あたる「学園都市?それより…ガールハントじゃ!」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あたる「……あれ?ここはどこだ?」キョロキョロ

あたる「街の外観からして、まず友引町ではないみたいだが…」

あたる「う~~む……あっ!」

神裂「……」スタスタ

ドヒュンッ!

あたる「お姉さ~~ん!」

神裂「?」

あたる「お姉さん綺麗だねぇ、ねえねえこれから一緒にお茶しようよ~♪」

神裂「……」

神裂(何ですか?この軽薄な男は…?)

あたる「お姉さんってホント綺麗だねぇ♪年いくつ?」

神裂「…18ですが」

あたる「またまたぁ、冗談がうまいなぁ♪容姿といい大人な雰囲気といい、20代後半ぐらいでしょ~♪」

神裂「……」プチッ

神裂「………だよっ…」

あたる「えっ?なになに♪」

神裂「るっせえんだよド素人がぁっ!」チャキッ

ヒュンヒュンヒュンヒュンっ!!

あたる「どわっ~~~~~!!!!?」

あたる「いや~~びっくりした…」

あたる「あのお姉さん面堂みたいに刀振りまわしてくるんだもんな~~…しかも、面堂より太刀筋が早いし………んっ!」

五和「……」トコトコ

ドヒュンッ!

あたる「ねえねえそこの彼女、僕と一緒に遊ぼうよ~♪」

五和「えっ?…いや、あの…」

あたる「大丈夫だって~♪僕怪しい奴じゃないから~♪」

五和「は、はぁ…」

あたる「っていうわけで、早速遊びに行こうよ~♪」
ガシッ

五和「!」

五和「ちょ、ちょっと!手を離して下さい!」

あたる「いいからいいから♪絶対楽しいからさ~♪」

五和「~~~~~」

五和「…いい加減に――」グッ

あたる「へっ?」

五和「してくださいっ!!」

ブオンッ!

あたる「――――!!」

ヒユーーーン……キラン

 

 

 

あたる「いてて…」

あたる「しかし…凄いなさっきの女の子…しのぶと同等か、それ以上の怪力だったな……あっ!」

麦野「……」トコトコ

ドヒュンッ!

あたる「ねえねえいきなりで、なんだけどさ~僕と一緒に遊ぼうよ~♪」

麦野(…何こいつ?)

あたる「いいでしょ~~ねえねえ♪」

麦野「……」

あたる「そんな怖い顔してたら、せっかくの可愛い顔が台無しだよ~~♪――あっーーと手が滑った!」

ツツーーッ…

麦野「!」ぞわ~~…!

あたる「君可愛い反応するね~♪」

麦野「……」ブチッ

あたる「ん?」

麦野「…アンタ」

あたる「なになに?♪」

麦野「ブ・チ・コ・ロ・シ・カ・ク・テ・イ・ネ」

あたる「えっ、ちょ―――うぎゃーーーーーーっ!!!!」

あたる「うぅぅ…死ぬかと思った…」ボロッ

あたる「……だが」

あたる「これしきの事で、ガールハントを諦めてたまるか!」

あたる「――おっ!またまた可愛い子が!」

固法「……」スタスタ

ドヒュンッ!

あたる「お姉さ~~ん♪携帯番号かメルアド教えて~♪」

固法「えっ?」

あたる「あっーーといけない!転んじゃったーー!」

抱きっ

固法「なっ!」

あたる「はあ~…良い匂い―♪」スリスリスリ

固法「―――」ヒュッ―ガキッ

あたる「へっ?」

固法「――――ふっ!」ヒュッ!

ビダンッ!!


あたる「うぎゃっ!」

固法「…ふん」パンパン…

固法「……」スタスタ

 

あたる「ぐお~~…せ、背中が…痛い…」

あたる「…一体どうなってんだこの街は…」

あたる「可愛いけどまともな女の子がいないぞ…」

あたる「……おっ!」

美琴「……」テクテク

ドヒュンッ!

あたる「そこの可愛いおっ嬢さ~~ん♪僕とこれからお茶しようよ~♪」

美琴「?………私?」

あたる「そうだよ~♪可愛い子なんて君以外に誰がいるのさ~~♪」

美琴「……」

美琴「ナンパとか……まだこういうことをしてるんですか?」

あたる「(まだ?)何言ってんの~~♪それに今日のガールハントは数回しかしてないし、まだセーフだよ~~♪」

美琴「ふーん…やっているんだ…」バチバチ

あたる「ん、どったの?」

美琴「ダーリンの――」

あたる「へっ?」

『ばかーーーっ!!』

バリバリバリバリバリバリっ!!!!

―諸星家―

ラム「ナンパとか……まだそういうことをしてるかだっちゃ??」

あたる「ムニャムニャ…何言ってんの~~♪それに今日のガールハントは数回しかしてないし、まだセーフだよ~~♪……ムニャムニャ…」

ラム「ふーん…やってるんだっちゃね…」バチバチ

あたる「ムニャムニャ……どったの?…ムニャ…」

ラム「ダーリンの――」

ラム「ばかーーーっ!!」

バリバリバリバリバリバリっ!!!!

あたる「!」

あたる「どわ~~~~っ!!!!―――寝起きから不幸だーーーーーーっ!!!!」

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

編者注:ここから書き手が変わる

 

 

諸星家

あたる「学園都市だぁ?」

ラム「うん、弁天とおユキちゃんに遊びにいこうって誘われたっちゃ。」

ラム「ウチ2、3日いないけど、浮気しちゃダメだっちゃよ!」

あたる「う~ん…」

~~~~~~~~~~~~~~~

学園都市
 ↓
 学校
  ↓
 学生
  ↓
女子学生+弁天様・おユキちゃん

~~~~~~~~~~~~~~~

あたる「よし、オレもいくぞ!」


あたる「女性だけでなにかあったらたいへんだからな」キリッ

ラム「…ダーリン、また変なこと企んでるんじゃないっちゃよね?」

あたる「なにをいうかラム、妻を心配する夫の気づかいがわからんのかね」キリッ キリッ

ラム「いままでさんざん浮気しといてよくゆうっちゃ…」ハァ

ラム「なにかあったら電撃噛み付きの上に、おユキちゃんに凍らせてもらって、弁天に宇宙船から放りしてもらうっちゃよ!」ビリビリ

あたる「…ラム、オレはいまモウレツにかなしいぞ。」サッ

あたる「これほどまでに妻であるお前が
心配だってことをわかってもらえないとは…」メグスリサス

あたる「かなしいよ…」キラッ

ラム「ダーリン、そんなにまでウチの心配を…」ジーン

ラム「やっぱりダーリンはウチを愛してるっちゃね~♪」トビツキギュッ

ラム「ダーリン~♪」バリバリ

あたる「ギャーーーーー」プスプス


諸星家外

錯乱坊「相変わらず不幸なオーラを放っておる家じゃの~」

デンゲキバリバリ ギャー

錯乱坊「…諸星あたる、これもおぬしの定めじゃ!」ナムナム


次の日の朝 諸星家


母「ちょっとあたる!もっとゆっくりたべなさい!」

あたる「だいじょうぶ、だいじょうぶ!」ガツガツ

父「そうだぞ、あたる。父さんの食べる分がなくなったらどうするんだ」

ラム「ダーリン、あ~ん」

あたる「おう、サンキュー」パクッ

母「ほんと食い意地ばっかり張って、誰に似たのかしら。産むんじゃなかった…」ハァ-

父「母さん、それをいっちゃ」

母「おだまりなさい!誰かさんの給料がもっとよかったら、こんなこと言ってませんわよ!」ダンッ

父「………」

あたる「父さん、元気だせよ」ポンッ

母「元凶のアンタが言うんじゃありません!!!」ガンッ

あたるの部屋


あたる「ふ~とりあえずめしもくったことだし、準備でもするか」ガサゴソ

ラム「なんか楽しみにだっちゃね~ダーリン♪」

あたる「そ~いや誰の宇宙船でいくんだ?」ジュンビチュウ

ラム「ウチの宇宙船はいまオーバーホール中だっちゃ!だからおユキちゃんにまかせてあるっちゃよ。」

あたる「ふ~ん、んっ?」
オーイ ラムー ブー---ン パラリラ~ パラリラ~

ラム「あっ、弁天が迎えにきたっちゃ♪」

弁天「おぅ、ラム久しぶりだな~」キキーッ

ラム「弁天♪げんきにしてたっちゃ?」

あたる「弁天様ー」トビツキッ

弁天「あたぼうよ!げんきとケンカだけはだれにも負けねぇーぜっと!」ドカッ バキッ グシャッ

ラム「ダーリンはなれるっちゃー!!!」デンゲキバリバリ ギャー

弁天「ふ~おめーも少しは学習したらどうだ?」

ラム「ところで弁天、おユキちゃんといっしょに来るんじゃなかったっちゃ?」

弁天「あ~おユキならいまランのとこにいってるぜ!」

あたる「ランちゃん?」ダダダダダ ランチャーンマッテテネー

ラム「あっ、こらダーリン待つっちゃ!」ピュ----

弁天「やれやれ相変わらずだなあの二人は~」 ブォン ブロロロロ


ダダダダダッ ランチャーン ダーリンマツッチャッ! デンゲキバリバリ ヤレヤレアキネーコッテ ソラヲブー--ン


~~~~~時間は遡りちょっと前~~~~~

ランの宇宙船


ピーンポーン


ラン「は~い、ちょっとまってくださいなっ♪」パタパタ ウィーンドアアク

おユキ「お久しぶりね、ラン」シズシズ

ラン「あら~おユキちゃんじゃないの?朝早くから尋ねてくるなんてどうしたの~?」ネコカブリ

おユキ「えぇ、近くに用事があってきたものだからよってみたの」ニコッ コオリノビショウ


ラン「ちょうどよかったわ~いまクッキー焼き上がったところなの。いっしょにお茶しましょ♪」 ランラン

おユキ「ふふっそれじゃあ、お言葉甘えさせてもらおうかしら」 ニコッ

あたる「ランちゃん、そんな理由なんてなくたって、いつでも呼んでくれていいんだよ」 カタヲダキツツキリッ

ラン「あら、ダーリン。いつの間にきたの~」ハテナ?

ラム「ダーリンはなれるっちゃーーーーーーー!!!!!」 ラムノデンゲキコウゲキ

あたるラン「ギャアーーーーーーー」 コウカハバツグンダ

おユキ「ラン、先におじゃましてるわね」 トコトコ

アタルハクロコゲ チーン~


ラム「あっ、ランちゃんごめんちゃ…」ヤバッ

ラン「……………ラ~ム~」ケムリプスプス

ラム「うっ」アセタラー

ラン「おのれはホンマ自分にうらみでもあるんかいな!!!いっつもいっつも邪魔ばっかりしくさってからに!!!」ホンショウアラワル

ラム「そんなことないっちゃよ。ウチとランは友達だっちゃ!」アセアセ

あたる「そうだぞラム。その怒りっぽい性格を少しは反省しなさい。ね~ランちゃん」フッカツ

ラム「誰のせいだとおもってるっちゃーーー!!!」ラムハサンダ-ヲトナエタ

あたる「ギャーーーーーーー」アタルノキュウショヲツイタ

ラン「おのれらヒトん家であばれるのはよさんかい!!!

ブロロロロ-

んっ?」ナンジャイ?

弁天「よぅ~ラン、じゃまするぜ!」バイクゴトシツナイニ キキーッ

弁天「あれっ、おユキの野郎まだきてないのか?」バイクカラヨッコラショット

ラン「べ~ん~て~ん~」プルプル

ラン「おのれは常識っちゅうもんを知らんのかい!常識っちゅうもんを!!どこの世界にバイクごと家に入ってくるヤツがおんねん!!!周りの迷惑っちゅうもんを考えんかい!!!!」ガーッ

弁天「ま~そんなかたいこというなよ、ラン」シレット

おユキ「弁天、やっと来たわね。アナタもお茶いかが?」トコトコ

アーッオユキサーン ダーリンッ!!マダコリナイッチャ!!!ビリビリ ギャー----

弁天「おぅ~おユキ。ということは全員あつまったみてーだな」ヘヤノオクニズカズカ

おユキ「えぇ、そうみたいね。じゃあ早速出発しましょうか」アトツイテアルイテク

ラン「ひとの話を聞かんかいワレ!!!」アトオイカケル

おユキ「ラン、そんなに目くじら立ててばかりいると、シワがふえるわよ」マジメナカオ

弁天「そ~だぜ、ラン」ニヤニヤ

ラン「誰のせいだとおもうとるんじゃい!!!」ガオー

ラム「おユキちゃん!ひさしぶりだっちゃ」テヲニギッテピョンピョン

おユキ「ラム、アナタもげんきそうね」ホホエミゼロエン

弁天「さてと、挨拶もすんだことだし出発するとすっか」コクピットヘアルイテク

ラン「おい、弁天。さっきからあつまったやら出発するやら、いったい何のこっちゃいな」セツメイモトム

弁天「んっ?学園都市に遊びに行くから宇宙船貸してくれって。お前おユキから聞いてたんじゃないのか?」エンジンスタート

ラン「自分、何の説明もうけてとらんがな」オユキヲジトーットミル

<<エネルギーチャージカイシシマス

おユキ「あら~そうだったしら。じゃあラン、申し訳ないけれど宇宙船借りるわね」イスニスワル

ラン「今頃遅いわ!おユキ!!おのれも弁天もどうしてこうも勝手なんじゃ!!!」グワッ

<<ホラッダーリン!オトナシクスワルッチャ

おユキ「う~ん、けどよく言うでしょ?アタナのモノはワタシのモノ、ワタシのモノはワタシモノってね」ニコッ

<<ピーーッ、エネルギーチャージカンリョウシマシタ

ラン「どんなジャ〇アニズムやねん!!」オナジシュッパンシャデモアカンゾ

<<ハッシンジュウビョウマエ

弁天「お~い、ラン~」

<<アンゼンベルトヲカクニンシテクダサイ

ラン「なんや!!!」イマトリコミチュウヤ

弁天「黙ってないと舌かむぜ」ニヤッ

ラン「ほぇっ?」リカイフノウ

~~~~~~~~~~~~~

<<ウギャー-------------ッ
宇宙船コクピット

<<モクテキチ ガクエントシ マデジドウウンテンイタシマス


ラン「……………」アタマニホシガクルクル

弁天「お~い、ラ~ン」ツンツン

おユキ「う~ん、どうやら発進時の急激なGで気絶してるみたいね」ミャクハアルワ

あたる「眠れるお姫様には、王子様のあつ~いキッスが必要なのだ」キリッ ランチャーン クチビルツキダシウーン

ラム「あっコラッー!ダーリン!!」ラムノイナズマ

あたる「ギャーーーーー!!!」ホネガスケテミエル

弁天「やれやれ、まったくひ弱な野郎だぜ!よっこらしょっと」ランヲオヒメサマダッコ

ラム「弁天、ランちゃんだいじょうぶだっちゃ?」シンパイソウニミツメル

弁天「おぅ、すぐに気がつくだろうよ。それよりあっちでやすもうぜ~」アゴヲクイッ

おユキ「そういえばランの作ったクッキー、なかなか美味しかったわよ」コチラヘドウゾ

ラム「さすがランちゃんだっちゃ♪」トウガラシイリアルカナ?

あたる「ランちゃんの手作りクッキー♪」ゼヒトモタベネバ

ラム「…ウチたまにダーリンも宇宙人じゃないかっておもうっちゃ」フッカツハヤスギルッチャ

宇宙船内 リビング


弁天「ここに寝かせるとして…さてと、おユキ~茶いれてくれ」アツイヤツナ

ラム「おユキちゃん、ウチもお願いするっちゃ」トウガラシチャ

あたる「おユキさん。貴女がお茶をいれてくれるなんて…これは愛の告白と思っていいのかな」カタヲダキツツシロイハキラッ

おユキ「あらやだ、ダーリンったら~」オユキハコオリノイキヲフキカケタ

あたる「」アタルハコオリツイテシマッタ

ラム「そういえば学園都市ってうち初めていくっちゃ!どんなとこだろ~楽しみだっちゃ~♪」ワクワクガトマラナイ

おユキ「名前の通り学園都市は学生が中心の街らしいわよ」クッキーヒトクチ

おユキ「その学園都市に住む学生は、それぞれに不思議な能力をもってるらしいわ。いわゆる超能力ね」オチャヒトクチ

弁天「なんでも楽しめりゃいいぜ」オチャヲズズー

ラム「へ~ウチと同じだっちゃ!友達いるかもしれないっちゃね!」ワクワク

<<モクテキチガクエントシニアトゴフンホドデツキマス

弁天「さてと、そろそろ到着らしいな」ヨッコラショット

おユキ「そうみたいね、ところでランは気づきそうかしら?」

弁天「あん?ランのヤローならまだ寝てるぜ!このまましといてもいいんじゃね~の?」アトデオキテクルダロ

おユキ「…弁天も悪い人ね、自動発進ならこんなことにならなかったのに」ジーッ

弁天「へへっ、どうもランを見るとからかっちまうんだよな~」ケラケラ

ラム「弁天、あんまりからかっちゃランちゃんがかわいそうだっちゃよ」

あたる「では、不詳諸星あたるが改めて目覚めのキスを…ランちゃ~ん♪♪♪」

ラム「ダーリン!何が改めてだっちゃ!!!」ラムノホウデン

あたる「ギャーーーーー」ビリビリ

弁天おユキ「ふ~やれやれ」アイカワラズダナ

<<ピンポーンモクテキチガクエントシニトウチャクシマシタ


ラン「……んっ、う~ん」モゾモゾ

ラム「あっ、ランちゃん気がついたちゃ?」アタルハクロコゲ プスプス

おユキ弁天「おはよう(よ~)、ラン」

ラン「え~っと、みんなおはよう。ランちゃん寝てたみたい~」ポワポワ

おユキ「ふふっ。それじゃあランも起きたことだし、そろそろ行きましょうか」テクテク

ラム「そうするっちゃ!楽しみだっちゃね~ランちゃん♪」アタルヲヒキズリツツ

ラン「…ランちゃん何か忘れてる気がするんだけど~」ナンダロ?

弁天「そういやおユキ。『学園都市』につえーヤツいんのか?」チョウノウリョクシャダッタカ?

ラン「」ピクッ

ラム「ランちゃんどうしたっちゃ?」

弁天「どうした、ラン?」マダネボケテンノカ?

ラン「……………べ~ん~て~ん~」ゴゴゴゴゴッ

弁天「おっ、学園都市行く前にちょっくら準備運動しとくか?」

ラム「弁天!!!」

おユキ「…ラン。学園都市にはそれはそれは美味しいものが、いっぱいあるらしいわ。『愛しいあの人』のお土産にしたらどうかしら?」

ラン「レイさんの?」

おユキ「ちなみに学園都市は科学技術が30年進んでるらしいから、食べ物も期待していいとおもうわよ」

ラム「ランちゃんそうするっちゃ!きっとレイも惚れ直すっちゃよ!」

ラン「レイさんが…」オトメノモウソウゼンカイ
~~~~~~~~~~~~~~~

レイ「ラン、愛してる!」アツイホウヨウ

ラン「私もよ、レイさん!」ギュー

~~~~~~~~~~~~~~~

レイ「…ラムちゃん、私がんばるわ!!!」

ススッ
あたる「そんなことしなくてもランちゃんにベタ惚れだよ」キリッ

ラム「ダーリンはだまってるっちゃーーーーー!!!!!」ラムノデンジハ

あたる「ギャーーー!!!」アタルハカイヒデキナイ

弁天「…なんでぇ~つまんね~の、さっさと行こうぜ!」

 

学園都市ゲート前


弁天「そんじゃ改めて行くとすっか!」

<<ランチャンウチュウセンドウスルッチャ?
<<ソウネーアクウカンニシマワナキャ キュイーン

おユキ「そうしましょうか、まずはIDを発行してもらわないと」テクテク

<<ワー!ラム~タスケテクレ~
<<ダーリン!ハヤクオリナイカラソウイウコトニナルッチャヨ!

弁天「なんかめんどくさそうだな」

<<ンッダーリンナニモッテルッチャ?
<<エート~コレワタシノシタギミタイ~

おユキ「ふふっ、だいじょうぶよ。身分証明とちょっとした検査で終わるから」

<<ダーリン?バチバチッ
<<マテッラムッ!ゴカイダ!!ハナセバワカル!!!

弁天「ならいいんだけどよ~なぁおユキ…学園都市って確か………」

<<ダーリンノバカ------!!!!!
<<アバババババッ!!!

おユキ「……………はやく行きましょうか」

<<ヘンジガナイタダノアタルノヨウダ
<<フンッ ジコウジトクダッチャ!!!

弁天「………おユキ、わりぃ」


ゲート内 ID発行所


職員「ようこそおユキ様。恐れいりますがお連れの方はID発行のため、必要事項の記入をお願いいたしております」

<<ダーリン!アンマリキョロキョロシナイッチャ!
<<オメエーラスコシハシズカニデキネーノカヨ

おユキ「みんな、こっちにきてもらえるかしら~」

<<ベンテンニダケハイワレタクナイッチャ
<<ラムッ!テメーケンカウッテヤガンノカ!!
職員「記入後こちらで身体検査を行いID発行となります」

<<ウチハタダジジツヲイッタダケダッチャヨ~ダ
<<ジョウトウダ!オモテニデヤガレ!!
おユキ「……………」

<<ワイワイギャアギャア

ラン「…あのっ、おユキちゃん?」オソルオソル

おユキ「ラン、先に手続きしててもらえるかしら?と~っても大事な用事を思い出したわ」ニコッ

ラン「うん、ランちゃんいい子にしてる!」ガクガクブルブル

ゲート内 ID発行所



職員「ようこそおユキ様。恐れいりますがお連れの方はID発行のため、必要事項の記入をお願いいたしております」

<<ダーリン!アンマリキョロキョロシナイッチャ!
<<オメエーラスコシハシズカニデキネーノカヨ

おユキ「みんな、こっちにきてもらえるかしら~」

<<ベンテンニダケハイワレタクナイッチャ
<<ラムッ!テメーケンカウッテヤガンノカ!!

職員「記入後こちらで身体検査を行いID発行となります」

<<ウチハタダジジツヲイッタダケダッチャヨ~ダ
<<ジョウトウダ!オモテニデヤガレ!!

おユキ「……………」

<<ワイワイギャアギャア

ラン「…あのっ、おユキちゃん?」オソルオソル

おユキ「ラン、先に手続きしててもらえるかしら?と~っても大事な用事を思い出したわ」ニコッ

ラン「うん、ランちゃんいい子にしてる!」ガクガクブルブル

ゲートの外


おユキ「あまり…わたしに恥をかかせないでほしいわね」ニコニコ

ラム「おユキちゃんゴメンだっちゃ(寒いっちゃ)」ガクガク

弁天「わるかったな(髪に氷柱が)」ブルブル

あたる「………(なんでオレだけ)」アタルハコオリニトジコメラレテイル

ラン「(おユキを怒らせるなんて命知らずもいいとこやな」ボソッ

おユキ「ラン…何がいったかしら?」クルッ

ラン「ううん、ランちゃん何にも言ってないわ(地獄耳や)」アセアセ

                                                           つづく

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。