雲川芹亜編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

「…う~ん…」

「あら…目が覚めたのね、まだ頭が起きてないみたいだけど」

「え……あの~……雲川先輩?」

「何かしら?」

「……何で…俺縛られてるんですか…」

「?」

「いやいや、そこで何言ってるの?みたいな顔されても困るのは俺なんですが」

「言わないと分からない?…しょうがないわね…特別に教えてあげるけど」

(…
この状況、言わなきゃ普通分からんだろ…)
「前から私はお前の幻想殺しに興味があった…ここまではいいわね?」

「はい」

「そして、私はお前のチン○にも興味をもった…分かるわね?」

「はい―――えっ?」

「だから、お前のチン○にも興味が出て犯したくなったの…まあ、これからする事にはお前の拒否権なんてものはないけど」

「…え~~っと…話しが飛び過ぎてお馬鹿な上条さんには理解出来ないんですが…」

「いちいち五月蝿いわね…お前は黙ってチン○を硬くしてればいいのよ…」

(…
何この流れ……先輩ってこんなキャラだっけ?)
「というわけで…早速始めさせてもらうけど…」ジ~

「ちょっ!止めて下さい!何勝手にズボンのチャック開けてんですか!」

ポロン

「あら…随分と立派なモノもってるじゃない……パクッ」

「うっ」ビクッ

チュバ…チュパ…ジュルッ…ペチャ…

「う、うぅ…や、止め…」ムクムクッ

「ふん…」ジュポジュポ
「んっ…ペロッ…ちゅぱちゅぱっ…」

「はあ…はあ…」

「んくっ…ぷはっ……こんなに大きく…硬くしておいて…」シコシコ

「…うぅっ…」

「止めなさいですって?……さっき言ったでしょ?お前には拒否権はないって…悪いけど」シコシコ

「…うっ……あ…」

「…上条当麻…お前を…味わせてもらうわ…パクッ」

「ん……おっ…」
「んくっ…はぁっ…んちゅ…んっんっ…」

先輩は俺の愚息を根元までくわえ、首を上下に動かして愚息を愛撫する…体を縛られ身動きがとれず俺は先輩に責められたまま…息を荒げて快感に酔いしれる

「はぁ…はぁ…」

「チュパッ……うふふ…苦しそうな顔…可愛いわね…私もっとお前を苛めたくなっちゃうんだけど…」シコシコ

「はぁ…はぁ…はぁ」

「…じゃあ…こんなのはどうかしら…」

先輩は先程と同様に愚息をくわえ、そして……俺の玉を優しく揉んできた

「あっ…うぁっ…」

あまりの気持ちよさに、俺は女の子のような声を上げてしまう…
「んくっ…んくっ…はむっ…ちゅぱっ…」

先輩はカリや裏筋などを舌を蠢かせ、俺の愚息を愛おしそうに可愛がる

(…
くっ…上手い…)

あまりの絶技に愚息はビクビクと脈打ちあっさりと限界を迎えようとする…情けないことに…

(
うぅ……っあ…イク!)

そして、愚息は射精しようとして―――

「うふふ…だ・め♪…まだイカせてあげない」キュッ

先輩はくわえるのをやめ、愚息の根元を手で抑えて射精を阻止する
それでも愚息はなんとか射精しようと頑張るが…その努力も虚しく先輩に尿道を抑えられ愚息はただビクンビクンと脈打つのみだった…

「うぅっ…はあ…はあ…」

お預けを食らった俺は、苦悶の声を上げ、先輩を見る

「ふふっ…お前だけ気持ち良くなるなんでズルいぞ…私も気持ち良くしてくれなきゃ…困るんだけど…」スッ

そう俺に言い放つと、目の前に立ち上がり先輩は自分のスカートを両手で捲り上げた…
驚いた事に先輩の秘部を覆い隠す布はなく、先輩はノーパンだった……綺麗なピンク色の女性器が俺の眼前で淫靡にてらてらと濡れていた…
「…お前のせいで私のはこんなになってるんだけど…責任とりなさいよ…」

「責任って…何すれば良いんですか?」

「決まってるじゃない…お前の口で…して欲しいんだけど」

先輩は言うと同時に秘部を俺の顔に近付ける…射精を我慢させられ、半ば理性が欠けてる俺は先程の言葉に従うように、先輩の卑猥な部分に口をつける

クチュ‥クチュ‥ペロペロッ

俺は犬のように先輩の秘部を舐め、彼女の女性器をしゃぶる

「んっ…あんっ…んっ…ふふっ…上手よ…良い子ね…」
先輩は右足の靴を脱ぎ、くつしたを履いたままで俺の愚息を優しくリズミカルに踏む…踏まれ揉みをされてる愚息は更に硬度を上げ、ビクビクと悦んでしまう

「はぁはぁ…あら…踏まれて悦ぶなんて…んっ…とんだ変態ね……んうっ!」

少しカチンときたので、雲川先輩のクリを舌先を尖らせてくりくりと強めにつっつくように舐める

「んうっ…ふふっ…気に障った…あんっ…かしら…」

先輩は舌なめずりして、俺に妖艶な笑みを浮かべて囁く
「…はぁっ…はぁっ…んっ…んんっ…」

俺は舌を使い執拗に先輩のクリを何度も何度も責める。クリを刺激されるたびに先輩は体を震わせ、甘い吐息を口からはく

「はぁはぁ…」スッ

先輩は離れると、秘部を俺に見せつけるようにして自分の指で慰め始めた

くちゅくちゅ…

「はぁはぁ…んっ…お前が…舐めたせいで…こんなに…疼くんっ…だけど…はぁはぁ」
先輩は、はぁはぁと切ない嬌声をもらして体の疼きを吐露し、自分を慰めながら俺に語る

「んっ…我慢…できない…はぁはぁ…」スッ

先輩はスカートを外し、俺に跨って、マン○をチン○にあてがい…

「はぁはぁ…覚悟…しなさいよ…」ピトッ

「えっ、ちょっ待っ――」

そして、先輩は俺がを言いかけてる間に――

ズプスプッ

腰を落として膣内に愚息を迎える

「んんぅっ!」

縛られてる俺は何もできないまま、愚息を先輩のおまん○に深くくわえられて、ビクビクと脈打つ歓喜する

「あっ…はぁんっ…凄く…硬いんだ…けど」

先輩は愚息を奥まで迎えると、目をトロンとさせて淫靡な笑みを浮かべる

「うふふ…可愛がってあげるわ…上条当麻…」

先輩は俺の腹に両手をおき、腰を動かし始めた
ぐちゅっぐちゅぐちゅっぐちゅ

先輩は腰を動かし、愚息をぐりぐりと膣内でかき回させ、快感を貪ってた

「はぁんっ!いいわ!お前の…硬くて…気持ちいい!」グチュッグチュ!

「ぅ…おっ…!」

こちらも愚息を根元から締め付けられ、更に縦横無尽に刺激されて快感の度がハンパない…気を抜いたらすぐに、イカされてしまう…

責められっぱなしも、男として情けないので、唯一動かせられる腰を使い、俺は先輩を下から突き上げた

ズプッ!

「あぁんっ!…んんっ…奥まで…突かれて…気持ちいいっ…!」

先輩は一瞬腰をビクッとして動きを止めてしまい、突然の快楽に夢中になる

「先輩ばかりズルいですよ…」

そして、俺は腰を何度も何度も下から突き上げ、先輩を責め始めた

ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!

「あっ…あっ…あっ…んくっ…!」

先輩は俺の愚息で奥まで突き上げられると、顔を上気させ嬌声を上げてしまう…だが…

「んっ…んっ…生意気なん…だけど…」

俺の突き上げに対抗するように先輩は逆に、俺が突き上げる瞬間に腰を落としてきた…

パンッ!

「あぁんっ!」
「くっ!」

それから、俺等はまるでカスタネットのようにお互い繋がった部分を衝突させ、突然の快感の増大に二人とも声をもらす
しばらく俺達はどちら共一歩も引かずに、お互いを責め合ってた…

パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!

「んっんっ~…いいっ…気持ちいい!」

「ぐ~~~……」パンッ!バンッ!

「はぁはぁはぁはぁ!」

「くっ……う…うぅ~~」

だが、全てに始まりがあるように終わりもやがてはくるものだ……

俺は最後のトドメと言わんばかりに先輩の奥に愚息を突き上げ……そして―――

「はぁはぁはぁはぁ!―――んあぁぁぁぁっ!」ビクビクッ!

「~~~~っ!」

ドクッ!ドクッ!――――ドクンッ!

俺達は同時にイキ、俺のスペルマは先輩の膣に向かって放たれた……
「はぁ…はぁ…はぁ」

先輩は俺のスペルマを体内で受け止め、腰を二度、三度震わせる。そして、繋がったまま俺に寄り添うように倒れてくる

「はぁ…はぁ……まさか…ここまで…良かったなんて…思わなかったんだ…けど…」

そして、俺の顔を見上げて…キスをしてきた…

「…ありがたく思いなさいよ…お前は…私を満足させたんだから…ふふっ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ゲス条さん今回はなんか消化不良wwwwwwwwだって、全然責められなかったんだもんwwwwwwwwww
やっぱゲス条さんは責めて、苛めて、襲って、辱めをして…が、なんぼでしょ?wwwwwwwwwwww
まあ、たまにはいいかwwwwwwwwww

さて…

次は誰にしようかなww

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。