簡易戦闘ルール改

追加または変更した項目は 太字 で記述している。

  • DP制廃止
  • グレイズ廃止
  • 各種判定:3D6固定
  • ホーミング:命中判定を3D6で行い、達成値+3。オプションは全て省略。
  • 弾幕:ターン開始時にまとめて宣言。弾密度を合計する。「最大の1人」以外は半減。
  弾密度は (〈弾幕〉スキルLv+[能力]Lv)/3(切り上げ)
  そのターン、回避判定を行う度に、「弾密度-(回避の達成値-攻撃の達成値 最小0)×2」のダメージを受ける。
 弾密度はターン終了時に半減(切り上げ)して持ち越し。
※ナパームおよび弾幕関連スペルカードは、ダメージへの修正を弾密度への修正として適用。
  その際の処理は、ナパーム及びスペルカードの発動→最大Lvのチェック→最大の一人以外を半減させる の順で行う。
  • 各キャラクターは、身体+耐久+意志の値のポイントを持つ。
  このポイントを消費して、ショット・近接(接近および命中)・回避・抵抗の達成値上昇が可能。
  • 接近判定は相手の「身体+〈回避〉or〈弾幕〉+10」が目標値。
 達成値の差分(接近の達成値-目標値)をダメージに上乗せする。
※ディバイドおよび近接関連スペルカードで、標準ルールでは接近判定が不要の場合、
 「判定は行うが、失敗しても差分値0で成功したものとする」として扱う。
 ディバイドは発動>接近>命中の順に判定。
  • ガード:ガードを試みた場合、成功・失敗に関わらず弾密度によるダメージを<【近接武器】>Lv分軽減できる。
  • 能力によって行動が不可能な状態(スリープ・パラライズ等)の場合、自分の手番の終わりにその効果から回復する。

※消費スペルカードの発動時、相手方の弾密度を半減(切り上げ)させる。
※消費スペルカードの"弾消し"の効果を変更 「発動時、相手方の弾密度を0にする」
※「集中」は、標準ルールでDP消費数減少を適用できる行動に対して判定値+4
※「当たり判定が小さい」場合、弾密度を-2して扱える。
※「カスリ範囲が大きい」は削除。
※結界などで弾幕を防いだ場合、「効果が有効なキャラクターの回避判定時、弾密度をレベル分 少なく計算する 」とする。
※シールド・防護のルールを変更、「[魔法]Lv×1.5(切り上げ)分の(身体+耐久+意志の値の)ポイントを獲得する」