上条「キングダムハーツ?」4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サイクス「……アクセル、何がおかしい?」

アクセル「お前何にもわかっちゃいねーよ、サイクス」

アクセル「禁書目録ってのはよ、ただの少女でもなければただの魔導書図書館でも無い」

アクセル「この世界にはそいつを守るためなら命を賭けてもかまわねーってやつが、ごまんといるんだぜ」

サイクス「一体それが……」

上条「インデックス!!」ダッ

サイクス「なにっ!?」

パキュゥンッ!

インデックス「うん……とう、ま?」ムニャムニャ

上条「よかった、無事だったか……」

サイクス(俺の闇の捕縛が……そうか、『幻想殺し』か)

上条「てめえ、御坂の妹達だけじゃ飽き足らずインデックスまで……」

上条「……いい加減にしやがれ!!」

アクセル「そういうわけだサイクス。形勢逆転だな」

サイクス「くっ……来い、バーサーカー!!」

ズウウウゥゥゥッ…

バーサーカー「ウオオオオォォォ!!」

バーサーカー「ウオオオオォォォ!!」

打ち止め「ま、またノーバディが現れたってミサカはミサカは絶体絶命ぶりを表現してみる!!」

美琴「まだこれだけの配下を忍ばせて……!?」

アクセル「……サイクス、ホントにお前はわかんねえんだな」

サイクス「……なに?」

アクセル「言ったろ? 禁書目録を守るためなら命をかけても構わない……」

アクセル「この世界にいると、皆そんな気持ちになっちまうもんなんだぜ?」

ザシュッ!!

ズシャァッ!!

バーサーカー「ウオオ……オオ……ォォ……」

…ドサッ

黒フード「…………」ザッ

神裂「この程度のノーバディ、いくつ呼び出しても無駄です!!」チャキッ

上条「神裂!!」

サイクス「ネセサリウスの……それに貴様は……!?」

アクセル「さっすがナイスタイミングだぜ、『リク』!!」

美琴「リク!?」

黒フード「…………」ダッ

ガキイィィィンッ!!

サイクス「そうかリクか……あのときロクサスに敗れたものとばかり思っていたがな」ギシギシ

サイクス「今更こんな世界に何をしに来た? 『そんな姿』で友を助けに来たというのか?」

黒フード「……!!」グッ

上条「うおおおおおおおっ!!!」ダッ

神裂「ⅩⅢ機関、覚悟!!」ダッ

サイクス「……くっ!」キィンッ

ズウウウゥゥゥッ…

黒フード「……!?」

サイクス「仕方ない、ここは一旦引かせてもらおう」

サイクス「アクセル……次はないものと思え」ズゥッ

ズウウウゥゥゥッ…

アクセル「……逃がさねえぞ、サイクス!!」


――――――

神裂「結局、サイクスとアクセルという機関員は取り逃がしてしまいました……」

上条「まあ、あの闇の回廊ってのを使われちゃったらな」

神裂「しかし次こそは必ず……!!」

インデックス「ううん、そんな必要ないんだよ」

上条「……? インデックス、どういうことだ?」

インデックス「アクセルは多分、もうⅩⅢ機関のメンバーじゃなくなっちゃったんだよ」

インデックス「私をさらったのはただロクサスに会いたかっただけなんだよ」

上条「……なんでそのロクサスってのに会いたいのに、お前をさらうんだ?」

インデックス「それは……ひみつなんだよ!!」

上条「はぁ?」

インデックス「だから、ひ・み・つ、なんだよ!!」フンスッ

神裂「まあよいでしょう。……次ということがないようにインデックスのことを頼みましたよ、上条当麻」

上条「……ああ、わかった」

神裂「では、私はこれで……」

上条「ちょ、ちょっと待て神裂、お前あっちの黒フードはいいのか?」

上条「あれもⅩⅢ機関じゃないのか?」

神裂「いえ、彼は……」

神裂「曖昧な言い方ですが、きっとよいのでしょう」

インデックス「わたしにもわかるかも」

インデックス「見た目は深い闇で覆われているけど……」

インデックス「あの人の心の奥には、かすかだけど絶対に消えない光があるんだよ」



打ち止め「わぁ、すっごい大きいねってミサカはミサカははしゃいでみる!!」

黒フード「……」

美琴「やっぱりアンタ、あの時あのバカを襲った『リク』だったのね……?」

美琴「アンタ、ソラの友達なんでしょ? どうしてそんなにコソコソしてるのよ?」

黒フード「……こんな姿では、二度と会うわけにもいかないだろう」

美琴「こんな姿? その黒フードのこと?」

黒フード「いや……闇に染まった自分自身のことだ」

美琴「闇に染まった……?」

黒フード「だが今日ここに来たのはこれをお前に渡すためだ」スッ

美琴「これ……何かの結晶?」

打ち止め「きれいな石だねってミサカはミサカはうっとりしてみる!!」

黒フード「これは『能力体結晶』と呼ばれるもののファーストサンプル」

黒フード「置き去りの子供たちが実験台となった心の闇の実験で作られたものだ」

美琴「!? それってまさか……!?」

黒フード「木山春生はそれを欲しがっているだろう」

美琴「ど、どうしてこれを!?」

黒フード「……たまたまサイクスの懐から落ちたのを拾っただけだ」

黒フード「お前の好きにするといい」

ズウウウゥゥゥッ…

美琴「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!!」

…ドサッ

美琴「……えっ?」

打ち止め「…………」


――――――

ソラ「ううん……ここは……?」

ドナルド「ソラ!!」グワッ

グーフィー「よかったぁ、ずっと起きないから心配したんだよぉ」

ソラ「ごめんごめん、ちょっと一方通行と話しこんじゃってさ」

ソラ「ってそうだ、一方通行は?」

グーフィー「あそこだよぉ」


一方通行「…………」


ソラ「一方通行……!?」

グーフィー「あれっきり目を覚まさないんだよぉ」

ドナルド「ソラはちゃんと一方通行の心と会えたんだよね?」

ソラ「うん、アイツ……自分の心の闇と戦ってた」

ソラ「きっと一方通行は何かを守るために……」

御坂妹「……おそらく上位個体や私達を守るためでしょう、とミサカは自分の考えを述べます」

ソラ「ミコト……じゃなくて、ミコトの妹か?」

ドナルド「ひょっとして、今回の実験の!?」グワッ

グーフィー「無事でよかったねぇ」

ソラ「それで……今の、どういうこと?」

御坂妹「『妹達』はミサカネットワークと呼ばれる脳波リンクで意識を共有しています」

御坂妹「それによってあらゆる個体は記憶・感覚などを共有し、バックアップすることができます」

ソラ「え、えーっとつまり……?」

グーフィー「君が知ってることはほかの妹達も皆知ってて、逆にほかの妹達が知ってることも君は知ってるってこと?」

御坂妹「簡単にいえばそうなります、とミサカは肯定します」

御坂妹「そしてミサカは上位個体と呼ばれるある特別な個体が得た情報を得ることができました」

御坂妹「それによると、あのお方……サイクスの目的は『一方通行』を自らの操り人形にすること」

御坂妹「そのために上位個体に一方通行の心を移し、記憶を操ることを画策したのです」

ドナルド「じゃあインデックスをさらったのは……!?」

御坂妹「おそらく記憶の操作方法を知るためでしょう、とミサカは答えます」

ソラ「それで、一方通行が君やジョーイコタイを守るため……っていうのはどういうことなんだ?」

御坂妹「ミサカ達はⅩⅢ機関のヴィクセン……正確にいえばその45体目のレプリカに作られたレプリカ」

御坂妹「本来心をもたぬ人形です」

ソラ「!!」

御坂妹「ですが上位個体に一方通行の心が吸収された時……」

御坂妹「ミサカネットワークを介し、一方通行の心はミサカ達の共有するところとなりました」

グーフィー「それじゃあひょっとして一方通行の心が闇に呑まれちゃってたら……」

御坂妹「ミサカ達も闇に呑まれることに……うっ」ガクッ

ソラ「ど、どうしたの!?」

美琴「ソラ、ドナルド、グーフィー!!」

上条「皆無事か!?」

インデックス「ら、らすとおーだーが大変なんだよ!!」

ドナルド「皆ともそんなに慌てて一体……グワワッ!?」

打ち止め「ううン……」ハァハァ

グーフィー「その小さな子もミコトの妹なの!?」

美琴「うん、さっきまであんなに元気だったのに急に倒れて……」

御坂妹「……おそらくネットワーク内での心の共有が不完全なためでしょう、とミサカは推測します」ハァハァ

ソラ「どういうこと!?」

御坂妹「そもそも一方通行はミサカネットワーク外のもの……」

御坂妹「闇に打ち勝ったとはいえ、その心を無理やり共有してしまえば不都合も起こり得る、とミサカは考えます」ハァハァ

ソラ「それじゃあ、ミコトの妹達や一方通行はどうなっちゃうんだ!?」

御坂妹「……まもなく一方通行の心は消滅し、ミサカたちも……」

ドナルド「そ、そんなぁ!!」グワッ

上条「くそっ、どうすれば……」

キイィィィンッ…

ソラ「……えっ?」

グーフィー「ソラのポケットが光ってるよぉ?」

ソラ「これって……」ゴソゴソ

ソラ「『ゲコ太チャーム』!?」

ピシィーンッ!!

モワワワワァンッ…

カエル顔の医者「……やあソラ君、ホロウバスティオンで呼び出されて以来かな?」

ソラ「お医者さん、どうして……?」

美琴「私のあげた人形から、リアルゲコ太が!?」

上条(……なんでこの人召喚獣になってんだ?)

インデックス「ドナルドとグーフィーが消えたと思ったら、お医者さんが現れたんだよ!?」

カエル顔の医者「いや何、一部始終は聞かせてもらったよ?」

カエル顔の医者「要するに彼……一方通行の心を完全に妹達のネットワークに組み込めばいいんだろう?」

美琴「そんなこと……一方通行の脳波を妹達と常に同じに保つなんて、できるわけ……!!」

カエル顔の医者「……僕を誰だと思っている?」

美琴「……!!」

カエル顔の医者「どうにもならないことをどうにかするのが僕の信条でね?」

カエル顔の医者「必ず、ドライヴゲージが持つ間に彼を助けて見せるよ」


―――次の日

ソラ「インデックス、結局約束守れなくてごめんな」

ソラ「なんとかカナミンっていうの見るの、楽しみにしてたんだろ?」

インデックス「それならちゃんと毎週録画しているから大丈夫なんだよ!」

インデックス「……ねえ、本当に行っちゃうの?」

インデックス「録画したカナミンを一緒に見ていくくらいならいいと思うんだよ!」

グーフィー「本当は僕たちもゆっくりしていきたいんだけどねぇ」

ドナルド「結局ⅩⅢ機関を逃がしちゃったし……」

ソラ「うん、他の世界の様子も見に行かないといけないからな」

インデックス「そう、だよね……」

上条「しょうがねえよ、インデックス」

上条「世界が平和になったら遊びにきてもらえばいいじゃねえか」

上条「……そんときゃまた、晩飯と寝床くらい用意しとくからよ」

ソラ「ありがとう、楽しみにしてるよ!!」

御坂妹「……こちらにいらっしゃったのですか」ザッ

ソラ「君は……ミコトの妹?」

上条「お前、もう動き回っても大丈夫なのか?」

御坂妹「はい、一方通行の心の影響は一個体であるミサカにはそれほど大きくはありませんでしたので」

ソラ「……?」

シオン『…………』ニコッ

ソラ「えっ!?」

ソラ(カイリ? いや、この子は……?)

ドナルド「どうしたの、ソラ?」

御坂妹「ミサカの顔に何かついているでしょうか、とミサカは疑問を口にします」

ソラ「……シオン?」

インデックス「しおん?」

上条「何言ってんだソラ、こいつは御坂妹だろうが?」

ソラ「変だな、俺の見間違いかな……?」ゴシゴシ

ソラ「今ミコトの妹がカイリに似た子の姿に見えたんだ」

グーフィー「カイリじゃなくて、カイリに似た子?」

ドナルド「そのカイリに似たシオンって子は、友達なの?」

ソラ「いや……俺にもよくわからない」

ソラ「シオンなんて子俺は知らないはずなのに、名前だけが浮かんできたんだ」

御坂妹「……シオンという名前には、聞き覚えがあります」

御坂妹「上位個体から得た情報にその名が含まれていました、とミサカは報告します」

ソラ「その子は一体……?」

御坂妹「そもそも『妹達』は、レプリカと呼ばれる心なき存在」

御坂妹「ⅩⅢ機関が何らかの『心の器』として作りだしたものです」

上条「心の器って……一体誰の?」

御坂妹「……そこまでは分りません」

御坂妹「しかしそのレプリカの最初のプロトタイプとして、心の器に利用されたと思われる個体が一体存在します」

御坂妹「その個体名がシオンです、とミサカは事実を述べます」

御坂妹「『妹達』はシオンと同様にして作られたレプリカです」

御坂妹「ミサカ達は美琴お姉さまだけでなく、いわばシオンの妹ともいえるでしょう」

グーフィー「でも、君の姿がそのシオンって子に見えるなんてねぇ」

インデックス「……きっとソラは心でそのシオンのことを覚えてたんだよ」

ソラ「……俺の心が?」

インデックス「うん……きっとロクサスの心が」

ソラ「……なあ、ⅩⅢ機関の奴らとか、皆俺のことをロクサスって呼ぶんだ」

ソラ「インデックスはロクサスのこと知ってるんだろ?」

ソラ「いったいロクサスって誰なんだ?」

インデックス「ロクサスは……」

インデックス「……きっと、ロクサス自身がソラに教えてくれるんだよ」

ソラ「ロクサスが……?」

インデックス「だからソラは心配しなくても大丈夫なんだよ!!」

ソラ「……わかった」

ソラ「インデックスがそういうなら、信じるよ!」

上条(……なんでこいつの言うことを無償で信じられるんだよ)

上条(まあ、それが『鍵剣勇者』の所以ってことか)

御坂妹「……ところで今回ミサカがここまで出向いた目的についてですが、とミサカは口火を切ります」

ドナルド「グワッ、僕たちを見送りに来たんじゃなかったの?」

御坂妹「いえ、ミサカがここに来たのは一方通行の主治医に用事を頼まれたためです」

上条「一方通行の主治医……あのカエル顔の?」

ソラ「それで用事って?」

御坂妹「……これを渡すようにとのことです、とミサカは預かった小物を手渡します」

ソラ「これは……チョーカー?」

御坂妹「詳しいことはミサカも聞かされていませんが……」

御坂妹「おそらくそれがあなたの力となることでしょう、とミサカは推測します」

ソラ「……わかった、大切にするよ!」



―――GET!『ベクトルチャーム』 仲間二人の力によって一方通行に呼びかけ、力を借りることができます―――



御坂妹「……それでは、お気をつけて」

グーフィー「あれぇ、もう帰っちゃうの?」

御坂妹「はい、名残惜しいのですが……なるべく早めに病院に帰って調整を受けるよう言われていますので」

御坂妹「それに美琴お姉さまのお友達がいらっしゃる前に姿を隠さねばなりません、とミサカは考えます」

ソラ「なんでさ! 堂々としていればいいじゃん!!」

ソラ「君はミコトのレプリカなんかじゃなくて、君は君なんだから!!」

御坂妹「ミサカは、ミサカ……ですか?」

ソラ「うん、だから自信もって!!」

御坂妹「……わかりました」

御坂妹「これから一人の人間として生きて見せましょう、とミサカはここに宣言します」



――――――

ソラ「……それにしてもミコトたち、遅いなぁ」

上条「まったく、こんな時なのになにしてんだあいつら?」

美琴「……皆、遅くなってごめん!!」ザッ

ソラ「……ミコト、それに皆!!」

黒子「まったく、お姉さまったら今日に限って寝坊なさるなんて……」

美琴「うっさい、アンタだってぐっすり寝てたじゃない!!」

佐天「ま、まあまあ二人とも、今はソラ達の出発ですから……」

初春「そういえば、あの婚后さんという人にはお知らせしなくてもよかったんですかね?」

黒子「初春、そういうフラグを立てるようなセリフは慎むことですの」



美琴「さっき木山先生から連絡があったわ」

美琴「例のファーストサンプルを使って、子供たちが全員目覚めたそうよ」

ソラ「それ、本当か!?」

美琴「……木山先生がソラ達にありがとうって言ってたわ」

グーフィー「本当によかったねぇ!」

ドナルド「それに、昨日ミコトが会ったのはやっぱりリクだったんだね!」

ソラ「うん、だからお礼は俺じゃなくてリクに言うようにって先生に言っておいてよ!」

美琴「木山先生だけじゃないわ」

ソラ「えっ?」

美琴「私もあの子たちも、ソラ達にお世話になっちゃったから……」

美琴「……ありがとね」

ソラ「……ああ、どういたしまして!!」

上条「でも妹達が助かったってことは、一方通行も助かったってことだろ?」

上条「……ⅩⅢ機関がいなくても、また実験が再開しない保証はあるのか?」

美琴「……学者さんにとっても『絶対能力』は前人未到の領域」

美琴「一方通行も、そう簡単にあきらめないかもしれないわ」

ソラ「それなら心配ないよ!」

グーフィー「? どういうことぉ?」

ソラ「一方通行には、俺からちゃんと言っといたからさ」

ソラ「『もう変な実験に協力しちゃだめだからな』って!!」

美琴「そ、それで一方通行はわかったって言ったの!?」

ソラ「うん、だからきっと大丈夫だよ!」

上条(マジで一方通行と友達になったってのかよ……)

ソラ「それにミコトの妹たちももう黙ってやられちゃうだけの『レプリカ』じゃない」

ソラ「……一人の人間なんだからさ!」

美琴「!!」

ソラ「だからミコト妹たちのこと……認めてあげてくれよな」

美琴「うん……分かった」

美琴「……本当にありがとね」



ソラ「それじゃ、俺たちもう行かなきゃ!」

美琴「ソラ……気をつけてね」

インデックス「ソラ、絶対また遊びに来るんだよ!?」

インデックス「とうまがおいしいご飯を作って待ってるんだよ!!」

上条「……お前はどこまで人任せなんだ」ガクッ

ソラ「ありがとう、皆!!」

ソラ「……またね!!」



シュウゥゥゥ・・・・・・ドゴォォォォンッ!

……キラーンッ



―――病院

一方通行「……?」

一方通行「ここは……」

カエル顔の医者「やあ、目が覚めたかい?」

一方通行「!? てめェは……!」

カエル顔の医者「ああ、まだ動かない方がいいよ?」

一方通行「打ち止め達はどォしたァ?」

カエル顔の医者「彼女なら心配いらないさ。まだ調整中だが、二、三日もすれば外に出られるだろう」

一方通行「……そうかァ」

カエル顔の医者「君の心は彼女たちに共有されたが……人の間の心の共有なんてことは本来あり得ないことだよ?」

カエル顔の医者「うまくネットワークに組み込めても、それだけじゃ言語機能や計算能力への影響は免れなかっただろうね?」

一方通行「……それでェ?」

カエル顔の医者「しかしならば……その共有している一万人の心から、必要な分を補えばよいだろう?」

カエル顔の医者「いやむしろ、君の心は共有されたことで彼女たちの分可能性が増したのかもしれないね?」

一方通行「んで、この首輪見てェなのはなンだ?」

カエル顔の医者「……まあ、そうは言っても色々限界はあってね?」

カエル顔の医者「そのチョーカーのスイッチを入れて、もって15分……」

カエル顔の医者「君が能力を使える最大の時間だ」

一方通行「……そんだけあれば十分だァ」

カエル顔の医者「それともう一つ、そのチョーカーには特別な機能があってね?」

一方通行「特別な機能?」

カエル顔の医者「それに対応する物をもう一つ作ったんだ」

カエル顔の医者「それを使うとなんと不思議なことに、君を呼び出すことができるんだ」

カエル顔の医者「たとえこの広い宇宙のどこにいてもね?」

一方通行「!? お前まさか……!!」

カエル顔の医者「もう一つのチョーカーはソラ君達に渡しておくように言ってある」

カエル顔の医者「……君も彼らの力になってあげてくれ」

一方通行「どうせそりゃ、いやだっつっても勝手に呼び出されちまうような代物なンだろ?」

カエル顔の医者「おや、よくわかったね?」

カエル顔の医者「そういうわけでよろしく頼むよ?」

一方通行「ったく、しかたねェ」

一方通行(……『友達』ってやつはそういうもンなンだろうからなァ)

……キラーンッ

カエル顔の医者「おや? 流れ星かな? 日中に見えるなんて珍しいね?」

一方通行「バァカ、ありゃ流れ星じゃねェ」

一方通行「……勇者様の出発だァ」



―――同日、窓のないビル

「……久しいな、王よ。70年ぶりか?」

「心の研究のために魔術師に追われていた君を、彼とともにここに逃がして……」

「もうそんなになるのかな? 君は変わらないね、エドワード」

「その名はとうの昔に捨てたんだ、今更よしてくれないか?」

「ああ、今君は『アレイスター・クロウリー』と名乗っているんだったっけ」

「ところで、心の闇の研究は70年前にやめたはずじゃなかったのかい?」

「久しぶりの再会なのに、そんな話か……」

「もちろんあんな危険なものからは手を引いたさ」

「ただ、この街の研究者にも心の研究をしたがっているものがいてね」

「……臭いものに無理やり蓋をしているのは私さ」

「なら、君が以前心の闇について記した『エドワードレポート』は……?」

「忘れたのかね、別の世界から来た君の力をもってして初めてあれを処分できたんだ」

「今更残っているはずもないさ」

「……信じているよ、アレイスター」

「それじゃあ、僕はもう行くよ」

「君は忙しいんだな、ゆっくりしていけないのか?」

「ⅩⅢ機関を放っておけないからね」

「残念だ……暇になったらまたここに遊びに来てくれたまえ」

「いつでも歓迎しよう」

「うん、この世界が闇に頼らない発展をすることを願っているよ」



(王よ、貴様もいつか我がプランの……) (『虚数学区〈キングダムハーツ〉』の礎となってもらうがな)



――――――

黒子「……お姉さま、結局ソラさんたちは何と戦ってらっしゃったんですの?」

黒子「必要ならばジャッジメントの力もお貸ししましたのに」

美琴「それは……」

美琴「ちょっと、私の妹たちを守るためにね」

黒子「はい?」

佐天「妹って……御坂さん、本当に妹がいたんですか!?」

美琴「うん、一万人くらいね」ニコッ

佐天「へっ?」キョトン

初春「い、一万人ですか!?」

美琴「……今度皆にも紹介するわね」



上条「……行っちまったか」

上条(しっかし、世の中ってのは本当に不思議なことばっかりだぜ)

インデックス「ところでとうま、昨日は色々あって聞くタイミングを逃してたけど聞きたいことがあるんだよ」ズイッ

上条「えっ?」

美琴「……あら奇遇ね、私もよ」ビリビリッ

上条「え、ええっ!?」

インデックス「この短髪とは!!」

美琴「このシスターとは!!」

「「いったいどういう関係なの!?」」



黒子「や、やはりお姉さま、あの類人猿と……!!」ワナワナ

佐天「ひょっとしてこれが修羅場ってやつ!?」キラキラ

初春「佐天さん、私たちは帰りましょうか……?」



上条「ソラ!! やっぱり俺も一緒に次の世界に……」ダッ

インデックス「待つんだよとうま!!」

美琴「どういうことなのか説明しなさい!!」



……ガブリッ!!



上条「……不幸だああぁぁっー!!!」



 お わ り
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。