大補足


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 【大補足】

 ・真の首領について。
  原作、サガフロンティア・レッド編のラスボスです。
  原作では正体不明。
  幻覚は全体状態異常技の『超凝視』で、本来はあらゆる状態異常や即死効果のある技です。
  凝視技はヒーローには効かず、佐天さんや耐性がありそうな人は逃れることが出来ました。
  『ジャッジメントX』は真の首領専用の全体大ダメージ技。
  演出のUFOの集団をそのまま登場させました。
  あと原作ではそんなにデカくないです。

 ・蒼いローブの魔術師の青年について。
  サガフロンティアの主人公の一人、ブルーです。
  時の君や麒麟を殺して、その術を奪いました。
  双子の弟と合体して全ての術を使える唯一の人間になっています。
  このSSは、彼がラストダンジョンから無事生還したあとの話です。

 ・アルカイザーについて。
  ヒーローの力の源だとかの話は完全に創作です。
  原作では、普通にアルカールがヒーローの力を剥奪していきます。
  白髪にもなりません。
  あまりにも万能設定過ぎたので、これはいかんと思い作った設定でした。

 ・新番組。
  原作のエンディングのパロディ。
  本当はもっと本格的に、一方通行が演算補助用駆動鎧「T260G」になる設定を考えていました。
  悪乗り過ぎるし、長くなるから没です。

 ・このSSについて。
  佐天さんが主人公の長編クロス物を書こうと思い、サガフロのパッケージが目に留まりました。
  最初の発想は「アルカイザーになった佐天が美琴と戦って不満をぶちまける話」でした。

  このSSを書くにあたり、絶対に順守しようと思っていた決まりがありました。
  それは「佐天の成長物語にはしないこと」です。
  僕の中で佐天というキャラクターは、「普通に駄目な子」です。
  だから、作中でも頻繁に「落ちこぼれ」だの「無能力者」だの悪く言ってきました。
  彼女は原作第一話から、子どもを守るために強盗に立ち向かうなど、突発的な行動力や、
  人を気遣うことのできる優しさをもっていました。
  でも、どうみても努力を続けているようには見えず、絶えず不平不満を口にする弱さを持っています。
  そういう等身大のキャラクターだからこそ、佐天さんは魅力的なのだと思うわけです。
  だから、「駄目な佐天に誰かが説教かまして更生させる話」にだけはしたくなかった。
  美琴との喧嘩のシーンも、説教ではなくて「お姉さんに相談してみな?」的なイメージです。
  初春を守ろうと頑張ったり、美琴と喧嘩したり、メタルブラックと仲良くなったり。
  そういう「友情のために頑張る駄目な子の話」のつもりで、このSSを書きました。

  ちなみにこのSSのヒロインは初春です。
  美琴と佐天のコンビも好きだけどね。


  とりあえずこんなもんです。
  初めての長編SSの執筆でしたが、無事終えることができました。
  これも、読者の皆様のおかげです。
  今後長編を書く予定はありませんが、創作活動は続けるつもりです。

  このスレはしばらく残しておきます。
  ひょっとしたら、サガフロと禁書関係の短編でも書くかもしれません。

  最後に、原作である名作、サガフロンティアと禁書目録、超電磁砲に敬意を表して。


  ここまでお付き合い頂き、本当にありがとうございました。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。