一方通行(今更年上好きとか言えねェよなァ・・・) > 2スレ目 > 2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・
・・



一方「・・・・・・麦野さン」

麦野「ん・・・・私」

絹旗「麦野」

フレンダ「・・・・・麦野」

滝壺「・・・・・むぎの」

麦野「みんな・・・・・そっか、私ラビットに負けたのね」

一方「違ェよ。勝負じゃねェンだ。ただ俺が説教して、麦野さンが勝手に暴走しただけだ」

麦野「フレンダ・・・・」

フレンダ「どうしたの?どこか痛い?」

麦野「ごめん・・・・!・・・・私・・・フレンダの・・・・ヒック・・・大切なもの・・・・」ポロポロ

フレンダ「麦野・・・・(ギュッ)・・・・いいよ。許してあげるわ。だから泣かないで?」

麦野「みんな・・・・・・ごめんっ・・ヒック・・・私・・・・みんなの事考えたくなかった・・・・!

    自分が避けられるから・・・だから・・・・・ごめ・・・ヒック・・」ポロポロ
 
 
滝壺「・・・・ううん。私むぎのには怒ってない」ギュッ

絹旗「そうですよ。麦野は超優しい・・・・私たちアイテムのリーダーですからね!」ギュッ

麦野「ごめん・・・ごめんね」ギュッ

一方(チッ・・・ムズ痒ィなチクショォ)

麦野「ラビット・・・・ごめんなさい」

一方「ン?あ、あァ。イイって。怪我してねェンだし」

麦野「うん・・・・・あと・・・・ありがと」

一方「・・・・・チッ、あァ。どォいたしまして」

麦野「・・・・・」ギュッ

一方「!?」

滝壺「!」

絹旗「あ!!」

フレンダ「へぇ・・・」ニヤニヤ

麦野「私・・・アイテムを大切にするわ。だからアナタもアイテムを大切にしてほしいの」

一方「おおおおおォォ!!!!!わわわ解ったから離せェ!!」バッ

麦野「あ、ごめん」パッ

一方(って何やってンだぁああああああああ!!!!!!!俺ああああああァ!!!)
 
 
一方「オィ、しみったれてねェで飯食うぞォ!!」

フレンダ「おやおや、ラビットぉ?すげー顔赤~い!」

一方「う、うっせェ!テメェはそこ片付けとけェ!!」

絹旗「はぁ・・・・なんというか、ラビット超馬鹿ですね・・・・」

滝壺「でもかっこよかったよ?」

麦野「そうねぇ・・・・・」

「「!?」」

・・・・・・・・・・
・・・・・・


一方「あいよ。今日は海鮮サラダと、サーモンカルパッチョだァ」

絹旗「よかったですね麦野!今日ラビットが選んだんですよ?」

滝壺「おいしそう・・・・」

フレンダ(あれ・・・・?でも麦野って・・・・確か)




麦野「・・・・・・・・・ごめんなさい。私生魚ってダメなの・・・・・」


「「「「・・・・・・・・・・」」」」



一方「チクショオオオオォ!!!!!」
 



一方「………」カツカツカツ

フレンダ「あんた器用ねー。なんでそんなに早く歩けるの?」

一方「口よか足を動かせば早く歩けンぜ」

フレンダ「ハァ結局私に対してはひどいのね」

一方「あァ?優しく接してやってやろォかァ!?」

フレンダ「そういう所がキモイんだって」

一方「ケッ……麦野さンの為じゃなけりゃァ、テメェとなんか出かけねェよ」

フレンダ「まぁ!また麦野を引き出しちゃって!この子はホント麦野に惚れちゃってるわねぇ」

一方(テメェも十分キモイだろォが)

フレンダ「まぁ、ライバル同士とは言え今回は共同戦線ね」

一方「(ライバル……?)……ンで、麦野さンの誕生日プレゼント、どンなのが良いと思うンだよ」

フレンダ「……そうねぇとりあえずお腹減った気がするんだけど」

一方(こいつぶっ殺してェ)
 
 

~数時間前~


フレンダ「はぁー久しぶりのオフかー」

一方「なンで麦野さン達は居ねェンだよ」

フレンダ「組織の幹部に呼び出されてんの。能力測定とその調整だって」

一方「……テメェは能力者じゃねェのか」

フレンダ「まーねー。でも少なくともアンタよりは強いわよ」

一方「ほォ。レベル5より強ェのか」

フレンダ「アンタねぇ……麦野の原子崩しが効かないからって調子乗るんじゃないわよ!

      レベル5の攻撃が効かないからってアンタがレベル5になったんじゃないっての」

一方「クククッ……悪ィ悪ィ。ついつい自分の事をレベル5だと勘違いしちまうンだよなァ」

フレンダ「私の前だからいいけど麦野の前でそういう事言ったら私が許さないから」

一方「だァから悪かったっての」

フレンダ「ったく………ハァー暇だと曜日の感覚無くなるわねー。ラビット、今日って何日よ」

一方「カレンダー位テメェで見ろっての……ン、木曜の……あァ!!!!???」ガタン

フレンダ「何よ騒がしいわね……

一方「オィ……金髪……何で日にちを訊かねェンだ?」

フレンダ「そりゃあ明日は麦野のたんj……んがっ!!!!(しまった!!)」
 
 
一方「誕生日なンだなァ!?」

フレンダ「あ……そ、そうよ……(こいつに言ったらメンドクサイから言いたくなかったのに)」

一方「……手伝えや」

フレンダ「え?」

一方「麦野さンの誕生日プレゼント選ぶの手伝え」


~~~~~~~~~~~


フレンダ「とりあえずお昼でしょ?お腹減ったし喉渇いた」

一方「昼飯抜き健康法ってのがあってだなァ。喉渇いたなら唾でも飲ンどけ」

フレンダ「……私は今日アンタの頼みで来てるのよ?フツーそういうのって私に奢るべきじゃない?」

一方「(知らねェけどそォいうのは自分から言うモンじゃねェだろ)……わかったよ。飯だな」

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

フレンダ「ファミレスならわかる」

一方「あァ」

フレンダ「まぁ百歩譲って中華料理屋でもいいわ」

一方「あァ」

フレンダ「でも女の子を連れて牛丼屋ってどういうこと!?」

一方「テメェはイスラム教だったのかァ」

フレンダ「違うっての!」
 
388VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage]2010/04/12() 16:38:06.40 ID:w8/EhoYo
イスラム教は豚じゃね?まあ豚丼もあるけど
 
素で間違えた。イスラム教の人ごめんなさい。


フレンダ「つーかイスラムって豚じゃない?」

一方「あァ?牛丼屋って今は牛食えねェンじゃねェのか?」

フレンダ「それっていつの話よ。って、そうじゃなくて!!私は牛丼は嫌!ムード考えなさい!」

一方「ムードって……そんな間じゃねェだろ」

フレンダ「確かに私とアンタはそんな間じゃないわよ。でも女の子扱いされないのは気に食わない」

一方「女の子?………あァー。申し訳ねェな」

フレンダ「何その今更気付いた感じ。まあいいわ。じゃあもし麦野と二人だったらどこ食べに行くのよ」

一方「麦野さンが良いって言ったトコ。或いは寿司か日本料亭、フランス料理。中華でも」

フレンダ「じゃあ私は立駅のグランデュオ9階の」

一方「テメェは麦野さンじゃねェだろ」

フレンダ「じゃあ絹旗なら」

一方「まァ、たまに行くアイツのお守だと映画館の隣にあるイタ飯だなァ」

フレンダ「滝壺なら」

一方「回転寿司が良いって言ってたからなァ。今度連れてくかァ」

フレンダ「私」

一方「牛丼屋」

フレンダ「むっきいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!」
 
 
 
一方「あァ?どォしたンだよ」

フレンダ「何で私が牛丼なのよ!!結局一番安いじゃない!!」

一方「麦野さン>>>>>>......│超えられない壁│>>>>>滝壺チビガキ>>>││>>>>セロハンテープ>金髪」

フレンダ「何!?私セロハンテープより下なの!?」

一方「セロハンテープなめンな。紙の補強は強ェンだぜ?オメェもセロハンテープ無かったら大変だろォ?」

フレンダ「……いや、確かにテープは導火線やカッターにもなるわよ!?だからって下って

一方「(導火線?)まァセロハンテープは食費かからねェからなァ」

フレンダ「……でも私は麦野の好み網羅してるわよ」

一方「麦野さン>>>>>>......│超えられない壁│>>金髪(暫定)>>>>滝壺チビガキ>>>>││>>>>セロハンテープ」

フレンダ「よろしい。ご飯は?」

一方「……チッ、好きにしろっての」

フレンダ「それじゃぁ……美食楽部の学園都市支部とか?なーんちゃっt」

一方「あァ、あそこかァ。久しぶりに行ってみるか」

フレンダ「え!?ちょ、まって!あんた会員なの?」

一方「ン?あァ」

フレンダ「(!あーコイツなりの冗談ね!)わかったわ。じゃあご馳走になるわよ」
 
 
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・

フレンダ「……ちょ、ちょっと。ここ本当に美倶楽部じゃない

一方「あァ!?テメェ行くって言ったじゃねェか」

フレンダ「えいや、その……うん、ご馳走になるけど」

店員「いらっしゃいませ。あ、アクセr」

一方「オィ、予約ン時に言ったよなァ?」

店員「失礼しました。ラビット様。こちらです」

一方「オゥ」

フレンダ(ちょ、ちょっと!結局本当に入店しちゃったわよ!!大丈夫なのぉ!!?)

店員「先生は今和歌山へ行っていますが、またお会いになられるのを心待ちにしていますよ」

一方「……あのジジイまだくたばってねェのか」

店員「えぇ、先生の料理に意見できるのは坊ちゃんとアkラビット様ぐらいです」

一方「チッまた不味ィモンにケチつけようとしたのによ」

店員「ふふ先生は素直ではないのですよ……それにしてもラビット様にお付き合いされてる女性が居るとは
 
   先生が知ったらさぞ驚かれますよ」

一方「違ェっての。コイツは俺の上司だ」

フレンダ(上司ってムズ痒いけどそうなるわね)
 
 
店員「左様でございますか。しかし外国の方とはそれに実に美しい方でラビット様とよくお似合いです」

フレンダ(私はラビットにそんな気ないっつーの

一方「テメェの舌引っこ抜いてやろォか」

店員「ハハハ、怖い怖い。ささっ、こちらです。ごゆっくりどうぞ」


フレンダ「……アンタここの会員なの?」

一方「あァ。じゃねェと入れないだろォが」

フレンダ「ここってアンタみたいなチンピラは入れないのよ!?てか会員になんでなれるの!?会費は!?」

一方(あァ?会費っつっても銀行から落とされンからいくらか知らねェよってかここってそンなに良いトコだったのかァ?)

一方「……まァ、ここの奴と知り合いってだけだ」

フレンダ「なんだ、結局知り合いってだけか……でもアンタって結構金持ちなの?」

一方(……もしかしてここって金持ちしか入れねェのか?マズイな

フレンダ「……まぁいいわ。アンタも結構謎が多いのね。野暮ったいから聞かないわ」

一方「……いいのかよ」

フレンダ「結局ラビットはラビットだしねー。おいしいご飯食べられるなら良いし」

一方「……すまねェな」

フレンダ「だったらさっきのランキングを暫定から決定にしときなさい」

一方「ハイハイ」
 
 
 
一方「……(麦野さンのプレゼント何にすっかなァ)」

フレンダ(さっきからシーンとしてるけどこういう雰囲気って慣れてないのよね

一方「……(まァ、飯奢るンだしコイツも真剣に考えてくれンだろ)」

フレンダ(美食倶部なのになんでコイツ落ち着いてるのよ……

一方(……鯉の煮付けとか食いてェな)

フレンダ(やばい改めて意識したら緊張してきた……正座って慣れてないのよ

一方(ン……こいつトイレに行きてェのか?)

フレンダ(……うう何か落ち着かない

一方「……悪ィ、トイレ行って来ンぜ。トイレは廊下の右を突き当たって左だからな」

フレンダ「わ、私も行く……(ちょっとは落ち着くかもね)」

・・・・・・・・・・
・・・・・・

フレンダ(……トイレ行ったら少しは落ち着いたけど相変わらず慣れないわね)

一方(……まだそわそわしてンな。……あァ、トイレじゃなくてコイツ緊張してンのか)
 
 
 
一方「あァーなンだ。オメェ日本人じゃねェンだろ?」

フレンダ「まあね」

一方「でも発音は殆ど日本人なンだなァ」

フレンダ「一応ここで育ったし」

一方「でも正座慣れてねェンだろ?辛ェなら足崩せ」

フレンダ「……あー、これっていいの?」

一方「あのジジイが居たら何か言うかも知れねェが俺がやってンだ。好きにしろ」

フレンダ「じゃ、し、失礼します」

一方「オイオイ、失礼しますって……飯食うンだから緊張してっと味解ンねェぞ」

フレンダ「仕方ないでしょ!こういう所初めてなんだし」

一方「もしかしてマナーがどォとか考えてンのか?」

フレンダ「う、うん……

一方「ケッ、普段からマナーとか言うタマじゃねェのによ」

フレンダ「ちょ!女の子に向かってタマはないでしょ!」

一方「まァ、ココも牛丼屋も変わンねェって」

フレンダ「あのね牛丼屋と食倶楽部を比べないでよ結局違うって」
 
 
一方「あァ?テメェと俺で飯食う事に変わりねェだろ?」

フレンダ(あー結局そういう風に意識するような事言うから絹旗とかが落ちるんだって)

一方「大体テメェは文句多いンだよ。牛丼は安いからダメ。料亭は緊張するからダメって何だよ」

フレンダ「いや、ここはダメなんて言ってないでしょ!」

一方「ンじゃ前菜が来たら店員に牛丼頼ンどいてやる」

フレンダ「美食倶楽の牛丼ね逆に食べたくなるわ」

一方「食うのかよ」

フレンダ「じゃあ今度来るときお願い」

一方「……もう二度とここにはテメェと来ねェからな」

フレンダ「えー!?折角麦野のひみつを」

一方「わかった。考えとく」

フレンダ(ラビット面白いなぁ……あ、そういえば緊張してない)

一方(……ケッ)

・・・・・・・・・・・
・・・・・・
 
 
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・


店員「またのお越しをお待ちしております」

一方「あァ……今日の飯はあのジジイが居ねェ割には悪くなかったぜ」

店員「ふふっラビット様も先生と負けず劣らず素直ではありませんね?」

一方「お前達よかあのジジイの方が少しはマシって事だ。褒めてねェよ」

店員「ええ、ですがありがとうございますと言っておきますよ。では、お会計を」

一方「あァ、そンじゃコレで」

・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・

フレンダ「ご馳走様。でも結局絹旗の言ってた通り偽造のブラックカードね」

一方「……あァ。まァいいだろ」

フレンダ「麦野の前で使わないでよ?余計な心配させたくないし」

一方「ン、そォだな」

フレンダ(……それにしても絹旗の目節穴ねありゃ間違いなく本物のブラックカードだっつーの

一方「ンじゃ、プレゼント見繕ってくれよ?……まァ期待してやる」

フレンダ「(ホント不思議な奴ね)はいはい。まぁ任せときなさい」
 
 
 
~百貨店~


フレンダ「プレゼントの基本てゆーか真理だけど」

一方「あァ」

フレンダ「ぶっちゃけ好きな奴から貰ったものなら何でも嬉しいし、嫌いな奴からもらったものなら何でも嫌いよ」

一方「オシ、テメェ今からモノレールのホームに行け。突き落としてやる」

フレンダ「焦るなっての。焦る男はもてないわよ?」

一方「チッ

フレンダ「とは言ってもアンタはどっちにも属してないわけ。まぁ少なくとも嫌われてないわね」

一方「お、俺も嫌いじゃねェし

フレンダ「アンタの事は訊いてねぇっつーの。キモイ。今までで一番キモイ」

一方「

フレンダ「ハァとにかく!結局このプレゼントでアンタの好感度が大きく左右されるって訳!」

一方「!!」

フレンダ「それにはアンタの気持ちよ!アンタの気持ちが篭ってれば何をあげてもいいわ。だからアンタが選びなさい」

一方「金髪……

フレンダ(って、何私は敵に塩を送ってるのよ……まぁいいか)

一方「じゃあテメェが居なくてもいいじゃねェか。てか面倒なだけだろ」

フレンダ「バレた?」

一方「何か無性にテメェの腰辺りを両断してやりてェ」
 
 
 
フレンダ「というのは冗談で、私が選んだらアンタのプレゼントじゃなくて私のプレゼントになるでしょ」

一方「なるほどな」

フレンダ「だからアンタが選んで、私がそれで良いか悪いか見てあげる」

一方「わかった。そンで百貨店な訳か」

フレンダ「ピンポン!つーわけで何が良いか見に行くわよ」

一方「あァ」


~アクセサリショップ~


フレンダ(んー物によっては麦野は喜ぶかもね。少なくとも普通の女の子なら良いわね)

一方「オシ、この指輪なんてどォだ」

フレンダ「」

一方「このルビーと周りのダイヤとか良い感じじゃねェか!」

フレンダ「ゼロがいっぱいって、アンタ馬鹿なの!?こんなの貰ったら逆に引くっての!!」

一方「?」

フレンダ「(駄目だコイツ)あのね確かに麦野は金銭感覚狂ってるしこの指輪もはした金としか思わないけど

      いきなりアンタからこれ貰ったらドン引きよ。そんなに親しくない奴から貰ったら逆に怖いって!!」

一方「あァ!?そォなのか

フレンダ(コイツ絶対誰かにプレゼントするの初めてだな)
 
 
フレンダ「ポイントその1!」

一方「あァ?」

フレンダ「アンタと麦野の距離はせいぜい友達か友達に毛の生えた程度よ。高いものは駄目!」

一方「プレゼントって金掛けりゃ掛けるほど良いンじゃねェの?」

フレンダ(たぶんラビットってどっかの金持ちの子供なんだろうなじゃなきゃここまで狂えない)

フレンダ「で、仮にそれをプレゼントにするとして麦野が喜ぶと思う?」

一方「ン……どォだろォな。喜ぶンじゃねェの?」

フレンダ「……じゃあこうしましょう。アンタ絹旗からすごく高い宝石の指輪貰ってうれしい?」

一方「そりゃァ、ドン引きだろ……あ」

フレンダ「まあそういう事。一番良いのは麦野の気持ちになることね」

一方「麦野さンの

フレンダ「そう。結局それが本当に麦野を想う事になるのよ(あそうか)」

一方「なるほどなァ参考になンぜ」

フレンダ「じゃぁ選んできて。次はちゃんとマシなもの選ぶのよ」

フレンダ(私は麦野を想ってるから麦野に幸せになって欲しいからラビットを応援してるのかもしれない

      私じゃ麦野を幸せに出来ないラビットは麦野の心の闇に気付いたそれに踏み込めた……

      男か女かじゃないラビットは本当に麦野を幸せに出来る

一方「オィ!良いモン見つけたぜ!15万で麦野さンの好きな鮭の髪留めだぜェ!」

フレンダ「やっぱ駄目だわコイツ」
 
 
 
フレンダ「馬鹿なの!?鮭は好きでも味覚の問題でビジュアルじゃないっつーの!!

      大体15万ってさっきと一桁しか変わってないから!」

一方「お、オォ

フレンダ「ハァでもまあ……髪留めってのは良いラインなんじゃないの?」

一方「そうだろ?」

フレンダ「でも麦野は髪飾りしてないしなぁあの髪型だし。てな訳で髪飾りは却下」

一方「そォか

フレンダ「ま、気を取り直して次ね」

一方「ン……あいよ」


・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・


一方「あんまり良いの無ェな」

フレンダ「そう?さっきの良いと思ったんだけど」

一方「あァありゃ駄目だ。安すぎる」

フレンダ「そう?5000円でも無難だと思うけど」

一方「ガキのアクセサリじゃねェンだから安すぎても駄目だろォ」

フレンダ「じゃあアクセサリ類はひとまず置いとく?また来ればいいし」

一方「そォだな。他の当たってみンか」
 
 
 
~雑貨コーナー~


一方「花とかじゃ駄目なのかァ?」

フレンダ「花はちょっと引く。てかラビットみたく凶悪な顔で花渡されたら異常だと感じるわ」

一方「

フレンダ「まぁ花瓶に入れるにしてもね……それに誕生日だから花って感じでもないし」

一方「それで小物とかか」

フレンダ「そう。まあここの雑貨コーナーは広いしそれなりに良い物あるし」

一方「……つってもなァ麦野さンはどンなもの喜ぶかねェ

フレンダ「そうよ。その意気。真剣に選んでるからそういう風に悩むのよ」

一方(悩むねェ)

フレンダ「そういう風に麦野の為に悩んでる所見たら麦野も喜ぶかもねー」

麦野「誰が喜ぶって?」

フレンダ「そりゃぁむg………え?」

一方「」
 
 
麦野「どうしたの二人とも……あ、もしかしてお邪魔しちゃったか」

フレンダ「ち、ちがうって!変な勘違いしないでよ!」

麦野「いや、いいじゃない。私だって個人の意思は尊重するわ」

一方「」カチッ ヒュッ

フレンダ「ラビット!あんたも反論しt……あれ?」

麦野「あら、ラビットいつの間に居なくなったのかしらね。あ、私に見つかったから気まずくなったからかしら」

フレンダ「その推理当たってますけどニュアンスが違うっつーの!」

麦野「?」

フレンダ「ハァ。とにかく私達は付き合ってるとかそういう間柄じゃないから。本当に」

麦野「でも良い雰囲気だったじゃない」

フレンダ「いや、確かに他人から見たらそうかもしれないけど私が好きなのは麦野一択だから」

麦野「だからそうやって誤魔化して好意かくすのやめなって」

フレンダ「違うからハァ、仕方ないわね。今日はラビットの好きな人のプレゼント買いに来たのよ」

麦野「なるほど。その相手がフレンダ」

フレンダ「だから違うって。乳揉むわよ」

麦野「ごめん、だからそれだけはやめて。で、とにかくそのプレゼントを買うために来たと」

フレンダ「そう。本当に私とラビットは違うから」

麦野「まぁ、わかったわ。でもラビットどこに行ったのかしら」
 
 
 
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。