上条「はぁ…」 > 5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―――――― 教室

ざわざわざわざわ

男1「おーいそっち持って~」

女1「これでいい~?」

男1「OK、OK」

土御門「おぉ~い、一方通行~、この釘打ってくれにゃ~」

一方「あァン、なんで俺がァ」

土御門「お前の能力使えば一振りだにゃ~、匠になる勢いぜよ」

一方「そンな事の為にチョーカーの電池使ってたまるかァ」

青髪「なぁなぁ、打ち止めちゃん? お兄さんと遊園地行かへん?」

打ち止め「遊園地!? ってミサカはミサカはちょっと興味を持ってみるよ」

一方「オォイ、お前は打ち止めに何してんだァ」カチッ

上条「打ち止めが絡むとそのチョーカーのスイッチはフリーダムになるんですね」

青髪「ロリは世界の宝なんや! つまり皆の宝なんや! つまりボクの宝でもあるんや!」

一方通行「だからって打ち止めに手を出すとは良い度胸ォだなァ」

上条「そう言えば打ち止め」

打ち止め「なぁに? ってミサカはミサカは聞いてみるよ」

上条「遊園地行きたいのか?」

一方「……」ピタッ

青髪「……」ピタッ

土御門「一方通行の反応を見ても誘うカミやんはバカなのか勇者なのかわからんぜよ」

姫神「同感。」

打ち止め「うん! ってミサカはミサカは言ってみるよ!」

上条「そうか、なら今度皆で行くか?」

打ち止め「本当に!? ってミサカはミサカは確認を取ってみるよ?」

上条「あぁ本当だ、な? 一方通行いいだろ?」

一方「あ、あァ」

青髪「なんやて!?」

土御門「」

打ち止め「やったぁぁぁ! ってミサカはミサカは嬉しさのあまり抱きついてみるよ!」

上条「おいおい、そんなはしゃぐなって」

青髪「なんなんや! この反応の違いぃぃぃぃぃ! こんなの不公平や! そうや嘘なんやろ? なぁ土御門?」

土御門「現実を見るぜよ」

青髪「嘘やぁぁぁぁぁぁ!」

男2「青髪、今俺も同じ心境だ」

男3「しかもあんなパーフェクトロリに抱きつかれて、“おいおい、はしゃぐなって”だって?」

男4「俺なら今すぐトイレに直行だバカ野郎!!」

男5「しかも、皆って! 皆って何だよ……」

土御門「そりゃあ、居候のシスターとかじゃないかにゃ~?」

青髪「ロ、ロリ要素追加やと!?」

上条「お、お前らちょっとま」

吹寄「はいはい、そこまで。続きは今日の作業が終わったらね」

青髪「こうなったらさっさと今日の作業を終わらしてカミやんを問い詰めるんや!」

男共「「「「「了解!」」」」」

打ち止め「遊園地~遊園地~ってミサカはミサカは楽しみにするよ!」

男2「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉやるぞぉぉぉぉぉ」

男4「その意気だぁぁぁぁぁぁ」

上条「(何でそんな掛け声が必要なんだよ)姫神、のり取ってくれ」

姫神「はい。」

上条「サンキュー」

姫神「……」

上条「……」

上条「そこのハサミ取って」

吹寄「あぁ、これね」

上条「どうも」

吹寄「あんたが真面目にやるなんて珍しいわね」

上条「俺はどんな風に思われてるんだ」

吹寄「三バカの一角」

姫神「鈍感。」

吹寄「変態」

姫神「不幸。」

上条「予想外の返答の嵐!? 不幸以外は気のせいな気がするんですが!」

姫神「……」ヌリヌリ

吹寄「……」チョキチョキ

男3「ぬぉぉぉぉぉぉ待ってろ上条当麻!!」

青髪「そういやぁ一方通行、スカート穿いてみいへんか? 何か似合う気がしてどうしようも無いんやけど」

一方「お前は何をいきなり言い出すんだァ」

打ち止め「賛成! ってミサカはミサカは意思を表すよ!」

一方「打ち止めェ!?」

上条「なぁ」

姫神「何?」

上条「何で、こんなことしてるんだ?」

姫神「何でって。教室の飾り付けをつくるんでしょ。」

上条「そうだけど、そこは学園都市の加工技術使えばあっという間なんじゃないか? 全自動で出来そうな気がするんですけど」

姫神「さぁ。」

上条「さぁ……って」

吹寄「予算が無いのよ」

上条「予算?」

吹寄「えぇ、小萌先生が嘆いてたけど優秀な学校にほど予算が高く支給されるみたい」

上条「なるほど……弱肉強食か……」

姫神「何か。違う気がする。」

吹寄「でもいいじゃない、こういう作業も高校生っぽくて」

姫神「確かに。」

上条「まぁ……高校生っぽいよな~」

上条「高校生と言えば……二人とも彼氏とかやっぱ居るのか?」

吹寄「居ないけど? 何か問題が?」

上条「へぇ~居ないのか……姫神は?」

姫神「居ない。」

上条「寂しい高校生活だなぁ~」

吹寄「あんたはどうなのよ」

上条「居る訳無いだろ……まぁ俺に彼女が出来たら二人にも彼氏の一人や二人出来てますよ」

姫神「(誰の所為だと。思ってるの。)」

吹寄「(知らぬは本人だけ……ね)」










一方「止めてくれェ!」

女2「まぁまぁ、小萌先生の知り合いがこんなに持って来てくれたしね、いいじゃない」

女3「そうそう、奇麗な足してるし絶対似合うって!」

土御門「そうぜよ、似合うにゃ~」ニヤニヤ

一方「土御門ォ覚えてろォ!」

姫神「ねぇ。」

上条「ん?」

姫神「あなたなら。オーダーメイドカフェで。何をオーダーするの?」

上条「俺か?俺ならなぁ……」

姫神「うん。」

上条「土御門にバーテン服かなぁ~」

姫神「……」

吹寄「……」

上条「な、なんですか!? その目は!?」

姫神「別に。」

吹寄「別に」

上条「今のは聞かなかったことにして下さい」

上条「なら、お前らはどうすんだよ」

姫神「私なら。あなたに神主の格好をさせる。」

上条「何故に!?」

姫神「で。私は巫子服。」

上条「な!? 神社カフェでもやるつもりですか!?」

姫神「うん。それいいかも。」

吹寄「似合わないわね」

上条「似合わなくていいですよ!?」

姫神「私と二人で。やらない?」

上条「神社カフェ?」

姫神「うん。」

上条「二人っきりなら好きな人を誘うべきですよ~あ、そこの両面テープ取って」

吹寄「……」

姫神「……」

上条「吹寄は?」

吹寄「私なら、あんたにスーツでも着せようかしら」

上条「スーツ? 何で」

吹寄「別に……」

上条「さいですか」

吹寄「えぇ、気にしないで」

上条「……」

吹寄「……」

姫神「……」

上条「……」

吹寄「……に、似合いそうだから、何? 悪い?///」

上条「あ、あぁ……どうも?」

上条「腹減ったぁ……ってもう2時か」

吹寄「確かに、お昼食べて無いからね

姫神「そろそろおやつの時間。」

一方「お、おォい。お、お茶が入ったぞォ///」

上条「おぉ、お茶かありが……とぉぉぉぉ!? そ、それ、一方通行お前どんな格好してんだぁ!?」

男3「ミニスカメイド……だと……」

男4「薄いピンクの二―ソに黒いミニスカメイド服、そして杖を突きながら懸命にお盆を運ぶこの姿……」

男2「これが……萌え」

青髪「生涯に一片の悔いは無かったんや」

打ち止め「当日はもっと着せ替え出来るのにってミサカはミサカは呟いてみる」ニヤニヤ

青髪「そ、そうや! 本番はこれからや! なぁ土御門!」

土御門「ミュ、ミュー大陸への入り口はどこぜよ!?」アタフタ

上条「土御門がこんなに取り乱してる所初めて見たな……てか打ち止めは着替えないんだな」

打ち止め「今日は一方通行の日なんだよってミサカはミサカは説明してみるよ」

上条「? まぁそんなもんなのか」

上条「」ズズズッ

姫神「」ズズズッ

吹寄「」ズズズッ

上条「はぁ~疲れた体に浸みわたるな」

姫神「うん。」

吹寄「そうねぇ」

一方「鈴科」

上条「へ?」

鈴科「鈴科百合子」

上条「あ、あの?」

鈴科「名前」

上条「(鈴科百合子……百合子!? 一方通行って女だったのか!?)」

鈴科「それで」モジモジ

上条「は、はい」

鈴科「えっと」モジモジ

上条「はい」

鈴科「今日から私の事を名前で呼ンでくれ……ませんか?///」

男4「上条一度死ね]、頼むから一度でいいからホント」

上条「人間一回死んだら終わりですよ!?」

男3「ハゲ」

女3「甲斐性なし」

男2「実はホモ」

上条「ダァーッ!! お前ら適当な事言ってんじゃねぇ!」

鈴科「やっぱ、無理か?」シュン

上条「いやいや(一方通行がこんな落ち込んだ所なんて見た事ねぇぞ!?)あ、その、なんだ、よろしくな鈴科」

鈴科「!! あァ///」

男4「死ね、マジで一回死んでくれ」

男2「噂によると学園都市には地下組織があるらしいぞ」

男3「5万まで出す」

上条「だから、何物騒な事言ってんだよ」

鈴科「で、味はどうだ?」

上条「あぁ、美味しいぞ」

鈴科「そ、そうか///」

姫神「うん。丁度いい温度だし」

吹寄「えぇ」

鈴科「任せて、私に出来るのはこの位だから」

上条「あー……」

鈴科「気にするな、もうこの杖にも慣れた」

上条「そうか、本人がそう言うなら気にしないぞ?」

鈴科「逆に気を使われる方が面倒だァ」

上条「分かった、これからもよろしく鈴科」

鈴科「あァ」

上条「それにしてもお茶が美味いなぁ」ズズズッ

土御門「……まじかにゃ~? 毒とか入って無かったぜよ?」

鈴科「お前は私を何だと思ってんだァ?」

土御門「冗談ぜよ、俺にもお茶一杯」

青髪「ボクもボクも!」

男3「お、俺にも!」

男4「セコッ! 俺にも」 

男2「じゃあ俺も!!」

鈴科「はいはい分かったから、ちょっと待ってろ」

姫神「私も手伝う。」

吹寄「あ、私も」

鈴科「ありがと、姫神、吹寄」

打ち止め「ミサカも!! ってミサカはミサカは意思を表明してみるよ」

鈴科「打ち止めもありがとなァ」

打ち止め「うん!」

上条「なぁなぁ土御門」コソコソ

土御門「何だ?」コソコソ

上条「一方通行……鈴科変わったよなぁ?」コソコソ

土御門「あぁ、百人が百人変わったって言うにゃ~」コソコソ

上条「何かあったのかなぁ……」コソコソ

土御門「さぁ……まぁ一つだけ言える事があるぜよ」コソコソ

上条「何だ?」コソコソ

鈴科「野郎共ォお茶入ったぞー」

青髪「鈴科ちゃぁぁぁぁぁん! ありがとうぅぅぅぅぅ!」

男3「うぉぉぉぉぉ! 鈴科さんが淹れてくれたお茶ぁぁぁぁ!」

男2「女の子が淹れてくれたお茶……あれ、なんか目から汗が……」

男4「泣くな兄弟……」

男5「お前もな……」

土御門「一方通行の時より、鈴科百合子としての方が幸せそうぜよ」チラッ

上条「あぁ、そうだな」

土御門「鈴科ぁ~~、お茶~~~」ジタバタ

鈴科「お前は……ほら」

土御門「鈴科タンありがと~」

鈴科「誰がタンだ」








上条「……、何だかんだで土御門も嬉しそうじゃねぇか」

 

上条「腹減ったぁ……流石にお茶だけじゃ足りないなぁ……」

土御門「にゃ~……何か食いに行くぜよ」

上条「そうだなぁ、それがいいか~、青髪ピアス~お前も行くだろ?」

青髪「あぁ、もちろんやん!」

姫神「私も行く。」

吹寄「そうね、私も行こうかしら……打ち止めちゃん達も一緒にどう?」

打ち止め「行く行く~ってミサカはミサカは賛成してみたり」

一方「それじゃァ私達も行くかァ」

土御門「じゃあガ○トでいいかにゃ~」

上条「あぁ、じゃあ行くか」

従業員1「では、こちらへどうぞ」

ゾロゾロ

上条「それにしても、良く空いてたなぁ……ここ人気のファミレスだろ? 待つの覚悟してたんですけど」

吹寄「もう昼時は過ぎたからね、それに午後のお茶の時間にもまだ早いし」

従業員1「こちらがメニューです、ご注文がお決まりになりましたら、そちらのボタンでお呼び下さい」

打ち止め「ハーイ! ってミサカはミサカは元気よく返事してみるよ」

??「店員さん、追加注文いいかしら?」

従業員1「あ、はい!」

??「えっと、まず秋の味覚パフェ、後コーヒーのお代わり下さい」

従業員1「少々お待ち下さい」

??「お前頼みすぎじゃねぇか……パフェ何個目だよ、腹壊しても知らねーぞ」

??「あら? そうかしら?」

??「俺の奢りだからって遠慮って言葉忘れてんじゃねぇか?」

??「忘れて無いわよ。それに俺、なんて言葉今のアンタには似合わないわよ」

??「好きでこんな身体になった訳じゃねぇ……冥土返し覚えてろよ……」

??「元はと言えばあんたが第1位に喧嘩吹っ掛けたのが悪いんじゃないの」

??「……」

??「それに、冷蔵庫に比べたらマシな方じゃない」

??「お前も半身と右目無くしただろ」

??「あら、全身無くした人に言われたく無いわね」

??「俺は良いんですぅ、第1位にやられたから、お前はレベル0にやられたんだろ?」

??「手加減してやったのよ」

??「はいはい、そうですか」

??「……」

??「……」

??「学園都市の技術に感謝だなぁ、今こうして飯食ってる時点で奇跡だからなぁ」

??「そうね……あんたは大事な物を失ったけど」

??「……」

??「……」

??「だぁぁぁぁぁ、それを言うんじゃねぇぇぇぇ! 俺の息子ぉぉぉぉぉどこ行きやがったぁぁぁぁぁぁぁ! 帰ってこいぃぃぃぃぃ!」

??「ここでそんな事大声で叫ぶな、周りの人に迷惑でしょ」

??「あ? こんな時間帯にファミレス来る奴なんて居ねぇ……よ」チラッ

上条「……何々どう言う事でせうか」コソコソ

青髪「……さぁ?」コソコソ

土御門「……鈴科の知り合いっぽいにゃ~」コソコソ

姫神「……」

吹寄「……」

打ち止め「……知り合い? ってミサカはミサカは聞いてみるよ」コソコソ

鈴科「……」

垣根「……」

麦野「はぁ、だから言ったのに……久しぶり~第1位、上条」

鈴科「どうしたんだ? ナース服なんて着て」

垣根「第1位! 何でこんな所に居やがるんだよ!?」

鈴科「そんなの私達の勝手でしょ」

垣根「……なんか丸くなってないか? てか変わってないか? XYがXX的に」

鈴科「元がXXだから、変わったんじゃ無くて戻ったんだ」

垣根「そ、そんなもんか?」

鈴科「えェ、そんなもんだ」

垣根「……」

鈴科「……で、なんでナース服なんだ?」

垣根「それは……」

麦野「冥土返しの趣味?」

垣根「言うんじゃねぇ……」

鈴科「だってお前男だろ?」

麦野「今は女よ、ねぇ?」

垣根「だからお前はぁぁぁぁぁ!」

上条「どういう事だよ?」

麦野「冷蔵庫から人間へコンバートされる時に付け忘れたみたいなの」

上条「冷蔵庫? てか何を……」

麦野「あれよ……あれ」

鈴科「?」

麦野「垣根、パス」

垣根「む、息子を……」

全員「……」

垣根「何だよこの空気! 俺のせいじゃねぇだろ!? 明らかに冥土返しのミスだろぉぉぉぉ!?」

鈴科「じゃあ、今は垣根君じゃ無くて垣根ちゃんなのか?」

垣根「そうですよ、えぇそうですよ!」

鈴科「で、第4位と一緒に何してんだよ」

麦野「バイトの休憩中よ、私たち冥土返しの所でバイトしてんの」

 

ピンポーン

ゴチュウモンオキマリデショウカ

ア、コレト コレ アトコレ……アトドリンクバーニンズウブン

カシコマリマシター

上条「話を纏めると、垣根が冷蔵庫? から人に戻る為には条件があったと」

垣根「あぁ」

上条「それが、能力の“未元物質”を医療の役に立てる事」

垣根「あぁ」

青髪「そして用意された新しい身体! しかしそれには息子が付いていなかった!! ってことなん? つまり男の娘になってしまったん!?」

垣根「……、あぁ……“付け忘れた”らしい」

土御門「名医と人工の身体の助手……」

吹寄「なんかある漫画を思い出したわ」

姫神「偶然。私も……」

打ち止め「アッチョンブリケ! ってミサカはミサカは急に叫んでみるよ」

土御門「それが正しい選択だにゃ~」

上条「で、麦野さんは?」

麦野「私はついでよ」

上条「ついで?」

麦野「冥土返しが直してくれるって言ったからそれに甘えただけ」

上条「なるほど……」

麦野「あの姿のまんまだとホラーだったからね」

上条「確かに、学園都市に出る妖怪って言われても疑わない姿だったからなぁ」

麦野「酷い……上条、お前そんな風に思ってたんだ」シュン

上条「え? あ? 冗談ですよ、冗談!? あれ? だ、だからそんな落ち込まないで! そんな目向けないでぇぇぇ!」

麦野「冗談よ、冗談。今思うと私もあれは引くもの」

上条「まぁ、元に戻って良かった良かった」

従業員1「お待たせしましたー、ご注文の品は以上ですか?」

吹寄「えぇ、そうね」

従業員1「では、ごゆっくりー」

上条「あ、ちょっと待ってろ飲み物取って来る、希望は?」

土御門「オレも手伝うにゃ~」

青髪「ボクコーラ」

打ち止め「オレンジジュース!」

吹寄「ウーロン茶」

姫神「私もウーロン茶」

麦野「あ、私アイスコーヒー貰おうかしら」

鈴科「私も」

垣根「俺は紅茶で」

上条「了解」

上条「なぁ土御門」

土御門「何だ?」

上条「学園都市ってスゲーな」

土御門「あぁ」

上条「最初、麦野見た時流石に学園都市の技術でも治らねぇって思ったもん」

土御門「だにゃ~、もしかしたら瀕死なら余裕で生き返るレベルになってるにゃー」

上条「後で乾杯するか」

土御門「何に?」

上条「……2人の完治祝い?」

土御門「あぁ、それもいいにゃ~」

上条「あれ? 後何だっけ?」

土御門「紅茶ぜよ」

上条「ほら、皆に行きわたったか」

鈴科「あァ」

麦野「急にどうしたの改まって」

上条「土御門と話したんだけどな、ここで乾杯しようぜ」

吹寄「乾杯? 何に?」



土御門「いいからグラスを持つぜよ」

上条「それでは、2人の完治を祝って! 乾杯!!」

土御門「乾杯!! だにゃ~」

打ち止め「かんぱ~い!!」

吹寄「なるほど、乾杯」

姫神「たまには粋なことも。するんだね。乾杯。」

青髪「男の娘の誕生にかんぱぁぁぁぁぁぁぁい!」


麦野「乾杯!」

鈴科「ほら」

垣根「あぁ」

カーン

鈴科&垣根「乾杯」

青髪「それにしても……」

上条「ん? なんだよ真面目な顔して、付け合わせのパセリっぽいのならやるぞ?」

青髪「違うってー、カミやん」

上条「じゃあ何だよ」

青髪「垣根ちゃん胸大きくあらへん?」

全員「!!」

土御門「確かに……言われればそうだにゃ~」

吹寄「き、貴様! いきなり何を言い出す!」ビシッ

上条「吹寄さん落ち着いて!? フォークは人に向ける物では決してありませんよ! はい、そのフォークをこっちに渡して!」

鈴科「(胸かァ……)」ペタペタ

垣根「まぁ、冥土返しの好みに作られてるからなぁ、確かCらしいぜ」

姫神「C……」

上条「“付け忘れた”じゃ無くて絶対わざとだよな……」

麦野「この中じゃけっこう大きい方じゃないかしら」

垣根「少なくとも打ち止めと第1位には勝ってるな」ニヤリ

鈴科「あァ? 人工の癖に何言ってンだ?」ブチッ

上条「ヒィッ!? 鈴科さんの様子がおかしいですよ!? まるで昔を見ているようです!」コソコソ

土御門「そう言う時は心の中でB連打するぜよ」コソコソ

上条「ポケモンかよ……とか思いつつB連打する上条当麻であった」コソコソ

麦野「B? Aの間違えじゃない?」

鈴科「上条ォ?」ニコ

上条「ひぃぃぃぃぃぃ!? てか麦野さん!? 何でそこだけ聞いてんだ!」

麦野「あら、違ったかしら」ニヤニヤ

上条「全然違ぇよ! てかその笑み! 分かって言ってるだろ!?」

青髪「B以上じゃないと嫌だって言ってたで~」

上条「青髪!? お前ふざけんなよ!?」

吹寄「上条! 貴様は女の子に向かって!」ビシッ

上条「だから! フォークは人に向ける物じゃ無いって!!」

麦野「あら、スタイルのいいあなたが言っても嫌みにしか聞こえないわね~」ニヤニヤ

吹寄「なっ///」

姫神「確かに。吹寄は実はスタイルがいい」

吹寄「姫神さん!?」

姫神「私なんて普通……個性の無い、ただの普通……」

上条「ひ、姫神!? だ、大丈夫普通が一番だから! 少なくともこの中では一番まともですよっ!!」

打ち止め「遺伝子的にミサカには夢が無いって、ミサカはミサカは落ち込んでみたり」ペタペタ

麦野「打ち止めも気にしなくて大丈夫よ~」

打ち止め「何で? ってミサカはミサカは期待に胸を膨らませつつ聞いてみる」

麦野「そりゃあ、ロリもイケるからでしょ。ねぇ上条君?」ニヤニヤ

鈴科「オイ、どォ言う事だァ上条ォ」

上条「あんたは場を混沌とさせるしかやる事無いのかよ!?」

土御門「まぁまぁ、こう言う時は本人に聞くのが一番ぜよ」

シーン

上条「あ、あれ? なんで急に皆黙るんですか?」

麦野「で、どうなの?」

上条「な、何が」

麦野「胸よ胸、大きいの小さいの? それとも普通の?」ニヤニヤ

上条「いやいや、なんでそんな事……」

鈴科「答えよォかァ」カチ

姫神「」ジーッ

垣根「ほら、第1位に現実を教えてやれよ」バサッ

上条「ひぃぃぃ!? 後ろに羽が見えるのは気のせいでせうか!?」ガクガク

鈴科「脅迫とか無しだろォ」バサッ

上条「いやいや、鈴科さん!? 対抗しなくていいですからねっ!?」ブルブル

青髪「そろそろカミやんも年貢を納める時がやってきたんよ」ウンウン

土御門「第1位と第2位に囲まれちゃ無理ぜよ、諦めるにゃ~」ウンウン

麦野「ほら、男らしい所見せてよ」ニヤニヤ

垣根「さぁ」ズイ

鈴科「さァ」ズイ

上条「だ、誰か、誰かぁぁぁぁぁぁぁ」ガクガクブルブル

吹寄「はいはい、そこまでそこまで、全く……周りの人の迷惑でしょ」パンパン

垣根「チッ」

鈴科「はっ!? 私は一体……」

麦野「何? 無意識だったの?」

上条「吹寄! やっぱり吹寄! 流石吹寄ぇぇぇぇぇぇ」ガシッ

吹寄「ちょ、ちょっと手を離しなさい///」

土御門「カミやんちょっと涙目ぜよ」

青髪「よっぽど怖かったんやね~、まぁ自業自得やけど」

打ち止め「いい子いい子ってミサカはミサカは慰めてみるよ」ナデナデ

青髪「……やっぱ許されへんなぁ」

上条「顔が笑って無ぇぞ……」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。