媚薬編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

美琴「ぉ、お尻?」

上条「うん、ダメかな?」

美琴「そんな、お尻って……」

上条「……」wktk

美琴「……う」

上条「……」ジー

美琴「……」

美琴「(お尻ってことは、入れられちゃうのかな……)」

美琴「(そんな……、絶対無理だよ……)」

美琴「(でも、気持いいかも……)」

美琴「(………………)」

上条「なあ」

美琴「ひゃいっ!な、何?」

上条「そんな無理に最初っからしないよ」

美琴「え?」

上条「だからー、痛いことはしないって」

美琴「本当に……?」

上条「うん、だから……」ギュ

美琴「あ……」

上条「良いだろ?」

美琴「……うん」モジ

上条「(うし!)」
上条「んじゃ、早速」ダキ

美琴「え?え?シャワー浴びないの?」

上条「そんなものいりません!」ヌガシ ヌガシ スポポポポーン

美琴「ちょ、ちょっとお――」

チュ

美琴「ん……」

上条「……」グイ クパア

美琴「……ふあ」

上条「美琴、足自分で持ってくれ」

美琴「ん……、こ、こう?」

上条「うん、偉い偉い」

美琴「(こ、こんな……寝っ転がって自分で足抱えてるなんて……)」

上条「……」ジー

美琴「(アソコも……お尻の穴も見られてる……)」

上条「……」ス

美琴「(はずかしいよ……)」

クンクン

美琴「え?ちょ、ちょっと!何してるの!?」

上条「何って、美琴タンのおしりの匂いを嗅いでおるのですが……?」

美琴「そんなこと平然と言うな~~!」
上条「大丈夫大丈夫上条「おお、大きい声出したからヒクヒク動いてる……」

美琴「う……」

上条「そんなイヤだった?なら止めるけど……」

美琴「……イヤじゃないけど……、シャワーも浴びてないし……」

上条「いやそれは問題ない」

美琴「……アンタってやっぱりちょっとどころかかなりの変態よね」

上条「返す言葉もございません……」

美琴「そんなに嗅ぎたいの?」

上条「ああ、美琴の匂い好きだし」

美琴「……そう、なの?」

上条「うん、美琴が制服で寝てる時のワイシャツに匂いとかすごい好き」

美琴「そ、そんなことしてるの?……全く……」

上条「……」シュン

美琴「……良いわよ」

上条「え?」

美琴「だから、その……、お尻の……匂い嗅いでも良いって……」

上条「ホントに?」

美琴「良いって言ってるんだから良いの!」

美琴「(ああ、もう……、私のバカ。これじゃまたアイツのペースじゃない……)」

美琴「(でも……、それがなんか……)」
当麻「おーい美琴ー、コーヒー飲むかー? インスタントだけど」

美琴「あ、飲む飲むー」

当麻「砂糖とミルクは?」

美琴「アリアリで」

当麻「りょーかい……ほい」

美琴「ありがとー」

当麻「いえいえ」

美琴「何か今日のアンタ、妙に優しいわね」

当麻「そうか?」

美琴「うん」

当麻「いつもは優しくないか?」

美琴「……いじわるな事ばっかり言うじゃん」

当麻「オマエが可愛いからなー。あれだろ、好きな子の事ついいじめたくなるってやつ」

美琴「かわっ……喜べばいいのか悲しめばいいのか微妙ね、それ」

当麻「でもいやいや言いながら聞いてくれてるじゃん」

美琴「しょうがないでしょ、アンタの頼みなんだし……惚れた弱みってやつよ」

当麻「ああもう、ほんとオマエ可愛いなー!」

美琴「ちょっ、いきなり抱きつかないでよ!?」

当麻「嫌か?」

美琴「……そんな訳ないじゃない、馬鹿」
美琴「……あれ」

当麻「どうした?」

美琴「……えっちなことしないの?」

当麻「して欲しい?」

美琴「そうじゃないわよ! 珍しく大人しいと思って」

当麻「まあたまにはこうやってまったりするのもいいだろ」

美琴「……うん……当麻、もっとぎゅってして」

当麻「あいよ」

美琴「――っ」

当麻「ん? どうした?」

美琴「な、んでもない」

当麻「ならいいけど」

美琴「……」
美琴(何で、だろ)

美琴(ん、服、擦れて、感じちゃってる)

美琴(私、こんなえっちな子だったかな)

美琴(条件反射、なのかな。ぎゅってされて興奮しちゃった?)

美琴(何かコイツの思ったとおりに調教されてる気がする……)

美琴(あ……)

美琴(……乳首立っちゃってる)

美琴(当麻がちょっと動くたびに、ブラの上から擦れて)

美琴(でも、もどかしい)

美琴(触っ……てほしい、とか言えないし)

美琴(……はぅ)

美琴(ふ……ん、こく……)

美琴(うわ……つば、出てきちゃった……)

美琴(だめだ、スイッチ入っちゃった)

美琴(当麻がこんななのに……)

美琴(私だって……もっと普通にイチャイチャしたいのに……)

美琴(もっと嫌らしく触って欲しいって思っちゃってる……)
当麻「……」

美琴「……ん、ふ」

当麻「おいおい、あんまり動くなよ」

美琴「だってぇ……」

当麻「……」

美琴「ふぁ……」

当麻「もっとしっかりホールドしとかないとだめかな」

美琴「え――」

ぎゅっ

美琴「ぴ――、っ」

当麻「あ、悪い。強すぎたか?」

美琴「う、ううん。もっとして」

当麻「オマエは今日は甘えんぼだな」

美琴「あ、は、っ……」



美琴(やだ……当麻の触ってるとこ……)

美琴(全部、気持ちいい)

美琴(どうしちゃったんだろ、私)

美琴(まるで……体中が……)

美琴(性感帯みたいに……)

美琴(や、当麻の息が、頬をかすめてるだけなのに)

美琴(それだけなのに……気持ちいいだなんて……)

美琴(うわ、私、濡れちゃってる)

美琴(これって、絶対ショーツに染みついちゃう……)

美琴(短パンの方まで滲みてきてないわよね……)
当麻「……」

美琴「……っ」

当麻「……」

美琴「……ぅ……ぁ」

当麻「……なあ美琴」

美琴「な、何!?」

当麻「ちゅ」

美琴「っ――!? なな、何でいきなりほっぺにちゅー!?」

当麻「何か今日のオマエ、めちゃくちゃ可愛い」

美琴「そ、そう? いつもは可愛くないっての?」

当麻「いや、いつも可愛いけど。今日は特別に」

美琴「……言えない。いや、最初から言えないけど余計に言えない」

当麻「ん?」

美琴「何でもないわよ!」

当麻「何か変だな……?」

美琴「うう……」
美琴(やだ、当麻の唇の感触がまだ残って……)

美琴(一瞬だったのに、こんなにはっきり……)

美琴(熱くなってる……)

美琴(うわ、だめ、我慢、でき……っ)



当麻「……」

美琴「はふ……く、っん……」

当麻「……」

美琴「………………あ、の」

当麻「……はむ」

美琴「――――っ!!」



美琴(――やぁ)

美琴(耳、甘噛みされて)

美琴(私……イっちゃっ……!)
美琴「っ――は」

当麻「なあ、何か凄い調子悪そうだけど、大丈夫か?」

美琴「……大丈夫じゃない」

当麻「お、おい、体調悪いなら最初から……」

美琴「…………当麻」

当麻「どこが悪い? 病院行くか?」

美琴「くすり、ほしい」

当麻「薬? 風邪薬くらいしかうちにはないぞ」

美琴「ちがう」

当麻「違うって、じゃあどんな」

美琴「――とうま」

当麻「え、なん――」





「」
美琴「ん、ちゅ、あむ――っ、はぁ……」

当麻「美琴……?」

美琴「当麻が、薬」

当麻「え?」

美琴「お願い………………して」

当麻「……」

ちらっ

当麻「……32分か」

美琴「え?」

当麻「何でもない。……うお、服くら自分で」

美琴「ごめん、ごめんね。お願い。して」

当麻「うわ、もうびっしょりじゃん」

美琴「そんな事言って、当麻も」

当麻「……オマエが可愛かったからな」

美琴「っ……」

当麻「ほら、せめてベッドで、な」

美琴「ごめん、なさい」

当麻「いや、ベッドじゃないとさ……」

美琴「え?」

当麻「ちょっと今日は抑えが利かないと思うから」

美琴「……あは」

当麻「ほら、来いよ」

美琴「当麻」

当麻「ん?」

美琴「お願い――壊れるくらい、めちゃくちゃにして」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。