梓「とある科学の一方通行!」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

梓「はぁ・・・今日も練習できなかった・・・」トボトボ

梓「まるでティータイム部だよ・・・」


一方通行「チッ・・・あの三下ァ・・・」ブツブツ

一方通行「大体あの右手はなンなンですかァ!?」


ドンッ!


梓「痛っ!」

一方通行「・・・」スタスタ

梓「あ、ちょっと!」

一方通行「なンだよクソガキ」

梓「く、クソガキ!?」

一方通行「あァ、どこからどう見てもガキだろうが」

梓「私はこれでも高1です」

一方通行「なら証拠を出せ」

梓「うーん、じゃあ・・・」スッ

つ桜ヶ丘女子高等学校生徒手帳

一方通行「なン・・・だと・・・!?」

梓「そんなに驚かないで下さいよ・・・」シュン・・・

一方通行「はいはい分かりましたよォ~」

一方通行「ってオイ」

梓「?」

一方通行「居眠り運転のトラックがこっちに来るンだが」

梓「!?」

一方通行「丁度いいウサ晴らしになりそうだなァ・・・」ボソッ

梓「えっ」

一方通行「俺の後ろでよォく見てろよ」

梓「あ、はい」ササッ

運転手「・・・」zzz・・・

一方通行「・・・!」ニヤリ


ドーーーン!!!グシャグシャッ!!!


梓「・・・」ポカーン

運転手「」

一方通行「ケッ・・・」

梓「・・・」ササッ

一方通行「ってオイ、逃げンじゃねェ」

梓「・・・厄介事に巻き込まれるのは嫌です」

一方通行「そんなすぐにサツが来る訳ねェだろ」


ピーポーピーポー


梓「・・・私は家に帰るんで、後は知りませんよ」スタスタ


一方通行「・・・」

一方通行「証拠なンてねェからバレねェだろうし、俺も逃げるか」

 

 

~梓の家~

梓「何だったんだろ、あの人・・・」

梓「トラックを片手で大破させるとか、凄過ぎでしょ」

梓「・・・」

梓「・・・もう寝よう」



~とあるホテル(in桜ヶ丘)~

一方通行「面白ェガキだったなァ」

一方通行「邪気のねェ声をかけられるのなンざ、何年ぶりだ?」

一方通行「さァて、さっさと寝て明日も散歩するか・・・」

 

 

~次の日~

梓「・・・」スタスタ

不良「そこのお嬢ちゃん、俺らと一緒に遊ばない?」

梓「・・・」

不良「おい、聞こえてんのか?」ガシッ

梓「ちょっと、やめて下さい!」

不良「ほら、こっちに来いよ!」グイッ



一方通行「・・・ン?」


不良「ほら、こっちに来いよ!」グイッ


一方通行「ケッ・・・、アイツが今日の犠牲者第一号か」



一方通行「あァ? どうしたンだよ雑魚がァ!」

不良「スイマセン! スイマセン!」

一方通行「さっさと俺の視界から消えろ」

不良「ひ、ひぃぃ!」ダダッ

一方通行「さァて、絡まれてたのは一体誰かなァ?」クルッ

梓「・・・」

一方通行「オマエかよ」

梓「・・・あ、ありがと」ボソッ

一方通行「ン? 全然聞こえねェなァ?」

梓「もういいです」

一方通行「っていうか、今日も昨日もなンで制服着てンだァ? 夏休みじゃねェのか?」

梓「登校日なんです、ってあぁ!?」

一方通行「?」

梓「あと5分しかない・・・遅刻決定だよ・・・」シュン・・・

一方通行「・・・しゃーねェなァ」スッ

梓「え? 何でいきなりお姫様抱っこなんですか?」

一方通行「ちゃンと掴まってろよ」

ビュッ!!!


一方通行「オイ、着いたぞ」

梓「・・・」

一方通行「ココだろ?」

梓「・・・」プシュー・・・

一方通行「ン?」


生徒「うわ~、お姫様抱っこだ~!」

生徒「あの人ってもしかして中野さんの彼氏?」


一方通行「・・・誤解されてるみてェだな」

梓「はい・・・」

一方通行「まァ、なンとかなるだろ」

梓「えっ」

一方通行「じゃァな」

ビュッ!!!


梓「行っちゃった・・・」

純「梓~!」

憂「梓ちゃ~ん!」

梓「何?」

純「彼氏できたんだね!」

憂「お幸せに♪」

梓「いや、その・・・」



梓「先輩、こんにt」

唯「あずにゃん、大人になったね・・・」

律「梓にもとうとう彼氏ができたんだな!」

紬「お姫様抱っこだなんて・・・!」

澪「梓が、彼氏と、あんな事やこんな事を!」


梓「・・・」


梓「・・・不幸だ」

 

 

~とあるホテル(in桜ヶ丘)~

従業員「お客様~!」

一方通行「なンだ?」

従業員「お客様へ封筒が届いております」スッ

一方通行「ありがとよ」


一方通行「・・・芳川からか」

『君はしばらくの間、学園都市に戻れなくなったわ』

『とりあえず、下記の住所の家に居候させてもらう事になったから』

『くれぐれも、迷惑を掛けないように』

一方通行「・・・」

一方通行「とりあえず行くか」

 

 

~梓の家~

梓「居候?」

梓父『あぁ、学園都市の学生らしいぞ』

梓「いきなり電話してきたと思ったら・・・唐突過ぎるよ」

梓父『あんまり家に帰れない私達の代わりみたいなもんだ!』

梓母『そうよ、ちゃんと仲良くしなさいね~』

梓「はいはい、分かったから」


梓「どんな人かなぁ・・・」

梓「男か女かも分からないんだよね」

ピンポーン

梓「あっ、来た」


梓「は~い」ガチャッ

梓「って、・・・何で?」

一方通行「ココ、オマエの家なのか?」


梓「まさか・・・」

一方通行「オマエと・・・」

梓「同居するの・・・!?」

一方通行「まさか、オマエと同居する事になるなンてなァ」

梓「あんまり変な事、考えないで下さいよ・・・?」

一方通行「安心しろ、ガキに興味はねェ」

梓「・・・モヤシに言われたくないです」

一方通行「なンだとこのゴキブリ野郎」

梓「変人は黙れです」

一方通行「一方通行様と勝負する気かァ?」

梓「勝負する価値もないです」

一方通行「学園都市第一位を舐めンじゃねェぞ」

梓「はいはい、それよりさっさと荷物を整理して下さい」


一方通行「それで、俺の部屋はあンのか?」

梓「ないですよ、リビングのソファーで寝て下さい」

一方通行「扱い酷ェなァ」

梓「居候はそういうもんです」

一方通行「チッ・・・」

梓「舌打ちするなです」

一方通行「さァ~て、夕飯を買いに行くかァ」

梓「何でですか?」

一方通行「はァ? 夕飯を買いに行くのは当たり前だろ」

一方通行「俺がエプロンを装備するような人間に見えンのか?」

梓「私が作るっていう選択肢は・・・?」

一方通行「できンのかよ」

梓「もちろんできますよ」

一方通行「意外だなァ」

梓「一言余計です」

梓「ふぅ、なんとかできた・・・」

一方通行「早速試食してみるか」

パクッ

一方通行「・・・あァ、普通に食えるぞ」

梓「・・・!」パァァッ

一方通行「分かり易い奴だなァ」

梓「う、うるさいです」


一方通行「ごちそうさまでしたァ~」

梓「意外と大量に食べますね」

一方通行「俺の能力は演算が複雑だからなァ」

一方通行「その分脳でエネルギーを消費するって訳だ」

梓「じゃあ、明日からはもっと多く作るです」

一方通行「頼ンだぜ」

梓「そういえば、能力って何ですか?」

一方通行「超能力の事だ、細かい説明は面倒くせェから省略するぜ」

一方通行「俺の能力は『一方通行(アクセラレータ)』、あらゆる向き(ベクトル)を触れただけで自由自在に操る能力だ」

梓「でも、誰かに負けたんですよね?」

一方通行「・・・そこは気にすンな」



一方通行「さァて、そろそろ風呂入るか・・・」

ガチャッ

梓「ッ!?」

一方通行「あ」

梓「・・・!!!」カァァァッ


梓「・・・」ショボーン

梓「着替えてるところを見られた・・・」

一方通行「お前みたいなガキで欲情する奴なンていねェだろ」

梓「う、うるさいです!」

一方通行「ペッタンコなのは事実だろうが、現実逃避すンじゃねェ」

梓「わ、私だってそのうち・・・!」

一方通行「はいはい分かりましたよォ」

梓「・・・」

 

梓「じゃあ、私はもう寝ます」

一方通行「明日も学校かァ?」

梓「そうです」

一方通行「へェ、大変だなァ」

一方通行「しっかし、学校なンか行って面白ェのか?」

梓「まぁ、授業は退屈ですけど・・・部活は楽しいですよ」

一方通行「俺にはよく分かンねェなァ」

梓「・・・おやすみなさい」

一方通行「あァ」

 

 

 

~翌朝~

一方通行「オイ、起きろ」

梓「ふぇ?」

梓「・・・って、なんで私の部屋に勝手に入ってるんですかぁ!?」

一方通行「別にいいじゃねェか」

梓「よくないです!」

一方通行「細けェヤツだなァ」

梓「アナタが非常識なだけです!」

一方通行「っていうか早くしねェと遅刻するぞ」

一方通行「それと、朝食もちゃンと作れよ」

梓「居候のくせに生意気ですね」

一方通行「なんたって俺は最強の超能r」

梓「ご飯とパン、どっちがいいですか?」

一方通行「・・・今日はパンだ」

梓「じゃあ、行ってきます」

一方通行「あァ、家の警備は任せとけ」

梓「(自宅警備員=ニート・・・?)」



一方通行「一日中ゴロゴロしてンのも久しぶりだなァ」

一方通行「学園都市なンかと違って、襲撃してくるアホもいねェし」

一方通行「・・・」

一方通行「・・・あっ」


一方通行「昼飯どォすンだァ!?」

 

 

~学校~

梓「はぁ~・・・」

純「梓~!」

梓「はぁ~・・・」

純「日本人形」ボソッ

梓「あ、純」

純「どうしたの?」

梓「なんか、いろいろあったから疲れたよ」

憂「いろいろ?」

梓「いきなり変なのが来て居候させる事になったり、食事を二人分作らなきゃいけなかったり・・・」

純「梓って家事できるんだ・・・」

梓「親がしょっちゅういないと必然的にそうなるよ」

梓「まぁ、憂には敵わないけどね」

憂「そんな事ないよ~」

純「いや、そこは自分の勝ちを認めなって」

 

~放課後~

律「やっと授業から解放された~!」

澪「ずっと寝てただろ」

紬「今日のお菓子はショートケーキよ~」

唯「わ~い! じゃあ早く部室に行こう!」



唯「あれ? ドアがないよ~?」

律「そんな事ある訳・・・って」

一方通行「ン?」

唯律澪紬「「「「!?」」」」



梓「掃除当番で遅れました~」

一方通行「よォ」

梓「な、なんでいるの!?」

一方通行「昼飯が無かったからよォ、ここにいれば来るンじゃねェかと思ってたンだが」

梓「お昼ご飯ぐらい自分で買って食べて下さい・・・」

一方通行「手作りを食った後はコンビニの飯がマズく感じるンだよ」

梓「そんなの知りません」

一方通行「オイ金髪、ケーキ追加だ」

紬「は~い」

梓「・・・図々しいにも程があります」

一方通行「一方通行に常識は通用しねェ」

梓「だからそれを」

唯「馬鹿っていうんだよ~!」

一方通行「・・・ボケ全開のオマエにだけは言われたくねェ」

唯「ひどーい!」ガーン

梓「っていうか何でもう溶け込んでるんですか」

一方通行「まだビビってるのが1人いるけどなァ」チラッ

澪「ひぃぃっ!」ビクッ!

律「大丈夫大丈夫、いつもの事だから」

梓「先輩方も何とか言って下さいよ・・・」

唯「え~、だってあずにゃんの彼氏だよ~?」

紬「悪い人な訳ないわ~」

一方通行「だから違ェって」

梓「まだ誤解してるんですか・・・?」

律「お似合いじゃん」ニヤニヤ

梓&一方通行「どこが!?」

紬「ピッタリだわ~」

梓「そ、それより!」

梓「ココって女子校ですよね・・・?」

唯律紬「「「あっ」」」

一方通行「なンか問題あるか?」

律「大有りだ!」

律「先生に見つかったら大変なk」

さわ子「ムギちゃん、今日のお菓子は~?」

さわ子「・・・って」

一方通行「ン?」

さわ子「何で男の子がいるのよ!?」

唯「違うよさわちゃん、この人はあずにゃんの彼氏さんだよ~!」

梓「いや、だから違いますって」

紬「梓ちゃんの事を本気で愛しているから会いに来ちゃったんですよ~!」

一方通行「オイ、ふざけンな」

律「(ここは二人に合わせよう・・・)だから山中先生、どうかお許しを・・・!」

さわ子「・・・」テクテク

一方通行「?」

さわ子「梓ちゃんの事、よろしくね」ボソッ

一方通行「だから違ェって!」

梓「あの後、先輩方や先生の誤解を解くので部活が終わっちゃったじゃないですか・・・」

一方通行「まァ、気にすンな」

梓「はぁ・・・いつになったら真面目に練習できるんだろ・・・」

一方通行「けどよォ、いいヤツらじゃねェか」

梓「まぁ、それはそうなんですけど・・・」

一方通行「あと、明日はちゃんと昼飯用意しとけよ」

梓「はいはい」

 

 

~翌日・放課後~

梓「日直の仕事で遅れました~」

唯「あずにゃん、もう一回合宿をする事になったよ!」

梓「え?」

律「明日からまた休みだろ?」

梓「それはそうですけど・・・」

澪「最近全然練習できてないしな」

梓「た、確かに・・・」

紬「ちゃんと一方通行君を連れて来てね」

梓「あ、はい・・・って」

梓「何でですか!?」

紬「だって、か弱い女の子だけで行動するのは危ないでしょ~?」

紬「ね、お願いっ!」

梓「でも・・・」

紬「・・・!」キラキラ

梓「・・・」

紬「・・・!」キラキラ

梓「・・・」

梓「・・・本人が同意したらですよ?」

梓「・・・という訳なんです」

一方通行「面白そうじゃねェか、行ってやってもいいぜ」

一方通行「どーせ遊ンでるだけだろ?」

梓「そ、そんな事ないです!」

一方通行「そンで、その合宿っていつだ?」

梓「明日からです」

一方通行「・・・メチャクチャなプランだなァ」

梓「そういう先輩達ですから・・・」

梓「じゃあ、合宿の準備をしないと・・・」

梓「アナタのバッグはコレです」

一方通行「・・・このガキっぽいデザインはねェだろ」

梓「文句言うなです」


一方通行「こっちは準備終わったンだが、そっちはまだかァ?」

梓「今服を選んでるところです」

一方通行「どれでもいいじゃねェか」

梓「私だって女の子です、服装ぐらい気になりますよ」

一方通行「面倒くせェヤツだなァ」


一方通行「・・・まだ終わンねェのか?」

梓「うるさいです」

一方通行「俺はもう寝るからなァ」

梓「ご自由にどうぞ」

 

~翌朝~

一方通行「オイ、起きろ」

梓「ふぇ?」

梓「・・・ってまた勝手に入ってるじゃないですかぁ!?」

一方通行「気にすンな」

梓「もう注意するのも馬鹿らしくなってきましたよ・・・」

一方通行「っていうか、早く朝飯食って出発しねェと遅刻するぞ」



紬「梓ちゃ~ん!」

梓「あ、ムギ先輩」

紬「なんだか眠そうね」

梓「はい、準備に時間が掛かっちゃって・・・」

紬「一方通行君も来てくれたのね!」

一方通行「あァ、コイツがどうしてもって言うからよォ」

梓「捏造するなです!」

唯「あずにゃんったらツンデレだねぇ~」

梓「何でそうなるんですか!?」


律「よし、そろそろ出発するぞー!」

律「あと澪、いつまでも私の後ろに隠れてるのはやめような?」

澪「だ、だって、怖いんだもん・・・!」

律「いい加減慣れろよ」

 

 

~小型バス(貸し切り)車内~

紬「じゃあバスの席順を発表するわね!」

紬「まずは乗り物酔いしやすい唯ちゃんと、運転手に指示を出す私が最前列」

紬「次に、りっちゃんと澪ちゃんが前から二番目の列ね」

紬「そしてその後ろの列は、梓ちゃんと一方通行君の二人よ~♪」

梓「わざわざ貸し切りにしたのに、そんなにきっちり詰める必要はないんじゃ・・・」

紬「この方が遠足みたいで楽しいでしょ?」

梓「私とアイツが隣同士なのには悪意を感じますけどね」


唯「酔った・・・」

紬「唯ちゃん大丈夫~?」


澪「そういえば律、夏休みの宿題はやったか?」

律「・・・」

澪「おい」


梓「スカーフカイオーガですか・・・、ですがこっちは最速特殊フルアタデオキシスAFです!」

一方通行「なン・・・だと・・・!?」

梓「天候が雨ならかみなり必中です! この勝負、貰いました!」

デオキシスのかみなり!

こうかはばつぐんだ!

カイオーガはたおれた!

一方通行「くそォ、負けたァ!」

梓「新参には負けないです!」


律「(なんか後ろが凄く盛り上がってるような・・・?)」

唯「そういえば、このバスってカラオケある?」

紬「もちろんあるわよ~」

唯「じゃあやろう!」

律「よし、まずは私かr」

梓「律先輩は下手だから後です」

律「梓だってそうだろ」

唯「だったら澪ちゃんから!」

澪「何で私!?」

紬「どの曲にする?」

澪「えーっと・・・、じゃあNO,Thank You!で」


一方通行「・・・」

一方通行「・・・オイ、普通に上手いじゃねェか」

一方通行「メインボーカル逆だろ」

唯「ひどーい!」

紬「みんな~、到着したわよ~!」

唯「わ~い!」

澪「あんまりはしゃぎ過ぎるなよ~」

律「さて、私も降りるか・・・」

一方通行「ちょっと待て」

律「どうした?」


梓「すぅ・・・すぅ・・・」ギュッ

一方通行「この通り動けねェンだが」

律「!?」

一方通行「寝るのは構わねェけどよォ、寝ぼけて俺に抱き着くのはやめて欲しいよなァ」

一方通行「まァ実際、そうなってる訳だが」

律「・・・」パシャパシャ

一方通行「写真撮ってねェで助けろよ」


律「梓~、起きろ~」ペチペチ

梓「ふぇ?」

梓「って、・・・!!!」カァァッ

一方通行「・・・気付いたならさっさと離れてくンねェか?」

梓「言われなくてもそうします!」パッ

律「よーし、遊ぶぞー!」

唯「あずにゃん達も早く~!」

一方通行「・・・着替えンの早過ぎだろ」

梓「そういう人達ですから・・・」

梓「私とムギ先輩と澪先輩は更衣室で着替えてくるんで、その辺で待ってて下さい」

一方通行「あァ」


梓「お待たせしました」

一方通行「・・・なンか、オマエだけガキっぽい水着だなァ」

梓「!?」

一方通行「ペッタンコだからああいうのは着れねェのか?」

梓「うぅ・・・ひどいです」

一方通行「まァ、そんなに落ち込むなって」ナデナデ

梓「ふにゃっ!?」

一方通行「反応が面白ェなァ」

梓「・・・人で遊ばないで下さい」

梓「・・・」

一方通行「・・・オマエ、アイツらと一緒に遊ばねェのか?」

梓「日陰から出たくないです」

一方通行「なンでだよ」

梓「いろいろ事情があるんです」

一方通行「・・・もしかして運動オンチかァ?」

梓「私はアナタみたいにヘタレじゃないです!」

一方通行「だったら100m走で勝負しようじゃねェか」

梓「能力でズルするから嫌です」

一方通行「チッ、バレたか」


律「さて、そろそろ昼ご飯だな!」

唯「お弁当タイムだよ!」

一方通行「ン? なンでオマエら弁当持ってきてンだ?」

律「え? 各自1日目の昼食は持ってくるようにって連絡しただろ?」

一方通行「聞いてねェし」

梓「ちゃんと用意してあります」スッ

一方通行「おォ、ありがとよ」

紬「愛の手作り弁当ね!」

梓「『愛の』は余計です」

律「疲れたー・・・、もう夕方か~」

唯「あとはご飯食べて肝試しして花火やって寝るだけだね!」

澪「いや、練習するからな?」

律「じゃあさっさとバーベキューの準備しようぜ~」

唯「ラジャー!」


紬「梓ちゃんはまた真っ黒ね~」

梓「ヒリヒリします・・・」

紬「逆に一方通行君は真っ白ね~」

一方通行「紫外線まで反射してるからなァ」

梓「羨ましいです」

一方通行「触角があって真っ黒・・・、まるでゴキブリだなァ」

梓「そっちは、白くてヒョロヒョロだからモヤシですね」

一方通行「いい度胸じゃねェか」

梓「やってやるです!」

律「そこの二人~、早くしないと肉がなくなるぞ~」

唯「バーベキューは早い者勝ちだからね!」

一方通行「・・・一時休戦だなァ」

梓「そうですね」

一方通行「さァて、さっさと焼いて食うか」スッ

唯「!?」

唯「りっちゃん! 一方通行君が火に手を突っ込んでるよ!」

律「おい落ち着け! 人生まだ楽しい事あるぞ!」

一方通行「何勘違いしてンだオマエら」スッ

律「あれ? 無傷・・・?」

一方通行「俺は能力があるから火傷なンかしねェ」

梓「紛らわしいからやめて下さい」

一方通行「この方が肉が早く焼けるンだよ」パクッ

梓「それでもダメです」

一方通行「・・・しゃーねェなァ」

唯「もう夜だね~」

律「バーベキューも終わったし、そろそろ肝試しをやるか!」

唯「ペアはどうするの?」

紬「う~ん・・・まず、梓ちゃんと一方通行君がペアで決まりよね~!」

一方通行「オイ」

律「私は澪とだな」

澪「お、驚かすなよ?」

紬「なら、私は唯ちゃんとね!」

唯「ムギちゃん、よろしく~」

律「じゃあ、肝試しスタート!」

澪「・・・」ガクガクブルブル

律「お~い、澪~?」


唯「この前よりもっと怖そうだね~」

紬「肝試しの名所なのよ~♪」


一方通行「・・・マジで幽霊が出そうだなァ」

梓「べ、別にお化けなんて・・・」

ガサッ

梓「!?」ビクッ

一方通行「怖がってるじゃねェか」

梓「だ、だって・・・」

ガサガサッ!

梓「ひぃっ・・・!」ギュッ

一方通行「ン?」

梓「な、何でもないです!」パッ

一方通行「素直じゃねェなァ」

梓「うぅ・・・」

律「次は花火だ!」

唯「おー!」

一方通行「俺の場合、火さえあればスゲェのができるンだけどなァ」

梓「危ないからやめて下さい」

紬「見てみたいわ~♪」キラキラ

梓「ムギ先輩!?」

一方通行「先輩の意見は絶対だよなァ?」

梓「うぅ・・・」


一方通行「よし、コレで準備はOKだ」

唯「どんなのだろ~?」

紬「楽しみだわ~♪」

澪「あ、あの人って魔法使いなのか!?」

律「澪、落ち着け」

梓「・・・」

一方通行「・・・」チラッ

梓「・・・!?」ドキッ


一方通行「さァ~て、始めるかァ!」

唯「すご~い! ふぁいあいりゅーじょんって感じ!」

紬「こんなの見た事ないわ~!」

澪「・・・」←絶句

律「超能力って言っても戦うだけじゃないんだな~」

梓「・・・!」キラキラ


一方通行「どうだァ?」

梓「えっと、その・・・」

梓「・・・とっても良かったです」

一方通行「だろうなァ、なンたって俺は最k」

梓「すぐ調子に乗るのは良くないですけどね」

一方通行「ガキに言われる筋合いはねェ」

梓「だから、私は高校生です!」

さわ子「・・・あの二人、何だかんだで仲良しじゃない」

律「そうか?」

さわ子「一方通行君も打ち解けてきてるし」

律「そうだな・・・って」

律「さわちゃんいたの!?」

さわ子「火遊びの途中ぐらいからずっといたわよ」

澪「神出鬼没ですね・・・」

紬「さわ子先生も来た事だし、みんなでスイカ食べよ?」

律「そうだな!」

唯「あずにゃ~ん! スイカ食べるよ~!」


梓「あ、ちょっと待って下さい!」

梓「ほら、早く行きますよ」

一方通行「あァ、そうだな」

紬「スイカ美味しかったわ~♪」

唯「肝試しや花火も終わったし、お風呂に入ろう!」

律「ちょっと待て、一方通行は男だぞ?」

紬「この別荘は男湯と女湯があるから大丈夫よ~」

梓「まるで旅館ですね・・・」


~女湯~

唯「ねぇ、あずにゃん」

梓「なんですか?」

唯「あずにゃんって好きな人いる?」

梓「!?」

梓「そ、そんなのいません!」

律「で、本音は?」

梓「・・・その手には引っ掛かりませんよ」

律「(本当はいるくせに)」


~男湯~

一方通行「・・・」

一方通行「・・・」

一方通行「・・・静かだなァ」

 

 

唯「気持ち良かったね~」

律「まさに温泉って感じだったな~!」


梓「ふぅ・・・」

一方通行「・・・」ジーッ

梓「な、なんですか?」

一方通行「・・・髪型が変わっただけで、雰囲気って変わるもンなンだなァ」

梓「いつもだって、寝る前に解いてるじゃないですか」

一方通行「まァ、そうだけどな・・・」

一方通行「その髪型も似合ってンじゃねェか?」

梓「そうですかね・・・?」

一方通行「あァ」



律「キャベツうめー・・・」

紬「ゲル状・・・」

澪「・・・」

唯「うい~・・・」

さわ子「キャサリンだぜ~・・・」

一方通行「・・・1人を除いて、スゲェ寝言だなァ」


一方通行「そういえば、アイツがいねェなァ」

一方通行「ちょっと探しに行くか」

 

 

~スタジオ~

梓「今日は全然練習できなかったから、私だけでも練習しとかないと・・・」

梓「まずはチューニングを・・・」

ガチャッ

梓「?」

一方通行「よォ」

一方通行「っていうかこンな夜中に何やってンだ?」

梓「ギターの練習です」

一方通行「熱心だなァ、オマエ」

一方通行「まァ、無理すンのも程々にしろよ」

梓「そうですね」


一方通行「・・・一曲、弾いてみてくンねェか?」

梓「じゃあ、ふわふわ時間で」

一方通行「ふわふわ時間だァ?」

梓「とりあえず、ギターだけですけど聞いてみて下さい」



一方通行「・・・流石だなァ」

梓「ありがとうございます」

一方通行「さァて、そろそろ寝るぞ」

梓「えっ」

梓「私、全然練習してないんですけど・・・」

一方通行「もう日付変わってンだ、ガキが起きてる時間じゃねェ」

梓「だから、私は高校生です!」

一方通行「いいから寝ろ」

梓「でも・・・」

一方通行「オマエは、無理し過ぎてブッ倒れるタイプだろうからなァ」

一方通行「休める時はちゃンと休ンどけ」

梓「うぅ・・・分かったです」

一方通行「ホラ、さっさと片付けして寝るぞ」

梓「あ、はい」

 

 

~合宿2日目~

一方通行「ン?」

梓「すぅ・・・すぅ・・・」ギュッ

一方通行「はァ・・・、またか」

律「梓も寝てる間は素直だな~」

一方通行「茶化してねェでなンとかしろ」

律「はいはい」


律「梓~、朝だぞ~!」

梓「ふぇ?」

梓「・・・あぁ、律先輩」

律「あと、周りをよーく見てみな~」ニヤニヤ

梓「えっ?」

梓「って、・・・!?」カァァッ

一方通行「気付くの遅ェなァ」

梓「こ、これは私の意思じゃないです!」パッ

一方通行「じゃあなンなンだよ」

梓「え、えーっと・・・」

一方通行「潜在意識かァ?」

梓「違います!」

梓「唯先輩達、なかなか起きませんね・・・」

律「ムギや澪は早起きっぽいんだけどな~」

一方通行「昨日はしゃぎ過ぎたンじゃねェのかァ?」

律「ずっと遊んでたからな」

梓「とりあえず、朝ご飯の準備でもしましょうか」

律「料理なら私にまかせろ!」

一方通行「逆に不安なンだが」

律「何でだよ~!」

一方通行「想像できねェっつーの」

梓「じゃあ私が作りましょうか?」

一方通行「あァ、頼ンだ」

律「梓って料理できるのか?」

一方通行「毎日俺の飯作ってンだから当たり前だろ」

律「愛の手料理だな!」

梓「だから、『愛の』は余計です」

梓「・・・」トントン

一方通行「・・・」ジーッ・・・

梓「・・・」グツグツ

一方通行「・・・」ジーッ・・・

律「そんなに梓の事が気になるのか~?」

一方通行「さァな」


梓「ふぅ・・・、できました」

律「あれ? 私より料理上手い・・・?」

梓「居候のせいで毎日料理してますから」

一方通行「さァ~て、爆睡してるヤツらを起こしに行くか」

律「お~い! みんな起きろ~!」

澪紬「「ん・・・?」」

澪「あぁ、おはよう」

紬「寝過ぎちゃったわ~」

梓「唯先輩も起きて下さい!」

唯「う~ん・・・あと5分・・・」

梓「唯先輩っ!!!」

唯「・・・!?」

唯「お、おはよう・・・」

一方通行「コイツはどうすンだ?」

さわ子「ぐがー・・・」

律「あぁ、放置でいいよ」


一方通行「やっと飯の時間だなァ」

梓「そうですね」

唯「朝ご飯は誰が作ったの~? りっちゃん?」

律「違う違う、梓だよ」

唯「えっ! あずにゃんって料理できるの?」

梓「何にもできない唯先輩に言われたくないです」

唯「ひどーい!」ガーン

澪「・・・少し量多くないか?」

梓「大丈夫ですよ、あの人が結構大食いですから」

一方通行「大食いじゃねェ、演算で頭を使うk」

唯澪律紬梓「「「「「いただきま~す!」」」」」

一方通行「人の話を聞けェ!」

紬「梓ちゃんってお料理上手ね~」

梓「いえ、別に・・・」

紬「大好きな一方通行君のために頑張ったのね!」

梓「な、なんでそうなるんですか!?」

梓「それより、朝ご飯も食べ終わりましたから練s」

律「遊ぶぞー!」

唯「おー!」

一方通行「・・・昨日から思ってたンだが、練習しねェのかオマエら」

唯律「「あっ」」

律「いやー、すっかり忘r」

ゴチン!

澪「さて、練習するぞー」

一方通行「・・・あンなに臆病だったヤツが人を殴ってると違和感があるなァ」

梓「そのうち慣れますよ」

唯「よーし、頑張るぞー!」フンス

一方通行「オマエがギター兼ボーカルだなンて想像つかねェンだが」

唯「ひどーい!」

唯「私だってやる時はやるんだよ~!」

一方通行「じゃあなンかやってみろ」

唯「だったら、私達の演奏を見せてあげよう!」

唯「最初は『カレーのちライス』だよ!」


一方通行「オマエでもちゃんと弾けるンだなァ」

唯「でしょー?」

一方通行「アイツよりは下手だったけどな」

唯「あずにゃんには敵わないよ~」

唯「いつもギターを教えてもらってるからね~」

一方通行「・・・オマエ本当に先輩か?」

唯「ひどーい!」ガーン!

一方通行「オマエ、ボーカルはやらねェのか?」

梓「歌は、あんまり得意じゃないんです」

一方通行「へェ」

梓「・・・どうしてもって言うなら、歌ってあげてもいいですけど」ボソッ

一方通行「ン? なンか言ったか?」

梓「何でもないです」



梓「もう夕方ですね」

澪「充実した1日だったな」

唯「じゃあ最後に、ふわふわ時間を演奏して終わりにしよう!」

律紬「「おー!」」

梓「・・・」チラッ

一方通行「・・・?」

唯「それじゃ、いっくよー!」

梓「・・・どうでした?」

一方通行「まァ、いい感じなンじゃねェか?」

一方通行「特にオマエのギターが」ボソッ

梓「?」

一方通行「あァ、なンでもねェよ」



律「夕食は私が作るぞ!」

一方通行「って事は、夕飯抜きか・・・」

律「何でそうなる!?」

一方通行「本当に料理できンのか?」

律「当たり前だ!」

一方通行「まァ、せいぜい頑張りな」

律「くっそー・・・こうなったら、田井中律の本気を見せてやる!」

律「どうだー!」

一方通行「・・・」

一方通行「・・・認めたくねェが、普通に旨いじゃねェか」

律「よし、こっちの勝ちだな!」

一方通行「勝負なンてしてねェだろうが」

律「てへっ☆」

一方通行「別に可愛くねェから」

律「梓がやったらどうなる事やら」

一方通行「なンでそうなるンだ」


唯「そろそろ、お風呂に入ろう!」

律「おー!」

紬「ねぇ、梓ちゃん」

梓「なんですか?」

紬「実は大浴場がもう1つあるんだけど、そっちに二人で行かない?」

梓「別にいいですよ」

紬「じゃあ、行きましょ♪」

 

 

~第二浴場~

 

紬「梓ちゃん」

梓「何ですか?」

紬「今、気になってる男の子いるでしょ?」

梓「!?」

梓「昨日も言いましたけど、そんなのいません!」

紬「もっと素直にならなきゃ、後で後悔するわよ~」

梓「・・・」



律「合宿も、もう終わりか~」

唯「この前より短かったからね~」

紬「楽しかったわ~!」

澪「後はバスで帰るだけだな」

一方通行「座席はどうすンだ?」

紬「行きと同じよ~」

梓「またですか・・・」

 

~小型バス(貸し切り)車内~

唯「また酔った・・・」

紬「大丈夫?」


澪「ちゃんと、夏休みの宿題やれよ?」

律「絶対終わらないって・・・」

澪「手伝ってやるから、な?」


梓「すぅ・・・すぅ・・・」ギュッ

一方通行「・・・またかよ」

一方通行「(まァ、可愛いと言えなくもねェけどな)」

紬「みんな~、着いたわよ~!」

律「澪~、起きろ~」ペチペチ

澪「ん? あぁ、律か」

一方通行「オイ、起きろ」ペチペチ

梓「すぅ・・・すぅ・・・」

一方通行「・・・背負って行くしかねェか」


唯「じゃあね~!」

紬「さよなら~♪」

律「またな~!」



一方通行「・・・やっと家に着いたかァ」

ガチャッ

梓「すぅ・・・すぅ・・・」

一方通行「まだ起きねェ・・・」

一方通行「2階まで背負って行くのは無理だなァ」

一方通行「・・・ソファーにでも寝かせておくか」スッ

一方通行「・・・毛布ぐらいはかけといてやるか」サッ

一方通行「・・・」

一方通行「・・・あと、枕もだなァ」スッ


一方通行「・・・」

梓「すぅ・・・すぅ・・・」

一方通行「・・・」

一方通行「俺も寝るか・・・」



さわ子「あ~、よく寝た~」

さわ子「ってあれ? もう夜?」

さわ子「みんなはどこ?」



律「何か大事な事を忘れてるような・・・」

律「まぁ、いいや」

 

                                                       

 

~8月31日~

梓「・・・」カキカキ

梓「・・・」ペラッ

梓「・・・」カキカキ

一方通行「さっきから何やってンだオマエ」

梓「夏休みの宿題です」

一方通行「真面目なオマエが宿題を溜め込ンでるなンて意外だなァ」

梓「アナタのせいでやってる時間が無かったんですよ・・・」

一方通行「まァ、せいぜい頑張りな」


梓「・・・」

一方通行「急に解くのが止まったなァ」

梓「・・・」

一方通行「もしかして分かンねェのか?」

梓「・・・はい」

一方通行「・・・教科はなンだ?」

梓「数学です」

一方通行「・・・仕方ねェなァ、手伝ってやるよ」

一方通行「ココはこうやって、コレを代入すンだよ」

梓「えっと、じゃあ答えはこうですね」

一方通行「あァ、ソレで合ってる」


一方通行「次の問題は、場合分けが必要だなァ」

梓「3つに場合分けすればいいんですよね?」

一方通行「あァ、その通りだ」


一方通行「さァ~て、そろそろ休憩にするか」

梓「そうですね」

梓「シャーペンの芯が無くなったんで、コンビニで買ってきます」

一方通行「あァ」

梓「・・・」テクテク

?「・・・ちょっといいですか?」

梓「はい?」

?「ココから最も近いゲーセンはどこにあるのですか、とミサカは問い掛けます」

梓「えーっと・・・」

?「できれば、直接案内して頂けると幸いです」

梓「じゃあ、ついて来て下さい」



梓「そういえば、まだ名前を聞いてないですね」

?「・・・では、『ミサカ』とでも呼んで下さい」

梓「あ、はい」

梓「そういえば、ミサカさんは何でゲーセンに行くんですか?」

ミサカ「迷子になった私の妹がゲーセンにいるからです、とミサカは理由を説明します」

梓「妹・・・?」

ミサカ「正確には違いますが、これ以上は機密事項が関わってくるためお伝えできません」

梓「じゃあ、迷子になったのに何で居場所が分かるんですか?」

ミサカ「とあるネットワークを使用したからです、とミサカは説明します」

梓「そのネットワークっていうのも機密事項ですか?」

ミサカ「はい、そうです」

梓「謎が多いんですね」

ミサカ「学園都市とはそういう物です、とミサカは適当にごまかします」

梓「学園都市・・・」

ミサカ「どうかしましたか?」

梓「一方通行って知ってますか?」

ミサカ「・・・その人間の名をどこで知りましたか、とミサカは質問します」

梓「今、同居してるんですよ」

ミサカ「!?」

梓「?」

ミサカ「いえ、何でもありません」

梓「あ、到着しましたよ」



打ち止め「あ~! 18782号だ~!」

ミサカ「人前でその名前を呼ぶのはやめなさい、とミサカは注意します」

打ち止め「でもでもそうじゃないと区別できないよってミサカはミサカは反論してみる」

梓「そっくりですね・・・」

打ち止め「だって同じ体細b」

ミサカ「いい加減にしなさい、とミサカは強く警告します」

打ち止め「は~い・・・」

梓「?」

ミサカ「では、帰りますよ」

打ち止め「え~」

打ち止め「せっかく来たんだから遊ぼうよってミサカはミサカは提案してみる」

ミサカ「・・・仕方ないですね、とミサカは妥協します」

 打ち止め「あのぬいぐるみが欲しいってミサカはミサカはおねだりしてみる!」

ミサカ「クレーンゲームですか・・・」

梓「あ、じゃあ私に任せて下さい」


梓「これですよね?」

打ち止め「ありがと~!ってミサカはミサカは感謝してみる!」

梓「・・・ってあれ? ミサカさんは?」


ミサカ「・・・」カチカチ

ドカーン!ドカーン!

GAME CLEAR!

ミサカ「ふぅ・・・」

梓「・・・意外ですね」

梓「このゲコ太シューティングってゲーム、完全に子供向けじゃないですか」

ミサカ「べ、別にゲコ太が好きな訳ではありません、とミサカは弁明します」

打ち止め「もっと素直にならないとダメだよってミサカはミサカは忠告してみる」

ミサカ「打ち止めに言われる筋合いはありません、とミサk」

打ち止め「上条当麻」ボソッ

ミサカ「んなっ・・・!?」

梓「どうかしましたか?」

ミサカ「なななな、なんでもありません!」

梓「?」
梓「もう夜ですね・・・」

打ち止め「たくさん遊んだねってミサカはミサk」

ミサカ「遊びすぎです、とミサカは注意します」

打ち止め「は~い・・・」

ミサカ「では、私達はこっちなので」

打ち止め「またね~!」



梓「ふぅ・・・」

梓「なんか、変な人達だったなぁ・・・」

梓「・・・って、あぁっ!?」


梓「宿題・・・まだ終わって無かった・・・」

梓「ただいまです・・・」

一方通行「遅ェぞ」

梓「いろいろあったんですよ」

梓「宿題片付けるんで、静かにしてて下さいね」

一方通行「あァ・・・ってオイ」

一方通行「飯はどォすンだよ」

梓「適当に買って食べてて下さい」

一方通行「オマエの作った飯じゃねェと食う気しねェよ」

梓「なっ・・・!?」カァァッ

梓「お、おだてても無駄です!」

一方通行「なンで急に顔真っ赤にしてンだオマエ」

梓「うぅ・・・」

一方通行「前も言ったけどなァ、手料理を食った後だとコンビニの飯がマズく感じるンだよ」

梓「それでも、今日は無理です」

一方通行「チッ・・・」

一方通行「・・・仕方ねェなァ」ボソッ

梓「?」



梓「・・・」カキカキ

一方通行「痛ェっ!」

梓「・・・」カキカキ

一方通行「熱っ!?」

梓「?」


梓「何やってるんですか・・・?」

一方通行「・・・見て分かンねェのか」

梓「エプロン装備の一方通行・・・、プッw」

一方通行「中野ォ!」

梓「それにしても、魚が真っ黒焦げじゃないですか」

一方通行「うるせェ」

梓「仕方ないですね・・・、あとは私がやります」

梓「できました」

一方通行「オマエはなンで料理できンだよ」

梓「何でって言われても・・・」

一方通行「まァいいか、食うぞ」


一方通行「ふゥ、ごちそうさまでしたァ~」

梓「相変わらず大量に食べますね」

一方通行「別にいいじゃねェか」

梓「じゃあ、お風呂に入ってきますね」

一方通行「あァ」

 梓「・・・」

梓「明日から、また学校・・・」

梓「学祭も近いし、頑張らなくっちゃ!」



梓「ふぅ・・・」

一方通行「風呂長ェなァ」

梓「女の子はそういうもんです」

一方通行「その感覚は理解できねェ」

梓「はいはい、私はもう寝ますね」

一方通行「あァ」

  一方通行「・・・深夜は暇だなァ」

一方通行「・・・」

一方通行「・・・ってオイ」

一方通行「アイツ、宿題残ってンじゃねェか」


一方通行「・・・仕方ねェ」

一方通行「代わりにやってやるかァ・・・」


~数時間後~


一方通行「あァー・・・、やっと終わった」

一方通行「ったくよォ、メンドクセェ作業を押し付けやがって」

一方通行「・・・」

一方通行「・・・さっさと寝るかァ」

   ミサカ「・・・一方通行の同居人との接触に成功しました、とミサカは報告します」

芳川『それで、どうだったの?』

ミサカ「DV等の痕跡はありませんでしたが、共同生活の詳細は不明です」

ミサカ「現段階での監視解除は妥当ではありません、とミサカは忠告します」

芳川『・・・アナタ達はそんなにあの子の事が信用できないのね』

ミサカ「・・・」

芳川『まあ、無理もないけれど』

ミサカ「・・・この町に来てからの、攻撃的な能力使用は恐らくゼロだと思われます」

ミサカ「好戦的な一方通行らしからぬ行動ですね、とミサカは少し驚きます」

芳川『あの子も結構丸くなったって事かしらね』

ミサカ「引き続き監視を続けますか、とミサカは判断を求めます」

芳川『もういいわよ、多分大丈夫でしょうから』

芳川『それに、少しはあの子を信じてあげてもいいんじゃないかしら』

ミサカ「・・・了解しました」

ミサカ「・・・」

  

~翌朝~

梓「んっ・・・」ムクッ

梓「朝だ・・・」

梓「って、あぁ!?」

梓「宿題・・・」


梓「あれ?」

梓「いつのまにか宿題が終わってる・・・?」

梓「もしかして・・・」チラッ

一方通行「・・・」zzz・・・

梓「代わりにやってくれたのかな・・・」

梓「・・・」

梓「・・・ありがと」ボソッ


梓「さて、朝ご飯の準備しなきゃ・・・」

梓「さて、そろそろ出発しないと・・・」

一方通行「・・・」zzz・・・

梓「まだ寝てる・・・」

梓「朝ご飯は冷蔵庫の中だし、大丈夫かな」

梓「・・・大丈夫じゃないような気もするけど」



純「梓~!」

梓「あ、純だ」

純「登校中に会うなんて珍しいね~」

梓「純がいっつも遅いからね」

純「え~、そう?」

梓「・・・自覚が無いのが一番危ないらしいよ」

 

      

~教室~

純「あ、憂~!」

憂「おはよ~」

憂「純ちゃん、ちゃんと宿題全部終わらせた?」

純「いやー、まだ終わってないんだよね」

梓「ダメじゃん」

純「そういう梓はどうなのさ」

梓「ちゃんとやったよ」

純「同棲してる彼氏に手伝ってもらったんでしょ?」

梓「同棲って言い方はやめて、あと彼氏じゃないから」

憂「それで、手伝ってもらったの?」

梓「まぁ、一応・・・」

純「じゃあ、梓は一方通行の事嫌いなの?」

梓「えっ?」

梓「そういう訳じゃ、ないけど・・・」

純「梓はツンデレだねぇ~」ニヤニヤ

梓「ち、違うもん!」

ヴーッ ヴーッ

梓「あれ? こんな時間に電話?」ピッ

梓「もしもs」

一方通行『朝飯はどこだァ!?』

梓「やっぱり・・・」

一方通行『うるせェ、早くどこにあンのか教えろ』

梓「冷蔵庫の中に入ってますから、電子レンジで温めて下さい」

一方通行『了解だァ』ブツッ

梓「・・・」

憂「こ、個性的な人だね・・・」

純「ラブラブですなぁ~」ニヤニヤ

梓「だからそんなんじゃないってば!」
純「梓も憂みたいになってきたよね」

梓「何で?」

純「二人分の家事をやってるじゃん」

梓「仕方ないよ、あの人は何にもしないから」

憂「お手伝いしてもらったら?」

梓「・・・無理でしょ」

憂「そんな事ないと思うよ?」

憂「私のお姉ちゃんだって、お手伝いしようとしてくれたりするよ~」

梓「しようとするだけでしょ」

憂「ひどーい!」ガーン!

梓「いや、事実だから」

純「あ、もうすぐチャイム鳴るよ~」

 

 ~放課後~

純「やっと授業から解放された~!」

梓「いや、高校は勉強するための場所だから」

純「え~、高校といったら部活でしょ!」

純「という訳で、部活に行ってきまーす!」

憂「頑張ってね~♪」

憂「梓ちゃんも、部活でしょ?」

梓「うん」

梓「じゃあ憂、またね」

憂「さよなら~♪」

~部室~

ガチャッ

梓「こんにちはー」

唯「あずにゃんだ~!」

梓「他の先輩方はどうしたんですか?」

唯「掃除当番とか面談とかで遅くなるって言ってたよ~」

梓「そうですか・・・」

ガチャッ

一方通行「よォ」

梓「何で平然と侵入してるんですか!?」

一方通行「特別許可証貰ったから問題ねェ」

梓「どうやって・・・?」

一方通行「まァ、金があれば大体の事はできンだろ」

一方通行「有効なのは、部室とそこまでの通路だけみてェだけどなァ」

梓「・・・アナタには常識っていうモノが無いんですか」

一方通行「一方通行に常識は通用しねェ」

梓「非常識過ぎるのは問題だと思いますけどね」

一方通行「金髪はまだ来ねェのか、早く菓子食わせろ」

梓「図々しいにも程があります」

唯「そうだよ~、せっかち過ぎるのは良くないよ~」

一方通行「噛み合ってねェぞオマエら」

ガチャッ

紬「遅くなっちゃった~♪」

一方通行「・・・今日の菓子はなンだァ?」

紬「モンブランよ~」

梓「澪先輩達はまだですか?」

紬「面談が長引きそうだから、今日は来れないって~」

梓「そうですか・・・」

一方通行「俺の分が2つも増えたなァ」

唯「いや、ここはジャンケンだよ!」

一方通行「仕方ねェ、その勝負受けて立つ!」

一方通行「連敗・・・だとォ・・・!?」

唯「勝利のチョキ!」

梓「子供ですね・・・」

一方通行「幼児体型にだけは言われたくねェ」

梓「ニートが調子乗るなです」

紬「ケンカはダメよ~」



唯「もう夜だね~」

梓「じゃあ、今日はもう終わりにしましょうか」

紬「そうね~」

一方通行「俺は先帰ってるからなァ」

梓「了解です」

唯「ねーねー、あずにゃん」

梓「何ですか?」

唯「向こうで一方通行君と誰かがケンカしてるよ~」

梓「え?」


一方通行「なンでオマエがココにいるンだよ」

ミサカ「アナタのような最低の人間に教える必要はありません、とミサカは挑発します」

一方通行「あァ? 『実験』が終わったからって調子乗ってンじゃねェぞ」

ミサカ「アナタこそ、あんな小さい女の子と同棲するなんてまるでロリコンじゃないですか、とミサカは更に挑発します」

一方通行「オイ、アレでもアイツは高校生なンだからなァ?」

ミサカ「合法的ロリという訳ですね分かります、とミサカは適当に解釈します」

一方通行「だから、俺はロリコンじゃねェ!」

一方通行「それになァ、ペッタンコでチビで色気ゼロなアイツでも一応ロリの域は卒業してンd」

ミサカ「おっと、本人登場みたいですよ」

梓「・・・!」

ゴチン!

 

一方通行「痛ェ・・・」

梓「木原神拳って言うらしいです」

一方通行「どこでそンなン調べたンだよ」

梓「インターネットを甘く見ちゃいけませんよ」

一方通行「それでもそう簡単にはできねェだろうが」

梓「密かに練習してたんです」

一方通行「そンな下らねェ事やってねェで他の事しろよ」

梓「別にいいじゃないですか」



ミサカ「・・・あの二人は、そっとしておきましょう」

唯「そうだね~」

 

 

~梓の家~

一方通行「・・・」

梓「ひゃぁっ!?」

一方通行「?」


一方通行「なンだァ?」

梓「ご、ゴキブリが・・・」

一方通行「ソレはオマエの事だr」

ゴチン!

梓「違います!」

一方通行「・・・っていうかゴキブリ一匹でビビってンじゃねェよ」

梓「だ、だって・・・!」

一方通行「あーはいはい、駆除すりゃいいンだろ?」

プシュー!

一方通行「殺虫剤使えば楽勝じゃねェか」

梓「・・・苦手なものは苦手なんです」

一方通行「情けねェなァ」

梓「私だって女の子ですよ?」

一方通行「うるせェ、さっさと飯作れ」

梓「言われなくてもそうします」

梓「・・・ちょっと来て下さい」

一方通行「どうしたンだよ突然」

梓「見て分かんないんですか?」

一方通行「餃子の皮と具がどうしたンだよ」

梓「だから、自分で食べる分は自分で作って下さい」

一方通行「はァ?」

梓「あ、焼くのは私がやりますから」

一方通行「なンでそンなメンドクセェ事しなきゃいけねェンだよ」

梓「自立への第一歩です」

一方通行「俺はニートじゃねェ」

梓「いいから早く作って下さい」

梓「どうですか?」

一方通行「味付けはオマエがやったンだから大して変わンねェだろ」

梓「自分で作ったものはおいしいって言うじゃないですか」

一方通行「そンなのは科学的根拠のねェ迷信だろうが」

梓「まぁ、それはそうですけど・・・」

一方通行「・・・だけどよォ」

梓「?」

一方通行「オマエがそう言うなら、そうかもなァ」

梓「・・・!?」ドキッ

一方通行「さァ~て、食いまくるかァ」

梓「・・・そう、ですね」

 

 

 

純「あ~、今日は学校公開日かぁ・・・」

梓「何でそんなに憂鬱そうなのよ」

純「だって居眠りできないじゃん」

梓「普段から真面目にやってればそうはならないから」

憂「純ちゃんのお母さんとお父さんは見に来るの?」

純「そうだよ、しかも両方」

梓「憂は?」

憂「お父さんは仕事で来れないけど、お母さんは来るって言ってたよ~」

梓「憂と唯先輩の二人だから、半分ずつ見るんでしょ?」

憂「うん、そうだよ~」

憂「梓ちゃんは?」

梓「来ないよ、両方とも仕事だってさ」

純「ニートな彼氏がいるじゃん」

梓「絶対来ないでって言ってあるから」

純「え~、つまんな~い」

梓「ほら、そろそろHR始まるから席に着かないと」



純「朝から掃除なんてめんどくさ~い!」

梓「仕方ないでしょ、学校公開日なんだから」

純「どーせ、少しでも見かけを良くしようって魂胆でしょ~?」

梓「まぁ、そうじゃないの?」

純「やる事が卑怯だぞ桜高ー!」

梓「純はそれ以上に捻くれてるけどね」

純「・・・」ドキドキ

憂「何で緊張してるの~?」

純「だ、だって親が・・・」

梓「毎日家で会ってるでしょ」

純「そ、それとこれは別!」

憂「あ、純ちゃんのお母さんとお父さんが来たよ~」

純「・・・!」ビクッ

梓「何でそんなにビックリしてんのよ」

憂「あ、一方通行さんが来たよ~」

梓「・・・ッ!?」ビクッ!

純「梓の方がビックリしてんじゃん」

梓「なななな、何で来てるの!?」

純「恋人の事が心配になるのは当たり前でしょ」

梓「だから違うってば!」

憂「あ、もうすぐ授業始まるよ~」



梓「・・・」カキカキ

一方通行「・・・」ジーッ・・・

梓「・・・」カキカキ

一方通行「・・・」ジーッ・・・

梓「・・・(集中できない・・・)」

 純「あー・・・やっと1時間目終わったぁ・・・」グデー

憂「純ちゃん大丈夫?」

梓「・・・ちょっと来て下さい」

一方通行「ン?」


梓「何でいるんですかぁ!?」

一方通行「別にいいじゃねェか」

梓「全然良くないです!」

一方通行「なンでだよ」

梓「授業に集中できません」

一方通行「それはオマエの問題だろ」

梓「とにかく、帰って下さい」

一方通行「一方通行に命令は通用しねェ」ササッ

梓「訳分かんないです! ・・・ってあれ?」

梓「逃げられた・・・」

梓「はぁ・・・」

純「そんなに一方通行に見られるの嫌なの?」

梓「うん」

純「何で?」

梓「なんか、集中できないじゃん」

憂「梓ちゃん、恋する乙女だね♪」

梓「ち、違うから!」

純「素直じゃないなぁ~」

梓「うぅ・・・」

純「そういえば、何かあっちが騒がしいね」

梓「・・・確かに」

純「ちょっと様子を見に行こうよ」

「おやつぐらいでそんな怒るなよインデックス!」

「とーま!食べ物の恨みは恐ろしいんだよ!」

「大体、ココに来たのはお前の志望校を決めるためだろーが!」

「それとこれとは話が別なんだよ!」

「訳分かんねぇし!・・・って」

ガブッ

「不幸だぁぁぁぁ!!!」


純「・・・痴話喧嘩だね」

梓「うん」

純「梓だってよくやってるし」

梓「だから違うって!」

憂「あ、もうすぐチャイム鳴るよ~」

 

 

~放課後~

純「やっと授業終わったぁ・・・」グデー

憂「大丈夫?」

梓「・・・あれ? 何だろ、このカード・・・」

梓「あちこちに貼ってあるけど・・・」

純「あぁ、それって自称魔法使い(笑)の不審者のイタズラらしいよ」

梓「うわぁ、痛い人・・・」

純「友達が先生から聞いたらしいんだけど、いかにも悪そうな人だったってさ」

憂「何か凄いね~・・・」

純「さて、そろそろ部活に行きますか」

憂「純ちゃん、梓ちゃん、またね~♪」

 

 

~部室~

ガチャッ

梓「こんにちは~」

唯「ねぇあずにゃん、魔法使いのおじさんの話って知ってる?」

梓「あぁ、純から聞きましたよ」

紬「私達、その人を生で見たの~♪」

律「右目の下にバーコードがあって、耳はピアスだらけで、タバコ吸ってて・・・」

唯「さわちゃんに取り押さえられて、どっか行っちゃったけどね~」

澪「あんな不審者、初めて見たよ」

梓「あちこちに変なの貼付けるなんて、迷惑な人ですよね」

一方通行「金髪、ケーキおかわりだァ」

紬「は~い♪」

梓「相変わらずやりたい放題ですね・・・」

一方通行「一方通行に常識は通y」

ガチャッ

さわ子「ムギちゃん、ケーキ!」

紬「は~い♪」

一方通行「騒がしいヤツだなァ」

さわ子「一方通行君に言われたくないわね・・・」

さわ子「そういえば、軽音部は学校公開の見学者来ないわね~」

一方通行「当たり前だろ、誰がこンな部にk」

ゴチン!

一方通行「痛ェ・・・」

梓「余計な事言うからです」

唯「あずにゃん凄~い!」

律「火を手を突っ込んでも無傷の一方通行にダメージを与えるなんて・・・」

一方通行「俺の強さの判断基準ソレかよ」

梓「馬鹿ですから」

律「おい」



紬「もう夜ね~」

梓「・・・結局、1人も来ませんでしたね」

唯「そんなにガッカリする事ないよ~」

律「新歓ライブの時に頑張れば平気だって」

一方通行「その新歓ライブで1人しか勧誘できなかったのはどこのどいつだァ?」

律「うっ」

梓「まぁ今は、学祭ライブが先ですけど」

唯「あずにゃん、頑張ろうね!」

梓「はい!」

                                                            つづく

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。