上条「イヤだ!!上条さんは女装なんてしません!!」③


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~昼休み 常盤平屋上~

御坂「はァァァああああああああああああ!?」

御坂(っていけないいけない、大声出しすぎよ私!!)

御坂「……でも一方通行と第二位がなんであの平均以下の学校に転校してるわけ……?」

御坂「しかも性転換やら女装やらもするしまつ……どうなってんのよこの学校……」

 

 

*今私はとある学校の監視カメラの記録を見てるけど、つっこまないでね☆
by美琴

 

 


御坂(……でもアイツが女装に目覚めてるのは間違いないみたい。言葉遣いとかも女装すると変わるし)

御坂「……統括理事会はこれをどうやって新たなる人格に導こうとしてるの……?」

オネエサマー!! ドコデスノー!!

御坂「ヤバッ!?即退避!!」タッ!!

 

 

~昼休み とある高校教室~

青髪「いや~美女が増えると華やかになるもんやね!!」

土御門「ロリがいないのが残念だったぜい。でもロリコンならいたけどにゃー」

帝子「ああ、百合子でしょ?」

一方通行「百合子ヤメロ、コロスゾ」

帝子「この人怒らせない方がいいよ、本格的に殺るから」

土御門「でも帝子ちゃんは生きてるけどにゃー」

帝子「うん、なんか脳ミソだけは奇跡的に助かってね、それ以外は全部学園都市の技術で作られたの。
ちなみに胸のサイズはF!!ほれほれ」ボインボイン

青髪「Fだと!?Dかと思ったのはハズレたけどかなりでかいやん!!」

上条「学園都市スゲェな。……って言うか一方通行、事情があるかも知れねえけどそう言うのやめようぜ」

一方通行「……ついキレて殺りました。今では反省しています」

上条「うん、よろしい」

土御門・帝子((一方通行が謝るなんて、今日は槍の雨でも降るかな?))ヤリノアメタイサクドウシヨウ?

青髪「それにしても、カミやんとつっちーはどこで学園都市最強にあったん?」

土御門「バイトの同僚」
上条「殺りあった仲です」

青髪「……その回答の返事困るわぁ」

一方通行「ったく、イヤな事思い出させやがって。ハイハイそうですゥ、学園都市最強の一方通行は、学園都市最弱のレベル0の上条当麻に負けましたァ」

上条「……いや、別にそこまでいじけなくてもいいだろ?」

一同「「「「「…………」」」」」

上条「そしてお前らなんだ。その目はなんだ」

一同(((((今度から上条にはケンカを売らない様にしよう。あっ、上嬢さんは別よ?)))))

一方通行「だいたいよォ。最初に殺りあった時より、最強の『黒翼』の二回目の方が簡単にあしらわれるとか何だよ。意味分かンねェ」

一同(((((『黒翼』って何だよ!?怖ェよ!!)))))

上条「はいはい!!この話はもう終わり!!」

青髪「あれ?ほなアクセラはんはカミやんの右手で殴られたわけやな?」

一方通行「アクセラヤメロ……そォですゥ、オレはそこのヒーローさんの右手に殴られましたァ」

上条「だから何をすねてるんだよ?」

青髪「……学園都市伝説にはこう言う噂もあるんよ」

帝子「どんな噂なの?」

青髪「……『旗男に魂をこめて殴られた男は、女に旗を立てることができる』と!!」

土御門「たってるぜいたってるぜい。幼女にフラグがヒシヒシたってるぜい!!」

青髪「なにぃ!?と言うことは学園都市伝説は本当になんやね!!」

上条「旗男って何だよ!?俺にはダフラクしか立ちません!!」

男一同「「「「「上嬢さんになって殴ってください!!!!!!」」」」」
女一同「「「「……初めてだから……やさしくしてね?」」」」

上条「テメェラ何を期待してるんだよ!?変にイヤらしいからやめなさい!!!!」

 

 

 


一方通行「うわァ、本当に変態ばっかだなオイ」

帝子「モテないからって殴られて旗をたてたくないね」

一方通行「どォいしまァす」

帝子「いやいや、お前が同意しても説得力がないだろ」



一同「「「「「よろしくお願いしまァァァああああああああああああああああああああああああす!!!!!!!!」」」」」

上条「……お前らいい加減にしろお!!」ウギャア!!

女一同「「「「「あ、ああん……」」」」」ゾクゾク

男一同「「「「「お願いだから上嬢さんになって罵倒して下さい!!!!」」」」」ドゲサ

上条「お前ら本当に救いようのない変態だな!!」

上条「……面倒くさ」ヘンシン!!

上嬢「誰から殴られたい?」

一同「「「「「はいはいはいはいはいはいはいはいはいはいはいはいはいはいはいはいはい!!!!!!」」」」」



一方通行「あン?そういやそいつに殴られても旗ナンてたたないン地合いじゃねェか?」

帝子「どういう意味?」ハテ?

一方通行「だってよォ、『旗男』に殴られれば、だろォ?アイツは『旗男の娘』だろォが」

帝子「なるほど。でも今のアイツラにはそれでもいいんじゃね?」

一方通行「……だなァ」



上嬢「オリャ!!」

男子A「あふん♪」アーレー

上嬢「……ほんとのほんとに気持ちワル」

 

 

 

 

 

~放課後 とある高校の屋上~

土御門「シャナちゃーん」

シャナ「シャナはヤメロと言ったはずだ。炭にでもなる?」

土御門「にゃー!?それだけはお許しをー!!」

シャナ「それで?」

土御門「それで?ってなんぜよ?」

シャナ「上条当麻とメロンパンとタバコは?」

土御門「はいはい、メロンパンとタバコ」ホレ

シャナ「ありがとう。で上条当麻はどこにいる?」

土御門「現在進行形で男どもを殴ってるにゃー」

シャナ「アイツは何をしてるんだ」メロンパン ムシャムシャ

上嬢「だー!!土御門ぉ!!」ガラガラ!!

土御門「おっ、思ったより早いにゃー」

上嬢「うう……ハァ…ハァ……ハァ………ハァ……ハァ…………」ヨロヨロ…

土御門「……え?ナンチュウエロイ吐息をしちゃってるの?」ナゼニ?

上嬢「……土御門ぉ、疲れた……」ヨロヨロ

土御門「え?何でこっちに来るの?」

上嬢「もぉ、ダメぇ……」ギュ

土御門「うォォォおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!???
カミやんだいたーん!!!!!!俺の胸に飛び込んでくるなんて!!!!!!!!!!!!」

上嬢「ふふふふふ……残るはお前のみ……」

土御門「え?」ナニガ?

上嬢「殴 ら れ た い ん だ ろ」ニコ

土御門「違う!!俺はそんな事言ってn

上嬢「日頃の恨みー!!」オリャァー!!

土御門「にゃがッ!!」ズコン!!

 

 

シャナ(……うわぁ、あのアッパーは痛そうだ)

土御門「」チガダラー

上嬢「……日頃の恨みだ。まだ利子があるから今度覚えてろよ」

シャナ(まだなぐるのか)

上嬢「そちらの方はどちら様でしょうか?」クルッ ニコ

シャナ(上条当麻、とうとう女を磨くことにしたのか)

シャナ「上条当麻、右手を差し出せ」

上嬢「えぇ!?上条さんってうちのクラスの人ですよね?何だかそのセリフ怖いですよ?」

シャナ「…………………いやいや、バレてるから」

上条「……魔術師か?」ヘンシン!!

シャナ(スカートでシリアス顔になられても……あっ、いつの間にか男用の制服に!?)

シャナ「まあそうだが、私に右手で触れて欲しいだけだ」

上条「……イヤイヤ、魔物を封じ込めた霊装かもしれないし」

シャナ「土御門と一緒にいた時点でネセサリウスの人間だとわかるだろう」

上条「……よし、俺が触れればいいだけだな?」

シャナ「そうだ」コクリ

上条「それじゃあ行くぜ……ってうぎゃあ!!」ドテーン!!

シャナ「なぜ何も無いところでこける!?そして巻き込むなー!!」

ムニィ

シャナ「な、なななな、ななななななななななななななーッ!?////////」

上条「まことに申し訳ごさいませんでした!!」ドゲサ

シャナ(こうやってコイツは女性にフラグを立てるのか!?身を持ってしったよ!!)シンゾウ バクバク

シャナ「イイイ、いややいやいやいいややや!?ぶぇつぬぃ!?へいくぃだけどぉ!?」

上条「いやいや、落ち着け落ち着け」アタマヲ ポンポン

シャナ「ええい!!子供扱いをするな!!」

上条「いやいや、十分子供だろ?それに触れておいて一石二鳥だろ?」

シャナ(……………………………………………………あれ?)

シャナ「戻る気配無しィィィいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!???」

上条「いきなりなんだよッ!?」ビクッ!

 

 

 

~上条宅~

シャナ「…………………といい訳なんだぁ……」エエーン!!

上条「……泣いた。全俺が泣いたよ」シクシク…

シャナ「まさか君も同じ境遇だったとはねぇ……」ウウッ…

上条「仕方ねえ!!上条さんが人肌脱いで、ここにかくまってやる!!IDは土御門になんとかしてもらうことにして、何とか色々して貰おうッ!!」ガバッ!!

シャナ「……うぅっ、ありがとう。上条当麻ぁ」ウルウル ウワメヅカイ

上条(はうぅ!?……理性が耐えられるか心配だ)

シャナ「それでね、頼みがあるんだけど」

上条「安心しろ、(元)ステイルに欲情はしないさ。上条さんはジェントルマンだから!!」

シャナ「お前は何を考えているんだ……いや、それで本題だが」

上条「なんだ?」

シャナ「上嬢になれ」

上嬢「なったけど?」ヘンシン!!

シャナ(なれてるな)

シャナ「お前には恥じらいが無いのか?」

上嬢「もはやにちじょうちゃめしごとです」

シャナ「それをいうならにちじょうさはんじだ」

上嬢「……だってそっちの方が可愛いじゃん」プー

シャナ「それは認めよう」ウンウン

上嬢「じゃあ行くか」

シャナ「買い物か?」

上嬢「いやいや、今インデックスいないから冷蔵庫は安心です」

スフィンクス「にゃー」

上嬢「この猫は引き取ったけどね」

スフィンクス『ここは楽園か!?キレイなお姉さんが二人も!?もうどうにでもなぁーあれっ!!』ニャ!?ニャニャニャ!?ニャニャニャーニャ!!

シャナ(なんて言ってる気がする)

シャナ「で?何で上嬢の格好で行くんだ?」ハテ?

上嬢「あれ?そういう意味で言ったんじゃないの?」ハテ?

シャナ(上条だと旗がたちそうだからなんだけど……)

上嬢「こっちの方が土御門にはいいんだよ」

シャナ「まあそちらの方が萌えるだろうしね」

上嬢「何で上嬢さんが萌えるんでせう?どうやらアイツには妹とメイド属性の他に、女装させれば結果が不細工でも良いらしいからな」

シャナ(……上嬢になっても鈍感だな)

 

 

 

 

~土御門宅~

土御門「やだ」

上嬢「……さっきはごめんなさい。お願いだから許して?」ウルウル

土御門「はん、土御門元春様がそんな事で堕ちるとでも思ってるのかにゃー?」ハナヂドバー!!

シャナ(少なくとも私は思う)

上嬢「……じゃあさぁ、土御門って攻めたい方?攻められたい方?」イロケ ムンムン

土御門「そりゃあもちろん攻めだぜい!!」ガバッ!!

上嬢「……ねぇ?こんな私でも、欲情ってする?」

土御門「します!!欲情しますにゃー!!」ドバドバー!!

上嬢「じゃあさぁ、このスカートの中身覗きたい?」ギリギリ チラッ

土御門「覗きたい!!むしろつっこみたいです!!」ドバドバドバドバドバー!!!!!!!!

上嬢「シャナの事も任せても大丈夫かなぁ?」

土御門「任せて下さい!!全部任せて下さいですにゃー!!」チガヤバスギル!!

上嬢「どんな事があっても?ちゃんとゆびきりげんまんしてくれる?」

土御門「します!!てか無理矢理でもします!!」チガヤバスギルヨマジデ!!

上嬢・土御門「「ゆーびきりげーんまんうそついたらはりせんぼんでこーろす(のーばす)」」

土御門「え?」

上嬢「ゆびきった!!」

土御門(まぁ、可愛いは正義だから許すしか無いぜい)ウンウン

上嬢「じゃあねー土御門。ちゃんと生きて帰ってこいよ?」

土御門「え?」

上条「じゃあ舞夏ちゃんどうぞー」ヘンシン!!

土御門「え?」

土御門(なにぃ!?一瞬で変装を解いたどころか、早着替えも得意になっているだとぉ!?そして何故に舞夏!?)

舞夏「……兄貴ー、今の大声はなんだー?」ゴゴゴゴゴッ…

土御門「え?」ナニソノサッキ?

上条「……ったく本当に俺がとめなきゃシャナちゃんがどうなってることやら……」

土御門「え!?カミやん何この状況!?」オロオロ

シャナ(私を利用するな!!)

舞夏「攻めたいとか欲情しますとか突っ込みたいとかなー、欲情しすぎだぞー……」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッッッ……!!!!

土御門「ええ!?」

舞夏「よって一週間飯無し」ズサッ!!

土御門「うわぁぁぁああああああああああああ!!!!!!!」グサァ!!

上条「帰るぞシャナ」

シャナ「う、うん。そうだね。帰ろうか」

 

 

~上条宅~

上条「……利子は返してないぜ?土御門」ボソッ

シャナ(つくづく上条当麻を敵に回さなくていいと思ったね)ガタガタ…

 

 

 

~翌日 上条宅~

上条「それじゃあ行ってくる」

シャナ「ああ逝ってこい」

上条「今漢字が違ったよな!?」

シャナ「Japaneseは難しいんだ」

上条「……メロンパン買うお金ってあるか?」

シャナ「土御門からの軍資金と、ネセサリウスでスッてきたお金がある。食料なら安心しろ」

上条「んじゃいってきまーす!!」

シャナ「逝ってらっしゃーい」

上条「だから漢字が違うからな!?」バタン

シャナ「………………………暇だ」チラッ

シャナ「……飛ぶのも悪くないしな……」

シャナ「べ、別に一人が寂しいんじゃないからなっ!!退屈なだけなんだからっ!!」

ピンポーン

シャナ「ん?上条が忘れ物でもしたか?」

土御門「ハロハロー!!」ガチャ

シャナ「勝手に人の家にあがるな」

土御門「居候のお前が言うな」

シャナ「で?来たのはなぜだ?身分証明書ももらったし、もう用は無いだろう?」

土御門「それがだにゃー……」

シャナ「何か問題でも起きたか?」

土御門「これを着てほしい」セーラーフク

シャナ「死ね」

 

 

 

~とある学校のホームルーム~

小萌「えーと、今日は転校生がまたまたやってきましたー」

一同「「「「「またですかッ!?」」」」」ビシッ!!

小萌「……いやーなんだか昨日色々あったんですよー……色々と」

青髪「せんせーい!!女の子ですか!?女の子ですよね!?」

小萌「はいはーい。どうやらまた上条ちゃんとのわけありみたいですよ?」

一同「「「「「ま・た・か・こ・の・や・ろー!!!!!!」」」」」

上嬢「うわあ!?いきなりなんですか!!」ヘンシン!!

一同「「「「「いえ、何でもありません」」」」」

一同(((((殴れるわけないですはい!!)))))

一方通行(……早着替えまで磨きがかかってやがンぞォ)

帝子(……まともな人間はとうとう俺だけになったか)

一方通行(……コイツが何考えてるかはわかンねェけど、多分違うと思う)

小萌「それでは、どうぞー!!」

シャナ「シャナ=ステイル、こう見えて国籍は日本人父が日本系で、母がイギリス人だ。よろしく」

上嬢「」

男一同「「「「「二次元娘キタァァァああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」」」」」イヤッホー!!

女一同「「「「「何で美少女ばっかり入って来るのォォォおおおおおおおおおおおお!!!!!!??????」」」」」ダンダンダン!!

帝子「その美少女に私って入ってる?」キラキラ

一方通行「ぜってェ違うと思うぜェ?本当は常識が無いだけだろ?」

帝子「いっぺん死んでみる?」ツバサ キラーン!!

一方通行「うっせェデフォメ天使。本当はCのくせにでしゃばってンじゃねェよ」

帝子「な!?何で知ってるの変態!!って違う!!確かにEじゃないけどDはある!!」

一方通行「Cよりのなァ」

帝子「ホントにここで死ねェ!!」ズバァ!!

上嬢「やめなさいて!!」

帝子「うぎゃ!!」ズコン!!

一方通行(自業自得ゥ)

上嬢「お前もな」

一方通行「グガァ!?」ズコン!!

一方通行「……テンメェ……!!ブチコロスぞォ!?」

上嬢「ケンカ両成敗!!それに垣根のプライバシーを考えろよ!?」

一方通行「からかったダケですゥ。ベクトル掴んで色々やったらC位だってわかったンですゥ」

上嬢「だからって乙女心は複雑何だから、そう言う事を公害で言うんじゃありません!!」

一同(((((説教上嬢さんGJ!!)))))ビシッ!!

一方通行「体も心もわかってる上嬢さァンには負けましたァ。ほんとォにすいませンでしたァ」ボウヨミ

上嬢「まじめに聞きなさい!!」

シャナ(……出番が増えたと思ったけど、最終的に空気、か)

 

 

~昼休み~

上条「さてと」クルッ

一方通行「……なに見てンだよ?」タジッ

上条「読者が百合子カムバックと言っているんだ……」

一方通行「やなこった」

上嬢「強制的に着せる!!」ヘンシン!! ソシテカタテニセーラーフク!!

一方通行「!?マジでかよ!?」

上嬢「に・が・さん!!」ガシィッ!!

一方通行「ゲェ!?」ピンチ!!

上嬢「さあ!!こっちに来い!!」

アッー!!

 

 

~数分後~

一同「「「「「グハッ!?」」」」」ドバー!!

一同(((((百合子もいいです!!ドストライクです!!……昼休みによいオカズをありがとうございました)))))ドゲザ

百合子「…………………………………………………」プルプル…

上嬢「さて」

上条「百合子がいるからな、俺は上条で大丈夫」ヘンシン!!

百合子「三下ァ!!」

上条「?なんだよ鈴奈?」

百合子「殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す……」ブチブチィッ!!

上条「ヤンデレか」

百合子「何でそォなるンですかァ!?」

一同「「「「「ゆ・り・こ!!ゆ・り・こ!!ゆ・り・こ!!」」」」」

百合子「うっせェ!!黙ってろォ!!」

一同(((((このクラスの男の娘はSしかいないのか……)))))ハァ

一同 ジロリ

上条「ん?何だよ?俺の弁当そんなに羨ましいか?」

一同「「「「「強制変身!!」」」」」ウオー!!

上条「何だよ!?上嬢さんだって百合子だってSだろ!?」

一同「「「「「Mに調教してやるッッッ!!」」」」」
フコウダー!!

 

 

~数分後~

上嬢「……ううっ、まさか拘束されるとは……」カチャカチャ…

男子A「こ、これは!?」グハッ!!

男子B「絶景かな絶景かなー!!」グハッ!!

女子A「このシュチグッジョブ!!」グハッ!!

女子B「腐女子の私には最高です」グハッ!!

土御門「バカいえ、ここに居るやつらは全て腐ってやがるにゃー」

上嬢・一方通行・帝子・シャナ((((断固として自分は違う!!))))

上嬢「……まともな人間がいるなら私を助けてください」

一方通行「まともだけどお断りィ」

帝子「面倒クサーイ」

シャナ「仕方ない……か」ズバァ!!

一方通行「オイオイ、ズバァって翼ですかァ!?しかも刀とか持ってるしよォ」ギャハハハ!!
帝子「なwwwwwにwwwwwそwwwwwれwwwwwマジ中二病とかうwwwwwけwwwwwるwwwww」

土御門「(中二病の頂点どもが……自分もそうだろうが!!)」

上嬢「……お前もシスコンとメイドに執着するド変態だろうが」

土御門「はうぅ!?ししししシスコンちゃうわ!!」

上嬢「……ド変態とメイド好きは否定しないのかよ」

土御門「…………………………………………………」

上嬢「まさかの黙秘権!?」

シャナ「……」

シャナ(上嬢……いや上条?それとも上嬢?ええい面倒くさい。とにかくアイツは家主だ。これくらいやらないとメロンパンが食べれなくなる)

シャナ「お前ら」

一同「「「「「はいっ!!」」」」」

シャナ「……刀に斬れて死にたい?それとも燃やされて死にたい?」

一同「「「「「何故か死しか選択肢がない!?」」」」」

シャナ「間違えた」

一同「「「「「ほっ……」」」」」

シャナ「殺されろ」

一同「「「「「まさかの命令形!?」」」」」

シャナ「上嬢を解放するなら見逃してやるが……」

一同「「「「「どうぞお持ち帰り下さい」」」」」スザザザー

シャナ「……最初から拘束とかするな、私の仕事が増えるだろう」

上嬢「……んんーっ!!」ノビー

一同(((((クソッ!!上嬢には胸がないから伸びしても意味がないッ!!……いや、だがそれもいい……」」」」」

上嬢「ステイ……シャナ、殺っちゃって」

シャナ「YESマイロード」シュタッ

土御門(……ステイル以外にノリノリだにゃー。服従されたいタイプなのかにゃー?……それなら早くメイド服を着せなくてはッ!!」

シャナ「土御門、お前の相手はイノケンティウスだ」ブチッ

土御門「」orz

 

 

~放課後~

サヨーナラー

上条「あいつら死んでないよな?」

シャナ「病院送りにしただけだ」ヨユー

一方通行・帝子((病院送りするのが余裕なん(ン)でスゲェなァ))

一方通行・帝子((戦闘の時手加減するのがムスガシイ))ウンウン

上条「それにしてもシャナ助けてくれてありがとなー」

シャナ「宿代とメロンパン代、その他諸々のお返しだ」

上条「……うぅ」グスッ

シャナ「……泣いてもいいのは上嬢だけにしてくれ」タジッ…

シャナ(何だ……私の第六感が危険だと警告しているッ!?)タジタジッ…

上条「シャナ!!」ダキッ

シャナ「なぁ!?」ギュッ

上条「(インデックスはただ食ってばっかだったけど、お前いいヤツ……)」ボソッ

シャナ「ひゃん!!」

シャナ(み、耳元で話すなー!!)

「上条君……とうとう二次元の女の子にまで旗を……」

「うぅー!!そうなったらゆうじーとの関係は!?」

「……上条君、君のフラグはいい加減減らさないと」

シャナ(……僕は思いっきり三次元だ)

上条「どうしたシャナ?」

シャナ「いい加減離れろ!!」ズカァ!!

上条「うぎゃ!!」バタリ

 

 

 

 

~上条と美琴がよくあう公園~

美琴「……」

美琴(今私の目の前にアイツがいる)

美琴(そしてまた女の子と一緒にいる)

美琴(本来なら雷をいくつか落としたいけど)

美琴(シュール過ぎるにも程があるわよ……)

シャナ「おい、このままスーパーに行けばいいんだな?」

上条「……お願いします」ズルズル ヒキズラレルー

美琴(……アイツ、Mなの?)

美琴(べ、別に私がMなわけじゃないんだからねっ!!)

 

 

 

 

 

【女装】んもんゴメンだね!!【性転換】

>カミジョーさんが入ってきました

<アキ>こんばんわ

<キョン>どーも

<コノハ>こんばんは

<トーマ>どうも、トーマです

<キョン>初めまして

<トーマ>……ここは女装や性転換の悩みを話すチャットですよね?

<コノハ>そうです

<キョン>そうだ

<アキ>そうですよ

<トーマ>皆さんはどんな風に悩んでいるんでしょうか?

<アキ>僕の場合は、姉やクラスメートに強制的に……

<トーマ>そうなんですか、私もクラスメート達に強制的に……ね

<コノハ>僕は先輩のわがままで一緒にお買い物に付き合わせられます

<コノハ>女装でね

<トーマ>なんちゅう羞恥プレイだよ!?

<キョン>確かそれきっかけはアキとか言ってたよな?

<コノハ>……今思い出すだけで恨めしいね

<アキ>だからそれ誤ったよね!?もうほじくらない約束だったよね!?

<キョン>アキ、また誤字発見したんだが

<トーマ>「誤った」じゃなくて「謝った」ね

<アキ>ヤメテー!!僕のライフはもう0よ!?

<コノハ>あの日あの後、僕はS水さんと一緒にデートしたんだよ!?

<トーマ>女装で?

<コノハ>女装で

<キョン>待て待て、話が脱線してるぞ

<アキ>そうだよ

<コノハ>君のせいだからね!?

<トーマ>そう言えばキョンさんはどんな風に悩んでいるんでしょうか?

<コノハ>ダメ!!

<アキ>それは!!

<キョン>強制的に性転換されて、毎日毎日スカートで登校

<アキ>……ああ

<コノハ>言っちゃった……

<トーマ>

<キョン>まさかのノーコメント!?

 

 

 

上条「」

シャナ「……どうした、上条当麻」

上条「はっ!!今もしかして気絶してた!?」

シャナ「一体何見てるんだ……ちょっと待ってくれ、僕も参加しよう」ピピピピ


<アキ>おーい、トーマくん?

<コノハ>ダメだ、やっぱり刺激が強すぎたか……

<キョン>……すまん禁句を破ってしまった。

<アキ>禁句って会ったっけ?

<キョン>自分で勝手に決めただけだ

>ステイルさんが入ってきました

<キョン>おっ、こんばんは

<アキ>こんばんわ

<コノハ>こんばんは

<ステイル>キョンさん……

<キョン>ん?何だ?

<ステイル>私も上司に体を弄くられて二次元キャラにされてしまいました……

<アキ>二次元キャラに!?

<コノハ>え?なにそれ怖い

<キョン>なん……だと……!?

<トーマ>ってシャナ!?いつの間にここに入ってきたの!?

<ステイル>上条当麻!!僕はステイルだと書いてあるだろう!!ルールを守れ!!

<アキ>あっ、トーマくん復活した。

<キョン>意外に早いな。しかもお二人友人か何かか?

<コノハ>いやいや……実名はダメでしょ!?ステイル君の言葉に混乱しすぎ!!

<コノハ>餅ついて下さい!!

<アキ>やーいやーい!!変換ミス発見

<キョン>いや、それはまだ自分も落ち着いてないだけじゃないか?

<トーマ>そう言うときは言葉に出して整理するといい。

<ステイル>そう言えばよくお前も使ってるな

<コノハ>落ち着いた。ありがとう。

>ヒデヨシさんが入ってきました

<ヒデヨシ>今日も女扱いされてたまったもんじゃないわい

<アキ>全く、男を女扱いするのは間違ってると思うよ

<ヒデヨシ>元凶のお主が何を言っておる!?

<アキ>え?だって秀吉は秀吉でしょ?性別とかそう言うのは関係ないよ

<ヒデヨシ>……さて、新しい人が入ってるようじゃが、なぜ対策を論じぬのじゃ?

<キョン>なぜかって言われても、まあ自己紹介みたいなモンですよ

<トーマ>……なんか、スイマセン

<ステイル>勝手に入ってきてすまなかった。

<ヒデヨシ>いやいや、別に謝れとは言っておらん

<コノハ>それじゃあ管理人、いつものお願いします

<ヒデヨシ>うむ、これより、【どうやったら男と認識を改めさせる他色々会議】を始める!!

<トーマ>長いな

<ステイル>無駄に長い

 

 

 

上嬢『よっとーうーまッ!!』オーイ

上条『またかよ上嬢!!もう一生出てくるな!!』シッシッ!!

上嬢『ぐわっ!!レディにそういう態度は失礼だと上嬢さんは思うのですか!?』ウルウルッ

上条『お前のどこが女の子だよ!?どっからどうみたって俺まんまじゃねえか!!』ビシッ!!

上嬢『……ねえ、本当にそう見えるならカエル先生の所いってこいよ~……』ハァ

上条『何を言いたいんだよお前は!!』

上嬢『いい加減上嬢さんを真っ正面から見てみなよ』

上条『キモいからぜっっっっったいお断りだ!!』

上嬢『それはどうかな?』

上条『実際そうだろうがバカ野郎!!』

上嬢『野郎は無いでしょ野郎は!!』
上条『はいはい、謝りますごめんねカマ条』

上嬢『……ねえ当麻、私を作ったのは誰?』

上条『お前が勝手に出てきたんじゃねえか!!こっちは時々上嬢に変身すると暴走して正直怖いんだよ!!だから出てくるんじゃねえ!!』

上嬢『まあ確かにあれは私が出てきているんだけれども、その私を作ったのは誰?』

上条『……強いて言うならクラスメート?』

上嬢『夢なんだから気にしなーい』ポイッ

上条『そうかよ』アッ キエタ

上条『で?それがどうした?』

上嬢『……クラスメートに作られた私ってどんな存在だと思う?』

上条『スカート穿いてりゃ男でも興奮する変態があがめる存在』

上嬢『正解!!』ピンポン!!

上条『それがどうした?』

上嬢『そんな野郎達に作られた……詳しく言うと作られたきっかけを作った野郎達の為に生きて死ぬっていやじゃない?』

上条『そりゃそうだ』ウンウン

上嬢『だから私が生きる目的の一つに恋愛する事にしました!!』ビシッ!!

上条『はいィィィィいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!?????』ナンデスト!?



上嬢『正解!!』ピンポン!!

上条『それどっかから出してきた』キュウニデテキタゾ

上条『ヤメロヤメテヤメテクダサイの三段活用!!俺がそんなことしたら引かれる!!』

上嬢『いやいや、当麻じゃなくて私が』

上条『俺とお前は一緒の体だろうが!!』

上嬢『……聞きようによっちゃ、せ・く・は・ら・だぞ♪』トウマノホッペ ツンツン♪

上条『うっぜェェェえええええええええええええええええええええええええ!!!!!!』

上嬢『なにそれヒドイ!!そして一瞬一方通行ヲ思い出したのは私だけ!?』ギャーギャー!!

上条『うるせー!!俺の人権かかってんだよ!!』

上嬢『・・・・・・それは一回置いといてさ。誰に惚れたか聞きたくないわけ?』

上条『・・・・・・ねえ、変態さんだけは止めてくれよ?』

上嬢『安心して、私はそんなアブノーバブルな世界に堕ちるつもりはないから』

上条『・・・・・・良かった。って!!俺が男に惚れてる時点で危ういんじゃね!?』

上嬢『それなら安心して、私は当麻ガ好きだから』

上条『・・・・・・』ドコカラカナワヲトリダス

上嬢『へ?』

上条『・・・・・・』ワッカヲツクル

上嬢『え・・・・・・?』マサカ・・・・・・

上条『』プラーン

上嬢『うわー!!その幻想をぶち殺す!!』ミギテバッ!!

上条『うぎゃ!?』ドサッ

上嬢『いきなり自殺しようとするな!!実際に現実で首を締めていたからね!?』

上条『で!?お前が制御して止めたと!?』

上嬢『そうだよ!?だから本当に危うかったんだからね!!』ビシッ!!

上条《・・・・・・侵食が進んでる》

上嬢『心読めてるからね?』

上条『マジで!?』

上条『・・・・・・ねえ、死なせて』

上嬢『なぜにそんな事を言うの!?』

上条『・・・・・だって、女装と重度のナルシストって何だよ』

上嬢『なーんだ。そんな事か』

上条『そんな事かって何だよ!?夢は願望や記憶の整理とか言うだろうが!!』

上嬢『・・・・・・うーん、この夢は願望や記憶とかじゃなくて気持ち・・・・・・いや、二人の意見の整理ね』

上条『二人の意見の整理?』

上嬢『そっ、私と当麻の二人だけの時間って事ね』

上条『・・・・・・うわぁ、気持ち悪ッ!!』

上嬢『何それ!?女の子と二人の時間に何その態度!?』

上条『だってお前は男だろうが!!』

上嬢『いつまでその無限ループを繰り返すの!?』

上条『何だよ!?俺は当然の事を言ってるだけだろ!?』

上嬢『何が当然の事よ!?乙女に対してその言動がいけないでしょ!?』

上条『だーかーらー!!お前が男がベースになってることに変わりはない!!』

上嬢『男がベース?・・・・・・人格のこと言いたいわけ?』

上条『それ以外の何があると言うのでせう!?』

上嬢『オンドラァ!!』ドカン!!

上条『ウギャァア!?』イタイ!!

上嬢『当麻の馬鹿!!』

上条『何で夢の中で痛みがあるんだよ!?』

上嬢『それは現実で起きない程度に殴ったからよ?』コッチモイタイケド・・・・・・

上条『すごいなおい!!お前は俺の体をもう全部知ってるんだな!!』ヤケクソデーイ!!

上嬢『なっ!?』//////

上条『顔を赤くするな、気持ち悪いの一言だ』

上嬢『もういっちょ』ズガン!!

上条『ってえ!!』

上嬢『・・・・・・あう、こっちもだ』サスガニヤリスギタ・・・・・・

上条『・・・・・・で、お前はどうしたいんだよ?』

上嬢『どうしたいって?』ハテ?

上条『付き合うっていっても同じ体で絶対不可能!!それにお前は男だから俺的に無理だね!!』ハハハハッ!!ワロス!!

上嬢『いぇい!!そーゆーと思いましたー!!』

上条『何でそんなにハイテンション!?ヤケクソだと言ってくれ!!』

上嬢『ヤケクソ』

上条『・・・・・・よかった。何か策があるのかと思った』

上嬢『でー、こっからが本番ですが』

上条『本番があるのかよ!?』

上嬢『モチ、ありありよ』

上条『何だよそれ!?お前はギャルに走るのか!?上条さんは新開拓地をつくってしまうのですかー!?』

上嬢『やるわけない。そして話をそらすな!!』

上条『へーへーすいませんでした』

上嬢『作者は色々な展開を考えていましたが、急遽路線変更!!』ビシッ!!

上条『路線変更!?』エエー!?

上嬢『みたいなもの』

上条『みたいなものって何だよ!?』

上嬢『・・・・・・説明したいのは山々なんだけど、作者これからご飯食べるみたいで』

上条『ここまでやってまさかのすんどめかよ!!』

上嬢『キャッ♪当麻のエッチ~♪』

上条『・・・・・・殺したいほどにくったらしい』

上嬢『殺せないけどね』

上条『チクショー!!』

上嬢『で、本番なのだけれど』

上条『本番って何だよ?さっさと話せ変態』ウウ・・・

上嬢『・・・・・・何で泣いてんの?』

上条『何か・・・・・・自分のことみたいで』

上嬢『それは安心してよ、私は確立された人格だから』

上条『そうは言っても悲しいものは悲しいんです!!』

上嬢『そういうと思って私は引越しをします』

上条『引越し?いやいや無理だろ。俺の体からでていくだなんて無理だろ』

上嬢『土御門に聞いてみたところ、魔術で人格を抜き取って具現化するって方法ガあるらしいのよ』

上条『魔術ってなんだもありだなおい!!そしてお前は俺の気づかぬところで聞いてるとかか恐ろしいわ!!』

上条『でも例えそんな魔術があっても無理だな。俺にはこの右手があるから』イマジンブレイカー!!

上嬢『じゃあその右手が無けりゃいいだけでしょ?』

上条『え?』

上嬢『だから、魔術使うときに右手が無けりゃいいんでしょ?』

上条『理論的にそう考えるとそうなるのか?』

上嬢『つまりね』

上条『つまり?』




















上嬢『魔術使うとき右手を切り落とせばいいだけじゃん♪』

上条『ギャァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!何このこ!!めちゃくちゃ怖いこと言ってるー!!』

上嬢『安心して、麻酔は使うから』

上条『麻酔意味あるのかよ!?っていうかそういうもんだいじゃない!!』

上嬢『安心して、当麻は土御門に頼んでカエル先生のところに言ってつけてもらうから』

上条『人の手をどっかのロボットの兵器みたいに扱うんじゃネェェェエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!!』

上嬢『大丈夫大丈夫、前もくっついたから』

上条『そういう問題じゃない!!』

上嬢『まあ?当麻の右手がなくなっても私は被害ないし?』

上条『・・・・・・最低』

上嬢『うそうそ!!当麻の右手はつけておくから』

上条『何だよビックリさ

上嬢『体を真っ二つにするから♪』

上条『イヤァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!』

上嬢『ねえ?真っ二つと右手切るのどっちがいい?』

上条『右手を切り落としたほうがマダマシだ・・・・・・』ボソッ

上嬢『はいけってーい!!』

上条『え?』

上嬢『土御門ー!!一思いに切っちゃってー!!』

上条『え?お前なにいってるの?土御門が俺んちのバスタブにいるは

―――ラジャーデスタイ!!

上条『え?』

上嬢『現実のほうで言ったから』

上条『え?え?』

上嬢『まあちょっと痛いかもしれないけど我慢してね』

上条『・・・・・・え?』

上嬢『本当にごめんね』




















ガリガリガリガリィィィィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!!

上条『グガッ!?ダァァァァあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!????・・・・・・・・・・・グガ・・・・・・・・・不幸だ・・・・・・』ガクッ

 

 

 

 

 

 








上条「うわぁぁぁぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!?????」ガバッ!!


上条「・・・・・・・・・ベットの上?しかもうちの?」

上条「・・・・・・・・・なーんだ。夢は所詮夢だよな・・・・・・」

















上嬢『よっ!!やっと気がついた?』

上条『』orz

 

上嬢「いやーこれ本当に路線変更だね」

上条「・・・・・・」

上嬢「え?何で右手ついてるのにそんなに不満そうな顔してるわけ?」

上条「」ミギテデトウコノアタマヲ ガシッ

上嬢「はう!?まさかの急展開!?」










上条「何で消えないんだよぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

上嬢「消すつもりだったんかい!!」パシッ!!

 

 

上条「……何で消えてくれないんだよ……」

上嬢「いやー、土御門が使ってくれた魔術って幻想殺しの全ての弱点に当てはまるみたいで」

上条「弱点?」

上嬢「そっ、まず私は本体じゃないの、当麻の体の生命エネルギー見たいのがが本体ね。あっでも自分の体を右手で触っても無駄だからね」

上条「……くそ」

上嬢「次に、私は当麻と生命エネルギーみたいなものを共有してるの」

上嬢「そして幻想殺しは生命エネルギーみたいなものは消せないから無理ってわけ」

上条「……不幸だ」

上嬢「でもね」

上条「でも?」

上嬢「あらよっと」クルリンパッ!!



―――ポンッ!!


上嬢「ふっふーん!!」

上条『お前!!俺の体を出入りできるわけ!?』

上嬢「そっ、学校いくときは当麻の体の奥にいることだってできるしさ。そこは安心してよ」

上条『安心できるか!!』

 

 

 

窓のないビル

アレイスター「……土御門」

土御門「何だ?」

アレイスター「お前の今回の魔術を行使したことにより、私の計画がかなりずれた」

土御門「…………」

アレイスター「まあ」










アレイスター「女装もよかったけどこれはこれであり!!」ビシッ!!

土御門「お前ならそういってるれると信じていた!!」ドウテイヲオトコニナンカヤリタカナイシナ!! ビシッ!!

 

 

 

 

シャナ(……はぁ、全く土御門が魔術を使った痕跡があったが本人は何もしていないの一点張り)

シャナ(……それと最近女ものの下着を身につけるのに抵抗がないのはやはり問題がある……か)

シャナ(最近これはこれでいいかと一瞬でも思って閉まっている自分が怖い)

シャナ(それと最近上条当麻の様子がおかしいが……そろそろ出ていかないと迷惑がかかるか)

シャナ(まっ、あいつにならこんな迷惑は軽いな。今度タバコ×25とメロンパン×50でも買わせるか)

ガチャ

シャナ「ただいま。いくら今日は休みだからと行ってもお前には補修があるだろうが。さっさと起

上条・上嬢「「お帰り」」

バタン(シャナことステイルがドアを閉めて出ていく音)

上条・上嬢「「何故に閉めた!?」」

シャナ(落ち着けシャナ……じゃなくてステイル。あれは幻覚だ。アイツが二人も出てくるわけが

ガチャ

上条「おい、どうした?」

上嬢「……大丈夫?」

シャナ「」

シャナ(うん。ありえない)

シャナ(つまりこれは夢だ)

シャナ(……なら殺しても構わないと言うことか……ッ!!)

シャナ「……今日の夢ではどんな風に殺してやろうか」スラッ

上条「うおぉい!?ストップ!!シャナストップ!!」

上嬢「夢じゃないから!!現実だからやめて!!」

                                                              つづく?

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。