【第十九話・終幕! 落ちこぼれ英雄譚!! (前編)】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

【第十九話・終幕! 落ちこぼれ英雄譚!! (前編)】

 




上条「御坂、前だ!」

美琴「分かってる!!」


美琴の体から高圧電流が放出され、戦闘員たちをショートさせていく。
しかし、連中はいつものように簡単には倒れず、次々に仲間を集めていく。


美琴「しぶといわねぇ!!」


一気にトドメをさそうと駆け出す美琴。
が――横から現れた、『トリケラトプス』に吹き飛ばされる。


美琴「……っ!? 恐竜まで飼ってるわけ!!?」


体勢を立て直し、再び帯電する美琴。
対するトリケラトプスは、ギロリとこちらを見据え、いつでも飛びかかってきそうだ。

その隙に、負傷した戦闘員達が、他の戦闘員に連れて行かれる。


美琴「くそっ……逃がした!!」

上条「御坂、大丈夫か?」

美琴「へ、平気よこのぐらい!」

上条「そうか……なら、あの恐竜を!」

美琴「分かってるてば! アンタは引っ込んでて!!」


いまや、この学園都市は紛争地帯だ。
街中のいたる所で、ブラッククロスとの戦闘が行われている。

能力者はまだいいが……無能力者たちは……

ともかく、美琴に出来ることは目の前の敵を倒すことだけだ。
隣にいる上条当麻のためにも、いつも以上に活躍しなければ。




騒がしい市街地から少し離れた、人気のない公園。

そこで、初春飾利は血だまりに沈む親友の亡骸を抱きかかえていた。
白いセーラー服が血に染まることも、鼻をつく悪臭も気にならない。


初春「佐天さん……」


両手両脚が無い。
ひょっとしたら、腹の中身さえ無いかもしれない。

そんな、無残なアルカイザーの顔を、ずっと覗き込んでいた。
仮面の奥にうっすらと、眠るように目を閉じる佐天涙子の顔が見える。


初春「ごめんなさい……ごめんなさい……」


初春の口から、無意識に謝罪の言葉が漏れ出した。


初春「私が、風紀委員なのに……頼りないから……」

初春「だから……佐天さんはいつも無茶して……こんな……ことに……」


ごめんなさい。

ごめんなさい。

ごめんなさい。


無敵のヒーローは、もう立ち上がれない。
立ち上がる足が無い。


だから、初春は絶望に暮れる。


謝るしか、できない。




黒子「……そういうことでしたのね」


白井黒子が目を覚ますと、そこには怪人と戦う美琴の姿があった。

怪人を次々に蹴散らしていく美琴。
加勢しようと、黒子が鉄矢を構え走り出す。

だが――


『アル・ブラスタァアア!!!』


声が響くと同時に、光の弾丸が、美琴の体を撃ちぬいた。

重力に従い、ドサリと重い音を立て、地面に横たわる美琴。

初めは信じられなかったが、すぐに合点がいった。


黒子「佐天涙子……あなたは、ブラッククロスの人間でしたのね……」

アルカイザー「……」


騙されていた。

皆騙されていたのだ。

だから、お姉さまも簡単に背中を撃たれた。

だから、お姉さまをあれほど苦しめた。

だから、あの黒いロボットと親しげにしていた。

だから、アレだけの力を突然手に入れた。


黒子「ジャッジメントですの!!!」


憎きカタキの眼前に転移し、強烈な蹴りを叩き込んだ。

突然顔面を蹴られ、アルカイザーが後ろに吹っ飛ぶ。




何がどうなってるの……!?


黒子「ジャッジメントですの!!!」


人を襲う金色のロボットを、アル・ブラスターで撃破した。
電流をそこら中に垂れ流す、危険なロボットだった。

その途端、突然現れた白井黒子が、私の顔を蹴っ飛ばした。


アルカイザー「白井さん……?」

黒子「馴れ馴れしく呼ばないで頂きたいですわね……裏切り者!!」

アルカイザー「何を言って!?」

黒子「お姉さまのカタキ!!!」

アルカイザー「!!?」


テレポート――――!

目の前から忽然と姿を消し、再び別の空間から現れる。
その度一撃ずつ攻撃が加えられ、何をされたのかも分からない間に戦いが終わっている。

いや、打撃ならいい。
問題は、鉄矢による串刺し。

一瞬で、全身のあらゆる場所に鉄の棒が突き刺さる。


アルカイザー「……づっ!!!??」


頭や心臓を狙わないのは、流石に良心からか?

……なら、ここは――


アルカイザー『ブライトナックルッ!!!』

黒子「な……!!?」


打ち出された拳から、眩い閃光が走る――!!


アルカイザー「ハァ……ハァ……!」


ブライトナックルを地面に叩き込み、その閃光を目眩ましにして逃げ出した。
ビルの窓枠に足を掛け飛び上がり、上階へ駆け上っていく。


アルカイザー「白井さん……お姉さまのカタキって……?」


意味が分からない。さっきから、何もかもおかしい。
体に刺さった鉄の棒を引き抜きながら、考えを廻らせる。

白井黒子だけじゃない。
警備員も、一般人も、みんながまるで暴徒のように、敵も味方も無く街中で暴れている。
佐天自身も、学園都市で目を覚ましてから、もう何度も襲撃を受けている。
本物の怪人や戦闘員も混じってはいるが、それで起きた混乱にしては規模が大きすぎる。

と、いうことは――


アルカイザー「やっぱり……アレしかないよね?」


ビルの屋上に辿り着き、更に上空を見上げる。

そこに、まるで神のように地上を見下ろす、巨大な目玉が浮かんでいた。
直径何kmになるのか、途方も無く巨大な眼球。


そして……


その真下。
立ち並ぶビル群の中に、一際目立つ白い物体が存在していた。

高層ビルに勝るとも劣らない巨体。
明らかな人工物でありながら、どこか生物じみた雰囲気。
キノコ型の胴体と、三本の足。
長く伸びた腕の先端に、子供向け番組に登場するビーム銃みたいなものが付いている。
胴体の中心には一つ目。

ギョロリとした目が動き、佐天と視線を合わせた。


アルカイザー「……『真の首領』――!!!」


おそらく、あの巨大な目を見たせいで、皆は“ああ”なっているのだろう。
誰もアレの存在を気にかけていないのがその証拠だ。

そしてこれこそがきっと、『真の首領』の存在をブラッククロスの人間さえ知らなかった理由。
Drクラインや元首領だった男も、こうして操られていたのだ。

自分にそれが効かないのは、これもまたヒーローとしての能力だろうか?
それとも単純に、この仮面がサングラスのように目を保護しているのか?

ともかく、アレを何とかするのが専決だ。
高位の能力者同士が戦い出したりしたら、手に負えない。


アルカイザー「……っ!!?」


そこへ、何かが凄まじいスピードで飛来した。
直感的にソレを感じ取り、何とかギリギリで回避する。

だが、目の前を突き抜けたそれは、見覚えのあるものだった。
いままで何度と無く見てきた、ある少女の必殺技――


美琴「ちっ……外した!!」

アルカイザー「御坂さん!!?」


紫電を纏い、御坂美琴が駆け出す。
敵意。殺意。
まるで仇敵をみるような目で、こちらを睨みつけている。

何の予告も無く、死角から超電磁砲を撃ってきたことからも、それが本気だと分かる。


アルカイザー「御坂さん……あなたも!!?」

美琴「食らえやぁああああああああああ!!!」


高圧電流が放射状に放たれ、その度、ビルの屋上が崩壊していく……
瓦礫の紛れて逃げようとしたが、ぴったりと付いてくる……!

流石は第三位。
ただでは済みそうにない……




少女達の戦いが始まった頃。
別の場所で、別の物語が進行していた。

白い修道服を着たシスターを、髪が赤い長身の男が襲う。
それを、ツンツン頭の少年が阻止した。

少年、上条当麻はこの喧騒の中、何度か正気を失いかけつつも、未だ自分を見失っていない。

それもひとえに、右手に宿る『幻想殺し』のおかげである。
意識を奪われそうになるたび、右手で頭を抑えてそれを無効化する。

どうやら『幻想殺し』は、あの巨大な目玉の呪縛にさえ効果を発揮するようだ。


上条「……ってことは、やっぱりアレって能力か魔術だよなぁ……?」


シスターを安全な場所に避難させ、長身の男は気絶させた。
上条は一人、町を駆けまわっていた。

まともなアテなどない。
だが、ひょっとしたら――――


「僕を探しているのか?」

上条「お前――!」


蒼いローブの青年。
おそらくは魔術師である不審な青年に、上条は一縷の望みをかけ詰め寄る。


上条「これは、お前がやったのか?」

青年「違う……とも言い切れんか。原因は俺たちだが、僕が直接手を下したワケじゃあない」

上条「どういうことだよ?」

青年「連中が通ってきた『通路』が出来た原因は僕だ。だが、この騒ぎには関与していない」

上条「……つまり、お前はブラッククロスとは関係ないってことか?」

青年「俺は――あの『通路』を閉じる為に来た」


胡散臭い男だ。
だが、どこか信じてもいいように感じる。

それは、彼の“半身”の影響ではなく。
彼自身もまた、裏切られ、騙され、利用されて生きてきたからだ。
利用される“ために”生きてきたからこそ、他の者の不幸を許容できない。

実直な熱血漢である上条当麻と、論理的で現実主義な魔術師の青年。

間逆なようで、自身を犠牲にしてでも他を守ろうと決意した二人は、実は近しいのかもしれない。


上条「そうか、お前はこの事件を解決しに来たんだな……なら、協力できないか?」

青年「協力だと?」

上条「そうだ! 俺のこの右手・幻想殺し『イマジンブレイカー』で、皆を元に戻せるんだ!!」

青年「お前が幻想殺しか……なら、あの目玉をなんとかしろ」

上条「目玉――っと!? あぶねぇ……あれモロに見たらまた意識が飛ぶところだった……」

青年「あれがこの現象の核だ。あの目から出る力が、“不安”や“願望”を増幅させ、幻覚を見せている」


そう言って、青年は上条に背を向けて構えた。

視線の先。建物を壊しながら、体長3~4メートルはある、大きな”イカ”が現れる。
長い触手を持ち上げ、「キィイイイイ!!!」と金切り声を上げた。


上条「前から思ってたけど、あれって怪“人”ではないんじゃなイカ!!?」

青年「さっさと行け」

上条「けど――!!」

青年「お前はアレとは戦えん。武器は右手のソレだけだろう」


事実だ。

だが、この状況で、上条当麻に人を置いて行けというのは……


上条「駄目だ! 俺一人逃げるなんて――」

青年「誰が逃げろといった?」

上条「え……」

青年「“行け”と言ったんだ。お前はさっさとあの鬱陶しい目玉を何とかしろ」


そうこうしているうちに、イカの怪人が青年に襲い掛かる。
触手が鞭のように振り下ろされ、風斬り音が轟く。

鞭が青年を押し潰す直前――


『インプロージョン』


空中に透明な壁が現れ、球形に触手を囲みこむと爆発を起こした。
紫の体液をばら撒き、イカは狼狽して後退りする。


青年「ここに居られると邪魔だ」

上条「そ、そうみたいだな……」


上条は納得し、青年に背を向けて走りだす。
出来るだけ早く、この異変を止めるために。

自分にしか出来ないことをするために。

と――


上条「あ、そうだ! あのさー?」

青年「何だ……早く行け……」

上条「お前、名前なんていうんだー?」


青年は少し考えて、仕方なく、昔使っていた“一つの名前”を教えた。
彼のトレードマークである、蒼いローブが示す、とある魔術師の名を。




アルカイザーは、迫り来る雷撃を避けて避けて、逃げ続けた。

反撃は出来ない。
相手は御坂美琴なのだ。
ただ、正気を失っただけの……


アルカイザー「御坂さん! 私です佐天涙子です!!」

美琴「……大丈夫」

アルカイザー「御坂さん……?」

美琴「大丈夫よ……私は平気……アンタこそ、大丈夫なの……?」


さっきから、彼女は度々、見えない誰かに話しかけている。
ニヤニヤと表情を緩ませて、頬を赤らめながら、お互いを気遣いあう言葉を一方的に呟く。

――――正直言って、不気味だ。

今すぐ、ここから逃げ出したい。
だが、悪いことは続くものだ。


「お姉さま!!」


白井黒子が追いついてきた。

どうやら、彼女は美琴のことは認識出来ているらしい。
だが、その会話は――


黒子「お姉さま! よくぞご無事で!!」

美琴「そうね……早く倒しちゃいましょう……!」

黒子「黒子は心配しましたの! さぁ、あの不届き者を成敗しましょう!!」

美琴「誰がビリビリよ……! 次言ったら許さないわよ……!」


……不気味さが増した。


いや――そんな冗談を言っている余裕はない……!


黒子「参りますのっ!!!」

美琴「行けぁあああああああ!!!」


黒子の登場によって、ただでさえ困難だった状況が厄介さを増す。

放射状に放たれ、広範囲をカバーする電撃。
逆に、的確に急所を狙い撃ってくる空間移動。

足元を狙った雷の槍を飛び越えて避けると、着地地点にピンポイントで鉄矢が打ち込まれた。


アルカイザー「~~っ!?」


足が地面に縫い付けられた。
鋭い痛み。
だが、ここに留まる訳にも行かない。

力ずくで足を引き剥がして、無理な姿勢のまま、また駆け出す。

鉄矢を抜く余裕はないので、足の甲を貫いたままになっている。
一歩走るごとに激痛が走る。


アルカイザー「うわっ!?」


無理が祟ったのか、足が滑った。

いや――足が引っ張られている。

横着が過ぎた。
例え、多少の危険があっても、足の鉄矢をそのままにするべきじゃなかった。


美琴「捕まえた……」


電撃にばかり目を奪われ、美琴が磁力を操れることを、完全に失念していた。



アルカイザー「がぁあああああああああああ!!!??」


足を貫通している鉄の棒が、グニャリと捻じ曲がり、釣り針状になった。
それが再び足の甲に突き刺さり、そのまま、まさに釣りの要領で引きづられる。


美琴「もう逃がさない……ふん、褒められても嬉しくないわよ……!」

黒子「さっすがお姉さま! 見事なお手際ですの!!」

美琴「本当に反則よね……あんただけは……もう……」


まずいまずいまずい!!
このままじゃ、鉄の棒で針ネズミか、それとも黒焦げになるかの二択だ――!!

指をアスファルトにひっかけ、何とか抵抗を試みる。
だが、いくら踏ん張っても磁力は無限に強くなる。

彼女は正気を失っているだけで、正真正銘、レベル5の第三位、御坂美琴なのだ。
アルカイザーになったところで、その全力の電力に対抗できるとは思えない。

抵抗すれば抵抗するだけ、足の甲に食い込んだ釣り針が深く刺さっていく……!


美琴「そうね……そろそろ終わりにしましょう……」

黒子「私がトドメを!」

美琴「ええ……私がやるわ……!」


会話にならない会話。


嫌だ……

こんな彼女たちを最後に見て死ぬなんて嫌だ……

こんな彼女たちに殺されるなんて絶対に嫌だ……



誰か――――!!



上条「さぁ。やっちゃおうぜ御坂」

美琴「そうね。終わりにしましょう!」


追いかけっこはここまで。
しぶとく逃げ回ったけど、これでこの赤い怪人もおしまいだ。

所詮、私たちに敵うはずが無いのよ。

私のとなりには、コイツがいるんだから……


上条「御坂。まかせたぜ」

美琴「ええ。私がやるわ」


アイツに期待されてる。
アイツに頼られてる。

嬉しい……
断然。体に力が湧いて来る。


私は、右手に全身の電流を集中させる。
この距離なら、簡単に電撃で焼き尽くせる。


美琴「これで終わりよ……バイバイ!!」


数万ボルトの電撃の槍が撃ちだされる。
それは、轟音を上げて目標へと真っ直ぐに伸び――


美琴「……何よ……コイツ!!?」


突然現れた、紫色の龍に邪魔された。


怪人を守るように立ちはだかる紫の龍。
赤い髪をツンツンと逆立たせ、こちらを威嚇している。


上条「御坂……」

美琴「わ、分かってるわ!!」


邪魔しないで……!

もう一度、今度はさっきよりも威力を増した電撃を放つ。

が、またも、龍には通用しない。


黒子「お姉さまの邪魔をするなぁ!!!」


となりに居た黒子が飛び出す。

……あれ? 居たっけ?

けれど、龍の鋭い爪が彼女を切り裂き、黒子は真っ二つになって消えた。


美琴「黒子……?」

上条「美琴……あいつを……倒すんだ……」

美琴「分かってる……うん。分かってるから」


そうだ。倒さなきゃ。

コイツがそう言ってるんだから。

ほら、あの公園での礼を返さなきゃ。

それだけ。

うん。それだけだ。

今の私には――それだけでいい。



上条「あっぶねぇ……ビリビリの奴! 本気で撃ってやがるな!?」

アルカイザー「あなたは……?」


突然現れたツンツン頭の少年に困惑する佐天。

美琴の電撃をいとも簡単に打ち消し、飛び掛ってきた黒子を、右手で触れただけで止めてみせた。


黒子「うぅ……ここは……?」

アルカイザー「白井さん!!」

黒子「……佐天さん……? 私は、一体……」


黒子は正気に戻っている。
何が起こっているのか。
あの少年は何なのか。

美琴から放たれた電撃を、さっきからもう、右手一本で二度も三度も防いでいる。


黒子「あなたは……確かお姉さまのお知り合いの……ってお姉さまは何を!!?」

上条「気が付いたか!? 気をつけろ! 絶対に空を見上げるなよ!!」

アルカイザー「あなたは正気なんですね!?」

上条「ああ! 俺の右手は、能力だろうが魔術だろうが掻き消しちまうんでな!!」


能力を掻き消す右手!?

良くは分からない……けど、なら――


アルカイザー「お願いがあります! あの空の目を!!」

上条「分かってる! けど、まずは御坂を何とかしないと……!」

黒子「何だか分かりませんが……逼迫してるみたいですわね……」


上条「とにかく……まずは近づかねぇと!!」


上条が美琴の頭に触れるため、一歩にじり寄る。
すると――

上条「うお!!?」

地面が捲れ上がり、中の水道管が突き出してきた。


美琴「電気が効かないなら……他の方法で……」


今度は、崩れ落ちたビルの瓦礫から、鉄骨が吸い寄せられて飛んでくる。


上条「あぶねぇぇぇ!!?」


上条が走ってかわすたび、地面に鉄骨が突き刺さっていく。
鉄骨を一通り消費すると、今度は電柱や交通標識が地面から引き抜かれて空中を翔る。

辺りの迷惑も法律も顧みない。
いつもの美琴なら、可能でも、街のど真ん中で、ただの人間相手には使用しないような戦法。

正気を失っている今だからこそ、こんな無茶が出来る。


美琴「待っててね……今……やっつけちゃうんだから……!」

上条「あいつめ! 無茶苦茶しやがって!!」


あの飛来する鉄の塊を、幻想殺しで何とか出来るか?

磁力を消せば、動き自体は止まるかもしれない。
だが、下手すれば下敷き……何にせよ、無事では済むまい。


アルカイザー「それじゃあ駄目ですね」

上条「お前……!?」


彼には、これから無茶をしてもらうんだから。
せめて……無事に送り届けないと。


足の鉄矢を引き抜いて、しっかりと立ち上がる。
このぐらいの傷なら、一分も経たずに回復する。


美琴「一対一でやろうってワケ?」

アルカイザー「倒すわけじゃなくて、あくまでも足止めだっていうなら……!」


少年が黒子のテレポートで移動できないというので、走って移動することになった。
その間、この電撃姫が他で暴れないように、アルカイザーが引き付けておく。

改めて二人が向かい合い、まるであの地下基地での戦いを再現するように、アルカイザーが駆け出した。


美琴「そんな直線に突っ走って……!!」


さっきまで瓦礫を操っていた美琴が、また電撃による攻撃に切り替えた。
青い電流が、地面を這って迸る。


アルカイザー『ブライトナックル!!!』


光を纏った拳が、その電撃を真っ向から打ち砕く。

そのまま、勢いを殺さずに飛び掛り、美琴を組み伏せようとする。


美琴「触るなぁ!!!」


飛び上がったところを、真横から鉄骨が激突して吹き飛ばした。

アルカイザーはゴロゴロと地面を転がって、そのまま瓦礫の山に突っ込む。


アルカイザー「ゲホッ! ゲホッ! ひっどいなぁ……」


土ぼこりの中、あっけらかんと立ち上がる。

……怪我は、“もう”治っている。
力の出し惜しみは無しだ。



黒子「……ショックですの」


上条と黒子は、移動しながら情報を交換していた。
上条から、幻覚の正体が“不安”や“願望”であることを聞かされ、黒子は考え込む。

さっき見ていた幻覚を、徐々に思い出してきたのだ。


黒子「私は、佐天さんに嫉妬していたのでしょうか……」

上条「増幅されるって言ってたぜ? 本当の気持ちじゃないさ」

黒子「ですが、元が0なら、増幅も何もありませんの。きっと、どこかにあった気持ちですわ」


不覚。
短く呟いて、それで気持ちを切り替えた。

構えなおし、行く手を阻む戦闘員に鉄矢を打ち込んでいく。


黒子「失態は、この任務の遂行を持って返上しますの!!」


黒子の任務は上条を目玉まで送り届けること。
反省は後で十分。
始末書ぐらい何枚でも書ける。


黒子「しかし、問題は空を飛ぶ方法ですの」

上条「俺はテレポートできないからな……」


飛行機?
そんなものは飛ばせないし、そもそも無い。

あのキグナスがあれば良かったが、ブラッククロス基地で大破した。


上条「白井!!」

黒子「はっ!!?」


黒子が思案に耽っていると、突然、上条に突き飛ばされた。


空を見ないように走っていた所為で、接近に気付かなかった。
何かが、上空から滑空してきていた。

突然のことに受身を取れず、黒子は尻餅をついている。


黒子「痛た……」

上条「す、すまん……」

黒子「構いませんの……それより!」

上条「……あれ? コイツはたしか……」

黒子「……ラッキーですの」


二人は、襲い掛かってきた影を見上げる。

クリーム色の体毛。青と赤の混ざった不思議な色の羽。
長い首、トカゲの尻尾、細い目。

コットンだ。

混乱して襲い掛かってきたのかと思いきや、どうやら――

上条「ちょっ!? おま! 舐め……上条さんはおいしくありませんよー!!?」

……まごうことなきコットンだ。


ともかく――


黒子「さあ、参りましょう!!」

上条「ひとっ飛び頼むぜコットン!!」

コットン「キュー!!」


これで、あの神気取りの目玉に“手が届く”。

正気を取り戻したコットンが翼を広げた。
背に二人を乗せて、天に飛び立つ。



アルカイザー「……くそ……流石に御坂さんだなぁ……」


足止めを引き受けていた佐天だったが、その場に踏みとどまることが出来ず逃げ回っていた。

電撃だけならまだしも、無法地帯と化している今の学園都市は、美琴にとって武器の山だ。


美琴「次はこれぇ……!」


公園の遊具を引っこ抜き、アルカイザー目掛けて投げつける。

アルカイザーはその場にしゃがみ込み、その頭上を滑り台が飛んでいった。
滑り台はそのまま生垣に突っ込み、街路樹をへし折る。

美琴が戦った跡は、戦車が通ったように無残だ。

これが、レベル5という存在。
その本気の破壊活動。


美琴「そーだ……いいことおもいつーいた……」


すっかり正体を無くした美琴は、フラフラと、公園に設置された時計台へと向かう。
噴水の真ん中に備え付けられた、五メートルほどの高さをもつ鉄の柱。
それを、さっきまでと同じように磁力で引っこ抜く。

もちろん、さっきまでの様にただ飛ばすのではない。
彼女が撃ち出せる“弾丸”は、何もコインだけではないということだ。


アルカイザー「さすがに……それはまずいってぇ!!?」


慌てて逃げ出す。できるだけ遠くへ。

だが、生垣を飛び越えた途端、ソレが目に入り足が止まった。


アルカイザー「――――初春!!?」


地べたにしゃがみ込んで、泥水の中で泣き崩れる、初春飾利だ。


美琴「にがさない……わよ?」


美琴が追ってきた。
どうやら、初春の存在を認識できていない。

初春は初春で周りの状況が見えていない。
後生大事に、手足のない人形を抱き寄せている。


アルカイザー「……っ!!!」


失敗した。
直線に並んでしまった。

宙に浮いた鉄柱を、美琴の拳が叩く。


コインとは比べ物にならない破壊力。


かわせない。

かわさない。



受け止める……!!!



アルカイザー「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」



両手を広げて、足を踏ん張り、全身全霊で超電磁砲に立ち向かった――――


上条「もうちょっとだ! もうちょっと!!」

黒子「邪魔はさせませんの!!」

コットン「キュゥゥゥゥウウウウ!!」


黒子とコットンは目を閉じたままだ。
コットンは、ただひたすら全速力でまっすぐに飛んでいく。
黒子は音と上条の声を頼りに、進行方向の敵を撃ち落としていく。

雲をつきぬけ、学園都市の町並みは遥か後方。

もうここまでくれば、怪人の攻撃も無いだろう。


上条「白井! 両手でしがみつけ!!」

黒子「何をする気ですの!?」

上条「こっから先は、垂直に真上に飛ぶんだ! もう時間がないかもしれない!!」

コットン「キュ、キューーー!!!」


コットンの体が持ち上がり、時間短縮のため、最短距離で飛ぶ。
二人は振り落とされないように両手で必死にしがみついた。

宇宙に向かうロケットのように、真っ直ぐ天頂へと白い影が疾る。


上条「もうちょっと……もうちょっとだぁぁ!!!」


もう、まさに眼前。

そこへ――


上条「嘘だろぉ!? 今度は宇宙人の襲来ですかぁぁ!!?」


古いSF映画に登場するような銀色の円盤が現れた。
円盤の底が開き、中から無数の『ミサイル』が発射され、上条たちに迫る。

黒子は両手でしがみついている。
鉄矢での迎撃が出来ない――!!



『アル・ブラスタァアアアアアアアアアアア!!!!!』



地上から放たれた光の弾が、上条たちに迫るミサイルを撃ち抜いた。
一発残らず、目標に届く前に空中で爆散した。


アルカール「また出遅れてしまったようだが……今度は間に合った!!」


爆風を掻き分け、コットンは速度を落とさず突き抜けていく。
上条はコットンの首をよじ登り、その鼻先を蹴っ飛ばして飛び上がった――


上条「人の心を弄びやがって……こんなもんが、あいつらの本心だって言うのなら――」



まずは――その幻想をぶち殺す――――!!!!!



上条の右手が、巨大な瞳に触れる。

その途端、一瞬にして眼球は掻き消え、光が降り注いだ。

重力に従って、上条の体が落下する。
コットンが彼の体を空中でキャッチし、そのまま降下を始めた。


上条「や、やった……やったぞーーー!!!」

黒子「ええ……やりましたわね……“よくも”」

上条「うわぁ!? ご、誤解です! 上条さんは紳士で――」


上条の顔が、コットンにうつ伏せでしがみついていた黒子の「おしり」に埋まっていた。


上条「不幸だぁぁあああああああああああ!!!!??」




美琴「は――――?」


上条が上空で使命を果たしたことで、美琴も正気に戻る。

しかし――もう超電磁砲は放たれていた。
一度放たれれば、もう止めることはできない。


美琴「佐天さん……佐天さん!!!」


本気の超電磁砲を受け止め、アルカイザーは地面を削り取りながら、後ろへ押されていく。
そのまま吹き飛ばされそうになる。
だが、そんなわけにはいかない。
耐える。

背後には、初春が居る。

もう体中ボロボロだ。
鎧は焼け焦げているし、マントも消し飛んだ。
きっと腕の骨も折れている。
足の筋肉が引きつる。

仮面にヒビが入った――


初春「――――佐天さん!!!!!!」


アルカイザー「わあぁああああああああああああああ!!!!!!」


アルカイザーの体が激しく光る。

心臓がこれまでに無いほど早く鼓動し、エネルギーを搾り出す。
そして、それを全部攻撃力に変えて、叩き込む。

何度も言う。

もう、『出し惜しみ』はない。




超電磁砲が掻き消え、アルカイザーは地面に倒れた。


美琴「佐天さん! 私……私……!!」

アルカイザー「分かってます……正気に戻って良かった……」


彼女は、ゆっくりと体を持ち上げる。

後ろから、泥だらけの初春も駆けつけた。


初春「良かった……生きて……たんですね……」

アルカイザー「死なないよ」


まだ死ねない。


アルカイザー「あの人……ちゃんとやってくれたんだ」


空を見上げる。

そこにあったのは、いつもどおりの蒼い空。
もう、不気味で威圧的な目玉は無い。

街のみんなも正気に戻っているだろう。


アルカイザーは立ち上がる。

これまでと同じように、傷ついた体で立ち上がる。


超電磁砲の衝撃で半分に割れた仮面から、佐天涙子の素顔が覗いていた。

長い黒髪を風に揺らし、最後の敵に向き直る。
幼さの残る少女の顔は、いまや『覚悟』を決めた戦士の表情だった。


その視線の先で、白い異形の巨体が、咆哮を上げた――――



…………

常盤台中学学生寮。

その一室に、優雅に佇む少女がいた。


さっきまで夢うつつだった彼女は、そのアンニュイな外見とは裏腹に、複雑な心境にあった。


「私に入ってくるなんて、身の程知らずが居たものね……」


心に触れられた。
それが腹立たしかったので、逆に触れ返してやった。

そうすると、頭の中に膨大な情報が入ってきた。

いや、一夜の夢のように、一瞬で通り過ぎていっただけだったのだが……


「私にこんなことを伝えて、どういうつもりだったのかしら……」


助けてくれとでも、言うつもり?

冗談。

私が、この常盤台で何と呼ばれているのか知らないのか?


……知らないのだろうな。


「やれやれね……」


一人で呟いて、少女、レベル5の第五位『心理掌握』はソファーから立ち上がった。



To be continued…


 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。