幽流星異変 弾幕ごっこ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2章へ戻る

GM:では、ささっとシーンを始めてしまいます。ボス戦になりますので、皆さん気合入れていきましょう!
エミール:ボス(最後とは言ってない)
 

妖怪の山、百合のアジト 9時50分

GM:鬱蒼と生える木々を超えると、崖の下に隠れるように大きな屋敷が建っていた。
GM:結の案内の元、異変解決者たちは最短ルートで百合のアジトに辿り着いた。
GM:大きな屋敷だ。奇妙なことに、窓が極端に少ない。いくつか存在する窓も、いずれもしっかりと雨戸が締められている。入るには、正面の大きな戸を潜るしかなさそうだ。
エミール:「正面突破あるのみか」
日廻:「いかにもって感じですね…」 緊張した感じで
花凛:「ぐずぐずしてると間に合わなくなりそうだし、一気に突っ込んだほうがいいんじゃないのかい?」
エミール:「そうだな」
日廻:「ドキドキです…!」 カメラを構えておきます

花凛:しっかり戦闘準備しておこう
エミール:武器生成か。してもいい?
GM:まあ、バフは一人一つまでオーケーとしましょうか。
花凛:いいのか
日廻:ほんとかっ
GM:大丈夫です。その分、こっちもバフ一つ積まさせて頂きますので。

自己強化のお時間です。

花凛:じゃあ禊ぎうっとこうかな
(ダイス)花凛:3D6+8 = [4,3,6]+8 = 21 禊 発動
花凛:お、達成値+2

エミール:では、武器生成を自分に
(ダイス)エミール:3D6+8 = [1,3,1]+8 = 13 失敗
エミール:失敗ェ…
日廻:oh...
エミール:8以上でないとか流石に流石に

結:神懸
(ダイス)結:8+3+3D6 = 8+3+[2,3,5] = 21 発動

日廻:日廻もプレコグニションをば…
(ダイス)日廻:6+2+3D6 = 6+2+[2,6,6] = 22 発動
日廻:やったー!

結:ところで、百合もバフ積むってのは既にこちらが来たことがバレてるってことかしら
GM:ばれても問題ないので先に言っちゃいますけど、既にアラート済みです。
結:あらら……
エミール:奇襲は無理、と。

この時点でのバフ状況まとめ
花凛が禊ぎにより全てのの判定値+2
結が戦闘時仕様の神掛によりDP回復+1
日廻が戦闘時仕様のプレコグによりDP回復+1
また、PCからは見えていないが瓔珞百合も戦闘時仕様のプレコグによりDP回復+1

日廻:あ、にとりにテレパシー送ってもいいでしょうか?
GM:んー。ちょっと早いです。もうちょっと経ってからでないと、二回目の報道の判定には挑戦できないものとします>にとりへテレパシー
日廻:うーむ残念…
エミール:なぁに
エミール:いってとっちめておわり

エミール:「……準備は?」
結:「おっけー!さあ討ち入りだ!」
エミール:「問題ないなら、行くぞ。先陣は私が切る」
花凛:「よし、突貫!」
日廻:「行きます!」 れっつごー
エミール:では、扉まで最短で突っ切る

GM:重く大きな戸に異変解決者が近づくと、戸が突然の風圧で内側から歪み撓んで異変解決者たちへ倒れてくる!(演出につき自由に回避どうぞ)
エミール:むしろ受け止めても?
GM:それは、おもしろい。どうぞどうぞ。>うけとめる
エミール: では、二枚来るであろう扉を、一枚ずつ片手で受け止める
結:「ひゃあ!」しゃがみガード
エミール:「…これで止められるとでも?」扉を横に投げ捨て
GM:奥にいる百合「(あからさまな舌打ち)」
花凛:「熱烈な歓迎じゃんか」扉を蹴っ飛ばして
エミール:「扉一枚で防がれるほど、私の想いは軽くない」
日廻:「あ、危ないところでした…ありがとうございます」カメラを大事そうに抱え直します
エミール:「これくらいなら造作もない」

GM:戸の向こうは広そうに見えるが薄暗い。戸が破れたことで入る光によりかろうじて見えるのは、床に寝かされたうるえと、その周りに描かれた未完成の魔方陣。その更に奥に、戸を破壊したと思しき百合が、右手に扇を携え、左手には風の残滓を纏わりつかせている。
花凛:「あんたのチンケな陰謀どころじゃない自体を引き起こすんでね。がっぽり稼がせてもらうよ」退治用の札を見せつけ
GM:百合「……尋問してやりたいことは山ほどあるけれど。まずこれだけは吐いてもらいましょうか。なぜこんなにも早くここに?この拠点は、絞るのに最低でも2時間は掛かるはずだったのに」
結:「私とうるえの絆を甘く見ないでよね! 私これでも神様なんだから!」立ち上がって指をびしーっと突きつける
結:なおエミールの服の裾を握ってる模様
エミール:「真正面から言った方が映えるぞ、神よ」
花凛:「絞まらないったらないねぇ」やれやれって感じに

GM:結さんのセリフを聞くと、百合は嘲笑で唇を吊り上げます。
GM:百合「ふふふ、絆?そんなもの、口先三寸でいくらでも操作できるわ。嘘だと思うなら、彼女に聞いてみなさいな」言って、足元のうるえを揺り起こす
GM:うるえは目を開き、ゆっくりと起き上がりつつ君達の方を向くと、
GM:目をつぶり、耳をふさいで恐怖に満ちた悲鳴を上げ始める。
エミール:「はっきり操作、といいきるか」
花凛:「しゃ、喋れてる…」結界相当削られてるんじゃないのけ
エミール:「あれはしゃべっている訳じゃない。ただの悲鳴だ。あんなものは犬だって猿だってできる」
GM:百合「あっはっはっは、『私とうるえの絆を甘く見ないでよね!』ですって!いい気味だわ、なんて滑稽なのかしら!」
GM:百合「ふふふ。手品まがいの初歩的な妖術だけれども、手法さえ知っていれば大抵の事はインプリンティングできる物なのよ。心理学の基礎ね。」
日廻:「ああっ!?な、なんてことを!」

花凛:ちなみにうるえの結界の様子はどんなもんでせうか
GM:結界はまだ無事です。これは、あくまで普通のチャームであって、儀式魔法の方はようやく準備を始めたところでした。
花凛:よかったよかった

日廻:「で…でもあなたはもうおしまいなんです!この事だって正当に裁かれるはずです!」カメラを構えてパシャパシャやります
花凛:うーむ、うるえを人質に取られたりするとめんどいし、うるえと百合の間に封印結界を貼りたいが
GM:おっと、その前に百合が襲い掛かってしまいます。
エミール:「敵陣にのりこんで、想定しないことではなかったが。やはり戦い辛いな」
GM:百合「ふふふふ。追い詰めたつもりで、逆に罠にはめられた気分はどうかしら?」言いつつ、再び左手へ風を集め直す。
GM:百合「問答無用すら生温い。貴方たちには、口を開く暇も無いまま山の闇に葬ってあげるわ」襲い掛かる!

Border of life!  Set spell card ―― Attack!!

GM:戦場の説明をします。
GM:場所は百合の持つ「大きな家」の内部、屋内ですが弾幕ごっこに十分な広さがあります。薄暗くはありますが、暗闇のペナルティが発生するほどではありません。太陽光は射し込んでおらず、吸血鬼の種族ペナルティは気にしなくて大丈夫です。
GM:敵は瓔珞百合と、簡易洗脳済みの日生うるえの計2名です。うるえは達成値19のチャームが刺さった状態で、かつ達成値29で〈いいくるめ〉られています。
GM:チャームを解除するか、あるいは手番を消費しての「知性+〈交渉〉系列のスキル」の判定(3DPまで)で達成値の累計が29を超えれば、うるえは正気に戻り、戦場から離脱します。
GM:スペルカード使用可能枚数は、PC側10枚、百合6枚です。
エミール:無視した場合のペナルティは?
GM:うるえを無視した場合のペナ、の事ですかね。うるえが延々PCを攻撃します。
GM:他に質問のある方―
エミール:うるえのHP0にしたばあいのペナルティは?
GM:好感度が下がります。
エミール:やめよう
結:あかん

エミール:じゃあ何人かで説得して
エミール:さっと終わらせよう
花凛:優先事項じゃのう
結:結とあと一人いれば期待値でいけますね
エミール:だれにやらすか…
GM:さて、他に何か確認することはありますかー?
花凛:んーわしはないかな

GM:さて、特に確認しなければならないことが他に無いようでしたら戦術判定を振りましょうか。GM側から行きますよー。
(ダイス)GM:3D6+8+1 = [4,6,2]+8+1 = 21百合の戦術
GM:うるえは判定省略。

(ダイス)花凛:3D6+6+2 = [1,6,3]+6+2 = 18
花凛:あきまへん
花凛:あ、禊のっけてなかった
花凛:でも20か

結:戦術取るの忘れてた
(ダイス)結:8+3D6 = 8+[6,3,3] = 20
GM:1レベルでも取っておけば……(笑)

日廻:とりあえず戦術判定
(ダイス)日廻:6+0+3D6 = 6+0+[3,5,1] = 15

(ダイス)エミール:3D6+4 = [5,5,4]+4 = 18
エミール:あっと、戦術です

GM:はい、戦術は百合の勝利です。


ターン1
GM:では、イニシアチブを決定しましょう。PC側から宣言です。

エミール :DP27 前衛
花凛   :DP25 前衛
結    :DP24 後衛
日廻   :DP26 前衛

GM:では、敵側

うるえ  :DP24 前衛
百合   :DP29 後衛
GM:さらに百合が即時詠唱を宣言。ターン頭に自身へのスペル詠唱権を得ます。

日廻:さすが百合汚い…
花凛:むむむ
エミール:さて、なにする

百合(即時詠唱)>百合>エミール>日廻>花凛>うるえ≧結


GM:では、行きましょう。
GM:百合「さあ、天狗の速さをその目に刻み付けなさい!」
GM:魔法でスペル「リフレイン」詠唱。目標値22
花凛:さっそくきたっ
エミール:前使ってたからなぁ
(ダイス)GM:8+5+3D6 = 8+5+[5,3,4] = 25魔法詠唱 発動
GM:おっけー、得た行動圏で魔法による弾幕を宣言。精霊で風属性を付与。
GM:弾幕:8DP or 13dmg
GM:百合が羽を翻すと、閉鎖空間の大気が音速で撹拌され発生した衝撃波が壁と天井で乱反射する。

結:回避で
花凛:回避
エミール:回避で
日廻:ダメージで
 

GM:では、通常のターン進行です。
GM:百合の手番
GM:再度、弾幕を宣言。8DP or 13dmg
GM:往復。往って復れば衝撃波は二回発生する。単純千万にして明快至極な理論。

花凛:ダメージで
花凛:「ちっくしょう、上手いこと考えやがるっ」いたいいたい
結:ダメージ
エミール:ダメージかな
エミール:「やすやすとくらえないが…こう多くては…」
日廻:うーん…回避しましょう


GM:では、次。エミールさんですね。
エミール:んー…
エミール:んー…?
花凛:説得が累計ならこのターン潰して説得するのもありじゃないかなぁ
エミール:うるえをなんとかできる人、挙手
結:の
日廻:6でいいなら
エミール:いいくるめはわりと絶望的
エミール:4なんだよね…
花凛:合計29になればいいわけだからカンタマとかなければ全員で説得するのも手ではあるのら
結:エミールちゃんは普通に百合を削りにかかればいいんじゃないかな
エミール:後衛にいられると
エミール:わりと仕事しにくい…ホミ3レベルがいたい
エミール:なにもしないよりは
エミール:何かしよう

エミール:うるえに交渉
GM:なるほど、そっちで来ますか。判定どうぞ―。
(ダイス)エミール:3D6+4 = [6,1,4]+4 = 15
エミール:出目でなんとか。これならなんとかなる…だろう
GM:29-15=14 残り目標値:14
エミール:「…戻ってこい、そこにいたところでお前の求めているものはない。そうだろ?うるえ」
GM:うるえ「……!……!!」頭を抱えて足をばたばたし始める
エミール:「…こんなものか」


GM:では、次の人。日廻さん
日廻:説得しますー
GM:はい、判定どうぞー。
(ダイス)日廻:6+3D6 = 6+[1,5,4] = 16 ノルマクリアー
日廻:「うるえさん!そんなやつの前にいないで私達の後ろに!早く!」
GM:百合「ふふ。物語じゃあるまいし、わたくしの洗脳がそんな簡単に解けるわけが……」
GM:瞬間。うるえがパチッと目を開き、
GM:結さんとしっかりと目が合います。
エミール:「自らの慢心が招いた事だが。一つだけ」
エミール:「縁結びの神の絆が、生易しい洗脳で潰せると思わないことだ」

結:「今日一日だけでも、うるえと縁が結べた人がこんなにいるんだよ!みんなうるえのこと待ってるんだから……お願い、戻ってきて!」
GM:では、それを聞いたうるえは、小さな羽を必死に羽ばたかせ、
GM:結にひっしと抱き付きました。
結:「お帰り……! 大丈夫、もう離さないからね」
結:抱きしめて頭を軽くなでる
GM:抱きしめられたうるえは、嬉しそうに目を細めます。

GM:百合「そ、そんな馬鹿な話があるわけが……。くっ、かくなる上はもう一度術を……。」慌てる百合
日廻:「よかった…さぁ取り戻しましたよ!それに…えいや!」 百合の暴露記事を投げつけます
GM:百合「な……!馬鹿な、ここまでの情報を、こんな短時間で……!?」
日廻:「私の指示ひとつで山全体に大公開です!もうあなたに逃げ道なんて無いんですよ!」 その様子を写真に撮っておこう
エミール:「私としては貴様を殴る理由は消えた。おとなしく捕まればなにもしない」
GM:百合「ふ、ふふふふ。優先事項が変わったわ。今から全力で貴方たちは叩き潰させてもらうわ。そして、改めて情報を操作しなおさせてもらうとしましょう。」
GM:百合「そう……。この魔方陣も、誘拐の事実も、全て貴方たちの仕業という事にさせてもらうわ!」
日廻:「そうですその意気です!私を倒せば新聞は止められますよ!」 あからさまにヘイトを稼いでみる
日廻:(…これは文さんへのおみやげにしましょう!きっと喜んでくれます!) ポケットに百合の写真をつっこみながら
エミール:「襲ってくるなら、正当防衛させてもらう」


以降、うるえは戦場から除外され、安全な状態となる。今回は館の外にまでうるえが退避したという事にした。


GM:さて、次の人。花凛さんですね。
花凛:「へっ、余罪もごろごろありそうだなぁ。人里に持ってったらいくらの賞金がつくことやら」ニヤリ
花凛:百合に封印結界を貼るよ。大きさは2mで
(ダイス)花凛:3D6+6+2+2 = [6,4,6]+6+2+2 = 26 クリティカル
結:ざわ……
花凛:いえーい
日廻:ざわ・・・ざわ・・・
GM:んー。2mなら、小さい結界に対する回避判定……ってクリティカル!?
花凛:百合と百合の弾は出られないと指定しよう
GM:あっはっはっはっは。抵抗するにせよ、回避するにせよ、クリティカルでないとダメか。

GM:なら、刻符だ!精神抵抗判定を自動成功にし、2秒でこんな結界出て行ってやる!
GM:百合「人里の賞金稼ぎね。わたくしには賞金なんてかかってない筈よ。叩きのめして名誉棄損で訴えてやるわ。」
花凛:ちぇー
花凛:「ふん、普段と違って追い詰められてる気分はどうだい?」百合の言葉を鼻で笑いながら
 

GM:で、結さんの番です。
結:「情報操作なんかさせないよ!これまでぺらぺらと喋ってくれた悪役セリフも全部録ってあるんだから、これをみんなに聴いてもらえば一発!」じゃーんとテープレコーダーを見せつける
GM:百合「あら素敵、貴方を落としたうえでそのレコーダーの中身は編集させて頂くわ」一瞬ひるむが、しかしなお余裕の態度を崩さない。
エミール:「余裕だな」
結:「口封じもさせないっ!ここからは私が、うるえと縁を結んでくれたみんなを守るんだ!」禁域結界を5mで発動します。奉納を3点達成値アップに使用
GM:はい、どうぞー。
結:指定は吸血鬼以外立ち入り禁止で
(ダイス)結:8+3+3+3D6 = 8+3+3+[6,4,4] = 28 発動
結:イイネ!
GM:なるほど。エミールさん以外は外に出ないから、弾かれ設定でも問題ないのですね。
結:達成値はこれで確定で
GM:了解です。
GM:百合「ふふ、必死になっちゃって。今にそんな口も効けなくしてあげるわ。」
 

GM:ターンエンドです、DP回復量だけをDP回復してください。


ターン2
GM:イニシアチブ宣言、PCから。

花凛   :DP19 前衛
エミール :DP20 前衛
結    :DP19 後衛
日廻   :DP21 前衛

百合   :DP27 前衛

百合>日廻>エミール>花凛=結


GM:では、百合の行動。
GM:んー。ちょっと難しいけど……。
GM:ここは再び弾幕だ。結界厳しいけど、強引に行こう。
GM:8DP 13dmg 

花凛:禁域結界のおかげで2DP小さくなるね
結:ダメージとDP減少が2減るので皆様お忘れなく
花凛:回避
エミール:なら…食らう。合計24食らって残り6
結:受けで
日廻:ダメージで受けますー
GM:百合「……ふーむ、少し戦術に修正が必要かしら」
 

GM:では、次は日廻さん
GM:百合「下っ端の白狼天狗風情が、このわたくしに逆らうだなんて。そんなにもサービス残業という名の強制労働をしたいのかしら?」
日廻:弾幕しましょう 4D or 6ダメです
GM:DPです。4DP減らして4グレイズいただきます。
花凛:「山暮らしってのは私には絶対あわなさそうだなぁ」セリフ聞いてうっへえってお顔してる
エミール:「上下関係があるのもまた良い時もある」
日廻:「この戦いは私の新聞と、私の給料と、あと面倒くさい上司のためです…!」 弾幕をばらまきつつ
 

GM:では、エミールさん
エミール:よし、殴る
エミール:接近から
GM:近接目標 32
(ダイス)エミール:6D6+9 = [5,1,3,1,6,4]+9 = 29 失敗
エミール:平均値目標なんだが…刻符る
エミール:あとごめん11だった。9は回避
(ダイス)エミール:6D6+11 = [2,2,3,2,3,6]+11 = 29 失敗
GM:どうします?もう一枚?
エミール:下がるか。失敗で
花凛:おうまい
エミール:ダメなときは…ダメ
GM:はい、了解です。乱反射する風と衝撃波が凄まじすぎて、近づくことすらできません。
 

GM:次は花凛さん、
花凛:とりあえずこっちも弾幕撃っておこう
花凛:4Dor6ダメ
GM:DPで。
 

GM:次は結さんです。
結:ホーミングを4Dで撃ちます。達成値32
GM:ふーむ……。
GM:7DPで回避判定
(ダイス)GM:7D6+8+7 = [6,3,1,5,1,3,6]+8+7 = 40 成功
GM:14グレイズいただきます。
 

GM:では、ターン終了の処理を各自行ってください、


ターン3

日廻   :DP24 前衛
花凛   :DP15 前衛
結    :DP15 後衛
エミール :DP18 前衛

百合   :DP16 前衛

日廻>エミール>百合>結=花凛


GM:では、日廻さんです。
日廻:ひとまず弾幕です 4D or 6ダメ
GM:むむ
GM:よし、ここはダメージだ。6点HPにもらいます。 
日廻:ほう…


GM:エミールさんの番。
エミール:んー
エミール:もう一度寄ろう
GM:近接目標 32
(ダイス)エミール:6D6+11 = [2,5,4,1,4,5]+11 = 32 成功
GM:成功ですね。
結:次から7Dで接近した方がよさそう
エミール:5d6+11 避けさせよう
(ダイス)エミール:5D6+11 = [5,3,5,5,4]+11 = 33
エミール:なんで1d下げた方が達成値高いのか
花凛:まれよく
GM:むむむ
GM:7DP回避
(ダイス)GM:7D6+15 = [4,3,4,4,1,3,4]+15 = 38 成功
GM:成功です
エミール:このあたりはラッキーヒットすればいいかな的な
GM:百合「天狗の速度を甘く視すぎじゃないかしら?」
エミール:「すばしっこさは天狗か」
 

GM:百合の手番ですね。
GM:とはいえ、前のターンからずっとこの手番での行動は悩んでいたのですよねぇ……。安定択のために手番を2回使うか、確率ほぼ2分の1にかけて1ターンで済ませるか……。

GM:よし、ここは確実に固定値を稼ごう。結界このままだと弾幕の効果薄いし。
GM:魔法からスペル詠唱、レジストマジック。対象は自身。
GM:判定の前にグレイズを計20点消費、霊力4点回復 で、6点使用。
(ダイス)GM:8+5+3D6 = 8+5+[4,5,3] = 25魔法詠唱 発動
GM:余裕で判定成功。
GM:百合「基本戦略の修正完了……。全く、私としたことが事前強化の判断を誤ったわ」
 

GM:では、結さんか花凛さん
花凛:んーじゃあこっちからいくかな
結:どぞー

花凛:8d使ってショットだ
GM:こーい。
(ダイス)花凛:8D6+9 = [6,1,1,5,6,4,1,4]+9 = 37
花凛:一応期待値か
GM:ふーむ、これはスペカ宣言しましょ。
GM:天符「大衆形代」   展開型 ナパーム強化 風付与 
花凛:げえっナパーム!
GM:で、回避判定。8DP使おう。
(ダイス)GM:8D6+15 = [1,3,5,6,6,3,2,5]+15 = 46 成功
GM:成功です。
GM:百合が紙製の人形を風に乗せて大量にばら撒く。すると、その人形が風に舞いながら、甲冑姿の侍になり襲い掛かってくる!
日廻:ナパは良くないぞぉ…
 

GM:では、次は結さんですね。
結:4Dホーミング達成値32(呪文)
GM:うーん、かわしておこう。6DPで。
(ダイス)GM:6D6+15 = [2,1,1,5,3,5]+15 = 32 成功
結:惜しい
GM:よっしぎりぎり。
 

GM:ターンエンドです
GM:各自、ターン終了の処理に従ってください。

 
ターン4

結    :DP17 前衛
花凛   :DP11 前衛
日廻   :DP26 前衛
エミール :DP11 後衛

百合   :DP14 前衛

日廻>結>百合>花凛=エミール

 
GM:では、日廻さんです。
日廻:うーん、弾幕で 4D or 6ダメです
GM:はい、ダメージで。
 

GM:では、次は結さん。
結:4Dホーミング達成値32
GM:うーん、ここで見せておくのも手か……?
GM:よし、ではもう使っちゃおう。
GM:1dガードだ!
結:なん……だと……!?
花凛:こいつ近接武器持ちかよぉ!
日廻:げぇガード持ってるのか…
(ダイス)GM:5+5+1D6 = 5+5+[2] = 12 失敗、しかしガードにつきダメージ軽減効果あり
GM:というわけで失敗。ダメージ下さい。
(ダイス)結:8+2D6 = 8+[6,3] = 17(ホーミング持ちの心が折れる音)
GM:10点止めて、7点通しです。
結:あかん……
 

GM:百合「さて、魅せてあげるわ!」扇子で結の弾を受け流しつつ
GM:スペカ宣言!
GM:破呪「天狗の揺さぶり」   消費型 ディスペルマジック強化 
GM:対象は、そのすごく邪魔な禁域結界!
結:グワーッ!
花凛:あいええ
(ダイス)GM:18+3D6+4 = 18+[6,5,4]+4 = 37 達成値勝利
GM:よっしゃぁ、壊した!
結:爆発四散しました……
GM:魔力とプレッシャーで周囲の空間ごと敵の呪文一つを揺さぶり、破壊する!
花凛:「げっ!」
結:「うわーっ!」
 

GM:さて、花凛さんかエミールさん。
エミール:「魔法か…常々面倒なものだ…」待機


花凛:ここは弾幕撃っとくかなぁ
花凛:4d or 6ダメ
GM:ここは……
GM:DPで。4減ります。
 

GM:ターンエンドですね。

 
ターン5
GM:イニシアチブをお願いいたします。

花凛   :DP12 前衛
日廻   :DP26 前衛
結    :DP19 前衛
エミール :DP17 前衛

百合   :DP28 前衛 

百合>日廻>結>エミール>花凛
 

GM:では、百合の番。
GM:百合「ふふふ、どうやら貴方たちに抗魔の類はできないようね。なら、絶望させてあげるわ。」
GM:グレイズを15点、霊力3に。で、即座に使用。ナパームを1dpで詠唱。
(ダイス)GM:15+1D6 = 15+[1] = 16目標値16 発動
GM:10DP or 17dmg
GM:一瞬、視界がぶれると風に舞う紙人形がPC達の目に映り、その直後に侍の軍団が突撃してくる!
GM:弾幕から身を守る結界は既に無い。そのまま17点喰らうか、10DP使って躱すかだ。

結:回避せざるを得ない
花凛:HPで受ける
日廻:回避ー
エミール:避けざるをえない
GM:そろそろPCも霊撃とかして良いのですよ?

 
GM:では、次は日廻さん
日廻:ショットしましょう
GM:はい。
(ダイス)日廻:6+1+1+7D6 = 6+1+1+[3,2,2,4,3,6,1] = 29
日廻:確定で
GM:回避ー。
GM:5DP使用
(ダイス)GM:5D6+15 = [1,5,4,5,3]+15 = 33 成功
GM:回避成功
 

GM:次は結さん。
結:結界を張りなおす作業。奉納と指定はさっきと同じ
GM:ダイス目下がれー(呪い)
(ダイス)結:8+3+3+3D6 = 8+3+3+[1,5,4] = 24 発動
日廻:ありがたい…
結:「むむ……一度消されたってまだまだいけるよ」
GM:ぐぬぬ……。
GM:百合「いつまで保つかしらね?」余裕の表情
結:「あなたが倒れるまで保てばいいの!」必死
 

GM:エミールさんの番です。
エミール:んー
エミール:殴るか…な
エミール:こっちのスペカ10枚だよね
GM:はい、一人につき2.5枚の計算ですね。
エミール:見た感じ使ってない?
GM:PCサイドはまだ誰も使ってません。
花凛:まだ誰も使ってないね
花凛:粘っております
GM:百合は一枚消費の一枚展開中。
エミール:それ割らせるか…
エミール:ただ
エミール:避けられないかねえ…という思考中断

エミール:いいか(思考停止)
エミール:スペカ使います
GM:よっし、どうぞ!
エミール:刺符「全速前進」 消費/白兵強化
エミール:17か…
エミール:10d6+17 これくらいでいいか
(ダイス)エミール:10D6+17 = [5,2,5,5,6,1,4,4,3,4]+17 = 56
GM:ふーむ……
GM:むむむ……。
GM:どうせ結界との相性悪いし、捨てるか……?それとも……。
GM:いや、喰らってたまるか回避だ。14DP
(ダイス)GM:15+14D6 = 15+[2,5,6,2,5,3,1,1,2,1,3,6,2,3] = 57 成功
花凛:おしい
エミール:くぅ…
GM:セーフ、回避です。
エミール:まぁいい、使わせた
GM:百合「! 今のは危なかったわ。馬鹿力だけはあるのねぇ、吸血鬼って。」
エミール:「あの速度を見切れるか…なかなかやるじゃないか」
 

GM:では、花凛さんの番です。
花凛:ここは一気に押しておこう
花凛:10d使ってショット
(ダイス)花凛:10D6+9 = [5,6,6,3,2,4,5,4,3,3]+9 = 50
花凛:お、いい感じ
GM:ぐぅ、残8DPでそれはきっついな。
GM:1dガードは……まだこのターンは使ってないな。よし、ならばガードだ。
GM:判定省略。ダメージください。
花凛:グレイズ14のっけて7点上乗せ
(ダイス)花凛:2D6+6+7 = [6,2]+6+7 = 21
花凛:うーん、耐えられてそうだ
GM:10点止めて11点通しですね。
GM:しっかりばっちり耐えてます。まだ余裕。
GM:百合「(扇子で退魔札を受け流しつつ)ふふふ、この程度?」
花凛:「策ばっか練ってる癖にしぶといったらねえな」シュパパパッと札を投げながら
GM:百合「天狗が本気を出す事なんて滅多にないのよ?光栄に思いなさい!」


GM:さて、ここでターンエンドですね。

この時点でのスぺルカードの状況
PC側 展開中のカード無し 伏せ札9枚
百合 ナパーム強化展開中 伏せ札4枚
 

ターン6
GM:イニシアチブ宣言、PCから

結    :DP15 前衛
花凛   :DP6 前衛
エミール :DP15 前衛
日廻   :DP15 前衛

百合   :DP14 前衛

結=エミール=日廻>百合>花凛
 

GM:では、結さんかエミールさんか日廻さん
結:最後で
エミール:んー…
エミール:殴るしかないんだよなぁ…
エミール:先行ってきます。白兵攻撃
GM:近接目標 32
(ダイス)エミール:7D6+11 = [4,6,6,5,4,3,3]+11 = 42 近接成功
GM:成功ですね。
GM:7グレイズどうぞ。
エミール:よっと
(ダイス)エミール:7D6+12 = [3,1,3,4,6,2,3]+12 = 34 命中判定
エミール:ひっく…どうぞ
GM:ふーむ……
GM:7DP回避。
(ダイス)GM:15+7D6 = 15+[3,4,6,1,5,3,6] = 43 成功
GM:成功。
 

GM:次は結さんか日廻さん
GM:結さんは後回し希望らしいので、日廻さんですかね。
日廻:ではショットで
GM:はい。
(ダイス)日廻:7+7D6 = 7+[5,4,5,3,2,5,3] = 34ショット
日廻:これで確定で
GM:うーん、喉から手が出るほどかわしたいのに、このままだと攻撃するDPが足りなくなるのか…。
GM:うーん、仕方ない。1dガードと言わざるを得ない。
(ダイス)GM:5+5+1D6 = 5+5+[6] = 16 1dガード
GM:命中、ダメージどうぞ。
(ダイス)日廻:6+2D6 = 6+[6,6] = 18ダメージ
日廻:ワオ…ゼン
GM:ダイス目!?
花凛:ワオオー
GM:グレイズはどうします?
日廻:落ちないとは思うけど乗せておきましょう 18点消費で+9ダメします
GM:10点止めて、17点通しですね。まだ落ちません。
 

GM:結さんの番です。
結:怒りの4Dホーミング達成値32
GM:すくらいー
(ダイス)結:8+2D6 = 8+[2,4] = 14 
GM:まだ落ちませんね。
 

GM:百合の番。
GM:百合「その程度で止められると思っているなら、その認識を改めなさい!」
GM:達成値24の結界あるけど、強引に詠唱を通そうか。位置このままでナパームを3dで判定。
GM:ナパーム詠唱はグレイズ15点を消費して唱えてますよ。
(ダイス)GM:15+3D6 = 15+[5,3,5] = 28 発動
花凛:通ったか
GM:ひゃっほう、無駄に出目がいい!
GM:10DP or 17dmg ただし結界影響。
GM:減算はPLに任せます。

花凛:持たないからスペカ宣言するよ
花凛:攻符「撃破陣」 展開 ショット強化
花凛:そんでダメージは受け
エミール:避けられると思ってなかったから食らうしか無いんだよなぁ…持たない
エミール:こっちもスペカ使うよ
エミール:集符「フルコンセントレイト」 展開 回避強化
エミール:ダメージは受ける。残り半分っと
結:使いどころかなあ。
結:縁符「待ち人来たり」 展開型 ホーミング/神道術 強化
結:回避で
日廻:これはスペカ発動の流れですね!
日廻:狼符「ウルフトレイル」 展開型/回避強化発動です
日廻:で回避します
GM:一斉にスペカを展開する異変解決者たち。それぞれの得意技を武器に、百合に迫る!
GM:百合「そうそう、それくらいの意気で来てくれないと」にやりと笑み。
 

GM:では花凛さん。
花凛:6d使ってショット
(ダイス)花凛:6D6+9+2 = [2,5,1,3,6,2]+9+2 = 30
GM:すくらいです
(ダイス)花凛:3D6+6 = [6,3,5]+6 = 20
花凛:グレイズは無かった
GM:spell break!!
GM:それで天符「大衆形代」は割れます。
GM:DP回復量だけDPをどうぞー。
花凛:「ほらよっそのニヤついた笑いはこの強化札を食らってからにしなっ!」シュパパパッとお高い札を投げつけるよ
GM:百合「ふふふ、カードごとの役割から言えば、このカードは既に仕事を果たしたわ。わたくしの策は半ば完成しつつある。」


GM:ターンエンドです、DP回復の処理をどうぞー。


ターン7
GM:イニシアチブの宣言ですー。

花凛   :DP21 前衛
結    :DP21 前衛
エミール :DP18 前衛
日廻   :DP19 イニシアチブ0 前衛

百合   :DP10 イニシアチブ0 前衛

花凛=結>エミール>百合≧日廻
 

GM:では、花凛さんか結さん。
花凛:お先どうぞ
結:4Dホーミング達成値35
GM:1dガードと言わざるを得ない。
GM:判定省略、ダメください。
(ダイス)結:8+3D6 = 8+[3,4,5] = 20
GM:10点止めて、10点通しです。
 

GM:花凛さん。
花凛:5d使ってショット
(ダイス)花凛:5D6+11 = [3,6,4,3,5]+11 = 32
GM:ふーむ、回避します。
GM:6DP。
(ダイス)GM:15+6D6 = 15+[6,1,4,1,2,5] = 34 成功
GM:ひやひや。成功。
 

GM:エミールさん。
エミール:ってぇことはもうほとんど避けれないか
エミール:近接
(ダイス)エミール:7D+11 = [6,3,6,2,3,5,1]+11 = 37 成功
GM:はい、成功です。
(ダイス)エミール:7D+12 = [4,6,3,1,1,3,2]+12 = 32
エミール:でめひっくいのぉ!
エミール:そ、そのままどうぞ
GM:うーん、残り3DPだというのに7d使うあたり、こちらの思惑はバレてますねぇ……。それでも仕方ない。予定通りに……。

GM:スペルカード宣言、展開!
GM:風符「傅き鎌鼬」   展開型 ディバイド強化 風付与 
GM:で、DP稼いで回避判定。
GM:6DP
(ダイス)GM:15+6D6 = 15+[3,1,4,2,5,3] = 33 成功
エミール:あーん
花凛:おしい
GM:あっぶないなぁもう。成功。
GM:攻撃判定のある風を3つ纏う。そして、それらを動力に急加速。一瞬で間合いを離す。
 

GM:次は百合か日廻。えーと、決定権は百合。ちょっと待って、ここは悩みどころ。
GM:うわあ、どっちにしろきつい。
GM:なら、お先にどうぞの精神でひまわりさんからどうぞ。
日廻:待機…待機でいいかなぁ…
日廻:うーん…
日廻:待機で


GM:ういさ、ではこっちの番。
GM:百合「さあ、頂いていくわよ!」ディバイド詠唱、グレイズ20点消費。
GM: 発動判定目標値20 3dpで
(ダイス)GM:15+3D6 = 15+[1,1,2] = 19

スペルカードで強化した攻撃呪文だというのに、達成値が1足りない!
このダイス目で何をどう頂いていくというのだ、百合よ!!

GM:どういうことだよ!
結:ざわ……
日廻:ワオ…
花凛:らっきー
GM:こんなのおかしいよ
GM:ちょっと、この間から思ってましたけどこのダイスは私の事が嫌いでしょう!
GM:ダイス変えたい!教授どこ行ったの!?(目の幅なみだ)
日廻:kkf
エミール:刻符はないだろう?くふふ
GM:刻符はまだ1枚しか使ってないけど……。しかし、ここで使っちゃうとなぁ……。

刻符で振り直すことを考えたGMだが、使うとこの後がより辛いと判断。
結界越えの抵抗判定でファンブルするよりはましである点や、DPはまだある事、更に後隙フォロー用のスペカを構えている事などを鑑み、ここで刻符を使わない選択をする。
 
GM:うーん、いちかばちかで次のターンにかけるしかない。通し。
GM:百合は力を貯めている。


ターン8
GM:イニシアチブの宣言をお願いします。

花凛   :DP20 前衛
日廻   :DP26 イニシアチブ0 前衛
エミール :DP5  後衛
結    :DP23 前衛

百合   :DP16 前衛

結>花凛>百合>エミール>日廻

 
GM:結さんです。
結:ショットで負担をかけますぞ
(ダイス)結:8+1+6D6 = 8+1+[2,2,1,2,6,6] = 28
結:ひどい
GM:むむ
GM:かわすと言わざるをえないか。
GM:5DP
(ダイス)GM:15+5D6 = 15+[6,3,6,4,4] = 38 成功
GM:回避成功。
結:悪手やったンゴ……
 

GM:花凛さん
花凛:言うて今ショット強化中だしなぁ
花凛:6d使ってショット
(ダイス)花凛:6D6+11 = [5,1,4,1,3,5]+11 = 30
GM:むむむ
GM:よし、ここはやはり回避だ。
GM:6DPで。
(ダイス)GM:6D6+3D6 = [4,1,3,3,3,6]+[4,2,3] = 29 失敗
GM:ぎゃー
花凛:ニヤリ
日廻:キマシタワ
GM:こんな時の為にとっときました刻符!振り直す!
(ダイス)GM:15+6D6 = 15+[5,5,2,2,5,4] = 38 成功
GM:はい、オーケーオーケー。

振り直す前の判定の計算式を間違えているが、セッション時はGMを含む全員が気付かなかったため、そのまま進行している。 

GM:では、百合の番。
GM:百合「貴方たちは既に8割方、わたくしの策に嵌りましたわ」
GM:スペルカード宣言!
GM:禁呪「無間地獄の咎人」   消費型 フォービッド拡大 
GM:対象は、PC4人全員!
結:ここでファンブルすればウケが取れますよ!
GM:誰が――
(ダイス)GM:13+3D6 = 13+[4,4,4] = 25 発動
GM:そんなことするもんか!
GM:呪文詠唱不可+能力攻撃ダメージダイス2分の一 抵抗目標値は、20!
GM:呪いを禁じる魔力を込めた紙製の人形が異変解決者たちに纏わりつく!

エミール:3d+4じゃあ世界を革命するくらいの出目が出ないと駄目だな…
日廻:3+3d6よりはましだよ
結:あっ……(察し
GM:さあて、グレイズをすり減らして火力を下げるか、抵抗通して継続火力ダウンを喰らうか、好きな方を選びたまえ。

花凛:刻符使って+5ボーナス
(ダイス)花凛:3D6+9+5 = [1,1,5]+9+5 = 21 成功
花凛:おおあぶないあぶない

結:抵抗
(ダイス)結:6+1+3D6 = 6+1+[3,5,6] = 21 成功
結:おや?
GM:うぎぎ、結さんは素で弾きましたか……。

エミール:グレイズは24かぁ…
エミール:18点使おう
(ダイス)エミール:3D+10 = [5,4,6]+10 = 25 成功
結:グレイズは確か判定後でも
エミール:記述的に曖昧だからなぁ…
エミール:それでいいなら…
エミール:15+4だから1でいいんだが
GM:んー。判定値ではなく、達成値と書かれてますね。振った後でも良いことにしましょう
エミール:じゃあすみませんがそれで
エミール:グレイズ3点消費で
GM:はい、わかりました。

日廻:抵抗放棄しますー

GM:って、なんでみんなこんなに出目いいの!?
結:「そんなのに押さえつけられたりしないもん!」ふんばって弾き返す
エミール:「ぬるいっ!」
花凛:「対策済みだっ!」
GM:えーと、通ったのは判定放棄した日廻さんだけか。まあ、弾幕使いの火力を縛れたとして考えれば十分か。
日廻:「なっ!?皆さん気を付けっ…ぎゃー!」 一人だけ巻き込まれる
GM:かごめかごめを遊ぶかのように、日廻の周りに紙人形が踊り始める。
GM:百合「ふふ。それで、この術を破るのにどれくらいのリソースを払ったか数えて御覧なさい?」
 

GM:エミールさん。
エミール:待機
 

GM:行動を遅らせた日廻さん。
日廻:ショットです
日廻:「ええい鬱陶しいです!レンズの前から離れてください!」
GM:踊る紙人形。
(ダイス)日廻:7+6D6 = 7+[6,2,2,1,5,1] = 24
日廻:これで
GM:むむ
GM:1dガードで弾ける圏内なのはわかってるんだけどなぁ……。
GM:だが、避けとこう。
GM:3DP
(ダイス)GM:3D6+15 = [5,4,2]+15 = 26 成功
GM:良し、回避。
 

GM:ターンエンドですね。
 

ターン9
GM:イニシアチブを宣言してください。

エミール :DP8  後衛
花凛   :DP15 前衛
結    :DP20 前衛
日廻   :DP26 イニシアチブ0 前衛

百合   :DP16 前衛

結>百合>花凛>エミール>日廻
 
 
GM:結さんの番。
結:4Dホーミング達成値35
GM:1dガード。
(ダイス)結:8+3D6 = 8+[3,6,5] = 22
GM:10点とめて、12点通しです。


GM:では、百合の行動。
GM:百合「ふふふ、驚く準備はいいかしら?」
GM:こんどこそ、ディバイド!20グレイズ消費!
GM: 発動判定
(ダイス)GM:15+3D6 = 15+[6,4,3] = 28 発動
エミール:流石にできるか
GM:はい、今度こそ発動成功。
GM:接近は判定なしで成功扱い、結界越えの精神抵抗をします。
GM:目標値は……17であってますかね。
結:ですね
(ダイス)GM:7+3D6+4 = 7+[6,4,6]+4 = 27 成功
GM:他で出てほしいのこの出目。
GM:成功、そしてこれで5m結界の中に5人。回避判定にペナが発生!
GM:計算式がちょっとわかりにくいのですけど、とりあえずPCおよび百合に回避判定ペナー3です。

とGMは粋がっているものの、結界の指定が「吸血鬼以外」であるため実質的にペナルティはPCに発生しない。
エミールが状況に応じて外に出れば結界内の人数が4人になり、ペナルティが消えるからだ。
勿論、エミール自身の回避にもペナルティは発生しない。

GM:で、この状態で、攻撃対象は後衛のエミール!
エミール:んもー…!
GM:では、命中に9DP
(ダイス)GM:5+5+9D6 = 5+5+[1,6,4,5,6,5,5,1,1] = 44
GM:達成値44で、さあどうだ!?
日廻:ひえぇ
エミール:うぎぎ
エミール:後衛作業が続くが…
エミール:8d+11 全部叩く
花凛:ぐぬぬ
(ダイス)エミール:8D+11 = [5,6,6,3,1,2,6,6]+11 = 46 成功
エミール:救われた
GM:うそー……避けきれないと踏んでたのに……。

8d6の期待値は28のはず。出目35は10d6の期待値だ。わけがわからないよ。
この一撃の狙いは、スペカを減らすかあるいはガーダーのDPを使わせるかの2択を迫る事であった。
結果として、その目論見は粉砕されてしまった

GM:くそう、ペナ乗ってれば当たってたのに……。

これを無い物ねだりという。

GM:百合「――透かした!?馬鹿な!」
エミール:「見通しが甘い」 もっと言えば回避スペカで+2だわ…

回避基準値が9+2で11に上がっているのは知ってるけど、それでも普通は避け無いと思う。

花凛:「驚く準備が上手いじゃないか」くっくっく
GM:いずれにせよ、このまま結界の中に居座ると逆にこっちがきつい。いちど抵抗に成功しているし、手番終了前に結界から出て距離を取り直します。
GM:百合「ふん、少し予定が狂っただけよ。調子に乗らない事ね!」離脱!

 
GM:花凛さん
花凛:じゃあ5d使ってショット
GM:むむむ
(ダイス)花凛:5D6+11 = [1,6,2,3,5]+11 = 28
GM:むむむ
GM:素くらいです。
GM:ダメージください
(ダイス)花凛:3D6+6 = [3,3,5]+6 = 17
花凛:グレイズが全然たまらんでのう
花凛:乗せられぬ
GM:17点もらいます。
 

GM:エミールさん。
エミール:DP無いから待機

 
GM:日廻さん。
日廻:余ったダイスをそのまま攻撃に 6dショットです
GM:ふむ。
(ダイス)日廻:7+6D6 = 7+[5,2,3,4,1,3] = 25
GM:むむむ
GM:フォービッド通してあるし、素くらいです。ダメージ下さい。
(ダイス)日廻:6+1D6 = 6+[1] = 7
日廻:衝撃的ダメージ
GM:グレイズは使いますか?
日廻:なしです
GM:はい、7点もらいます。
 

GM:ターンエンド。

スペルカード状況速報
PC 4枚展開中 伏せ札5枚
百合 ディバイド展開中 伏せ札2枚


ターン10
GM:イニシアチブの宣言をお願いいたします。

花凛   :DP14 前衛
結    :DP22 前衛
日廻   :DP26 前衛
エミール :DP6  後衛

百合      :DP7  前衛

日廻>結>花凛>百合>エミール
 

GM:では日廻さん
日廻:百合にショットを
日廻:6dで
GM:はい、どうぞ。
(ダイス)日廻:7+6D6 = 7+[3,1,1,4,1,6] = 23
日廻:ひっどいけどこれで
GM:うーん‥‥。
GM:このターンでのリアクションの判断がこの後の勝敗を分けるな‥‥。難しいが‥‥ここは‥‥。
GM:喰らってもフォービッド通してあるし、ほとんどダメージにならないのはわかってる。が、故あってここは回避。3DPで。
GM:新品のダイスに変わりました。これで‥‥
(ダイス)GM:15+3D6 = 15+[3,5,1] = 24 成功
GM:回避成功!
花凛:おしい
 

GM:結さん。
結:南斗4Dホーミング達成値35拳奥義!
GM:むむむ。
花凛:ワオオー!
GM:うーん、これまた悩ましい。どうするか‥‥。
GM:よし、素くらい。1dガードすらしません。命中したのでダメージどうぞ。
(ダイス)結:8+3D6 = 8+[4,6,1] = 19
GM:19点もらいます。
花凛:まだ耐えてんのか
結:お堅い
GM:まだ割れませんよ。このカードの累計ダメは55点になりました。
 

GM:花凛さん。
花凛:6DP使ってショット
GM:はい。
(ダイス)花凛:6D6+11 = [5,5,6,4,6,1]+11 = 38
花凛:いえい
GM:これはよけれません、1dガード。
GM:ダメージ下さい
(ダイス)花凛:3D6+6 = [4,4,4]+6 = 18
GM:グレイズはありますか?
花凛:グレイズは今0なの
GM:よっし、耐えた!8点通してこのカードには累計63点です。
 

GM:百合の手番。
GM:百合「ふん、調子に乗ってるようなら教育してあげるわ。狂った予定は修正してあげないといけないわね。天狗の本気に絶望しなさい!」
GM:スペルカード宣言!
花凛:まだ消費持ってたんか
GM:「唯我狗尊」   消費型 バスター強化 風付与 
花凛:それ
花凛:使って無かったっけ
花凛:霊縛の確定回避に
日廻:あっ…
結:あっ……
GM:(にやり)甘い、それはこっち:「唯我独尊」   消費型 バスター強化 
花凛:ずっけー
日廻:ほ…ほんとだ…
結:なんという……
GM:実は、2枚持ってまして。唯我独尊は 「唯我狗尊」のマイナーチェンジ版という設定。
花凛:「てめっ!卑怯だぞ!何だその名前!」動揺中
GM:ただし、狗の方は風をぶつけるのに対し、独尊は霊圧をぶつけるスペカなのでした。
エミール:マイナーチェンジ版ということか!

GM:百合「そう易々と切り札を使い切るとでも思ったかしら?さあ、喰らいなさい!」あの時も見せた、超高速移動。違うのは、前回は霊圧で呪文を弾いただけであったが、今回は風圧が異変解決者に襲い掛かる!
GM:判定は15DP消費、6d判定!
GM:対象は、PC全員だ!
(ダイス)GM:18+6D6 = 18+[2,3,6,5,1,2] = 37
GM:目標値は37、さあ喰らえ!
エミール:これは永遠動けないパターンになりつつあるな…
GM:そりゃ近接攻撃特化に対してはそうするのが一番楽ですし>エミールさん
日廻:ガード欲しい方募集中
エミール:バスターの火力だからなぁ…

結:7+11d6 回避
(ダイス)結:7+11D6 = 7+[5,3,3,6,6,1,4,2,1,2,6] = 46 成功

花凛:うーん…
花凛:8DP使って回避
(ダイス)花凛:8D6+10 = [4,6,3,2,5,1,6,1]+10 = 38 成功
花凛:やたっ
花凛:「うっへえ…こりゃかなわねえ」全力で避け
GM:むむむ。

エミール:喰らいボムで強行軍するのもありか…
結:それするくらいなら弾避けで避けた方が

弾避けとは、弾消しからの回避判定の事を指すらしい。

GM:喰らって割られるのも選択肢の一つですね。
花凛:喰らいボムはあんまりおいしくない
花凛:弾避けならみんなにも恩恵がいくしね
エミール:それだ弾除けだ
花凛:37は避けれる範囲
GM:では、弾けしからの回避ですか?
エミール:11だから…普通に避けられる数字か

回避強化スペカで上昇している回避判定値を頼りに、弾消しもせず残6DPで回避判定を挑むエミール。

エミール:普通に回避
(ダイス)エミール:6D6+11 = [6,1,2,5,2,2]+11 = 29 失敗
エミール:ひっくぅ…
エミール:刻符がもう一枚ある
GM:ほほう、使っちゃうんですね?
エミール:使う
花凛:やめたほうが
エミール:ラストワン
(ダイス)エミール:6D6+11 = [2,3,5,1,4,1]+11 = 27 失敗
エミール:ひくくねぇ…?
エミール:脳内計算では出るって言ってるんだもん…喰らいます
GM:よっしゃ!
花凛:6Dの期待値21やで
エミール:期待値ちょっと高いくらいじゃん出る出る
結:出てないw
エミール:そりゃ出ない時もあるよ
花凛:ま、しゃーない

「出るときは出る出ない時は出ない。出ると思ったから振ったまで。出なかっただけです」byエミールPL
千幻抄ではプレイヤー毎に戦い方が異なり、かつPL戦略の最適解は敵次第で異なるというのも面白い所。
しかし、分の悪い賭けに挑戦するプレイヤーは少数派であり、その賭けに勝つプレイヤーは更に少数であるのが現実だ。

GM:さて、ガード待ちしてた日廻さんはどうします?自身の回避を振りますか?
日廻:回避しますー
(ダイス)日廻:7+2+10D6 = 7+2+[1,4,5,6,2,5,2,6,6,4] = 50

GM:はい、では、命中はエミールさんのみに。
GM:ダメージロール!
(ダイス)GM:11D+8 = [1,3,6,6,2,4,2,3,4,1,5]+8 = 45
GM:45点ダメ、さあどうする!?
エミール:パリーン
花凛:無理やろ
GM:よし、割られるでいいんですね?
エミール:ですね
花凛:DP回復されるんじゃー
エミール:ちょーっと待ってくださいね…
エミール:かなーりテンパッてるんでさっとおkだしと不安
GM:なに、百合の回復量はたった7点ですよ。割られときましょうよ。
エミール:喰らいボムは出来るが…
エミール:えーっと
GM:弾けしに使わないともったいないですよー?
結:喰らいボムはnoobの所業(真顔
日廻:ひどい(
花凛:喰らいボムやるぐらいなら素直に割られて新たに宣言した方がいいとは言っておくよ
エミール:宣言はこれ一枚なんで迷ってるんです
結:「エミールの霊圧が……消えた……!?」
エミール:初期が29
エミール:7から始まって
エミール:3d回避
花凛:喰らいボムはやられたら終わりの状況でなおかつ最大DP全部つぎ込んでもよけれないぐらいの目標値出されないと
花凛:プラスにならない
エミール:1dガードでこのラウンド4つ使って残り3から半分回復して18
エミール:15使ってるから今残り3か
エミール:ワラれます

PL全員、百合の切り返しに対して焦っている模様。この状況での最適解は、果たして?
攻撃後の百合のDPが残3である事を計算し、そこからDPを7回復しても大した脅威にはならないと判断したエミールPL。
しかし、それはGMが仕掛けた罠であった!

GM:よっし、かかった!ここで特技「アイテム回収範囲が大きい」!回復量を2倍に!
花凛:うげええ
結:ほげええええ
エミール:それは流石に計算外
エミール:「ちっ…」
GM:経験的には、ここの最適解は「割られて次のカード使う」だからひっかかると思ってました!
花凛:バスターに使った分の半分ぐらい回収された
花凛:それでも喰らいボムよりマシな分しゃーなし
結:ボス向きの特技やしなあ……
エミール:微妙なところだな…巻き返しは頑張ってする
GM:7×2で14点のDPを回復します!
花凛:うわあ、半分どころじゃなく全部回収された
日廻:あかん
エミール:スペカ1:1交換として
エミール:残りは多分ラスペだから
エミール:スペカ分押せてるという思考でいくしか無い
GM:喰らいボムよりはまし?まあ、まだそう思っているなら好都合。進めていきますよ。
 

GM:エミールさん
エミール:待機しかない

 
GM:ターンエンドです、DP回復の処理をどうぞ

 
ターン11
GM:イニシアチブの宣言をどうぞ

エミール :DP6  前衛
結    :DP11 前衛
花凛   :DP4  前衛 
日廻   :DP16 イニシアチブ0 前衛

百合   :DP24 イニシアチブ0 前衛

結>エミール>花凛>百合≧日廻
花凛:「きしょうめ…さっきに比べて元気いっぱいじゃねえか」ぜーはー肩で息してる
 

GM:結さん
結:4Dホーミング達成値35
GM:百合「おっほっほっほっほ、いい気味だわ!予定の修正は完了、もはや貴方たちは完全に私の策の内!」
エミール:「なら上から潰すまで」
GM:まあ、そのホーミングは素くらいするんですけどね。
GM:命中です、ダメージ下さい。
結:「まだまだっ……!」
(ダイス)結:8+3D6 = 8+[5,6,3] = 22
花凛:お
花凛:いい出目
GM:spell break!!
GM:割れますー、DPどうぞ。
結:あいー
GM:百合「予定が狂った原因のカードなど、もう必要ありませんわ。持っていくといいですの。」余裕の表情であっさりと割られる。
 

GM:エミールさんの番。
エミール:待機

 
GM:花凛さん。
花凛:弾幕かなぁ…
花凛:4D か8ダメージ
GM:ふむ‥‥。
GM:回避、ですね。4DP減らして4グレイズ。

 
GM:百合か日廻、優先権は百合。ここで日廻に順番を譲ります。
GM:というわけで、日廻さんどうぞ。
日廻:待機です
 

GM:百合の番。
GM:花凛さんがいい感じにDP残1で前衛ですねぇ。ここは余裕を見せて通常ショット打ち込みで(にやり)
GM:えーと、使うと思ってなかったから探し中。通常ショット‥‥。
花凛:花凛しすとも自由は(ry
GM:命中値9か。さて、どれくらいDPを使うか‥‥。
GM:弾けし回避するだろうし、9DPでショット。
(ダイス)GM:9+9D6 = 9+[4,2,2,3,2,6,2,4,3] = 37
GM:命中値、37です。
花凛:バレテーラ
花凛:割られると14DP持ってかれんだよな…

弾消しすれば避けられるが、それでも花凛のDPがほとんど残らない目標値だ。
百合は一枚でも展開カードを割ればそれで十分なDPを回収することができる。
百合の目論見は、ここで花凛のDPと消費カードを使い切らさせ次のターンで「撃破陣」を割る事だ。

GM:百合「散々なめた口をきいた貴方から狩らせて頂くわ!」迫る風圧!
花凛:秘術「分身撃滅祈願投擲術」  消費型  ショット拡大  で弾消し
GM:はい、皆さんそれぞれDP回復量の分だけDPを回復してください。
GM:で、花凛さんは半分回復、そして回避?

日廻:ガードしたい(
GM:お、花凛さんどうします?
花凛:お願いできますでせうか
日廻:というか使わないとDPがあふれる(
結:あるある
日廻:というわけでガード入ります
(ダイス)日廻:6+1+9D6 = 6+1+[5,2,3,4,6,1,4,5,1] = 38ガード 成功
日廻:おけおけ
日廻:「あーっ危ない!」 とっさに間にはいって刀で受け止めます
GM:百合「な、貴様!この次の一撃で奴を狩りきれる域にまで崩すはずでしたのに、邪魔をするなど!下等な白狼天狗風情が!」
日廻:脇へ弾を流しつつ「防げた…!や、やればできるものですね…!」
花凛:「ナイスアシスト!助かった!」不思議な動きで三体に分身すると弾に向かって札を投擲!
GM:分身攻撃により、苛烈な衝撃波が相殺され隙間が生まれた――
GM:百合「そんなにも苦しむ時間を延ばしたいのかしら?いいわ、次はきっちり狩りきってあげるわ。」
 

GM:ターンエンド、DP回復の処理をどうぞ。

花凛:後こっちスペカ何枚だっけ
エミール:えっと、使った枚数言えばいいの?
エミール:2枚使った
日廻:私1枚
花凛:私2枚
結:1枚
GM:はい、PCの伏せ札は残り4枚ですね。わかりました。
花凛:で、敵が後1枚か
GM:イエス。


ターン12

日廻   :DP21 イニシアチブ0 前衛
花凛   :DP18  前衛
結     :DP24 前衛
エミール  :DP16 前衛

百合   :DP18 イニシアチブ16 前衛

結>花凛>百合≧エミール>日廻

 
GM:結さんの番
結:DPだだあまりだからショットしてみよう
(ダイス)結:8+1+8D6 = 8+1+[3,5,2,5,4,6,6,6] = 46
結:どやっ
花凛:いい出目だなぁ…
GM:ちょっと待って、微計算。
GM:喰らって耐えて見せようか。1dガードだ。
GM:判定省略、ダメージ下さい。
結:グレイズ40載せー
(ダイス)結:8+20+3D6 = 8+20+[1,6,4] = 39
花凛:ワオオー!
GM:10点止めて29点通し、
GM:これで本体累計ダメが45点ですね。
GM:まだ落ちません。
花凛:固いなぁ相変わらず…
 

GM:花凛さん
花凛:うーん
花凛:6DP使ってショット
(ダイス)花凛:6D6+11 = [1,2,2,3,1,4]+11 = 24
花凛:うーん
GM:おっと、刻符を使いますか?
花凛:まあ、しゃーなし。通そう
GM:回避判定。
GM:4DPで。
(ダイス)GM:15+4D6 = 15+[2,6,5,1] = 29 成功
GM:回避成功。
 

GM:百合かエミール、決定権百合。
GM:ここは百合が先行させて頂きます!
GM:百合の番。
GM:百合「さあ、全員まとめて‥‥ひれ伏しなさい!」
GM:スペカ展開、ラストスペルカード宣言!
GM:「天井天下」   展開型 決死ディバイド強化 拡大効果の適用 
GM:なお、決死は一つ分の模様。
花凛:せめてもの救い
GM:20グレイズ消費して詠唱。
GM:3DPで発動判定。
(ダイス)GM:16+3D6 = 16+[2,5,2] = 25 発動
GM:成功、結界は一度超えてるので無償通過。
GM:命中判定、全員を対象にして25DP使用。10D判定!
(ダイス)GM:13+10D6 = 13+[5,1,1,2,4,4,2,3,3,6] = 44
GM:目標値、44!
GM:音速を超える速度で敵陣を往復し、撥ね飛ばす。百合の全力トップスピードであり、本人も御しきれないため方向転換には壁や天井を利用する。
GM:正真正銘、瓔珞百合の全力の一撃!
エミール:DPはミリ。避ければワンチャンあるか…

結:「うひゃぁ、そにっくぶーむが!」回避判定します
(ダイス)結:7+12D6 = 7+[3,3,3,6,1,4,5,4,5,6,4,4] = 55 成功
GM:結さんは回避成功。
花凛:「これをしのぎゃあ私達の勝ちだっ!」回避するっす
(ダイス)花凛:11D6+10 = [3,4,4,6,4,5,6,3,2,6,4]+10 = 57 成功
エミール:「ハヤイが…
エミール:回避
(ダイス)エミール:15D+9 = [5,3,3,2,6,3,6,5,3,4,2,4,4,5,5]+9 = 69 成功
エミール:直線的だ」
(ダイス)日廻:7+2+11D6 = 7+2+[4,1,1,5,1,4,5,6,4,4,6] = 50 成功
日廻:「うっわあああぶなあああい!」 ダイナミック回避っ
GM:うーん、まあ、DP縛りきれなかったし、こうなるかなぁとは思ってました。全員回避成功ですね。
花凛:「どうだ…凌いだぞこんちくしょう」
GM:百合「な‥‥こ、こんなバカな話があるはずが無い!このわたくしの一撃を、4人全員がいなしきれる等と‥‥誰か一人でも引っかかればループコンボだったというのに!?」

 
GM:エミールさんの番です
エミール:スペカ、最後の一枚切るぞ
エミール:の、前にグレイズ整理させて
エミール:おk,21ね
エミール:投符「吸血鬼の膂力」 消費の射撃強化
GM:さあこーい。ちなみに、通常の使用法?それとも、弾けしからの近接攻撃?
エミール:命中判定。通常使用です。属性使いのショット攻撃
(ダイス)エミール:8D+7+5 = [2,4,6,4,4,5,6,4]+7+5 = 47
GM:ういうい、もうこれ以上の隠し玉はありません。ノーリアクションと言わざるを得ない。
エミール:ダメージ
(ダイス)エミール:3D+6 = [4,5,2]+6 = 17
エミール:グレイズ20点消費でもう10点
花凛:ワオオー!
GM:27点このカードにっと。了解です。
エミール:「これは…お返しだ!」手で小さな金属を創りだして全力投擲
GM:百合「ぐ、これは……速すぎる、かわせない!?」直撃!
 

GM:日廻さん。
日廻:ショットしますー
(ダイス)日廻:7+4D6 = 7+[3,2,3,5] = 20
GM:素くらいせざるを得ません。ダメージください。
日廻:威力が低い
(ダイス)日廻:6+1D6 = 6+[2] = 8
日廻:グレイズ乗せません
GM:8点通りました。
GM:累計がこれで35ダメか。
 

GM:ターンエンドです、DPを回復してください。
 

ターン13
GM:イニシアチブの宣言をお願いします。

花凛    :DP5  前衛
エミール :DP12 前衛
日廻   :DP12 前衛
結    :DP10 前衛

百合   :DP7  前衛

エミール=日廻>結>百合>花凛

 
GM:エミールさんか日廻さん。
エミール:DP7かぁ
エミール:7>5で白兵仕掛けたいというスタイル
日廻:じゃあ先に弾消ししようか
エミール:お願いします
日廻:ではスペルカード発動!
日廻:神通「ビッグイヤー」 消費/マインドリード強化 を弾消しに使います
GM:PC側伏せ札:残り2枚
日廻:百合の心を読んで、先回りして弾幕をはたき落とします
GM:日廻さんは最大値の半分。他の方は各自、DP回復量だけ回復どうぞー。
日廻:でもってショット7d
GM:百合「(まだだ!先読みして打撃を置いておけば‥‥馬鹿な、先まわられている!?)」
日廻:「さぁお縄の時間です!終わったら記者会見ですよ!」 ショットー
(ダイス)日廻:7+7D6 = 7+[1,1,5,2,5,6,5] = 32
GM:フォービッド通してあるし、素くらい。
GM:ダメージどうぞ。
(ダイス)日廻:6+1D6 = 6+[6] = 12
日廻:グレイズ乗せて24どうぞ
GM:おっとぉ
GM:累計59、耐えた!
日廻:デスヨネー


エミール:では
GM:はい、エミールさんです
エミール:近接攻撃。接近判定
GM:近接目標 32
(ダイス)エミール:9D+12 = [6,5,2,3,4,1,3,3,3]+12 = 42 成功
GM:成功です、命中判定どうぞ
(ダイス)エミール:7D+12 = [4,2,1,5,6,6,3]+12 = 39
GM:これかわさないと落ちるよな‥‥。
GM:うーん、15+7d6の期待値は39.5か‥‥。
GM:いや、待て、そうか!
GM:エミールは、さっきグレイズをほぼ使っていたはず、ならばここは一か八かの
GM:1dガード、耐えきってみせる!
GM:ダメージ、来い!
(ダイス)エミール:2D+12 = [3,6,6,2]+12 = 29
エミール:29に残りの10点全部つっこみ
GM:あれ、待って、グレイズそんなにある?
エミール:接近成功で
エミール:接近に使った分増える

GM:しまったあああああああ!
GM:さ、さっきまでその事は覚えてたんですよ!
GM:さて、折角ですのでフィニッシュブローの演出行きましょう
エミール:「やっと…届いたな…天狗!」
エミール:ゼロ距離まで近寄って、羽に一突き
GM:百合「馬鹿な、こんな筈は無い、下賤な麓の妖怪風情が、わたくしの速度に追いつけるなどと!こんなこと、在り得る筈が無いのに!!」
GM:しかし、現実として、遂にエミールは自身の間合いにまで踏み込みきった!
GM:百合「ぎゃああああああああああ!!」羽を強打され、錐もみ回転し自身の速度を殺しきれず、壁に激突!
GM:そして、遂に百合は動かなくなった‥‥。

GM: last spell break!!
GM: 決 着 

GM:異変解決者側の、勝利です。
結:「うわー、痛そう……でも悪いこと企んでた天狗さんは反省しなきゃねっ」
エミール:「後は任せた」
花凛:動かなくなった百合にすかさず霊縛していいかしら
GM:はいはい、どうぞー。戦闘終了直後の描写を簡単に済ませたら、エンディングについて話しましょう。
GM:百合は完全に気を失っている。ひっとらえるのに判定はいりません。
花凛:「やったな!任されたっ!」嬉しそうにエミールの肩を叩くと縄を投げて今度こそふんじばる
GM:また、奥の方の小部屋からは各種悪行の証拠品がわさわさ出てきますので、そちらの方もよろしければどうぞ。
エミール:ナイフをしまって座り込む
日廻:日廻も覆いかぶさる 「やりました!大手柄です!ボーナス間違いなしですよ!」

GM:さて、館の中が静まったのがわかったのか、戸があった空間からひょこっとうるえが顔を出します。
GM:そして、小さな羽を一生懸命羽ばたかせ、結さんに向かって一直線に飛んできて
GM:思いっきり抱き付いたのでした。
結:「うるえ、もう大丈夫だよ」うるえちゃん抱いてなでなで
日廻:「うるえちゃんも元気そうだし、一件落着ですね!」 その様子を写真に収めます
花凛:「証拠品も写真撮ったら凱旋だな!」ふんじばった百合を持ち上げて
GM:結さんに撫でられて安心したのか、うるえは安心した表情で眠り始めてしまいました。
エミール:「それで、この後どうするんだ?」
GM:おっと、この後どうするかですか。その話は、このシーンの幕間でPL視点で相談しようと思います。
GM:取りあえず、このシーンは、ここで切らさせて頂きますね。
GM:そう、エミールが言う通り。この後、果たして異変解決者たちはどうするか。
GM:シーンエンド


幕間
GM:はい、次のシーンについてですが、
GM:各自のエンディングに入る前に、「うるえをどうするか」を決めて頂きます。
花凛:花凛的には護衛任務も終わったし、結に丸投げかなぁ
エミール:同じく
GM:彼女は、周囲で術が使われると異変が無自覚に起きてしまう体質を持っています。しかし、幻想郷では術はありふれており、このままでは日常生活に支障をきたすでしょう。場合によっては、再び異変沙汰になるかもしれませんし、その時には今よりももっと被害が出るかもしれません。
GM:しかし、それを防ぐ手段はいくつかあります。ここまでのお話が進む過程で、はっきりと示唆された手段もあれば、ちらっとしかヒントが出なかった手段もあります。
GM:さて、決めて頂きましょう。今までの異変と、その解決を通して、
GM:異変解決者たちよ、うるえを、これからどうしますか?
 4章へ進む