鈴科百合子(一方通行)編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

―とある深夜の公園―

「なんなんですかァ?なんなんですかァ?…ヒーロー様が俺をこんな人気のないとこで呼ぶなんてよォ?」

「…お前にな…大事な話しがあるんだ…」ガシッ

「あァ?大事な話し――」

「――」スッ

チュッ

「―――!?」

「俺……一方――いや、鈴科が……好きなんだ…」ギュッ

「な、な、な……」///


「鈴科っ!」

俺は鈴科に対する想いを我慢できず、固まってる鈴科を芝生に押し倒す

「て、てめぇ!何しやが――んんっ!」

押し倒した俺は再び鈴科の唇を獣のように奪う
鈴科は抵抗しようとしてるが、俺の右手で体を抑えられてる為、能力は使えない……今、能力を使えない鈴科はどこにでもいるか弱い女の子と同じで…無力だ
だが、鈴科は必死に口を閉じ、キスを受け入れてくれない…ならば…
俺はキスを諦め、細くて綺麗な鈴科の首筋にキスをする

「くっ…や…やめねェか…ぅんっ!」ビクン

以外だな…鈴科は中々感度が良いみたいだ。じゃあ…ここもか?右手で抑えながら、左手で服を捲り露わになった鈴科の胸…そしてそのピンク色の乳首に俺は顔を近づき――

「!――ば、馬鹿ッ!やめねぇか!?」

パクッと口にふくみ、味わうように、赤ちゃんのように、乳首を吸い始める。チュウチュウ

「くっ……あっ…!」
「はぁはぁ、鈴科の乳首って小さくてピンク色で可愛いな…」チュパチュパ

「あっ…くっ……や…やめねぇ…か…この…変態が―カミッ――うぁっ!」

鈴科は俺に悪態をつこうとするが、乳首を甘噛みされた途端、普段まず聞くことのない女の子の甘い声を発してしまう

「はぁはぁ、お前滅茶苦茶可愛いな」

「くっ…ぅうんっ…うる…せぇ…」
俺は乳首を舐めたり吸ったりして、鈴科の反応を見て楽しんでいたが、空いてる左手を突然、鈴科のズボンの中に潜らせ――

「!――なっ…て、てめぇ!どこに手を入れ―クチュッ――んぁっ!…」ビクッ!
――
鈴科の女性器を弄りだす

「やっぱお前…女の子だったんだな…」クチュックチュッ

「んくっ……ひぁっ…」

先程までの強気な態度が消え、鈴科は俺に秘部を弄られ嬌声をもらす

「良かった…俺が好きになった人が女の子で…」クチュクチュ

俺の告白に鈴科は驚いた顔を一瞬するが、続けざまに秘部を弄られ、再び嬌声を上げ切なげな表情になってしまう
くちゅくちゅぐちゅぐちゅ

徐々に力が抜け、鈴科の秘部はだんだんと濡れていく。鈴科は顔を赤らめ、息遣いを荒くし女の快感に夢中になり始める

「はぁっ…くぅんっ…や、やめ……やめ…て…」

学園都市第一位で一方通行として他の者達に恐れられ、高慢だった鈴科が…あの鈴科が!…涙目で俺に懇願している……!
その姿に俺の血はたぎり、可愛い鈴科を更に苛めたくさせる

「可愛いよ…鈴科…」グチュグチュ

「んっ…い…やぁっ…」ビク
「…鈴科…イカせてやるからな」グチュグチュグチュ!

鈴科に告げると同時に、秘部にピストンする指の速度を上げて俺は鈴科を責める

グチュグチュグチュグチュ!

「あっあっ……んぅっ…お…おねが…い……んくっ…やめ…て……ふぁっ!」ビクンッ!

鈴科は瞳を閉じ涙を流すが、俺は構わす責める…鈴科…そろそろイキそうだな…
そして俺は更に激しく責めて―――

「んっあっ……あ、ひぁっ…あ…あぁぁぁっ!」ビクンビクン!

――
鈴科をイカせた…
イカされた鈴科はぐったりとし、体を芝生に預けてはあはあと荒く呼吸する
無防備になった隙を逃さず、再び抑えつけながら鈴科のズボンとパンツを同時に脱がし、俺は己のいきり立ってる愚息を取り出して鈴科の秘部にあてがう。それに気付いた鈴科は

「や、やめて!それだけは!?」

必死にお願いするが――

「ごめんな…鈴科」

俺は鈴科の秘部に愚息を挿入させる

ズプズプ――ぶちっ…

「アアアァァァァッ!」




…入れ終えた後、俺は結合したとこを見る……血が…

「鈴科……お前…初めて…だったのか」

「…グスッ……グスッ…」

鈴科は何も言わず…泣いていた…

「ごめん…お前の大切なの奪ってしまって…だけど……俺はお前が好きなんだ……好きで好きで…死ぬほど好きなんだ…」

「………」グスッ

「…ごめん…動くよ…」
そして、俺は鈴科に負担をかけぬようにゆっくりと腰を動かし始めた

痛がる鈴科をリラックスさせる為に、ダメ元で再度唇を重ねてみる……驚いた事に俺のキスを鈴科は拒絶せず受け応えてくれた…そしてお互いを確認するかのように舌を絡め合う

二人の口からは、ぴちゃびちゃと水音がなり、結合してるとこからはくちゅくちゅと卑猥な音が奏でられる

「んんっ…あんっ……んっ…」

鈴科は悩ましげで甘い声をもらし、俺の煩悩を刺激する

「鈴科…鈴科ぁ……好きだ…お前が大好きだ…!」パンッパンッ

俺は鈴科に想いを口にし、優しく責める

「はぁはぁ……んんっ…」ビク

鈴科は俺の想いに答えず、変わりに甘い喘ぎ声で俺をたかぶらせる
くっ、初めてなだけあってキツ過ぎる…
予想以上の締め付けに愚息は、ビクビクと蠢き感覚がなくなっていく
駄目だ……気持ち良すぎる…!

「鈴科ぁ!好きだ!お前を愛してる」パンッパンッ!

「あっ…んくっ…ふぅっ…んんっ!…」

そして、俺は限界にきた愚息を――

「うっ!」

ドクッ!ドクッ!―――ドクンッ!

鈴科の汚されてない、膣内に精子を放つ

「ひっ!…あっ…あぁぁ…」




「このレイプ野郎がァ…俺にあンな事しておいて…てめェ…分かってンだろうなァ?」

「ああ…愛した人に殺される…それでも俺は後悔してない…お前を想う気持ちは嘘じゃないから…」

「……」

「…だから…構わない…」

「………チッ」

鈴科は舌打ちして、そして顔を赤らめて俺にこう告げた

「……責任…とれよ」///













俺の愚息を鈴科のお股に一方通行!wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
処女だったのは驚いたけど…まっ、いっかwwwwww責任?ゲス条さん、難しい事わかんな~~いwwwwwwww
これから鈴科の体をどうやって俺好みに開発してこうかな~wwwwwwwwふひひwwwwwwwwwwww


次は誰かな~♪




 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。