Act6:”聖戦(交差)”(1)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


午後3時50分 博麗神社境内:全員


GM:北側の席は妖獣と農民で埋まり、 南側の櫓は寺子屋の子供と魔術師で占められた。
GM:参道には屋台が立ち並び、提灯が大量に釣り下がっている。
あわね:「席はかなり埋まってきたね!立見席がまだ空いてるけど、この分じゃもうすぐいっぱいになるね!」
あわね:「北側には妖住や農民の方が、南側には魔術師や学生さんが占めているみたいだね!」スピーカーからあわねの声

GM:ふと、両側の席が大きく沸き上がる。
GM:幻想郷の信仰を賭けて、聖戦という名の弾幕を戦い抜く2柱が来た。

GM:神無月 奈乃香。その隣に稲荷 木綿子
GM:ナタリア ガット。その隣にロアナ M スタルケ
GM:賽銭箱前には竜神の涙と、審判である 奥津瀬 燈祈子
GM:さらにその隣、簡易にDJブースを展開した河童 堂島 あわね
GM:境内中央には、楽園の素敵な巫女 博麗 霊夢

GM/霊夢:「…しっかりと見届ける。それだけよ」
GM:そう一言宣言し、霊夢は賽銭箱裏の座布団に陣取った。
あわね:「さぁ、残り10分を切ったよー!ぎりぎりで駆け込んでくる人たちで、参道はまるでマラソン大会のゴール付近みたいになっている!」

+燈祈子、あわねパート
GM:神社裏手から、死霊が入ってきた。
GM:妖精の大群が人間の里に接近している。
GM:しかし、自警団の仕事は早く、里の入口で止まっているそうだ。
GM:そう伝え、死霊は灯篭の火に入り込んだ。
燈祈子:小声で伝えられるなら、舞と、あとあわねには伝えましょう
GM/舞:「連絡は入っていますよ。大丈夫です」
燈祈子:「里のことは、あなたたちに任せるわ」
GM/舞:「万が一の為、この司会が終わったらすぐに現場に向かいます。任せてください!」

あわね:「……なんですって……。…………盟友よ………。」
あわね:「……昨日だったら、迷わず助けに行ったのですが。今の私は山を代表しての記録者です……。」
あわね:「……組織に属するとは、自らの意思だけでは動けなくなることですよ……。その分の見返りもあるのですが、しかし……。」
あわね:「……………私は、人里へは行けません。」きっぱり

+あわねパート
あわね:その代わりといってはあれですが、無線機で山へ連絡取りたいです。
あわね:「人里へ妖精が集結する異常が発生、本件との関連が疑われるため、調査及び可能な範囲での対処をお任せしたく」
あわね:こっそりと。こっそりと。
GM:通信が通りました。小さくにとりが「了解」と返しました
あわね:「……まかせましたよ。」
あわね:「………それにしても、この空気に割り込んで写真撮りに行くのかー……。諦めてもバチは当たらないようなきがしてきますね……。」
あわね:「…お仕事なので、やりますけど…………。」
GM:通信機のスイッチがオンになったままだった。インカム(ヘッドギア)から河童の大歓声がうるさい
あわね:「期待されてるねぇ、これは応えないとね」小さく呟く。ひょっとしたら、放送が拾ったかもしれない。

GM/舞:「静粛に!」

+NGシーン
GM/舞:「神無月奈乃香 対 ロアナ・M・スタルケ。この2柱による聖戦は、審判の宣言により開戦とする。」
GM/舞:「…審判の方、同伴についてはどのように判断しますか?」
GM:間違えたーーーー!
GM:ロアナMスタルケ→ナタリア・ガット 訂正します
燈祈子:びっくりした
GM:ごめんなさい、ごめんなさい。

GM/舞:「神無月奈乃香 対 ナタリア・ガット。この2柱による聖戦は、審判の宣言により開戦とする。」
GM/舞:「…審判の方、同伴についてはどのように判断しますか?」

燈祈子:では、賽銭箱前から、集まったみんなを見渡しましょう。
燈祈子:「私は奥津瀬 燈祈子。竜神の涙の奉納先を定める審判として使わされた。これがその証」
燈祈子:剣を抜いて掲げて見えるようにしますね。
GM:そのオーラを感じ取るのか。皆が静粛になります。
燈祈子:「神無月 奈乃香と、ナタリア・ガット、この二柱はいずれも人、妖からの信仰が篤く、幻想郷が求める神として相応しいと判定した」
燈祈子:「今日この場で、どちらが受け取るべきか、幻想郷で行われている方法に従い、弾幕決闘によって定めるものとする」
GM:沸き上がる大歓声。お茶を飲み静かな霊夢。

燈祈子:「私は、勝者に竜神の涙を奉納する。二柱と、その信徒は、遺恨無く結果を受け入れること」
GM/ナタリア:「異存ありません!」
GM/奈乃香:「よろしい!」
燈祈子:うなずき返してから、「二柱とも、裁定を受け入れた」

燈祈子:「この場には、信徒の代表として、稲荷 木綿子とロアナ M スタルケの二柱に従っている。この二人も、信仰を代表するものとして、決闘への参加を許可する」
燈祈子:何か言うことがあるようなら、ということで、少し間をおきましょうか。
ロアナ:「わかった。木綿子がやるなら、わたしもやる」
木綿子:「相手にとって不足はない、わよね」

あわね:「あ、山のものですー。今回の一件を後に伝えるためにも、お写真を何枚かいただきますけど、構いませんかー?」明るく朗らか
GM:あわねの手には、高そうなカメラが
燈祈子:「構わない。全て記録して、広く伝えなさい」
あわね:「はいよっこさ了解しました!と、いうわけで、ラジオの前のリスナーの皆!今回は歴史に残る弾幕ごっこの真ん中から、撮影をしながら生中継するよ!チャンネルはこのまま!」
燈祈子:「両者ともに、弾幕決闘の作法に従い、悔いることなく、存分に弾幕を披露すること。では……」


燈祈子:「始め!」


Set Spell Card--
GM:ナタリア+ロアナ 奈乃香+木綿子 そして、中立は今のところひとまとめにして燈祈子+あわね とします

GM:あわねの特殊モード"文花帖モード"について説明します。

GM:あわねの持っている高そうなカメラにより、あわねの勝利条件が文花帖モードになります。
GM:かなり特殊なのでしっかりと聞いていてください。
+文花帖モード 説明!
GM:あわねのノルマは、自分以外でこの弾幕の場に参戦した者…燈祈子も含みます…を
GM:2回以上撮影することになります。フィルム枚数は36枚。
GM:撮影するためには、接近攻撃と同じ手順で接近したのち、知性+<報道>による撮影判定を行います。
GM:なお、同じ陣営の燈祈子に限り、後衛からの接近を認めます。
GM:撮影判定の対象になった場合、回避判定により撮影を失敗させることができます。
GM:撮影に成功すると、その写真を取得し、対象に-2のペナルティがつきます。
GM:フラッシュを焚くのでね。
GM:このペナルティは、撮影されたイニシアチブがもう一度回ってくるまで続きます。
GM:たとえば、イニシアチブ14で撮影に成功した場合、次の巡目のイニシアチブ15まで、判定に-2のペナルティがつきます。

GM:撮影の成否にかかわらず、弾幕の一部分を切り取るため、撮影判定後、撮影者にDPがいくらか返還されます。
GM:撮影に成功した場合、弾幕の密な部分を切り取るため、撮影判定に使ったDpの1/3切り上げ、失敗した場合は1/6切り上げが戻ります。
GM:展開スペルカードの間は、接近と撮影に通常の近接展開スペルカードと同様の補正が掛かるほか、フラッシュによるペナルティは-1に軽減されます。
GM:長々と申し訳ない

GM:さて、各陣営スペルカードは4枚。
GM:さっそく戦術判定。知性+戦術で振ってください

判定[GM]9+2+3D6 = 9+2+[3,1,2] = 17 奈乃香
判定[ロアナ]3+3D6 = 3+[4,2,3] = 12 ロアナ戦術判定
判定[木綿子]7+1+3D6 = 7+1+[3,2,2] = 15
判定[あわね]6+2+3D6 = 6+2+[4,6,3] = 21
判定[GM]8+3D6 = 8+[1,6,5] = 20 ナタリア
判定[燈祈子]8+3D6 = 8+[2,5,2] = 17

戦術:あわね→ナタリア→燈祈子=奈乃香→木綿子→ロアナ

GM:燈祈子と奈乃香だけもう一度

GM:GM_Beta -> 9+2+3D6 = 9+2+[2,1,4] = 18 奈乃香
GM:Tokiko -> 8+3D6 = 8+[1,1,3] = 13

戦術:あわね→ナタリア→奈乃香≧燈祈子→木綿子→ロアナ

GM:イニシアチブは、 奈乃香陣営→ナタリア陣営→中立 の順番で宣言します。

1巡目


GM:神sは基本的に、同伴と反対側に陣取ります
あわね:燈祈子さん、イニチ合わせてもらっていいですか?
燈祈子:OKです。

{奈乃香 :DP26 後衛
木綿子 :DP24 前衛

ロアナ :DP31 前衛
ナタリア:DP26 後衛

燈祈子 :DP26→イニチ24 後衛
あわね :DP24 前衛}

ロアナ →ナタリア≧奈乃香→あわね≧燈祈子≧木綿子

GM:ロアナから。
ロアナ:剣を抜くのには行動は必要でしょうか or 抜いていたことにしていいでしょうか
GM:抜いてたことにしてどうぞ。ただ、属性使いによる武器生成は別ですが
ロアナ:了解です

ロアナ:相手どちらも神術かなぁ…なら弾幕でいきましょう
ロアナ:5D or 10ダメです
木綿子:5DPで

あわね:私も対象ですかー?
燈祈子:引っかかるんですね、そういえば
GM:弾幕は陣営関係なく巻き込みます。それが弾幕ってもんです
燈祈子:そうであればDPで受けましょう
あわね:はい、では、dpで。
GM:奈乃香もDPで受けました

ロアナ→ ナタリア ≧奈乃香→あわね≧燈祈子≧木綿子

GM/ナタリア:「日陰の癒しがあらんことを…」 ロアナに禊ぎ
判定[GM]8+4+3D6 = 8+4+[3,3,6] = 24
GM:+2どうぞ
ロアナ:はーい

ロアナ→ナタリア≧ 奈乃香 →あわね≧燈祈子≧木綿子

GM/奈乃香:「…知識を以て力と為す!」 こちらは木綿子に禊ぎ
判定[GM]9+4+3D6 = 9+4+[2,5,6] = 26
GM:こちらも+2

ロアナ→ナタリア≧奈乃香→あわね≧ 燈祈子 ≧木綿子

GM:あわね。木綿子燈祈子の後でもかまいません。
あわね:ときこさんだけお先にどうぞ、そのあと写真撮ります。
燈祈子:わかりやすいこちらから……まあ、待機しておくわけですが。
あわね:自分に禊をいれなくてよろしいのですか?
燈祈子:ちょっと審判っぽくないかなあと思うところが微妙に。
燈祈子:……一応、何かに備えるのは重要ですね。ということにして、自分に禊ぎぐらいはかけましょう。
判定[燈祈子]12+3D6 = 12+[6,1,3] = 22
燈祈子:このままにしておきましょう。+2で。

ロアナ→ナタリア≧奈乃香→ あわね ≧燈祈子≧木綿子

GM:では改めてあわねさん
あわね:「うん、かっこいいよー!では一枚いただきまして、」
GM:誰を撮る?
あわね:燈祈子さん。接近目標値ください。
燈祈子:22ですね
あわね:6dpで接近判定
判定[あわね]3+4+6D6 = 3+4+[1,6,4,6,2,2] = 28
GM:グレイズどぞー
あわね:撮影判定は1dで。
判定[あわね]6+1+1D6 = 6+1+[3] = 10
あわね:かわすなら、目標値10.
燈祈子:はい。撮っていいと言った手前、避ける理由も割くコストも無いですし。ペナルティ避ける理由も特にないです。通しましょう。

  燈祈子●○
  木綿子○○
  ロアナ○○
  奈乃香○○
 ナタリア○○
 残りフィルム 35

GM:撮りました。イニシアチブ24です。
あわね:かわさないなら、次のイニチ24までペナ2です。
燈祈子:了解です。
あわね:「パシャっと!うん、いいの撮れたよ!真ん中で凛としてて!」
燈祈子:「……どういたしまして」

ロアナ→ナタリア≧奈乃香→あわね≧燈祈子≧ 木綿子

GM:最後になりました木綿子さん
木綿子:妖弾弾幕で 7ダメ or 4DP
燈祈子:4DP減らして、これで14ですね。
GM:属性ないですね?
木綿子:なしです
GM:ナタリアは回避、奈乃香は被弾です
あわね:HP
ロアナ:ロアナはDPで受けます

GM:おかしいな。参道屋台の方が騒がしいぞ?

2巡目


{奈乃香 :DP23 後衛
木綿子 :DP21 前衛

ロアナ :DP31 前衛
ナタリア:DP23 後衛

燈祈子 :DP19→イニチ18 後衛
あわね :DP18 前衛}

ロアナ →ナタリア(後)≧奈乃香(後)→木綿子→あわね≧燈祈子

GM:ロアナさんどうぞ
ロアナ:闇属性弾幕攻撃です 5DP or 10ダメ
燈祈子:DP受けで残り14ですね。
GM:奈乃香回避。
あわね:DP。残り13
木綿子:回避で

ロアナ→ ナタリア(後) ≧奈乃香(後)→木綿子→あわね≧燈祈子

GM:ナタリアが動いた。こちらも闇属性神術の弾幕だ。
GM/ナタリア:「日陰の教えをここで披露します。」 地面に影がはっきり映る弾幕
GM:10dmg 5D
GM:奈乃香は被弾。
GM/奈乃香:「むぅ…。押されておるの」
燈祈子:そろそろ何かあったときに対応できるようにしないと……被弾しておきます。
あわね:回避しとこう。
木綿子:霊撃2の回避で

ロアナ→ナタリア(後)≧ 奈乃香(後) →木綿子→あわね≧燈祈子

GM:奈乃香も撃ち返しの弾幕。こちらは木属性の弾幕ですね。まるで巻き物のよう
GM:こちらも10dmg 5Dp
あわね:HP
GM:ナタリアは回避。
ロアナ:回避です
GM/ナタリア:「そういう神様か…ふーん…。」
燈祈子:ここまではDPでも良いかな、と。残り9

ロアナ→ナタリア(後)≧奈乃香(後)→ 木綿子 →あわね≧燈祈子

GM:さて木綿子。
木綿子:陰陽弾幕 7ダメ or 4DP
GM:ナタリア被弾。
燈祈子:これは被弾で
あわね:HPで。
ロアナ:ダメージで受けます 7点ですね

ロアナ→ナタリア(後)≧奈乃香(後)→木綿子→あわね≧ 燈祈子

GM:さて、中立の御二人。
あわね:例によって、お先にどうぞ。
GM:イニシアチブ24まででしたので、フラッシュ状態は解除されています
あわね:これからまた付与しちゃいますけどね(笑)
燈祈子:参道屋台の方に注目します。特に行動が必要でなければ、戦闘行動としては待機で。
あわね:遠見は?
GM:そうですね、情報がほしいなら遠見で一発ですね
GM:もしそうでないなら、感覚+感知 でも可能です。情報が必要ないなら待機です
燈祈子:微妙に能力を理解していないですね。では、その方針で……
燈祈子:屋台の方はどのくらいの距離で、どのくらいの広さでしょうか?
燈祈子:(遠見のことをちょっと忘れかけていた)
GM:300mぐらいの距離が見えれば十分分かりますね
燈祈子:その距離だと遠見ですね。50mぐらいの距離で30m四方ぐらいの警戒範囲で良ければ、アラート効果も得られる識閾結界でしたが。
GM:ちょっと遠すぎますね

判定[燈祈子]12+2+2D6 = 12+2+[1,2] = 17 遠見で

燈祈子:十分見えるはずですね
GM:はい、十分見えます。
GM:…妖精の大群が数の暴力で自警団をかき分け、こっちに向かってくるのが。
GM:"残りの2割が参道に入ったぞー!"という声が聞こえた。つまり、この量で2割か。
燈祈子:止まりなさい、と言いながらそちらへ移動ですね。戦闘中の戦闘行動無しで解釈できる移動の範囲で。
GM:わかりましたー。

ロアナ→ナタリア(後)≧奈乃香(後)→木綿子→ あわね ≧燈祈子

GM:ではあわねさん。
あわね:そのかっこいい姿をパチリ。
GM:接近どうぞ
あわね:接近判定、目標値は22でしたね。

判定[あわね]3+4+6D6 = 3+4+[3,1,4,6,2,6] = 29 あわね:1dで撮影判定
燈祈子:では先ほどの通りに撮影はご自由にモード

判定[あわね]-> 6+1+1D6 = 6+1+[1] = 8
あわね:割り込みがなければ撮影成立、いにち18です。
あわね:「で、何が見えましたー?一番星とかをできれば希望しますけど!」余裕の表情、しかし少し引きつっている。
燈祈子:「妖精の大群。こっちへ来るわ」
GM:燈祈子さん撮影おkですか?
燈祈子:OKです
あわね:「あちゃー、とめきれなかったかぁ。了解、対応するよ!」

  燈祈子●●
  木綿子○○
  ロアナ○○
  奈乃香○○
 ナタリア○○
 残りフィルム 34

GM:来ちゃいましたね。妖精の大群。うるさいのなんの。
GM:見た感じ、属性も何もかもバラバラです。
GM:ただひとつ…。興奮してるみたいです。

3巡目


GM:これから、妖精軍団も別の陣営として加わります。
GM:妖精全体をまとめて一人分として扱います
GM:また、戦術判定は0として扱います。
GM:妖精の持ちスペルカードは2枚です。

あわね:スペカ宣言しましょう。

ON AIR
放送「ラジオあわあわオンエアー」 展開型 回避強化

あわね:いままで片手間でやってた放送を、本格的に実況し始める。

あわね:「なんということだ!無数の妖精が、興奮した様子で会場に押しかけてきた!」
あわね:「これはもはや暴動、暴動としか表現のしようがないよ!そして、応じる形で審判も動き始めた!これは、カードがでるか!?」
燈祈子:刻符1枚切って、送符「千の送り火」のスペカ効果をホーミングに書き換えて、宣言ですね。DPは+13で25まで回復

Spell Card:Thousands of...
送符「千の送り火」 神術 火属性 弾幕 展開型→神術 火属性 ホーミング 展開型

GM:分かりましたー。
あわね:「出たー!『千の送り火』を宣言したー!」のりのり

{妖精  :DP18 前衛

奈乃香 :DP23 後衛
木綿子 :DP15 前衛

ロアナ :DP24 前衛
ナタリア:DP20 後衛

燈祈子 :DP25 後衛
あわね :DP19 前衛}

燈祈子 →ロアナ→奈乃香(後)→ナタリア(後)→あわね→妖精→木綿子

燈祈子:そのまま行動ですね。妖精にホーミングの予定。
GM:わかりました。どんなホーミング?
燈祈子:1体扱いなら普通通りに行っておきましょう。達成値が22+3+2で27。
GM:バラけて回避しに行きます
判定[GM]15+4D6 = 15+[5,2,5,5] = 32

燈祈子→ ロアナ →奈乃香(後)→ナタリア(後)→あわね→妖精→木綿子

GM:ロアナ。
ロアナ:「妖精がたくさん…でも、関係ない」 両手剣を片手で振りぬいて小粒闇弾を撒き散らします 闇属性弾幕 5D or 10ダメ
GM:妖精が回避。 属性とかいろいろごちゃごちゃなのでもはや関係がない。
あわね:5霊撃
GM:奈乃香は回避
燈祈子:3霊撃しつつ回避で
木綿子:霊撃3の回避で

燈祈子→ロアナ→ 奈乃香(後) →ナタリア(後)→あわね→妖精→木綿子

GM/奈乃香:「これが弾幕の定理じゃ。」 5DP 10dmg の巻物弾幕。
あわね:4霊撃、いちDP
GM:ナタリアは回避。
GM:妖精は被弾。
燈祈子:回避します。
ロアナ:回避です

燈祈子→ロアナ→奈乃香(後)→ ナタリア(後) →あわね→妖精→木綿子

GM:ナタリアの日陰弾幕も 5DP 10dmg
GM:奈乃香は霊撃5
GM:妖精被弾。
木綿子:被弾します。
あわね:DP。
燈祈子:DPで。

燈祈子→ロアナ→奈乃香(後)→ナタリア(後)→ あわね →妖精→木綿子

あわね:さて、私の番でしょうか
GM:ですよ
あわね:「さて、ちょっと大きな音が出るから送信側の音量をしぼるよー。」
あわね:風属性で阻害、対象は妖精たち。1体なので、消費dpは3
GM:どうぞ

判定[あわね]12+3D6 = 12+[5,2,2] = 21
あわね:目標値17

判定[GM]12+3D6 = 12+[1,3,5] = 21 肉体抵抗

あわね:だめだこりゃ。次から真面目に写真撮ろう。
あわね:「皆さーん、おちついてくださーい!ーだめだこりゃ、聞く耳持ってないね。」

燈祈子→ロアナ→奈乃香(後)→ナタリア(後)→あわね→ 妖精 →木綿子

GM:妖精たちが陣形を組み直したようだ

{Spell Card--Phalanx
陣形「フェアリーファランクス」 水属性 弾幕 展開}

GM:妖精たちが密集しだした。メインで動くのは水属性の妖精のようだ。
GM:そして弾幕。  12dmg 7Dp 水属性で
GM:奈乃香被弾
GM:ナタリア被弾
木綿子:回避で
あわね:「うーん。山へも対応を頼んだというのに、まさkここまでの数がたどり着けるなんて、ね!」
あわね:回避。
燈祈子:これは強力。3霊撃で4回避。
ロアナ:ダメージで

燈祈子→ロアナ→奈乃香(後)→ナタリア(後)→あわね→妖精→ 木綿子

GM:木綿子どぞー。
木綿子:「余計なお客さんも来たようだし。さっそく1枚使わせてもらうわよっと」スペカ展開します

{Spell Card--Killing Stone
那須野「源翁の殺生石」 妖弾 弾幕 展開型}

木綿子:そして弾幕 9ダメ or 5DPで
あわね:HPです。
燈祈子:HPで。
ロアナ:HPで受けます
GM:妖精回避
GM:ナタリアも回避しました。

4巡目


燈祈子:では、妖精を倒すべく戦闘しながら、よく見えそうな場所に行って大きな声で
あわね:マイクを向けます。
燈祈子:「……双方とも、勝負を一旦中断して。邪魔が入ってしまって、ちゃんとした弾幕勝負を見届けることができない」
燈祈子:「邪魔者を追い出すのは私の責任でするわ。後の勝負に影響が出ないぐらいに、手を貸して」

GM:それについて、両サイドはどう動くか…
ロアナ:「わかった」 妖精の方に向き直る
GM/ナタリア:「分かったわ」
GM/奈乃香:「力を貸そうぞ」
木綿子:「ふーむ…。こっちも追い出しにかかりましょうか」
GM:全会一致により、妖精を追いだす方向に話がまとまった。

燈祈子:「ありがとう……大事な勝負を邪魔して、ごめんなさい」

GM:妖精が撃墜されるまで、妖精以外の陣営を同じ陣営として扱うことになります。
GM:一時的な連合の為、使ったスペルカードは元の陣営から消費することに注意
GM:それではイニシアチブ。

{妖精  :DP16 前衛

奈乃香 :DP20 後衛
ロアナ :DP20 前衛
木綿子 :DP18 前衛
燈祈子 :DP17 前衛
ナタリア:DP12 後衛
あわね :DP 8 前衛}

あわね:「ここで両サイド、一時的に停戦となったよ!さあ、乱入してきた無数の妖精へとそれぞれが向き直る!」

奈乃香(後)= ロアナ →木綿子→燈祈子→妖精→ナタリア(後)→あわね

GM:ロアナ。奈乃香を先に行動させる?
ロアナ:弾幕の予定なので先に動いてしまいましょう
ロアナ:闇属性弾幕 5D or 10ダメです
GM:雑多な妖精たちはこれを回避。四角く密集しているのに機動力がすごい

奈乃香(後) =ロアナ→木綿子→燈祈子→妖精→ナタリア(後)→あわね

GM/奈乃香:「続けて行くぞ」 木属性、巻物弾幕で 5D 10dmg
GM:妖精もこれを回避。

奈乃香(後)=ロアナ→ 木綿子 →燈祈子→妖精→ナタリア(後)→あわね

GM:木綿子
木綿子:陰陽弾幕 9ダメor5DP
GM:被弾した模様。9ダメ頂きます

奈乃香(後)=ロアナ→木綿子→ 燈祈子 →妖精→ナタリア(後)→あわね

GM:燈祈子
燈祈子:ホーミングを撃ちます。達成値25。
GM:回避します。
判定[GM]15+3d = 15+[3,3,3] = 24
GM:避けきれてない。被弾しました。
燈祈子:8+3D
判定[燈祈子]8+3D = 8+[6,3,3] = 20
GM:主に金属性の妖精が数匹落ちたようにも見えます。まだスペルカードは維持。
燈祈子:かなり耐えますね。

奈乃香(後)=ロアナ→木綿子→燈祈子→ 妖精 →ナタリア(後)→あわね

GM:さて妖精。
GM:水属性の妖精が弾幕をばらまき、それを方陣で跳ね返してサポートする残りの妖精。
GM:12dmg 7Dp 水属性です
あわね:HP。同属性で5点軽減、7ダメ。で、あってましたよね……?
GM:あってますよー
GM:ナタリア被弾。
GM:奈乃香は回避。
ロアナ:むむ、回避で
木綿子:回避で
燈祈子:ダメージだと17点も受けてしまうので、回避します。

奈乃香(後)=ロアナ→木綿子→燈祈子→妖精→ ナタリア(後) →あわね

GM/ナタリア:「まだまだよ」 日陰弾幕 10dmg 5DP 闇属性で飛ばし…
GM:おっとこれを霊撃5つだ。

奈乃香(後)=ロアナ→木綿子→燈祈子→妖精→ナタリア(後)→ あわね

GM:最後にあわね。
あわね:んー。
あわね:「さて、これは一枚でも撮っておかないとね」妖精の群れに撮影、接近目標値ください。
GM:26あります
あわね:7dpで接近。
判定[あわね]3+4+7d6 = 3+4+[6,5,5,6,6,3,6] = 44

あわね:接近成功、撮影は1DP。
判定[あわね]6+1+1d6 = 6+1+[2] = 9

GM:妖精動けない!シャッター成功!

  燈祈子●●
  木綿子○○
  ロアナ○○
  奈乃香○○
 ナタリア○○
   妖精●○
 残りフィルム 33

あわね:1DPキャッシュバックさせていただきます。
あわね:「よっし、魔法陣まで撮れた!」

+あわねパート
GM:着信:妖怪の山より増援天狗が接近中。取材も手伝うとのこと。
あわね:「了解、それは心強い。せいぜい派手に盛り上げましょう。」

5巡目


GM:背中合わせの奈乃香とナタリア
GM/奈乃香:「まずは事態を収束させるのが先じゃろう?よいな?」
GM/ナタリア:「構わないわ。」
GM:そして、術符を掲げるナタリアと奈乃香

{Spell Card -- Silhouette
射影「シルエットとシェード」 神術(闇属性) 弾幕 展開}
{Spell Card -- Almost Perfect
朱筆「九分九厘」 神術(木属性) 弾幕 展開}

あわね:「戦況は膠着状態かと思われたところで、両神がカードを出した!応じて陣形を変えつつ、妖精どもを追い詰めていく!」
GM:ではイニシアチブ。

{妖精  :DP 6 前衛

ナタリア:DP26 後衛
奈乃香 :DP26 前衛
ロアナ :DP14 前衛
燈祈子 :DP13 前衛
木綿子 :DP11 後衛
あわね :DP 6 後衛}

あわね:実況しながらフィルムチャージ。忘れてたけど、妖精たちはイニチ8まではぺな2あります。

奈乃香 =ナタリア(後)→ロアナ→燈祈子→木綿子(後)→あわね(後)≧妖精

GM/奈乃香:「決めるぞ」 朱筆をさっと空中に走らせた。朱い弾幕が散る!
GM:12Dmg 6DP
GM:これを妖精は辛うじて回避!

奈乃香= ナタリア(後) →ロアナ→燈祈子→木綿子(後)→あわね(後)≧妖精

GM/ナタリア:「そっちには抜けさせないわ」 こちらは…物見やぐらの影を引っ張ってきた!こちらも12Dp 6dmgの弾幕

*Spell Break*

あわね:「ここで妖精、スペルブレイクー!取ったのはナタリアだ!」
GM:妖精の陣形が一気に乱れる。水属性妖精たちが特に満身創痍だ

奈乃香=ナタリア(後)→ ロアナ →燈祈子→木綿子(後)→あわね(後)≧妖精

GM:さぁここでロアナ。
ロアナ:そのまま闇属性弾幕 5D or 10ダメ
GM:そのまま被弾…何とか耐えている!

奈乃香=ナタリア(後)→ロアナ→ 燈祈子 →木綿子(後)→あわね(後)≧妖精

GM:燈祈子は?
燈祈子:妖精はターン開始時にDP6から奈乃香の弾幕回避でゼロですね……なので、ショットで行きましょう。
判定[燈祈子]8+3D6 = 8+[4,1,4] = 17
GM:妖精たちが、急に陣形を整えだした…!ついでにフラッシュ状態も解除

{Spell Card -- Deploy
陣形「フェアリーオープン」 火属性使い 弾幕 展開}

GM:今度は火属性妖精に出番が回るようだ。横に大きく広がり…
判定[GM]15+2d6 = 15+[6,3] = 24
GM:ショットをやすやすと潜り抜けた

奈乃香=ナタリア(後)→ロアナ→燈祈子→ 木綿子(後) →あわね(後)≧妖精

GM:木綿子ー。
木綿子:「張りなおしてさらに量の押し込み。すごいわねえ」弾幕 9ダメor5DP
GM:弾幕を被弾。陰陽弾幕のスペカ展開中だったな、木綿子…

奈乃香=ナタリア(後)→ロアナ→燈祈子→木綿子(後)→あわね(後)≧ 妖精

GM:あわねー。
あわね:んー。妖精には先に動いてもらいましょう。
GM:今度は火の弾幕を転がして大きくしてばらまくようだ。火属性で 12dmg 7DP
木綿子:霊撃3の回避で
燈祈子:被弾で7dmg
あわね:HP,12くらいます。
ロアナ:回避
GM:ナタリア、奈乃香とも無事回避。

奈乃香=ナタリア(後)→ロアナ→燈祈子→木綿子(後)→ あわね(後) ≧妖精

GM:改めてあわね。
あわね:ナタリアさんの接近目標値を教えていただきたく。
GM:26です
あわね:……えーと、聞いてから対象変えるのって、オーケーでしたっけ?
GM:構いませんよ。
あわね:んー。
あわね:ちょっと早いけど、ここで切るか……。刻符書き換えスペカ宣言します。

あわね:すっと居住まいをただし、
あわね:「中立の記録者、『妖怪の山』を代表して汝らに告ぐ!」
あわね:「此度の一戦、どのような結果になろうとも、今後また落ちてくるだろう龍神の涙への対応を決める貴重な前例となる!」
あわね:「繰り返された過ちの歴史となるか、初めての成功例となるかはこの場に立つ汝ら次第。」
あわね:「いずれにせよ、この記録は後代へと大切に残される。故に、」
あわね:「自らの行動に恥じるところは無いと自負しているならば、少なくともこの一枚には写ってください!」

刻符書き換え…
{Spell Card--Photograph360 
企画「リスナーズボイス」 風属性使い ショット 強化 消費型
→試作「全天パノラマカメラ」 写真撮影 拡大 消費型}

あわね:ガス圧縮装置で周囲の大気をレンズにし、光子ではなく霊子でフィルムへ焼き付けることで可能にした巨大な写真撮影!代償に、膨大な霊力を費やすことになる。
GM:パノラマ撮影です。フィルムは対象と同じ数だけ消費して、さて誰をフレームに?
あわね:対象は、審判以外の全員。
GM:ナタリア、ロアナ、奈乃香、木綿子、妖精。
GM:撮影に使うDPの3倍のDPを消費してください。
あわね:18消費、判定は6D。
GM:どうぞ
あわね:6+1+6d6
判定[あわね]6+1+6d6 = 6+1+[2,1,2,2,3,3] = 20
あわね:かわす人は目標値20.当たると次のイニチ6までペナ-2

GM/ナタリア:「私は、その記録に喜んで名を刻みたいわ」 回避せず
ロアナ:「……」 無表情のまま片手でピースでもしてよう 回避放棄ー
GM/奈乃香:「何を恥じることがあろうぞ」 回避せず
木綿子:笑顔笑顔 回避しない
判定[GM]15+2d6 = 15+[1,2] = 18 空気を読まない妖精が回避
GM:できてない。
GM:全員フレームに収まったみたいです。パチッ。

  燈祈子●●
  木綿子●○
  ロアナ●○
  奈乃香●○
 ナタリア●○
   妖精●●
 残りフィルム 28

GM:妖精がめっちゃ慌ててる。何でだろう。めっちゃ横に広がって

6巡目


あわね:「では、両陣営共に恥じるところ無しと納得頂いたので、本格的に取材をはじめるとしましょう!」かっこよく腕を広げて見せよう。

GM:会場の中心に、不意に突風。
GM/木の葉天狗?:「間にあいましたー?」 いきなりあわねに話しかける

+あわねパート
GM:「間にあいましたー?」なぜか通信機からも同じ声が聞こえる
GM:よく見るとこの天狗、インカムよろしく側頭部にガラケーを装着してて
GM:黒のスカート、一本歯の下駄、白いシャツには桜の刺繍。
あわね:ふむふむ。さすが、速い!

あわね:「紹介しようか!山から今回のために、特派員を派遣してもらったよ!」
あわね:「さあ、ここからが本番さ。派手に盛り上がっていこう!」会場全体へ。
GM/佳江:「適当に手が空いていたので、妖精対策と取材に駆り出されただけなんだけどー。大嘴 佳江(おおはしよしえ)ですー。」
GM:手にはポラロイドカメラ。うん。ポラロイド。
GM:それではイニシアチブ。

+あわねパート
あわね:さて、ここから両陣営を攻撃し始めると立派な黒幕ですね。やりませんけど。
あわね:「夢の新エネルギー、龍神の涙は我々が頂いていく!残念だったな!」なーんて。やりませんけど。
あわね:「……ところで、あの第3勢力について調べるのはどこまですんでいますか?」こそっと、確認。多分いっさい手付かずということはないと思うけど。
GM/佳江:「えーっと、ただ単に妖精が"人間の里で大規模な弾幕ごっこがあるぞー"って盛りあがっちゃっただけじゃ…」
GM/佳江:「そーゆーことばっかりですからー。黒幕がいるという線が消えたわけじゃーないですけどー。」
あわね:「……それは、天狗様の個人的な解釈?……それとも、上の認識?」
GM/佳江:「しゃめーまるさんは少なくともそー考えてるみたいですー。」
あわね:「……なるほど。………大体把握しました、リスクファクターは速やかに排除しましょう。」
GM/佳江:「それじゃーしばらく妖精排除が先?」
あわね:「……いえ、烏合の衆なら危険性は低いです。こっちに弾が飛んできていないうちに写真を撮りましょう。」


{妖精  :DP11 前衛

ナタリア:DP24 後衛
奈乃香 :DP21 後衛
木綿子 :DP19 前衛
燈祈子 :DP15 前衛
あわね :DP15 前衛
佳江  :DP15 前衛
ロアナ :DP 8 前衛}

ナタリア(後) →奈乃香(後)→木綿子→燈祈子=あわね=佳江→妖精→ロアナ

GM:ナタリア、妖精たちが撃った火弾幕にできた影を弾幕として返す。6dp 12dmg
GM:耐えている耐えている。被弾。

ナタリア(後)→ 奈乃香(後) →木綿子→燈祈子=あわね=佳江→妖精→ロアナ

GM/奈乃香:「ここで決めきりたいところじゃのぉ」 朱筆弾幕で 6dp 12dmg
GM:これをやっぱり被弾。

ナタリア(後)→奈乃香(後)→ 木綿子 →燈祈子=あわね=佳江→妖精→ロアナ

GM:木綿子。
木綿子:弾幕 9ダメor5DP
GM:妖精はこれを…霊撃5つ。

ナタリア(後)→奈乃香(後)→木綿子→燈祈子= あわね =佳江→妖精→ロアナ

GM:燈祈子 あわね 佳江 お好きな順で。
あわね:んー。お先に失礼。
燈祈子:どうぞ
GM:どうぞー。
あわね:では、改めてなのかさんに写真撮影。
GM:接近25
あわね:「天狗様ー、ナタリアさんのほうお願いしますねー!では、一枚失礼しますっと!」
判定[あわね]3+4+6d6 = 3+4+[6,5,3,3,2,3] = 29
あわね:接近成功、撮影は1DP
判定[あわね]6+1+1d6 = 6+1+[5] = 12
あわね:ちょっとまちがえた。てへ。
GM/奈乃香:「しっかりと伝えるのじゃぞ。」 できるだけカッコよく映る。 
あわね:「もちろん!さて、次はっと。」
あわね:15までペナ2。

  燈祈子●●
  木綿子●○
  ロアナ●○
  奈乃香●●
 ナタリア●○
   妖精●●
 残りフィルム 27

ナタリア(後)→奈乃香(後)→木綿子→燈祈子=あわね= 佳江 →妖精→ロアナ

GM:燈祈子さん。佳江が先でもかまいません
燈祈子:では、先に行動してもらっておきます。
GM/佳江:「はいー、お写真失礼しまーす。」 ナタリアに接近。

判定[GM]12+5d6 = 12+[3,5,2,2,4] = 28 目標26
GM:接近成功で、1dpで撮影。
GM:しかし、報道持ちではないので、キャッシュバックはしない
GM:8+1+1d6 ショット代用での撮影
判定[GM]8+1+1d6 = 8+1+[5] = 14
GM/ナタリア:「あら、こっち?」 構図的に自然と見返り美人になってしまう。
GM:撮影しました。

  燈祈子●●
  木綿子●○
  ロアナ●○
  奈乃香●●
 ナタリア●●
   妖精●●
 残りフィルム 27

ナタリア(後)→奈乃香(後)→木綿子→ 燈祈子 =あわね=佳江→妖精→ロアナ

GM:さて燈祈子
燈祈子:火属性ホーミング、達成値25
GM:回避
判定[GM]15+4d = 15+[6,4,2,5] = 32
燈祈子:回避されました。

ナタリア(後)→奈乃香(後)→木綿子→燈祈子=あわね=佳江→ 妖精 →ロアナ

GM:さて妖精。必至のぱっちで火弾幕。 12ダメの7DP
燈祈子:被弾で7ダメージ
木綿子:んー、被弾で
GM/佳江:「うぁちっ」 被弾
GM:ナタリアと奈乃香は回避。
あわね:くらって割られましょう

*Spell Break*

あわね:「アウチ!あーいけない、少し油断してしまったよ!」明るく朗らか
GM:妖精がものすごく喜んでます。割ったことに対して

ロアナ:このへんでスペカ発動しておこうかな

刻符書き換え…

{Spell Card--Shadow Rampage
魔剣「ケルネの昏き刃」 近接攻撃 拡大 消費型
→凶兆「ストームオブシャドウ」 闇属性使い 弾幕 展開型}

ロアナ:そのまま被弾

ナタリア(後)→奈乃香(後)→木綿子→燈祈子=あわね=佳江→妖精→ロアナ

GM:では返してロアナ。
ロアナ:闇属性弾幕 6D or 12ダメ
ロアナ:ロアナの周りの薄闇が渦巻いてそのまま弾幕になる感じで
GM:回避しました。さながらラインダンスのよう。
GM:では、ターン更新

+あわねパート
あわね:「(……烏合の衆?そんなはずはない。それならば、こんなにも統制が取れている理由が無い……。しかし、まあ、)」
あわね:「(……『最速』が問題ないと判断しているなら、おそらくは問題ないのでしょう。)」
あわね:「………折角です、もう少しの間、役に立ってもらいましょう……。」
あわね:「少なくとも、ノルマを達成するまでは、連中にはたっていてもらいますよ。……構いませんね、天狗様?」
GM/佳江:「ノルマも何も、終わるまでこっちに加勢するようにしゃめーまるさんからー」
あわね:「……そして、撮影ノルマ達成後に連中を速やかに排除。以降は適当に浮かんでいましょう……。」
あわね:「………どうしました?愚痴の意図がよくわからないのですが……?」
GM/佳江:「あたし的にノルマを達成したら、即座にフィルムを配達して帰りたいんですー。でもー…」
あわね:「……なるほど……。では、そうしてください……。ついでに私のカメラもお願いしますね……。」
GM/佳江:「しゃめーまるさんが最後まで見届けろってゆーからー」
あわね:「…………………そうですか。」
あわね:「(何か企んでいるな、『最速』……。)なら、拒否権はありませんね……。せいぜい二人で浮かんでいましょう……。」
あわね:「……一応、周囲は警戒しておいてください……。」
GM/佳江:「はぁーいー」
あわね:「……ふむ……。」

7巡目


{妖精  :DP10 前衛

ナタリア:DP22 後衛
木綿子 :DP21 前衛
奈乃香 :DP19 後衛
燈祈子 :DP18 前衛
あわね :DP14 前衛
佳江  :DP14 後衛
ロアナ :DP25→イニチ10 前衛}

ナタリア(後) →木綿子→奈乃香(後)→燈祈子→あわね=佳江(後)→ロアナ≧妖精

GM/ナタリア:「あと少し詰めれば解決ね」
GM:こんどは境内の木陰を利用しだした。 6DP 11dmgを…しぶとく回避。

ナタリア(後)→ 木綿子 →奈乃香(後)→燈祈子→あわね=佳江(後)→ロアナ≧妖精

GM:木綿子。
木綿子:弾幕弾幕 弾幕 9ダメor5DP
GM:これも霊撃。必死さが伝わってくる。

ナタリア(後)→木綿子→ 奈乃香(後) →燈祈子→あわね=佳江(後)→ロアナ≧妖精

GM/奈乃香:「これで詰みじゃ!」 朱筆の弾幕が 6DP 11dmgで…

*Spell Break*

GM:妖精たちの陣形に統制が取れなくなってきた。
GM:しかも、ほとんどの妖精が撃墜されて、実質残りもわずか。
あわね:「妖精どもの2枚目のカードは、神無月奈乃香が持っていったー!」

ナタリア(後)→木綿子→奈乃香(後)→ 燈祈子 →あわね=佳江(後)→ロアナ≧妖精

GM:ここで燈祈子。
燈祈子:ホーミング、4D消費で達成値35
GM:15+4d 残った妖精が回避を試みるが…
判定[GM]15+4d = 15+[2,3,5,2] = 27
GM:ダメだった。
判定[燈祈子]8+3D = 8+[5,4,3] = 20

*妖精撃退*

GM:ここに殴りこんできた妖精が全て排除されたよ!
燈祈子:「協力してくれて、ありがとう。お互い、準備して」

GM:というわけで、元の陣営に分かれました。
燈祈子:一応、遠見が残っているので辺りを警戒しますが、おかしな様子が他になければ、再開の合図をしようかと思います。
GM:特に今のところ変な気配はないです。

ナタリア(後)→木綿子→奈乃香(後)→燈祈子→ あわね佳江(後) →ロアナ

GM:次は報道組。
あわね:「……天狗様。中立性を保つため、このタイミングでの撮影はやめ、次で一度に撮ってしまいましょう。」
あわね:意訳:次のラウンドで前衛に出て、撮影可能な状態になってください。
あわね:というわけで待機。
GM/佳江:「おーっとっとっとー。確かにー。」 こちらも待機。

ナタリア(後)→木綿子→奈乃香(後)→燈祈子→あわね=佳江(後)→ ロアナ

GM:ひそかに行動を温存していたロアナ。
ロアナ:困っちゃうなぁ…まだ再開の号令もないし、待機でしょう
GM:分かりました。


GM:トラブルはあったものの、再び弾幕決闘の準備は整った。
燈祈子:では、何もないようなので、再開と行きましょう。
燈祈子:「準備は良い……?」
GM/ナタリア:「…分かってるわね?」
GM/奈乃香:「分かっておるぞ。」
GM/ナタリア:「ナタリア・ガット。準備オーケーです」
GM/奈乃香:「神無月奈乃香、準備はできた。」
燈祈子:二人に頷いて、「再び……始め!」


続くっ!