。どうにかせい」

コウキュウ: 「さてはて。様子見、じゃな」

踏鞴: 「なに、これしきで困る様な軟弱者に育てた覚えはない」 弟子「師匠っ!?つまり助けないと!?」

 

ユメヌ(後衛)>離夢>色(後衛)>踏鞴>弟子>ミスティア(後衛)>コウキュウ


 コウキュウ: 10+3d6 ショット。リム対象

 (ダイス): 10+9(3D6: 2 4 3) = 19  ショット。リム対象


 GM: 8+4d6 回避

 (ダイス): 8+12(4D6: 2 3 2 5) = 20


GM: 離夢「とっとと。それは避けないわけにはいけないぜ」回避しました。

コウキュウ: 「っち、油断して当たっておればよいものを……」

コウキュウ: 「足手まといが増えただけ、かのぉ……」


GM: DP宣言どうぞ。


踏鞴: DP25 前衛

ユメヌ: DP23 後衛

コウキュウ: DP18 前衛 DP宣言、1!

弟子: DP17 前衛

色: DP15 前衛


GM: 離夢DP15後衛 ミスティアDP13前衛

 

ターン3 踏鞴>ユメヌ(後衛)>弟子>離夢(後衛)=色(後衛)>ミスティア>コウキュウ


踏鞴: 「さて、お膳立ては済んだ……焼き鳥プレスになる覚悟は出来たか?」

GM: ミスティア「誰がなるもんか! 焼き鳥反対!!」

コウキュウ: 「焼くのか潰すのかどっちかにせんか」

踏鞴: みすちーに近接攻撃 7D使って接近判定


踏鞴: 13+7d6

 (ダイス): 13+28(7D6: 5 5 4 1 6 4 3) = 41


 GM: 目標値27なので成功です。

 踏鞴: 8D使って命中判定


踏鞴: 13+8d6

 (ダイス): 13+23(8D6: 1 1 6 3 5 2 3 2) = 36


 踏鞴: ひどい……


GM: 13+8d6

 (ダイス): 13+34(8D6: 6 4 5 4 2 5 3 5) = 47


GM: 回避しました。

踏鞴: 「今日の私は駄目なのか……っ!」がっくり

コウキュウ: 「何時もの事じゃな……」

 

踏鞴>ユメヌ(後衛)>弟子>離夢(後衛)=色(後衛)>ミスティア>コウキュウ


ユメヌ: 相変わらず弾幕 4Dor8dmg


GM: 被弾します。

 

踏鞴>ユメヌ(後衛)>弟子>離夢(後衛)=色(後衛)>ミスティア>コウキュウ


踏鞴: みすちーにショット撃ちます ペナ入れますよね?

GM: -8です。

コウキュウ: -8とか……無理ゲ

踏鞴: 7DP使います


 踏鞴: 10-8+7d6

 (ダイス): 10-8+24(7D6: 3 4 4 5 6 1 1) = 26


 踏鞴: 後衛に下がれないので……

コウキュウ: もう振ってしまったものは仕方ない!


 GM: 13+5d6

 (ダイス): 13+19(5D6: 2 3 6 5 3) = 32


 GM: 回避しました。

 

踏鞴>ユメヌ(後衛)>弟子>離夢(後衛)=色(後衛)>ミスティア>コウキュウ


色: ではホーミングの達成値強化、いきます

色: 対象2人の達成値33。

GM: 両者被弾します。ダメージどうぞ。


色: 9+2d6 まとめて。

 (ダイス): 9+10(2D6: 5 5)  = 19


GM: いたた。

色: 「この量で追うのは結構疲れるのよね」

コウキュウ: 「……っは、わし何もしてないんじゃなかろうか」

 

GM: 踏鞴>ユメヌ(後衛)>弟子>離夢(後衛)=色(後衛)>ミスティア>コウキュウ


GM: 弟子と踏鞴にホーミング。命中28です。

踏鞴: まず踏鞴はガードします


踏鞴: 13+5d6

 (ダイス): 13+15(5D6: 2 6 2 1 4) = 28


踏鞴: あぶないあぶない

踏鞴: 弟子もガードします


弟子: 5-8+1d6

 (ダイス): 5-8+5(1D6: 5) = 2


 踏鞴: 必殺1dガード ダメージどうぞ


GM: 12+3d6

 (ダイス): 12+12(3D6: 3 5 4) = 24


踏鞴: うへえ……

踏鞴: 弟子「おぷっ!?うう……」もうすぐダウンしそう

GM/離夢: 「おや、妖精のくせによく耐えたな」

コウキュウ: 「……むぅ、どうにかならんかのぉ」

 

踏鞴>ユメヌ(後衛)>弟子>離夢(後衛)=色(後衛)>ミスティア>コウキュウ


GM: ミスティアは展開スペルカードを発動します。「私の歌を聴けぇーっ!!」 ♪もう歌しか聞こえない


 Spell Card Attack!! 鷹符「イルスタードダイブ」 ホーミング/妖弾強化  展開型


コウキュウ: 「主は舞台の主役じゃないわ!引っ込んでおれ!」ぶーぶー

GM: 弟子と踏鞴へとホーミングを撃ちます。8DP消費し、達成値38。

色: 「バックミュージックは下の演奏で間に合ってるわよ?」

踏鞴: 「そーだそーだ。観客を見えなくさせるなぞ言語道断!」

踏鞴: じゃあ踏鞴さんは回避放棄しまふ……

GM/ミスティア: 「うるさいうるさいうるさい! まずはあんた達から墜ちなさいっ!!」離夢のホーミングを受けたところに重ねてホーミングが打ち込まれます。


踏鞴: 弟子は回避します

 踏鞴: 10-8+9d6

 (ダイス): 10-8+31(9D6: 4 3 1 1 5 4 5 3 5) = 33


 踏鞴: 駄目だこりゃ

GM: お悔やみ申し上げます。では威力。


 GM: 10+4d6

 (ダイス): 10+12(4D6: 5 1 4 2) = 22


盲目の弟子に容赦なく撃ち込まれるミスティアのホーミング弾を避ける術もなく、被弾してしまう。そして――

踏鞴: 「のわぁ!?」 弟子「ごふっ」 弟子はピチュリました……

コウキュウ: 「…………まずは一匹、じゃなぁ」堕ちて行く弟子を見ながら

色: 「このままだと各個撃破されたいそうねえ」

踏鞴: 「……私もやばい。マジでやばい……」ふらふら

GM: 離夢「よっしまずは1匹!」 ミスティア「どんなもんだーい!」 ハイタッチしてます

 

踏鞴>ユメヌ(後衛)>離夢(後衛)=色(後衛)>ミスティア>コウキュウ


コウキュウ: 「さて、お楽しみのところ申し訳ないのじゃが……わしらのことを忘れてはおらぬかのぉ?」アホ毛がぴん、と伸びて、突き出した両手と共にチャージ


コウキュウ: 10+9d6 ミスティアに向けてドーン!

  (ダイス): 10+31(9D6: 4 1 5 5 4 2 5 2 3) = 41


GM: どーんと喰らいます。ダメージどうぞ。


コウキュウ: 8+4d6

 (ダイス): 8+16(4D6: 5 4 6 1) = 24


GM: うーん、辛い。受けました。

コウキュウ: 「これは弟子の分じゃ!」

GM/ミスティア: 「あだだっ」

GM: DP宣言どうぞ。


ユメヌ: DP24 前衛

コウキュウ: DP14 前衛 イニシアティブ宣言1

色: DP11 後衛

踏鞴: DP9 後衛


GM: 離夢DP18前衛 ミスティアDP11後衛


コウキュウ: 「むぅ、硬いのぉ……」

 

ターン4 ユメヌ>離夢>ミスティア(後衛)=色(後衛)>踏鞴>コウキュウ


 ユメヌ: 離夢にショット撃ちます


ユメヌ: 8+1+12d6

 (ダイス): 8+1+44(12D6: 3 3 3 5 1 4 5 1 4 6 4 5) = 53


 GM/離夢: 「角、尻尾、羽に褐色……おや、もしかしなくてもお前がユメヌって奴か」

GM: おっとと。

GM: ショット受け。ダメージどうぞ。


 ユメヌ: 8+3d6

 (ダイス): 8+10(3D6: 4 3 3) = 18


 GM: 展開スペルカードを発動し、ダメージを受けます。


ユメヌのショットが離夢に届く、その瞬間。魔理沙のシルエットは別のものに変わっていた。

金髪は片側に結い上げられ、赤い衣装を纏ったその背には異形の翼が輝く。

その姿は紛れもなく、"悪魔の妹"と呼ばれる狂気の吸血鬼――

♪U.N.オーエンは彼女なのか?


 Spell Card Attack!! 禁忌「レーヴァテイン=ドッペル」 ショット/妖弾強化 展開型


 色: やーん

コウキュウ: っぷ

踏鞴: ああ、もう駄目だ

ユメヌ: 「あんたが勝手に私の容姿使ったせいで……ゆるすまじ」 びしびし

GM/離夢: 「お前が盗んだとは言ったが、姿を使ってはいないぜ? なんせ実際に見たのは今が初めてだしな」スペルカードでショットを受けます。

GM: 尚、使用能力はチェンジ常在化ですが、固有妖力[瞬間]の効果でタイミング問わず1秒で姿を変えることができます。

ユメヌ: 「……どうせ張り子よ、張り子」 気にしない気にしない

 

ユメヌ(後衛)>離夢>ミスティア(後衛)=色(後衛)>踏鞴>コウキュウ


踏鞴: 「張り子でも突かれたら私は終わりだー……」ぐったり

コウキュウ: 「もっとやる気ださんかっ!それでも主は妖怪のわしくれかえ!」と踏鞴へ

踏鞴: 「ぼろぼろの場合はカウントしないでくれよう……」

GM: 「ほうら! きゅっとしてドカーンっとね!!」 剣のように凝縮した弾幕を振りかぶり――

GM: ユメヌさんへと打ち込みます。ショット攻撃。


GM: 17+8d6

 (ダイス): 17+32(8D6: 4 2 3 4 5 4 5 5) = 49


 ユメヌ: うおお、ではスペカ展開します

GM: 今日のダイス目は一味違う。

コウキュウ: ここのダイスはGM愛しすぎていて困る

ユメヌ: DP回復してと……


 Spell Card Attack!!炎符「焦げ付きの精霊」 スペル/ナパーム(火属性)強化 展開型


GM: おっと……まあ出なかったからいいか


ユメヌ: 6+14d6

 (ダイス): 6+61(14D6: 5 6 4 6 2 5 2 5 5 2 5 5 4 5) = 67


 色: 5と6多!

GM: ちょまっ

コウキュウ: これは酷い

ユメヌ: 出目いいなw

踏鞴: 余裕の回避

ユメヌ: 「あぶないあぶないっと……」 ひょいひょい

GM: 離夢「あれ、これを初見で避けるとは。やっぱ本物ほど出力出ないわねぇ」


オリジナルのスペルカードである禁忌「レーヴァテイン」は、初見殺しで有名。


色: 「相手さんのおっきいわねぇ」

踏鞴: 「あんなん当たったら終わってしまう……怖えー……」

色: 先にミスティアさんおねがいします

コウキュウ: 「当たらなければどうということはないのぉ」

 

ユメヌ>離夢>ミスティア(後衛)=色(後衛)>踏鞴>コウキュウ


GM: コウキュウ・色・踏鞴へとホーミング。達成値28。

色: 7dで回避いきます


 コウキュウ: 10+7d6

 (ダイス): 10+28(7D6: 3 4 6 5 3 1 6) = 38


 色: 9+7d6

 (ダイス): 9+20(7D6: 1 1 4 5 6 2 1) = 29


コウキュウ: 回避で出目よくっても……

色: ぎりぎりー

踏鞴: スペルカードを展開し、ガードします


 Spell Card Attack!!熱符「鍛冶場の馬鹿力」近接攻撃/槌強化 展開型


 踏鞴: 13+5d6

 (ダイス): 13+18(5D6: 2 2 6 4 4) = 31

 

ユメヌ>離夢>ミスティア(後衛)=色(後衛)>踏鞴>コウキュウ


色: では全力でホーミング。まあこれまでと同じで+10の達成値33なんですか。

色: 「届きはするけどいまいち打点につながらないわねぇ……」

GM: 受けます。ダメージどうぞ。


色: 9+2d6

 (ダイス): 9+11(2D6: 5 6) = 20


色: 題すは大き目ではあるけれど

 

ユメヌ>離夢>ミスティア(後衛)=色(後衛)>踏鞴>コウキュウ


 踏鞴: 踏鞴は待機します

 

ユメヌ>離夢>ミスティア(後衛)=色(後衛)>踏鞴>コウキュウ


コウキュウ: ならわたしかな?

コウキュウ: 「もう一撃、全力で生かせて貰おうかのぉ……」


コウキュウ: 10+7d6 ショット。やっと出てきたレムさんに

 (ダイス): 10+27(7D6: 4 6 5 5 2 1 4) = 37


 GM: 8+10d6

 (ダイス): 8+38(10D6: 6 4 6 1 2 5 2 3 5 4) = 46


 GM: 回避しました。

コウキュウ: くぅ、つぎ込むなGM...

コウキュウ: 「ぬぅ、そう美味くはいかぬか……っ」

GM/離夢: 「重たいのはやーよ」


GM: DP宣言どうぞ。


踏鞴: 踏鞴DP21 前衛

ユメヌ: DP15 後衛

コウキュウ: DP5 前衛 宣言1

色: DP4 後衛


GM: 離夢DP18前衛 ミスティアDP10後衛

 

ターン5 踏鞴>離夢>ユメヌ(後衛)>ミスティア(後衛)>色(後衛)>コウキュウ


 踏鞴: 離夢に近接攻撃。目標値はいくつですか?

GM: 24です。

踏鞴: では3D使って接近判定


 踏鞴: 17+3d6

 (ダイス): 17+8(3D6: 4 2 2) = 25


GM/離夢: 「おわっと?」接近成功です。

コウキュウ: 「あれが、弟子を討たれた師匠の動き……末恐ろしいの」

踏鞴: 10D使って命中判定


踏鞴: 15+10d6

 (ダイス): 15+36(10D6: 2 5 2 4 2 6 6 1 4 4) = 51


GM: 回避しません。ダメージどうぞ。

踏鞴: 霊力3を消費して強化攻撃し、ダメージを1D増やします

踏鞴: 15+4d6

 (ダイス): 15+17(4D6: 6 2 3 6) = 32


コウキュウ: 何そのダメージダイス……

GM: 強化攻撃宣言は命中判定時ですが……まあ次からで。スペルブレイクしました。

踏鞴: 「どうだーっ!鍛冶場の馬鹿力をなめるなよーっ!」

色: ようやく1枚脱げたー

コウキュウ: 「おぉ……これでやっと一枚じゃな」

GM/離夢: 「あいたたっ。本気になっちゃってやだなあもう」

 コウキュウ: 「この調子でバンバン剥いでいこうかのぉ」


 GM: 踏鞴>離夢>ユメヌ(後衛)>ミスティア(後衛)>色(後衛)>コウキュウ


GM: コウキュウへとショット。DP8使用。


 GM: 12+3+8d6

 (ダイス): 12+3+20(8D6: 3 5 1 2 2 4 2 1) = 35


GM: ここに来てダイス目が腐り始めた……

GM/離夢: 「バンバン剥いでいきましょー。ということでお次はキミねっ」

コウキュウ: 「これはわしも出さざるをえないようじゃの」スペカ発動


 Spell Card Attack!! 毒符「因果応毒」 スペル/パラライズ強化 展開型


コウキュウ: 10+11d6 回避

 (ダイス): 10+33(11D6: 1 5 5 3 1 3 4 4 5 1 1) = 43


コウキュウ: うしうし

コウキュウ: 「もう少し気合の入った弾がほしいのぉ」


 踏鞴>離夢>ユメヌ(後衛)>ミスティア(後衛)>色(後衛)>コウキュウ


ユメヌ: 「さぁ、ここからが本番……」 ナパームナパーム


ユメヌ: 8+3+2d6

 (ダイス): 8+3+9(2D6: 3 6) = 20


 ユメヌ: 成功 6Dor12ダメどうぞー


GM: 離夢ダメージ、ミスティア霊撃をしつつ3DP受けます。

 

踏鞴>離夢>ユメヌ(後衛)>ミスティア(後衛)>色(後衛)>コウキュウ


GM: 「さあ、みんな見えなくなっちゃえ!!」ミスティアは消費スペルカードを発動!


 Spell Card Attack!! 鳥符「ヒューマンケージ」 スペル/ブラインド拡大 消費型


GM: 8DP消費し、4人全員を対象にブラインドを行います。


GM: 10+6+1+3d6

 (ダイス): 10+6+1+7(3D6: 1 2 4) = 24


GM: 刻符を使用し、振りなおします。

 GM: 10+6+1+3d6

 (ダイス): 10+6+1+11(3D6: 4 2 5) = 28


 コウキュウ: よし、ダイス腐った……と思ったら振りなおしてよくなった……

 コウキュウ: 「ふざけたものを出しおって……っ」

色: きついなあ

GM: 抵抗目標は21です。

 

踏鞴: 5+5+3d6 勝負っ
(ダイス): 5+5+10(3D6: 3 2 5) = 20 失敗!
コウキュウ: 6+5+3d6 お札使用!
(ダイス): 6+5+9(3D6: 4 2 3) = 20 失敗!
ユメヌ: 7+5+3d6 刻符連打タイム!
(ダイス): 7+5+10(3D6: 4 3 3) = 22 成功!

色: 6+3+3d6。足りなすぎる;
(ダイス): 6+3+11(3D6: 5 3 3) = 20 。失敗!


<抵抗>スキルを取らなかったことが仇となって、意志の高いユメヌ以外は[ブラインド]を受けてしまう。

ちなみに、グレイズで抵抗の達成値を上げることもできるのだが、どうやらPL達は覚えていないようだ……

これにより、妖怪であるコウキュウは最大HPの1/3のダメージを受けるが、怪異の色は展開スペルカードで自動抵抗し難を逃れる。


 色: スペルカード発動。ブラインドを飛ばします

 Spell Card Attack!! 怪訝「見覚えなき帰り道」ホーミング/土強化 展開型


コウキュウ: コウキュウ は めのまえが まっくらになった!

コウキュウ: 「ぬ、ぐぅ……これでは弟子を笑えぬな」


踏鞴: では喰らいボムします


 Spell Card Attack!! 鎚符「オーラハンマー」 回避 消費型

 

踏鞴>離夢>ユメヌ(後衛)>ミスティア(後衛)>色(後衛)>コウキュウ

 


色: 「さて、そろそろ退路を断ちに行かせてもらうわよぉ」

 色: 2人にホーミング。達成値強化。23+10+3=36。

GM: 二人とも受けます。ダメージどうぞ。

色: 9+2d6+1d6

 (ダイス): 9+7(2D6: 6 1)+3(1D6: 3) = 19

GM: ぐへぇ。ミスティアの展開割れました。離夢は新たに展開スペルカードを発動します。

色: 1dは2/5切り上げ分です


GM/離夢: 「あぶなっ!次、次!」 霊夢の姿となり、展開スペルカードを発動します。

 

 Power of Spiritual Border 霊符「博麗模倣幻影」 ホーミング/妖弾強化 展開型


コウキュウ: ホーミング強化かぁ……辛い戦いが続く。

 

踏鞴>離夢>ユメヌ(後衛)>ミスティア(後衛)>色(後衛)>コウキュウ


コウキュウ: 「わしも余り動けぬのでな……少しばかり、毒でも舞わせて貰おうかの」

コウキュウ: という事でパラライズ。リム対象

GM: どうぞ。


コウキュウ: 4+8+3d6

 (ダイス): 4+8+11(3D6: 1 6 4) = 23


コウキュウ: 微妙……発動成功。抵抗目標18かぁ


GM: 11+3d6

 (ダイス): 11+9(3D6: 3 1 5) = 20


GM: 抵抗に成功しました。

コウキュウ: 「そう甘くはないかのぉ……」


GM: DP宣言どうぞ。

踏鞴: DP20 前衛

色: DP12 前衛

ユメヌ: DP15 後衛

コウキュウ: DP5 後衛


GM: 離夢DP28後衛 ミスティアDP18前衛

 

ターン6 離夢(後衛)>踏鞴>ミスティア>ユメヌ(後衛)>色>コウキュウ(後衛)

 

GM: 全員にホーミング。16DP消費で達成値41

コウキュウ: ダメどうぞ


踏鞴: 1Dガードします


 踏鞴: 13+1d6

 (ダイス): 13+5(1D6: 5) = 18


 色: かわすの無理。ダメージもらいます

ユメヌ: ダメージで……痛くないことを祈る


 GM: 12+4d6

 (ダイス): 12+12(4D6: 3 3 3 3) = 24


この攻撃により、コウキュウの展開スペルカードがブレイク。

コウキュウ: 「むぅ……大した事せずにわれてしもうたの」

 

離夢(後衛)>踏鞴>ミスティア>ユメヌ(後衛)>色>コウキュウ(後衛)


GM: 離夢「ふう、妖怪退治にはやっぱりこれよね」

踏鞴: みすちーに近接攻撃 3D使って近接判定


 踏鞴: 17+3d6

 (ダイス): 17+11(3D6: 3 3 5) = 28


 GM: 接近成功です。

踏鞴: 9D使って命中判定


 踏鞴: 15+9d6

 (ダイス): 15+37(9D6: 6 6 5 6 3 3 2 3 3) = 52


GM: げぇっ

コウキュウ: なにこれぇw


 GM: 13+14d6

 (ダイス): 13+51(14D6: 2 6 1 3 2 5 5 2 4 4 3 5 5 4) = 64


 GM/ミスティア: 「ちょっ、あわわわっ!?」

 

GM: 離夢(後衛)>踏鞴>ミスティア>ユメヌ(後衛)>色>コウキュウ(後衛)


踏鞴: 「避けたか……会心の一撃だったのに」

コウキュウ: 「踏み込みがたりぬなぁ」

色: 「見た目と能力があいまってかなり目測しづらいのはきついわね」

GM/ミスティア: 「今度はこっちから行くわよっ!」展開スペルカードを発動します。


 Spell Card Attack!! 蛾符「天蛾の蠱道」 弾幕/妖弾強化 展開型


GM: 弾幕を撃ちます。13ダメージor6D

踏鞴: 霊撃しつつ4Dでよけます

コウキュウ: 12グレ消費しつつ2D回避かな

色: 霊撃で4D分減らして2Dで避けます

ユメヌ: 全部DPで受けます

 

GM: 離夢(後衛)>踏鞴>ミスティア>ユメヌ(後衛)>色>コウキュウ(後衛)


 ユメヌ: 8+5+2d6相変わらずナパーム

 (ダイス): 8+5+9(2D6: 6 3) = 22


ユメヌ: 発動 6Dor12ダメどうぞ

GM: 両者とも受けます。

 

GM: 離夢(後衛)>踏鞴>ミスティア>ユメヌ(後衛)>色>コウキュウ(後衛)


 コウキュウ: さて、色ちゃんだ

 色: 2人にホーミング。達成値強化。23+10+3=36を継続。

 GM: 離夢は受けます。ミスティアは回避。


 GM: 13+8d6

 (ダイス): 13+19(8D6: 3 2 6 1 1 3 1 2) = 32


なんと6ひとつ以外全てのダイスが期待値以下。ここでミスティアにホーミングが命中!

GM: えっ

ユメヌ: !!

コウキュウ: みすちー……(ほろり

GM: ダメージどうぞorz

色: 一気に下がったー

ユメヌ: これは大きい!


色: 9+2d6+1d6

 (ダイス): 9+5(2D6: 3 2)+6(1D6: 6) = 20


踏鞴: 儲け儲け

GM/ミスティア: 「ふふっ、そんなもの当たらnきゃーっ!!」バシバシ

色: 「道に迷うというのは、気づいた時にはたいてい遅いものよ?」


離夢(後衛)>踏鞴>ミスティア>ユメヌ(後衛)>色>コウキュウ(後衛)


コウキュウ: そんな私はせっせこみすちーにホーミング。強化とか無いので19判定値かな

コウキュウ: 「わしのは拙いのじゃが……みてくれるかえ?」


 GM: 13+3d6

 (ダイス): 13+15(3D6: 4 5 6) = 28


 GM: ミスティア「やっ! よく見てもう当たらないっ!」

コウキュウ: 余裕で回避ですよねぇ……「随分と用心深いのぉ……そろそろそのスペカも限界じゃないかのぉ?」


GM: DP宣言どうぞ。

 

ユメヌ: DP12 前衛

踏鞴: DP7 後衛

色: DP6 前衛。

コウキュウ: DP6 後衛


GM: 離夢DP24前衛 ミスティアDP9後衛

GM: 離夢はイニシアティブを1まで落とします。

ターン7 ユメヌ>ミスティア(後衛)>踏鞴>色=コウキュウ(後衛)>離夢


ユメヌ: 8+5+2d6 ナパーム発動

  (ダイス): 8+5+7(2D6: 5 2)  = 20


ユメヌ: 成功 6Dor12ダメどうぞ

GM: 両者ともグレイズ18を霊撃に使用し回避。

 

ユメヌ(後衛)>ミスティア(後衛)>踏鞴>色>コウキュウ(後衛)>離夢


GM: 弾幕。13ダメorDP6

踏鞴: 霊撃しつつ3D避け

コウキュウ: 上に同じく

ユメヌ: 全部グレイズで受けます


色: スペルカードを「弾消し」で使用します。

 Spell Card Attack!! 迷子「辻の明後日方向」 弾消し 消費型


踏鞴: ありがたや、ありがたや……

色: 味方DP少しでも回復しないと

色: 「ちょっと余裕をもらうわねぇ。弾は明後日へ行きなさい」

 

ユメヌ(後衛)>ミスティア(後衛)>踏鞴>色>コウキュウ(後衛)>離夢


踏鞴: 待機いたします

 

ユメヌ(後衛)>ミスティア(後衛)>踏鞴>色>コウキュウ(後衛)>離夢


色: 2人にホーミング。達成値強化。23+10+3=36をまだまだ継続。

コウキュウ: 色さん割ってしまえ!

GM: 受けます。ダメージどうぞ。


 色: 9+2d6+1d6

 (ダイス): 9+9(2D6: 5 4)+3(1D6: 3) = 21


だが、割れずッ……! 惜しいところまで蓄積してはいるのだが……


 色: うう割れないー

コウキュウ: 割れない、だと……

GM: ミスティア「ふぅ、危ない危ない……」 離夢「まだまだっ」

ユメヌ: うぎぎ……

 

ユメヌ(後衛)>ミスティア(後衛)>踏鞴>色>コウキュウ(後衛)>離夢

 

コウキュウ: みすちーにホーミング。合いも変わらず19達成値でどーぞ


GM: 13+3d6 回避

 (ダイス): 13+10(3D6: 4 2 4) = 23

 

ユメヌ(後衛)>ミスティア(後衛)>踏鞴>色>コウキュウ(後衛)>離夢


GM: 全員にホーミング撃ちます。DP16消費で達成値41。


コウキュウ: こくふ仕様で消費→展開に。ラスト宣言だZE

 Last Spell Card 眠符「永寝同床」スペル/スリープ強化 展開型


ユメヌ: 避けるぞうおおお

コウキュウ: 「まだ堕ちるには早いよのぉ!」

色: 受けます。スペル割れるけど仕方ない。


ユメヌ: 6+13d6

 (ダイス): 6+49(13D6: 3 1 3 6 5 2 1 4 5 6 4 5 4) = 55


踏鞴: DP全部つぎこんでガード

ユメヌ: ばりばりばりばり……


踏鞴: 13+8d6

 (ダイス): 13+26(8D6: 2 1 6 4 3 2 2 6) = 39

 踏鞴: 13+8d6 刻符振りなおし

 (ダイス): 13+32(8D6: 5 4 6 4 2 3 3 5) = 45


 踏鞴: な、なんと……

コウキュウ: だ が う け る

コウキュウ: 一発で割れたらマジでもーまんたいだなぁ……


 GM: 12+4d6

 (ダイス): 12+15(4D6: 5 2 3 5) = 27


 踏鞴: わあ、ラスペ割れたー

コウキュウ: 割れたケンについてw

色: 「破れちゃった……そろそろきついわね……」

コウキュウ: 私は死亡確定!

 コウキュウ: GMのダイス運にかけた結果がこれだよ……

踏鞴: 避けたはいいけどDP無い

コウキュウ: 「ふぐぅ…………後は任せたぞぅ……」(ひゅうぅぅぅぅ~~~~……ぼて


ラストスペルが一撃で粉砕され、あえなくコウキュウがダウン。これによりPC達は一気に劣勢に立たされる。


踏鞴: 「コウキュウ……これはだいぶまずい展開だ……」

ユメヌ: 「全く、何で一番ノリノリだった奴が先に落ちるのよ……」

GM: DP宣言どうぞ。


色: DP14 前衛。

ユメヌ: DP7 前衛

踏鞴: DP4 後衛 防御専念


GM: 離夢DP14 前衛 ミスティアDP16 前衛

 

ターン7 ミスティア>色=離夢>ユメヌ>踏鞴(後衛)


 GM: 弾幕。13ダメージorDP6


踏鞴: 霊撃で全避けします

ユメヌ: 霊激撃って全部避けます

色: DP6で避けます


ミスティア>色=離夢>ユメヌ>踏鞴(後衛)


色: 2人にホーミング。達成値強化。スペル割れたので23+10=33。


色: 「スペルは割れてもまだこっちに余力はあるのよ?」


 GM: 8+9d6 離夢回避

 (ダイス): 8+35(9D6: 1 5 2 6 3 6 6 5 1) = 43

 GM: 13+6d6 ミスティア回避

 (ダイス): 13+26(6D6: 6 4 3 5 4 4) = 39


 GM: 両者回避しました。

色: これは厳しい。

ミスティア>色=離夢>ユメヌ>踏鞴(後衛)


GM: 離夢は魔理沙の姿となり、両手を前に構えます。「これでまとめて吹っ飛べ!!」


 Spell Card Attack!! 恋心「デュアルスパーク」 ショット/妖弾拡大 消費型


色: 八卦炉がなくても打てるのかー

GM: 対象は3人。20DP消費。


これに対し、色はスペルカードを発動。DPを回復し、そのまま受ける。


 Spell Card Attack!! 遺失「あったはずの目印」 ショット/土強化 展開型


 GM: 12+3+10d6

 (ダイス): 12+3+34(10D6: 3 2 6 6 5 2 1 2 4 3) = 49


 ユメヌ: たった3のHPなど惜しくもない! ぴちゅーん

踏鞴: +5もらっても4DPじゃあ意味が無い

踏鞴: 一応1Dガード


 踏鞴: 13+5+1d6

 (ダイス): 13+5+2(1D6: 2) = 20


踏鞴: ダメージ18までなら耐えるよ

GM: 両手から強烈な黒いレーザーが放たれ、3人をまとめて巻き込みます。ダメージは――


 GM: 12+5d6

 (ダイス): 12+19(5D6: 3 5 3 6 2) = 31


コウキュウ: ダメージダイスに定評のあるGM


踏鞴: ピチュリました

ユメヌ: 1枚目割れましたー

色: そのまま割れましたと。

踏鞴: 「むお、黒白のレーザーはうわぁぁぁぁぁ」ぼとり

ユメヌ: 「う、これは厳しいわね……」

耐久が高いPCがいないことが災いしてか、軒並みスペルブレイク。踏鞴はそのまま撃墜となってしまった。


GM: ミスティア>色=離夢>ユメヌ>踏鞴(後衛)


ユメヌ: むむむむむ……スペカ展開!

Spell Card Attack!! 雷符「稲妻の精霊」 スペル/ナパーム(雷属性)強化 展開型

ユメヌ: 「ああもう、こうなったらヤケよヤケ!」 バスター発動!DP15消費、で対象2人


ユメヌ: 8+3+10d6

 (ダイス): 8+3+34(10D6: 2 1 4 2 6 6 6 2 3 2) = 45


 GM: 避けられないのでダメージどうぞ。

ユメヌ: あ、です

ユメヌ: グレイズは……乗せずにどん


 ユメヌ: 8+5d6

 (ダイス): 8+21(5D6: 6 4 5 3 3) = 29


GM: 離夢「ちょっ!?」 ミスティア「うわわわーっ!?」両者スペルブレイク。

GM: DP宣言どうぞ。

ユメヌ: 「はーっ……はーっ……め、面倒だわ……」


ユメヌ: DP19 前衛です

色: DP16前衛

GM: 離夢DP18前衛 ミスティアDP12前衛

 

ターン8 ユメヌ>離夢>色>ミスティア

 

 ユメヌ: どうしよう……

色: 相手はまだスペルあるからねえ;

ユメヌ: バスター、バスターさえ撃てればっ……!

色: 打つのに何か必要なの?

ユメヌ: スペルカード

ユメヌ: とりあえず弾幕撃とう……


ここに来てPC側はスペルカード切れ。バスターを撃つことができないと困り果てるユメヌ。

……いや、ユメヌはあのアイテムを未だ使わずに持っているじゃないか?


GM: そう言えばマジカル産廃マスターキーってまだ持ってましたっけ

ユメヌ: 持ってますけど……まさか投げると……?

GM: 効果を調べるには<魔法知識>目標値14だったんですが、結局存在を忘れ去られてましたね……。手番とDP消費無しでできますが。

コウキュウ: え、これ強制開錠じゃなかったの!?

ユメヌ: え、爆弾じゃないの?

踏鞴: 爆弾だと思ってた

GM: 爆弾ですよ? ただし具体的な効果は設定してあるのです。


ユメヌ: 8+4+3d6 とりあえず調べてみようかしら

 (ダイス): 8+4+18(3D6: 6 6 6) = 30  とりあえず調べてみようかしら


GM: ぶっ

ユメヌ: なんでこんな時にでるのおおおお!

色: 無駄に高い最高値w

ユメヌ: 1ゾロでも成功だったのに1ゾロでも成功だったのに……

GM: 目標値25のもう一つの使い方も剥げました……

なんというクリティカル。ここぞという時にダイスの女神はユメヌに微笑んだ――

ユメヌ: あり?

踏鞴: まさかのクリティカル


 目標値14:対象に設置し、10秒待つと起爆。[アンロック]達成値35が正面5mに適用されると同時に扉などは爆音爆風と共に例外なく吹き飛ばされ、キャラクターは3d6のダメージ。

 目標値25:マスターキーの俗名を持つように、この爆弾は指向性の爆薬であり、正面の威力は測り知れない。もしも持ったままリミッターを外して爆発させれば、Lv10相当の使い捨て[バスター]となる。

色: 三妖精の家の扉で使ったら扉以外も吹き飛ぶね。

踏鞴: もれなく巫女さんもついてくる

コウキュウ: まさにマジカル

色: 効果は魅力的だけど問題は演奏会にどのぐらい響くかだなあ。

踏鞴: けーね先生を信じなされ

コウキュウ: けーね先生がいる

GM: マスターキーはショットガンの異名ですので誰か気付くかなーとか思ってたのですがね……

ドアを破壊する用途も持ち、対人にも有効という意味で。流石に遠まわしすぎたようだ。

コウキュウ: あぁ、そういえばそうでしたね……

ユメヌ: さりげなーく出てきたからそんな奥深い設定があるとは……

ユメヌ: 今使ったら……避けられるよなぁ普通に

GM: ちなみに武器としての使用を前提に調べていたら目標値25は20になっており、判定する際に提示されていました。

GM: 行動順はこれでいいですか?

色: はい

ユメヌ: ではマスターキーを相手に向けて使います

GM: リミッターを外した途端、マスターキーは赤く発光しながら震え、臨界点に達します。次第にピシピシと正面にできた亀裂から光が漏れ――

GM: カッ!

コウキュウ: サニーの暴走はっけいろ並み……

ユメヌ: 「こんなところで役に立つとはね……!」 ばーん


ユメヌ: DP18消費して対象2人

 ユメヌ: 8+10+12d6

 (ダイス): 8+10+49(12D6: 6 3 5 4 6 3 4 3 4 3 3 5) = 67


 GM: えっ、2以下がないんですが……

ユメヌ: ダイス神ありがと!

GM: まず離夢回避。


 GM: 8+15d6

 (ダイス): 8+60(15D6: 2 6 4 4 5 5 4 4 6 1 3 1 5 4 6) = 68

 ユメヌ: …………

どちらも期待値4以上。ダイス神は気まぐれ。

GM: 次ミスティア回避。

 GM: 13+12d6

 (ダイス): 13+44(12D6: 4 3 3 4 6 5 6 1 2 3 1 6) = 57

 コウキュウ: 片方だけか……

GM: ミスティアはラストスペルを展開して受けます。


 Last Spell Card 夜雀「真夜中のコーラスマスター」 ショット/妖弾強化 展開型


 ユメヌ: この場合8+15d?

GM: ですね。ダメージどうぞ。

 ユメヌ: 8+15d6 ダメージ


 (ダイス): 8+56(15D6: 5 2 4 3 2 2 6 4 2 3 5 5 2 5 6)  = 64

コウキュウ: まだギリギリ残るかな……?

GM: う

ユメヌ: 残ったらびっくり


 Last Spell Break――


GM: 光がおさまると、そこには焼き鳥になったミスティアさんと、それを盾にした服の焦げている赤黒巫女の姿が。

色: みすちーさんそのまま落ちたですか

ユメヌ: 「まず……鳥は落としたけど本丸には逃げられたわ……」

GM/離夢: 「あ、あぶなっ……魔理沙のとこで見てなかったらどうなってたことやら……」

コウキュウ: あれ、ミスチー堕ちた

色: 「何よアレ、あんなものもってるなら最初から使いなさいよ」

GM: HP55でした。


ターン9 ユメヌ>離夢>色


GM: DPが吹き飛んだのでユメヌさんにホーミング。達成値28。

ユメヌ: 「……こんな危険な物だなんて思っても無かったのよ」 ……

ユメヌ: どうぞー

GM: 12+3d6

 (ダイス): 12+11(3D6: 2 4 5) = 23

ユメヌ: 耐えたっ

GM/離夢: 「ぐ、ぐぅ……体が動かないっ! おのれ魔理沙、またしても私の邪魔を……!」

ユメヌ>離夢>色

色: ショット、5D。


色: 10+1+5d6

 (ダイス): 10+1+20(5D6: 4 5 4 1 6) = 31


色: 「動けないならもう降参したっていいのよ?」


デタラメな魔力の奔流により、離夢の変身は維持することが不可能となる。そして、ついに双影離夢の、真の姿が現れる。

GM/離夢: 「くっ……」霊夢の姿がブれた後、チェンジが解除され黒い着物を着た黒髪の少女の姿になります。

GM/離夢: 「…………まだ、終わらせない。…………ラスト、スペルカード……!」


 Last Spell Card  離魂「死を告げる二重身」 ショット/妖弾強化 展開型


 GM: 8+6d6 回避

 (ダイス): 8+19(6D6: 1 5 1 4 3 5) = 27

GM: ぐはっ……

GM: ダメージどうぞ。

 

色: 9+4d6+4 グレイズを8点消費してダメージに4点上乗せ。

 (ダイス): 9+19(4D6: 6 2 6 5)+4 = 32

GM: 離夢「…………っ」

色: 出目大きい。これは半分近く削れたかな?

GM: スペルカードの光は展開されて受けた瞬間に大体半減しました。

GM: DP宣言どうぞ。

GM: 離夢DP16

色: DP15前衛。

色: 相手のが1高いか。

ユメヌ: DP6 前衛です

 

ターン10 離夢>色>ユメヌ


GM: 色へとショット。


GM: 15+5d6

 (ダイス): 15+10(5D6: 3 1 2 1 3) = 25


GM: 命運尽きてる……


色: 9+7d6 DP7消費。

  (ダイス): 9+22(7D6: 5 2 2 5 1 6 1)  =  31


GM/離夢: 「………………」


離夢>色>ユメヌ


色: ショット、8DP全部つぎ込みます。


色: 9+8d6

 (ダイス): 9+27(8D6: 6 2 3 2 4 6 3 1) = 36


 GM: 8+7d6 回避

 (ダイス): 8+31(7D6: 1 6 4 5 5 4 6) = 39


色: これであたらなくてもユメヌさんがいる。

コウキュウ: やっちゃえ、ユメヌお姉さま!

 

離夢>色>ユメヌ


ユメヌ: DP6でショット!


 ユメヌ: 8+1+6d6

 (ダイス): 8+1+27(6D6: 6 3 5 6 1 6) = 36


ユメヌ: 来てる

GM: ええい!真っ向勝負!


 GM: 8+6d6

 (ダイス): 8+13(6D6: 3 4 1 2 1 2) = 21


GM/離夢: 「そん…………な…………」 ダメージどうぞ

色: これが格差……

コウキュウ: これがダイス神の持ち上げて落とすか……

ユメヌ: 隠し持ってたグレイズ22点使って+11

GM: ちょっ

コウキュウ: マジカルだけじゃなかった!


 ユメヌ: 8+11+3d6

 (ダイス): 8+11+15(3D6: 5 6 4) = 34


 色: なにそのへそくり


Last Spell Break――


GM: 残りHP34。ピッタリ墜ちました。

コウキュウ: 最後の最後に回ってきた……

GM: 離夢「………………」スペルカードが砕け、墜落していきました。

色: 「これで終わりかしらぁ?」

コウキュウ: 「くくく……ステージを盛り上げる、いい花火じゃなぁ」ステージ端に仰向けにねっころがりながら、ポツリと漏らした

ユメヌ: 「厄介だったわ……ほんと」

コウキュウ: ステージはもう終わったかな?

踏鞴: 「うー……なんとか勝ったか……」倒れたまま

GM: 下の方も最後の曲の演奏が終わったようです。観客がステージの二人と上空のPC達に拍手と喝采を送ってます。

1ターン10秒などという常識にとらわれてはいけないのです。

ユメヌ: 「はー……ともかくこれで片付いたわね」

色: 「せっかく会場にいたのに曲を聞き逃しちゃったわねえ」

コウキュウ: 「無事に終わってめでたしめでたし、かのぉ……わし、疲れたわ。寝ててもよいかのぉ……」

踏鞴: 「家に帰ってゆっくりしたいね……ぼろぼろだよ」

色: 「コウキュウは咏那の面倒を見るしごとがまだ残ってるじゃないの」

GM: 演奏会が終わり、咏那が一行のもとに駆け寄ってきます。

コウキュウ: 「それはもうけーねに任せるわ……」

色: コウキュウを前に押し出し、小さな声で「ほらしゃきっとしなさぁい」

コウキュウ: 「なぜ、わしなのじゃ……ぬし達でよかろうがっ」ごにょごにょ

GM/咏那: 「みんな、踏鞴ちゃん、それにコウちゃん……その、私のためにごめんね」

色: 既にそしらぬ顔で後ろに下がってます

踏鞴: 「気にするなって……困った時のなんとやらってね」寝っ転がったまま

コウキュウ: 「謝るでないわ。わしらが好き好んでやったようなものじゃし……な」無理やりビシッっと立ちます。でも立ってるの。足がぷるぷる

GM: セフィアが指揮棒を振ると、優しげな音と共に[ヒール]が発動します。コウキュウ・踏鞴・弟子の3人はHP15回復です。

コウキュウ: 「む……すまぬな。おぬしも巻き込まれてばっかりじゃったろうに」セフィアへ

GM/咏那: 「えっと……それじゃあ、こう言った方がいいかな……ありがとう」はにかむように笑いながらコウキュウをそっと抱きしめます。

GM/セフィア: 「いえ……私からもお礼を言わせてほしいくらいですから。本当に、ありがとうございました」

コウキュウ: 「ぬぐぅ!?ぬ、や、あ、やめんか、わしは本当に何も大したことはやっておらぬのじゃから、その、そーゆうことは……」あたふたあたふた

コウキュウ: 「え、えぇい、おぬしらも早く助けんかっ!」自分の事で手一杯です

色: 「はいはい、感謝は素直に受け取っておくものよ?」

ユメヌ: 「楽しそうで良いじゃない」

踏鞴: 「それでも嬉しそうなコウキュウであったと……」

GM/咏那: 「えへへー……コウちゃんちょっと熱くなってるよ?」

コウキュウ: 「ぬぐぐぐぐ……後で覚えておれよ、おぬしら……」恨めしそうな視線を仲間達に向けて

照れまくるコウキュウを囃し立てる仲間達。まるでカップル成立を祝っているかのような光景である。

舞台裏ではPLもGMもコウキュウの可愛い一面にノックアウトされているのだが、それはまた別のお話。

コウキュウ: 「……ま、なんとかなってよかったわ。ぬしも、よくがんばったの」照れつつも頭をな撫でて

GM/セフィア: 「ふふっ……さてと、私はミスティアからみっちり話を聞いてきますね。魔理沙がどうとか言ってた妖怪のことも気になりますし」

コウキュウ: 「あぁ……そちらは任せた。けーねも一緒に調べるとよかろうて」

GM/セフィア: 「はい。このお礼はまた今度させてもらいますね」遠くで黒こげになったミスティアとばたんきゅーしてる離夢を引きずっている慧音先生のところまで飛んでいきました。

色: 最初から咏那を助けるのが目的だったのってコウキュウだけなんだよね。

コウキュウ: あぁ……え、色もじゃないですか?

ユメヌ: ねー ユメヌなんて三月精倒した時点で終わってた

色: 「そう。慧音に伝えておいて。私は話は後日に聞かせてもらうからって。」つまり今は帰ると

ユメヌ: 「……ふぅ、これで一件落着か……魔理沙の頼みは厄介ごとにしかならないわね……」 こそっと

第5回へ続く...