上条「誰を助けりゃいいんだよ……」 > 08


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [saga sage ]:2011/03/23(水) 21:50:20.51 ID:0XFRUnIL0
こんばんは。>>1です

 ~中略~

ところでリストにこの人たちが入って無かったです

===結社予備軍===
新たなる光
   レッサー        【消息不明】
   ベイロープ       【消息不明】
   フロリス        【消息不明】
   ランシス        【消息不明】

ごめんなさいごめんなさいごめんなさい

 ~後略~


二十分後。

一触即発、いつ殺し合いに発展してもおかしくないほどの緊張感に包まれていた五人と一匹は、
ファミレスで仲良くお茶をしていた。


「かぁーみじょぉー! テメェ遅すぎ」
「女性を待たせるなんて呆れるんだけど」
「まぁまぁ、二人とも。上条も所詮超浜面とおんなじようなもので、超上条だということですよ。
 ここはオトナな私達が我慢するとしましょう」
「上条氏、ドンマイです」
「にゃー」

「…………不幸だ」


まるで最初からそうなるのが決まっていたかのようにスムーズにナチュラルにドリンクバー往復係に任命された上条は、心からそう呟いた。


ドリンクを配った上条が着席すると、
スフィンクスと鮭のムニエルの奪い合いを始めた麦野を置いて、話し合いが始まった。


「つまり、絹旗は浜面を探していて、その絹旗を『心理定規』が追っていて、その『心理定規』を麦野が追いかけ回してたんだよな?」
「はい。超そんな感じです」
「何でそんなややこしいことになるんだ?」
「そもそもの発端はですね、やっぱり超浜面なんですよ」

絹旗が腹立たしげに顔をしかめて、アイスティーをストローでずるずると啜った。
交代で『心理定規』が口を開く。

「もう解体しちゃったけど、私はちょっと前まで『スクール』という組織にいたの。
 その時の同僚が学園都市第二位の垣根帝督。
 彼が浜面に誘拐されちゃってね。攫った男の顔は前に『アイテム』とごたごたした時に見覚えがあったから、
 てっきり『アイテム』が何か企んでるんだと思ったのよ」
「『スクール』の方に何があったのかは超知りませんが、新生『アイテム』は何もしていませんよ」
「私も頭に血が昇ってたみたい。それで、絹旗さんを追い回してたら――」

『心理定規』が顔を向けると、猫に勝利して鮭にかぶりついていた麦野が軽く手を振りながら応える。

「ウチのかわいい絹旗ちゃんがいじめられたってんで、私がキレたわけ」
「私はあの馬鹿面に超責任取ってもらおうと、奴を超探していたんです」

それで、「麦野→心理定規→絹旗→浜面」の構図の出来上がり。
上条はため息をつきたくなるのをどうにかこらえた。

「でもさ、第二位ってつまり、学園都市の中では一方通行の次くらいに強いんだよな?
 浜面が誘拐なんか出来るのか?」
「今彼は自分の意思で動けない状態なの」
「ふぅん? ……」

病気でもしてるのか? と思ったが、上条は深くは聞かなかった。


「『アイテム』は関係なくて、浜面の単独犯だったのね。ということは、浜面を殺すしかないのかな」
「つまり、浜面はブチコロシ確定だろね」
「はい。では、浜面超殺すということで超オッケーですか?」

三人の手が挙がる。
超能力者を含む高位能力者の少女たちの間で、決議がなされた。

「んじゃ、浜面さがそっか。解散」

『アイテム』のリーダー、麦野沈利の宣言で、絹旗と『心理定規』はさっと席を立った。
はたから見ればショッピングにでも行くかのような、きゃぴきゃぴとした雰囲気を漂わせて、少女たちは出口へ向かう。


「かわいそうな浜面氏」
「…………な」

上条と郭は、人知れず葬られようとしている浜面を思って両手を合わせた。



「かぁーーみじょぉぉぉおーー!! 何ボサッとしてんだよ! ブチ抜かれたいの!?」

「え、は、すいません……」

なぜか上条も浜面討伐隊のメンバーに加えられていて、なぜか怒鳴られて、なぜか謝ってしまった。
何か、釈然としなかった。



上条は『心理定規』と行動を共にすることになった。
彼と郭の携帯には複数の回線と同時に通話する『世間話モード』がないため、
それを持つ他のメンバーとペアを組まされたのだ。

常に情報を交換しながら、五人と一匹は浜面を探して街を走る。


少女は先を歩いている。
やけに背中の空いた『心理定規』の派手なドレスの後姿を眺めながら、上条は考えていた。

(やれやれ。確かに浜面もリストに入ってるけど……こんなことしてる場合なのか?)

他にも大勢助けなければならない人間がいる。
どちらかといえば加害者らしい浜面を見つけるために、広い学園都市をうろうろしていていいのだろうか。

漠然とした不安を感じて、空を見上げた。


「……なあ、みんな」

「え?」
『何ですか? 上条氏』

電話越しに皆の注意がこちらへ傾く気配を感じながら、上条は続けた。



「浜面が背中から白い翼を生やして空飛んでる」


「は?」


■■■■救助リスト(抜粋)■■■■

===学園都市===
御坂勢力
   御坂美琴         【誘拐】
   妹達(学園都市組)     【解決済】
   妹達(10033-11000)    【解決済:一方通行】
   妹達(11001-20000)    【委託:一方通行】
   白井黒子         【誘拐】
   初春飾利         【誘拐】
   佐天涙子         【誘拐】
   エツァリ         【行方不明】
    ショチトル       【行方不明】

新生アイテム
   麦野沈利         【解決済】
   浜面仕上         【飛翔】
   滝壺理后         【行方不明】
   絹旗最愛         【解決済】

旧スクール
   垣根帝督         【盗難】
   心理定規         【解決済】

忍者
   服部半蔵         【行方不明】
   郭            【解決済】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。