上条「なんか御坂に話し掛けにくいんだ」5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―小萌のアパート―


ジュ~ッ


禁書「はふはふはふ…!」バクバクバク

結標「こらインデックス!それまだ生じゃないの!」

禁書「待ちきれないかも!」バクバク

小萌「シスターちゃんは本当に良く食べますねー」

結標「さっきからお肉ばっかり食べて…女の子なんだからそんなにがっついたら駄目じゃないの…」オクチフキフキ

禁書「むぐむぐ……ありがとうなんだよ、あわき!」

結標「はい、野菜も食べなきゃ栄養が片寄るわよ?」ヒョイ

禁書「うわぁ…お野菜こんなに食べても良いの!?」

小萌「全然構わないのですよー。シスターちゃん1人増えた程度でこの豪華絢爛焼肉セットは揺るがないのです!」

禁書「ねぇねぇ、ごはんまだなのかな?」モグモグ

結標「直ぐに炊けるからもう少し待ってなさい」

禁書「早くして欲しいかも。やきにくと言ったら白いごはんなんだよ」モグモグ


ピーーッ ご飯が炊けました


小萌「あ、炊けたみたいですよー」

結標「いまよそって来るから待っててね?」

禁書「自分でよそうから大丈夫なんだよ。あわきとこもえの分も一緒によそって来るんだよ!」スクッ

結標「そう?こぼさない様に気をつけなさいよ?」

小萌「シスターちゃーん。私はビール飲んでますから後で良いですよー」

禁書「わかったんだよ!」


ペタペタ ペタペタ


禁書「よそって来たんだよ!」

結標「あら、結構な量をよそって来てくれたのね」

小萌「山盛りですねー」

禁書「ご、ごめんなさいなんだよ…」

結標「大丈夫よ。他の食べる量を調整するから」

禁書「大変になったら私が食べるんだよ!はふはふ…」バクバク

小萌「本当に凄い食べっぷりですねー」

禁書「うおォん!私はまるで人間火力発電所なんだよ!」バクバクバクバク



上条「ふう…お腹いっぱいですよー」

美琴「アンタって結構食べるのね」

上条「オトコノコだからな。外食の時くらいガッツリ食べたいんですよ」

美琴「ぷっ…なにそれ」

上条「いやいや、笑い事じゃなくてですね。上条さん家のエンゲル係数は絶賛上昇中でしてね。おかげで大した飯にあり付けないんですよ」

美琴「変なのエンゲル係数押し上げてるくらいだから、それなりに沢山食べてると思ったんだけど」

上条「ええ、食べてますよ」

上条(インデックスがな)

美琴「ますますわからなくなって来たわ」

上条「まあ、その…なんだ。あんま気にしないでください」

美琴「ふーん…まあ良いわ。で!も!」ズイッ

上条「な、なんだよ…」

美琴「いつか本当の事をアンタに話してもらうからね?」

上条「……ああ。わかったよ」

美琴「フフフ…楽しみに待っててあげるわ」

上条「さて…と。そろそろ帰るか?」

美琴「もう?まだ門限まで多少は時間あるわよ?」

上条「ここから常盤台まで結構時間掛かるからな。移動してる間に門限の時間になっちまうだろ」

美琴「そんなの大丈夫よ。ちょっとくらい遅れても黒子がどうにかしてくれるわ」

上条「それだと白井に迷惑掛からないか?」

美琴「あの子には後でお礼するから問題ないわよ」

上条「そうなのか?なら別に構わないけどよ、あまり遅くなりすぎるのは無しだからな」

美琴「う、うん。そ、それ、じゃあさ…」

上条「どこか行きたい所あるのか?」

美琴「…………………」コクン

上条「どこなんだ?」

美琴「あ、あそこ…行こ」ユビサシー

上条「うーん?」フリムキー


 なんか高そうなホテル


上条「…………」

美琴「…………」ドキドキ

美琴(な、なんで黙るのよ!なんか私が思いっきり滑ってるみたいじゃない!!)ドキドキ

上条「御坂……お前………その……」

美琴「な!なに!?」ドキドキ

美琴(『変なヤツ』って思われてないかな…軽蔑されたらどうしよう…いやだ、嫌われたくない…)ドキドキ


上条「あのホテルの高級バイキングに行きたいのか?」


美琴「……………は?」

上条「いやー上条さんもね。気にはなっていたんですよ。あのホテルのバイキング、TVでも話題になってたし。

   一度は行ってみたいなぁ、なんて思ってた時もあったんです。けどウチってそんな金ないからさー。

   食べに行くのなんて夢のまた夢だったんだよな。もしかして今日、その夢が叶っちゃったり!?なんて思ってたりしt」


美琴「さっき夕食済ませたばかりなのに、バイキングなんて行く訳ないでしょうがあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!!!」ビリビリドカーン

上条「ぬわああああああああああ!」パギィン

美琴「はぁ…はぁ…!」

上条「ち、違いましたか…?」

美琴「あったりまえでしょうが!私はそんなに食い意地張ってないわよ!」

上条「ハァ…じゃあいったいなんなんだよ…」

美琴「~~~~~ッ!!も、もういいわよ!」スタスタ

上条「おーい、どこ行くんだ?」

美琴「帰る!」スタスタ

上条「ちょ、待てって」スタスタ

美琴「付いてくんな、バカ!」

上条「あのなぁ、女の子が1人で夜道歩くのは危険だぞ?せめてバスで帰れよ」

美琴「アンタ、私をなめてんの?誰が来ようが返り討ちよ」

上条「そうは言っても、心配なんですが…」

美琴「だったらどうするっての?心やさしいアンタが寮までエスコートしてくれるって言うのかしら?」

上条「え…うん、まあ。そんな感じ?」

美琴「……本気で言ってんの?」

上条「やっぱダメだったか?」

美琴「ダメって言ってもアンタ着いて来る気でしょ?」

上条「お前が嫌なら無理には着いてかねえよ」

美琴(なんでそこで『絶対に着いてく』とか言ってくれないのよアンタは…)

上条「えー…っと、それじゃあ…気をつけて帰れよ?」

美琴「なに勝手に帰ろうとしてんのよ」ガシィ

上条「いやだって、俺が一緒だと御坂に迷惑かかるみたいだから…」

美琴「誰もそんな事、言ってないじゃない」

上条「そ、それじゃあ…どうすれば…?」

美琴「アンタが寮まで、お…送って行ってくれるんでしょ?だったらそうすれば良いじゃない」

上条「………良いのか?」

美琴「ぃぃっ…ぃ…………ょ」ボソボソ

上条「…うん?」

美琴「だから!寮まで送ってけって言ってんのよ!!!」

上条「は、はぃ!」ビクゥ

美琴「ま、まったく!…何度も言わせんじゃないわよ!このバカ!」

上条「照れたり怒ったり忙しいですね御坂さん」

美琴「なんか言った?」ギロッ

上条「イイエ ナニモ」

美琴「そ。じゃあエスコートよろしく頼むわよ?」

上条「あいよ。お嬢様」



―柵川中学女子寮―

初春「ふぅ…やっぱり2人だと宿題もはかどりますね」

春上「ここの問題、難しくて解けないの」

初春「どこですか?……ああ、ここはですねー」


ピンポーン♪


春上「お客さんなの?」

初春「こんな時間に誰なんでしょう?」


ピンポーピポピポピポピポピポピンポーン♪


春上「チャイムのリズムが凄く良いの」

初春「はいはーい!いま行きますよー!」


ガチャ


佐天「おーっす!初春ー!」

初春「佐天さん?こんな時間にどうしたんですか?」

佐天「いや~、1人だと宿題が、はかどらなくてね~。一緒にやろうかと…」

初春「私達もいまやってた所ですよー」

佐天「お!グッドタイミングじゃん!それじゃ私も混ぜてよ」ズイズイ

初春「…ってもう上がってるじゃないですかー!」

佐天「春上さん、お邪魔しまーす!」

春上「いらっしゃいなの、佐天さん」

初春「はぁ…飲み物はファンタで良いですか?」

佐天「ヨロシク~」

春上「佐天さん、今日は一緒に遊べなくてごめんなの」

佐天「あ~、良いよ良いよ気にしなくて。それより枝先さん達は元気してた?」

春上「うん。絆理ちゃん達、最近は軽めの運動も出来るようになったの」

佐天「へえ~、それじゃみんなで遊べるようになる日も近いね!」

春上「御坂さんや白井さん達も呼んで一緒に遊びたいの」

佐天「そうだね~。早く枝先さん達とも遊びたいな~」

初春「佐天さん宿題しに来たんじゃないんですか?なんかそんな雰囲気には見えないんですけど」

佐天「良いじゃん初春ー。それに宿題よりも転校生の方が気になって仕方ないんだよねー」

春上「転校生…とっても楽しみなの」

初春「春上さんまで!?うう…確かにどんな人か気になりますけど…」

佐天「なんてったって外国人だもんね。女の子だったらビバリーさんみたいなボインな人が来るのかな」

初春「あんなデカい人、そんなにいるわけないですよ!」

春上「もしかしたら男の子かもしれないの」

初春「うーん、なんか外国の男性って怖いイメージが付きまとってしまいます…」

佐天「映画なんかで出てくるようなハンサムな人だといいね~」

初春「映画…ハンサム…と言う事は……」



(初春脳内)

大圄「良し!転校生を紹介する。入ってきなさい」


パカラッ パカラッ パカラッ
ヒヒーンッ


転校生「おはよう!今日からこの柵川中学でみんなと勉学を共にすることになった転校生だ!よろしく!」サワヤカー

女生徒「きゃあああああああああああああああああ!!」キラキラァ

転校生「ははは!可愛らしい少女達だね。僕の白馬に乗せてあげたい!」サワヤカー

女生徒「きゃあああああああああああああああああ!!」キラキラァ

大圄「転校生の席は初春の隣だ。初春!転校生が困っていたら手助け頼むぞ?」

初春「は、はいぃ!」


パカラッ パカラッ


転校生「よろしく花の似合う可憐な少女よ…」サワヤカー

初春「は、はい!!///」



佐天「あーっははははははは!……く、くひひひひひひひ!お、お腹痛ひぃ~~~~………」

初春「んな!ななななんで笑うんですかー!?」

佐天「だ、だって…プッ…!くくくく……う、馬に乗って教室入って来る転校生なんて…くくくっ!いないよ~…」

春上「初春さん可愛いの…」

初春「い、良いじゃないですかー!だいたい!佐天さんはどんな人が来ると思ってるんですか!?///」

佐天「え、私?うーん、そうだなー」


(佐天脳内)

大圄「良し!転校生を紹介する。入ってきなさい」


パラララララララッ! パンパンパンッ! ドカーンッ!!
ガシャーンッ!ゴロゴロゴロゴロ…


転校生「ひぇあー…ただ転校するだけの簡単な仕事なのによぉ…なんだってテロリストのクソ野郎共が出てくんだよぉ…まったくついてねえぜ」

女生徒「きゃあああああああああああああああああ!!」キラキラァ

転校生「落ぉち着けよぉ…子猫ちゃん達。いま外は危ねえ…大人しくハウスしてなぁ」

女生徒「きゃあああああああああああああああああ!!」キラキラァ

大圄「転校生の席は佐天の隣だ。佐天!転校生が困っていたら手助け頼むぞ?」

佐天「ちーーっす!」


パララララララララッ!
アブネー フセロフセロー!
ドカーンッ!


転校生「よろしくなぁ子猫ちゃん。へ…今日はド派手なクラッカーでも鳴らすとすっかぁ?」


ドッガーンッ!!


佐天「よろしく転校生!」



初春「なんでウチの学校が戦場になってるんですかー!?」

佐天「え?その方が楽しそうじゃん?」

初春「だいたい何ですかその転校生!なんで中学生なのにバツイチみたいなんですか!?」

春上「まるでニューヨーク市警みたいなの」

佐天「おおー、2人ともわかってるー!」

初春「はぁ…もう。ところで春上さんはどんな転校生が来てくれると嬉しいですか?」

春上「うーん…なの」



(春上脳内)

大圄「良し!転校生を紹介する。入ってきなさい」


ズンッ ズンッ ズンッ


転校生「こんにちわ!今日から君達のクラスメイトになるマシュマロm」


初春「もう人じゃないじゃないですかー!」

春上「美味しそうなの」チュルリ…

佐天「うおー!そう来るか…春上さんも中々やるね~」

春上「えっへん…なの」

初春「私だけ!?真剣に考えてたのって私だけなんですか!?」

佐天「なんにしても転校生、楽しみだねえ」

春上「一緒にいて楽しい人だと嬉しいの」

初春「無視しないで下さいよぉぉぉぉぉ!」




―常盤台寮の近辺―

上条「…………」スタスタ

美琴「…………」スタスタ

上条(な、なんですかこの気まずい雰囲気は…)

美琴「……………」スタスタ

上条(御坂のヤツ…なにを怒ってんだ…?)

美琴「……………」スタスタ


美琴(ああぁぁぁぁぁ、もおぉぉぉぉぉぉぉっ! せっっかっくコイツに寮まで送ってもらってるのに緊張してなにも喋れない!

   ダメ…ダメよ美琴!貴重な時間をこんな事に使ってちゃダメ!なにか…なにか話さないと…)


上条「…………ぉぃ…おい、御坂」

美琴「…え?……あ、なに?」

上条「もう寮の前まで来たぞ?」

美琴「……………ぁ」

美琴(もう……着いちゃったんだ…)

上条「歩き通しだったから少し疲れたか?」

美琴「ううぅん、平気…」

上条「そうか?あんま無理すんなよ?」

美琴「平気よ。……今日はありがと。買い物付き合ってくれて…」

上条「こっちこそ買い物に誘ってくれてありがとな。上条さん、女の子とああいった所に行くの初めてだからドキドキしましたよ」

美琴「ふ、ふん…!そう言う割にはいつもと変わってなかったみたいだけど?」

上条「いやいや、内心ではドキドキしっ放しでしたよ?」

美琴「そっかそっか…」

美琴(私の事、女の子って意識してくれてたんだ…)

上条「それとパジャマもありがとな」

美琴「いい?絶対に着るのよ?」

上条「ま、まぁ…気が向いたらな」

美琴「ハァ……まあ良いわ。そ、そそそ、それと!こ、このヘアピン…ありがと」

上条「ハハ…これでお相子だな」

美琴「そ、その…私…これ大事にする…から」ギュッ

上条「それ、きっと御坂に似合うと思うからさ。いつか付けたとこ見せてくれよな?」

美琴「……う、うん…///」

美琴(なんでアンタはそんな歯の浮くようなセリフを真顔で言えんのよー!)

上条「さてと…それじゃ上条さんはそろそろ帰るとしますよ」

美琴「………ね、ねえ!」

上条「うん?」

美琴「今日はアンタと過ごせて凄く楽しかった!

   だ、だから…その……ま、また一緒に買い物…に付き…合って、ほしいんだ、けど…」モジモジ

上条「………!」ドキッ

美琴「ど、どうなのよ!?行くの!?行かないの!?」

上条「あ、そ、その悪い。急な事だもんでビックリした…」

美琴「そ…それで?返事は?」

上条「ああ…うん。俺も、御坂と一緒に、回って楽し、かった…だから…俺、で良ければ…また付き合、うぞ…」

美琴「…あ、うん…うん!」

上条「じゃあ今度こそ俺行くからな!」

美琴「そ、その…お、お休み!」

上条「あ、ああ。お休み…!」ダッ



美琴「アイツ、本当に足速いわね…もう見えないわ…」

美琴(また買い物の約束が出来た……ヤダコレ…夢じゃないよね…?)

美琴「でへ…でへへへへ…」


寮監「面白い…またしても寮の前で逢い引きか、御坂」

美琴「りょ、寮監!?いつからそこに…?」

寮監「お前が大声であの少年を引き止めていた辺りだな。ああ…それと」


寮監「お前の声は私以外の者にも届いていたぞ?」


美琴「…………え?」


生徒1「あのお方と御坂お姉さまの関係が気になります…」
生徒2「いまの殿方は夏休みに御坂さまが会われていた方では?」
生徒3「先ほどの御坂さまの顔……とても可愛らしかったですわ…」
黒子「お、お、お、お姉さまああぁぁぁぁぁぁぁ!!?なぜですの!黒子へのサプラーイズ パーティーのプレゼントを買いに行かれてたのではなかったんですのぉぉぉ!?」


寮監「――と、言う訳だ。いやぁ…良かったなぁ御坂」ズイッ

美琴「えーと…寮監?」タジッ

寮監「私も若い内にお前のような出会いをしてみたかったよ…」ギラン

美琴「りょ、りょう…監?」タジタジッ

寮監「さぁ、今日あった出来事を私達に聞かせてくれ…なに就寝時間など気にするな…今日は特別だよ、特別…」ガシィ

美琴「は…ははは…ははははぁ……」ズルズル



―美琴『その後、私は寮監と寮生に代わる代わる質問攻めにあい、解放された時はすでに朝日が昇り始めていました…』―



―とある高校の寮―


ガチャッ


上条「ただいま…ってインデックスはまだ帰ってきてないのか」


バタン


上条「はぁ……」



――美琴『ご、ごめん…ホントは…こういう風に遊びたかったの…』

――上条『こういう風?』

――美琴『こうやって…アンタと罰ゲームとかじゃない、ちゃんとしたショッピング…とか…』



上条「―――!!」ドキンッ



――美琴『アンタは…わた、しみたい、なのが…恋、人だと……イヤな、の?///』



上条(なんなんだよ、いったい………)ドキドキ



――上条『なにか悩んでたりしてもさ…俺も相談に乗るし、俺に手伝える事があったら手だって貸すぞ』

――美琴『うん…グズッ……あ゛り゛がど……』

――上条『ってなんで泣くんですか!?』

――美琴『グス……アンタのせいじゃない…』

――上条『また!?また上条さんなんかやっちまいましたか!?』

――美琴『そうよ…私をこん゛なに泣き虫になったの…グシュ……アンタのせいなんだから……』



上条(なんで御坂の事を考えるとこんなに胸が苦しくなんだよ…)

上条「……うん?そう言えばあいつ…」



――美琴『あ、あそこ…行こ』

――上条『うーん?』


―― なんか高そうなホテル


――上条『…………』

――美琴『…………』



上条「あ………な、なに考えてんだあいつ…!まだ中学生だろうが!」



上条(い、いや落ち着け…なにも御坂が本当にそう考えてたとは決まってねえだろうが!クソッ…俺の方こそなに考えてんだよ…!!)



――美琴『………ね、ねえ!』

――上条『うん?』

――美琴『今日はアンタと過ごせて凄く楽しかった!

     だ、だから…その……ま、また一緒に買い物…に付き…合って、ほしいんだ、けど…』



上条(………あいつは…御坂は……俺にとって……)



――美琴『そ、その…お、お休み!』



上条「だぁー………わかんねえ」グダー

上条(なんなんだよ……なにもわかんねえよ……)

上条「でも…………イヤって訳でもないんだよなぁ……」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。