美琴「新しいかっこいい必殺技が欲しい」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

御坂「ジャッジメント(笑)な世界観なんだから私もオサレな必殺技が欲しいわ」

黒子「お姉さま・・・敵に自分の能力を語るのは十分オサレですの それに超電磁砲(レールガン)とか・・・」

御坂「あんたもじゃない黒子」

黒子「そうでしたっけ?ほほほ・・・」

御坂「!!!」

御坂「いいこと思いついた!!」

黒子「お姉さま?」

御坂「黒子!ちょっと橋の下へ行くわよ!」


ーー川の橋に到着ーーー

黒子「お姉さま こんな冷蔵庫にくっつけるような磁石をどうするんですの?」

御坂「いいからそれをあたしに向かって投げて頂戴!」

黒子「はぁ・・・じゃあ行きます!こう見えてもわたくしは肩にはそこそこ自身があるんですの!そらっ」 ヒュッ

御坂「いくわよ黒子! 反発(リペル)!!!」

磁石がものすごい速度で飛んでいく

黒子「ひっ!」

黒子は避ける 磁石は川へ

ザバーン!!  

黒子「すごいですわお姉さま・・・」

御坂「実はもうひとつ技を考えてあるの」

黒子「へ?」

御坂「こんどはビルの解体を手伝うわよ 1週間後に見せてあげるわ」

 

 

 

一週間後

 

 

工事現場の人「無償で壊してくれるの ありがたいけど本当にそんなことできるのかい?
          一応言われた通りいらなくなったしゃべるとか金属はもってきたけど
          処分したいいらない車もあるよ」

御坂「任せておいてください!うわっ こんなにあるんだ」

黒子「まさか強力な電気で壊すわけではないでしょうね・・・」

御坂「違うってば!もっとかっこいいから」

黒子(お姉さまってば 中二真っ盛りなんですね・・・はぁ)

御坂「じゃあいくわよ!」 ゴゴゴゴ・・・

工事の人「なんだ!!?金属がどこかへ引き寄せられて・・・って君の腕に引きよせられてる!!!?」

黒子「お・・・お姉さま?」

御坂の腕に集まった金属は腕の形を形成していく

黒子「すごい・・・まるで巨人のような腕に」

御坂「まずそのいらなくなった自動車を握りつぶしますよ」

工事の人「あぁ・・・」

グシャグシャ・・・

御坂「その金属も腕にする!!」

御坂「そしてあの建物をこの巨大な腕で殴る!」

ズゴゴゴゴゴゴ・・・・・

御坂「そしてもう片方の腕にも巨大な腕をくっつける!!」

ガシャンガシャン・・・

御坂「両手で建物を握りつぶす!!」

 

御坂は次々と建物を破壊していった


御坂の新必殺技の披露が終わった

工事の人「すごいねぇ・・・」

黒子「お姉さま!なんて凛々しいこと・・・黒子は感激ですわ!」

御坂「いやぁ 照れるって ははっ」

黒子「ところであんなに金属を腕にくっつけて重たくないんですの?」

御坂「あぁ まあ磁力を操作すればちょっと重たいダンベルを持ってる程度で済むのよ」

黒子「さすがお姉さま!!一生ついていきますわ」

工事の人「ところでさぁ この大量の金属はどうするんだい?」

御坂・黒子「あ・・・」

その後御坂と黒子は手分けして金属を処理場に運んだ(御坂は腕にくっつけて、黒子はテレポートで運んだ)

黒子(わたくしもあたらしい必殺技が欲しいですわ)



同日、場面は変わって
--------------------------------------------------------------------------------------
一方(第三位の野郎・・・かっこいい必殺技を考えやがって!俺も何か考えないと) ←こっそり見てた
--------------------------------------------------------------------------------------
垣根(俺ももうちょっとかっこいい技が欲しいな この翼はダサすぎる)
--------------------------------------------------------------------------------------
麦野(もっと強力な技がないと上の順位には上がれなさそうね・・・)
--------------------------------------------------------------------------------------
削板(根性が足らん!根性が!!!!)
--------------------------------------------------------------------------------------


上条「俺の能力って地味だなぁ・・・いや能力なのかどうかもわからんが・・・)

 

学園都市の役員その1「本当にやるんですか?」

その2「あぁ・・・各所からは許可は得ている」

その3「しかしあまりにも危険では・・・」

その2「アンチスキルもいる!心配するな」

その1「しかし何のために・・・」

その2「学園都市の景気を良くするために、そして学園都市観光産業の発展のよくするためでもあるんだ」

その4「でも・・・」

その2「上が決めたことだ・・・もうやるしかないだろ」

その2「 学 園 都 市 最 強 決 定 ト ー ナ メ ン ト を !」

その2「これは金もうけ・・・ゴホン 学園都市興行の発展のためと同時にレベル6を生みだすきっかけになるかもしれないらしいんだ」

その5「優勝したらなにかあるんですか?」

その2「賞金2000万円かアレイスター氏への挑戦権があたえられる ちなみに準優勝でも賞金100万 第3位決定戦で勝ったものにも50万円が渡される」

その3「・・・アレイスター氏って戦えるんですか・・・・?」

その2「さあな?だが とてつもなく強いんじゃないか?なんとなくだが」

その1「レベル5連中は(レベル6になれるよ~)とか言っておけば参加しそうだな・・・」

その2「レベル6のことは口に出さないようにと注意しておく必要もあるがな」

その4「能力者って公の場で能力使いたくなんじゃないですか?」

その2「何を言ってる!彼らは中二病が多い!見てみろ!ジャッジメントがよく能力を説明しているじゃないか!
     これはきっと『俺ってかっこいい!』な精神の表れだ!だいたい能力を敵に教えることなんて無意味だろ!
     でもやるんだ!彼らはかっこつけたがりなんだ!それが公でかっこいいところを見せられるとなればもう・・・」

その5「・・・まあ やるもんはやるんですね・・・」

その2「うん・・・」

 

レベル5たちに大会の開催の通達が来た

垣根「てっとりばやくレベル6になるには戦いまくるのが一番っぽいな
    くそう、トーナメントなんて言わず俺がひたすら挑戦者と戦い続ける
    ”垣根ゲーム”の方がよかったんだけどな・・・」

垣根「さて、強敵たちが集うんだから俺も必殺技を考えないと・・・うーん・・・」











垣根「そうだ!!」



垣根「俺の未元物質の性質を吸収にして身にまとい・・・試してみよう!」

 

垣根は誰も使っていない、もう放置してあるボロい元ボーリング場にやってきた

垣根「ここならだれにも危害は加わらないだろう 俺は堅気には手は出さない主義だからな」

スキルアウト1「なんだてめぇ!?」

その2「俺たちの縄張りに入ってくるんじゃねえよ!!」

垣根「あれまぁ・・・まあ、お前らみたいなすぐに堅気に危害を加えるようなならず者には容赦しねえよ」

その3「なんだこいつ!やっちまえ!!」

垣根「ははっ・・・威勢がいいねぇ だが・・・俺は闇だ!!」

垣根「物質の性質は九州!!じゃねえよここは関東だ!じゃなくて吸収!!」

垣根「いくぞ・・・暗黒吸収(ブラックホール)!!!」

ゴオオオオオオオオ・・・・・!!

その4「うわぁぁぁ!!なんだ!?あいついきなり真黒な人形みてぇになったぞ!!」

その5「あいつに吸い寄せられる・・・!!」

その6「見ろ!!ボーリング場の建物が崩壊してあいつに吸収されていく!!」

その7「ブラックホールそのものじゃねえか!!うわぁぁぁぁぁ!!!」

垣根「俺に吸い込まれたら無限の重力がまってるぜ?」

スキルアウト「「もうやめてくれぇぇぇぇぇ!!」」

グォォォォ・・・・










垣根「しまった・・・ボーリング場だけじゃなくてかなりの広範囲の建物や車も吸収しちまったみたいだな・・・
   俺っていつもこうなんだよなぁ・・・周りが見えなくなって結局被害をでかくする・・・困ったもんだねぇ・・・くっくっく」

垣根「さて ならず者たちを吐きだしてやるか さすがに無限の重力でグチャグチャにされるのはいやだろうしな」

垣根「放出(ホワイトホール)!!!」

垣根はぐちゃぐちゃにつぶされたたてものやスキルアウトを吐き出した

アウト「あわわわ・・・・」

垣根「ふん 今後無暗に他人に絡まないこったな!!(今日の俺なんだかとってもかっこいい!)」

こうして垣根帝督はルンルン気分で帰って行った

 

 

 

一方通行の場合

一方「面白そうだなぁ 大会かぁ(打ち止めの前でかっこいいところを見せるチャンスだ!)」

一方「だがしかしだ・・・第二位の野郎は簡単には勝たしてくれなさそうだな・・・なにか新しい技を考えねぇと・・・」

一方(血流を操って内部爆破をさせて「お前はもう終わってる・・」とか言うとか・・・でも地味だな)

一方(風を操って「サイクロン発動!魔法カードを除去」って言うとか・・・ってそれじゃあリアルファイトじゃなくてデュエルじゃねえか!)

一方「なんかいいアイディアはねえかな・・・強力かつかっこいい技は・・・」

一方「そうだ!!空気中の静電気を集めまくれば・・・」



・・・一方も河原で試してみることにした

一方「ようし!まず順番からいって静電気集めだ!次に技名を叫んで最後に放つ!これで打ち止めも俺にメロメロだ!」

一方「技名は何にしようか・・・荷電粒子砲なんていいかもな!いや、安直すぎる・・・もっとひねらないと・・・」

一方「英語を使えばかっこいいんじゃないか?そうだな!英語の技名にしよう!」

一方「さあやるか・・・静電気を集めるんだ・・・」

一方「・・・・・・」

一方「こうやって万歳しながら集めるとかっこいいな」

一方「・・・・・」

一方「なにか呪文を唱えるともっとかっこよくなりそうだな」

一方「海よ・・・山よ・・・大地よ・・・我に力を授けたまえ・・・」

(静電気が一方の頭上にあつまってきている)

一方「わが実・・・実ってなんだよ!!俺は実でも出しちまったってか!?ス○トロか!?わが身だ!身体の”身”だ!!」

一方「わが身に宿りし最上位の力と大地の力・・・2つがあわさればお前など数秒の命!!」

一方「喰らうがいい!ジャイアントシャインボール!!!」

ドゴォォォォォ・・・

一方「最高だぜ!!強いし最高にかっこいい!それに俺もかっこいい!
    男か女かわからないような中性的な容姿で 且つ最上位の能力者なんてかっこよすぎる!
    おまけにかっこいい技名も呪文も考えちまった!これで打ち止めは俺に・・・
    じゃなくて優勝決定でレベル6だ!!!ふははははははは!!!」

 



麦野「はっはっはっは!!見てごらん!!ブレンダ!綺麗な花火でしょ?はっはっはっは!」


遠くから麦野の戦闘を見ている垣根と付添人

垣根「第4位の野郎 しょうもない無能力者を倒して大喜びか だせぇな」

つきそいの女性「無能力者といえばあのツンツン頭も・・・あいつ妙な違和感があるのよね 気になってるの
           いつかあなたの脅威になるんじゃないかって・・・あ、一応写真見せておくわ」

垣根「なんだこんな奴 放っておけよ それにしても第4位の奴 最近制圧地区を広げているな
    この地区の制圧がうまくいかないのもあいつがいるせいだ
    だが・・・支配者としての資質はあまりないな・・・」

垣根「第4位もまだまだ・・・甘い!」



ズゴォォォン!(麦野が暴れて破壊した建物の音)

 


大会の開催は公に発表された

佐天「え?御坂さんもこの大会に出るんですか?」

初春「白井さんも出るんですよね?」

御坂「えぇ・・・(レベル5なんか出ないといけなさそうな雰囲気だったし・・・賞金あればゲコ太グッズもいっぱい帰る・・・)」

黒子「わたくしはジャッジメントとして力を堅持しておきたいんですの 街の不良たちもおとなしくなるかもしれませんし(本当は賞金で高性能カメラやビデオが欲しいんですの・・・)」

佐天「すごいじゃないですか!頑張ってください!」

初春「1位や2位の人も出るんですか?勝算はあるんですか?」

御坂「えぇ・・・(2位は見たことないけど・・・1位がアレだからねぇ・・・きっと恐ろしい奴に違いないわ)」

御坂「まあ3位になればお金もらえるしww3位目指して御坂 がんばります!!!」

黒子「まあ1位や2位はいい噂は聞きませんからね・・・無理に戦わない方がいいでしょう
    スキルアウト以上の悪人がこの世をひっくり返すような能力を持っていると考えた方がよいかと」

佐天「うぅ・・・楽しそうな大会だと思っていたけどすごく恐ろしいことになりそう・・・(汗」

初春「2人ともとっても強いですけど・・・無理だけはしないでくださいね
    なんだか1位や2位の人に中途半端な攻撃を仕掛けて怒りを買ったら本当にこの世がひっくり返りそうですから・・・」

御坂(うぅ・・・初春さん私を応援する気はないんだ・・・でもまぁ当然よね 1位はあんなのだし・・・本当に天変地異が起こりそう・・・)

黒子「あははは・・・初春!なんなんですかその言葉は・・・少しは応援しなさい(でも本気でヤバいかもしれませんね・・・私、おねえさまと結ばれることは永遠になかったりしないでしょうか・・・)

佐天「・・・・」


その日4人は恐怖のあまり無言だったですごした

 

 

イン「当麻!こんな大会があるんだよ」

上条「優勝賞金2000万か・・・でもどうせこんなの能力者の化け物しかでないんだろ?」

イン「当麻が3位にでも入賞すれば生活も楽になる でなよ!」

上条「何を言う!俺はまだ死にたくないぞ!どうせビリビリやそれより強い化け物だって出るんだろうな!」

イン「確かに・・・当麻が死んだらそれはそれで困るかも・・・」

上条「だろ!?(つうかそれはそれでって・・・俺ってそんな程度の扱いかよ)」

イン「でも賞金はやっぱり欲しい!」

上条「お前は金の亡者ですかァ!?(大会に出るのに)誘ってんのかァ?

上条「って俺はアクセラレータか!!!」

イン「なに一人でノリツッコミしてるんですかァ?ってインデックスはインデックスは突っ込んでみたり」

上条「・・・お前・・・あんまり面白くないぞ・・・」

イン「当麻もだよ!ってそんなことどうでもいいから大会に出るんだよ当麻!」

上条「嫌 俺は出場すれば今後不幸体質がなくなると言われてもこの大会には出たくない!」

イン「むぅ・・・じゃあ出たら当麻好みの年上の女性を連れてくるよ!」

上条「なん・・・だと・・・!?」

イン「私は結構顔が広いから 綺麗な女性をいっぱい知ってるもん」

上条「仕方ない!わたくし上条当麻はこの大会に出る!そして賞金もお姉さんも頂く!」

イン(当麻ってこんなキャラだったっけ?書き手がちゃんと禁書を見てないってのバレバレだね!アニメのにわか視聴者なんだろうね)



イン「みなさんはちゃんと本編をあまさず見てからSSを書くようにしましょうね!wikiだけじゃだめなんだから!」

 

 

 

 

 

こうして大会は開かれることになった




司会の女性「さあ今日は街に待った学園都市最強決定トーナメント!!」

観衆「ぐおおおおおおおおお!!!」

女性「まずはルールを紹介します!相手が降参するか戦闘不能になれば勝利です
    戦闘フィールドはこの田舎・・・じゃなくて広大な土地すべて!!
    学園都市にも自然はあるんですよ!!昔は畑だらけだったんですよ!!
    ついこの前までは誰も管理してない土地だったんです!」

解説

OOOOOOOOOOOOOO ←観客が見る場所
===================←この線より下すべてが戦闘フィールドなイメージで。巨大モニターもある






女性「さあ次は参加選手です!エントリーナンバー1は・・・」

司会「エントリーナンバー1!!白井黒子選手!」

司会「あぁ、コメントをどうぞ」

黒子「え?あぁ・・・えっと・・・がんばりますわ」

司会「だめだめもっと面白いこと言わないと!!この不況を笑いで吹き飛ばさなきゃ!!」

黒子「え?えっと・・・ふ・・・ふとんがふっとんだんですの・・・」

観客「ぎゃはははおもしろい!(*ただし美少女に限る)」

司会「かわいらしい面白い女の子ですね白井さんは!」

御坂「あんたは普段の痛い行動の方が笑われるっての こんなつまんないギャグより・・・」

司会「次です!エントリーナンバー2 御坂美琴選手!!」

御坂「えっと・・・よろしくお願いします・・・」

司会「あなたもなにか面白いことをしてください!」

御坂「は?(マジウザいわ・・・)」

御坂「えっと・・・じゃあ私の親戚の子供がみている人気アニメのキャラクターの真似をします」

御坂「ゲコゲコ(かわいらしく)」

観客「知ってる!それゲコ太だ!!似てる似てる!はははは!面白い(*ただし美少女に限る)」

司会「次です!エントリーナンバー3!匿名希望覆面(レスラーみたいなの)男性選手!」

御坂「匿名希望?ってあのツンツン頭!!」

上条「こんにちわ わたくしは匿名希望さんです」

司会「なにか面白いことを」

上条「え?・・・うーん・・・(どうせ匿名で覆面だ・・・多少ハメをはずすようなことをしてもいいだろ)」

上条「有名なアニメのネタをやります!」

上条「ふははは!お前たちが戦う意思を見せなければ 俺はこの星を破壊しつくすだけだ!」

観客「え?(ドン引き)」

司会「えっと・・・さあ大変です!覆面選手が他選手に宣戦布告!戦わないと星が破壊しつくされるそうです(笑)」

御坂「あいつ・・・絶対ボコボコにする!!!」

司会「続いては・・・」

司会「続いては一方通行選手です!」

一方「け・・・馬鹿らしい・・・」

司会「えっと・・・なにか一発芸を・・・(怖い・・・)」

一方「あァ?ふざけんじゃねえぞてめぇ!消されたいのかァ!!?」

司会「あははは・・・(この人怖すぎ・・・)」

観客(うわぁ・・・ヤバそうなのが出場してるよ・・・)

打ち止め「アクセラレータ!!!」

一方「あ!!お前!!!」

打ち止め「ちゃんと空気読んでここはネタをやるべきだよ!ってミサカはミサカはアクセラレータのネタに期待してたりする」

一方「うう・・・しかたねぇな・・・」

一方はTシャツをめくって細い腕を晒す

一方「みろやァこの筋肉!!ガッチガチやぞ!ガッチガチやぞ!」

打ち止め「アクセラレータ!全然筋肉ないよ!それじゃあゴボウだよ!ってミサカはミサカはつまらないツッコミを入れてみる」

観客「ぎゃははは!!お嬢ちゃん面白いよ!」



一方「くそう・・・まぁ俺は能力に頼ってまともに体を鍛えたりしてねぇからな・・・つうかなんで打ち止めが・・・」

↑この人は普段の言動や顔芸のほうが面白いと思います


司会「(なんだこのつまらないノリツッコミ・・・)ではつづいて・・・」

司会「垣根帝督選手です(おぉ!高身長イケメン!)」

垣根「垣根提督です!」

佐天「あ!あの人かっこいい!」

初春「もう 佐天さんはそういうところしか見ないんだから!」

佐天「じゃあ初春はどういうところを見るの?」

初春「ネタの面白さです!!!」

佐天「・・・・」

垣根「今日は楽しい血祭りだしぃ 盛り上がっていこうじゃん? ヒュ~」

司会「おっと他選手を血祭り発言!優勝する気満々です!」

佐天「あははは 垣根さん面白いwwwwww」

初春「レベルアッパーのときにああいうヤンキーみたいなのに酷い目にあったくせに・・・ わたしはああいうギャル男は嫌いです」

垣根「マジ盛りage age !! ガイアが俺に優勝しろと囁いている!!」

観客「ぎゃははははは!」

垣根「・・・すみませんキャラ作りしてました・・・本当の僕はもっと大人しいです・・・」

観客女性「垣根選手ってとっても面白いんだね!キャラ作ってたとかウケるww(*ただしイケメンに限る)」

司会「いままでの選手で一番場を盛り上げてくれましたね!じゃあ次です!」


一方「けっ・・・馬鹿な連中だぜ あいつの恐ろしさなんて知らないんだろうからな
    それに俺の方がかっこいい・・・・」

 

トーナメント表(登録名で)

心理掌握━━
         ┃
偏光能力━━

白井黒子━━
         ┃
婚后光子━━



黄泉川愛穂━
         ┃
黒妻綿流━━

浜面仕上━━
         ┃
匿名希望━━
(寮監)




垣根帝督━━
         ┃
絶対等速━━

一方通行━━
         ┃
削板軍覇━━




御坂美琴━━
         ┃
麦野沈利━━

匿名(上条)━
         ┃
匿名希望━━
(第6位)

 

 

 

司会「さあ第一試合です!心理掌握選手対偏光能力選手!!」

御坂「あの人!!!」

黒子「なんですのお姉さま」

御坂「第5位の人・・・」

黒子「なんですって!?じゃあ偏光能力もお終いですわね(ざまぁww)」

御坂「・・・あの人は本当なら一方通行や垣根提督と並んでもおかしくないわよ・・・」

黒子「え?」

御坂「本来ならあたしより強くてもおかしくない実力者よ・・・」



司会者「試合開始!!」

偏光「けっけっけ!!てめぇなんて一瞬だぜ!!ひゃっはっはっは!」

心理「・・・・」

偏光「どうしたよ!!てめぇ!!怖くて黙ってんのか!!?俺の能力によりお前は俺を見ることができない・・・って?」

偏光「あれ?心理掌握がいない・・・え?」

偏光「な・・・他の選手も観客も誰もいないじゃねえか!!どうなってやがるんだ!!」


司会「偏光能力選手!!一人で勝手に叫んでいます!!一方、心理掌握選手はただぽつんと立っているだけです!!」


観客「おい・・・あいつおかしくなっちまったのか?」

観客「どうしちまったんだよ・・・」

偏光「うわぁぁぁl!!!」


観客「今度はもっと叫んでるぞ!!」



偏光「ここはどこなんだ!!いきなり視界が・・・目の前の景色が変わった!ただひたすら広い草原じゃねえか!!誰もいねえのか!?」

偏光「誰かでてきてくれ!!!」

「ギャオー!!!」

偏光「へ!?」

巨大な魔獣「グゥゥゥゥ・・・・」

偏光「うわぁぁぁぁ!!!く 来るなー!!!うわぁぁぁぁ!!!」

魔獣「ぐおおおおお!!!」

偏光「うわぁぁぁぁ!!!食われる!!!あぁぁぁ・・・!!!」

魔獣「ぐおおおおおお!!!」

偏光「よせ!!!あぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

魔獣「クシャッ・・・ムシャムシャムシャ・・・」

偏光「・・・・」 バタッ

心理「・・・・」

観客「勝手に倒れたぞ・・・」

司会「これは・・・」

心理「彼はもう戦えないわ でも大丈夫 1日たてばまた起き上がるから」

司会(  うぅ・・・レベル5怖すぎ(泣  )

司会「しょ・・・勝者 心理掌握選手!!」

観客「なんなんだよ・・・」

観客「レベル5ってこんなに恐ろしい力を持ってるのか?」

観客「一方的じゃねえか・・・」


一方(心理掌握・・・あいつは相手の精神にダメージを与えることができたはずだ 幻覚を見せることだってできる
    やっかいな奴だが俺ならあいつの精神攻撃自体も跳ね返すことができるから問題ないな)

垣根(単純な物理的な強さでしかない第4位と3位では奴には勝てないだろうな・・・精神をやられて終わる
    俺なら”非物理攻撃無効化”の性質をもつ物質を作り出せば問題ないがな)

上条(俺の能力でも彼女の技は無効にできるんだろうか・・・・?おそらく相手に幻覚を見せるたぐいの力だろう)

黒子(この試合の後の対戦相手はとてもおそろしい力を持っているようですね・・・はたして 勝てるかどうか・・・)

光子「ちょっと白井さん!?」

黒子「あ・・・婚后光子」

光子「あなたどうせ次の対戦相手のことばかり考えていたでしょう!!この私を差し置いてなんて失礼な!
    あなたはここで負けるんですからそんなこと考えなくていいんですの!!私はジャッジメントじゃないんですの!!」

黒子「私の口くせをパクらないでくださいな・・・」

光子「とにかく!!次の試合では絶対にわたくしが勝ちますから!!」


司会「ではつづいての試合です!!白井黒子選手対婚后光子選手!!」

黒子「婚后さん・・・あなたは私の相手にはなりませんことよ!」

光子「後悔しますわよ そんなこといっていたら」

黒子「ジャッジメントの力の顕示として レベル4のあなたを糸も簡単に倒してさしあげますわよ」

光子「ほざかしいですわ!!おーっほっほっほ」


司会「・・・なにやら気まずい雰囲気ですが・・・試合開始です!!」


光子「いきますわよ!!エアロ・・・」

黒子「はいお終い」 ドゴッ!

光子「へ・・・・・」 バタン


司会「・・・しゅ・・・瞬間移動強し!!速効相手の背後に回って気絶させました!!白井選手の勝利!!」

御坂「まぁ黒子の能力はちょっとチートだしね  っていうか大抵の事件って黒子が本気出せばもっと早く解決するのに
    いつも変なことばっか考えてるからダメなのよあいつは・・・もうちょっと真面目になって欲しいわね」


初春「婚后さんってアニメでも噛ませ犬臭い雰囲気がありましたからね 負けてもそんなに驚きません」

佐天「あんた酷いこと言うね・・・(汗」


一方「ちっ!雑魚同士の戦いか!くだらねェな」


司会「続いての試合は・・・なんとここからは非能力者の戦いです!!激しい肉弾戦が楽しめそうです!!」

観客「うぉぉぉぉぉ!!いいぜ!!!」


一方「ったくよォ!そんなに肉弾戦が見たいなら格闘技でも見ればいいじゃないですかァ!?能力者が勝つに決まってんのにさァ!!」

打ち止め「そんなこといわずにアクセラレータはもっと体も鍛えないと! ってミサカはミサカはアドバイスしてみる」

一方「お前!!観客席にいろよ!!」

打ち「ここで一緒にいたかったんだもん!!ってミサカはミサカは子供っぽいことを言ってみる」

一方「う・・・」 ←ちょっとうれしい

打ち「アクセラレータはもっと鍛えて体も強くなるべきよ!だからこの試合はちゃんと見ないと!ってミサカはミサカは保護者のようなことを言ってみたり」

一方「そうかもなぁ・・・(能力に頼ってばかりでひ弱だったからな 俺自身は)」

司会「黒妻選手vs黄泉川選手!!」

司会「黒妻選手は元スキルアウトのリーダー!黄泉川選手は先生でアンチスキル!これは危険な組み合わせです!」

黒妻「ちょっと牛乳パワーがどれだけすごいか試してみたくなってな」

黄泉川「他のスキルアウトとは違いそうじゃん!なかなか腕っぷしも強そうだ」

黒妻「”元”だけどな・・・つうかあんたでかいな・・・身長が」

黄泉川「あんたも背高いじゃん」

黒妻「さぁて・・・(ポキポキ) いくか」

黄泉川「来るじゃん!!?」

ヒュゥゥゥゥ・・・・

司会「は・・・はじめ!!」

黒妻「・・・・」

黄泉川「・・・・」

司会「りょ・・・両者とも動きません」


寮監「ふふ・・・あの黄泉川というアンチスキルとは一度戦ってみたかった」


浜面(うわぁ・・・賞金ほしさやノリで参加するんじゃなかった・・・あのアンチスキルさんははっきり言って人間レベルを超えてるし・・・俺の相手も怖そうなんだけど!!)

浜面(でも負けると麦野も怒るだろうな・・・最悪な日だよまったく)


黒子「うぅ・・・寮監のあの目・・・きっと強者との戦いを待ち望んでいる目ですわ・・・」

御坂「そういえばなんで寮監はこの大会に出たんだろう?」

黒子「そう!!!きっと本能が目覚めたんですわ!!サ○ヤ人の本能が!!」

御坂「まあ確かに寮監は戦闘大好きそうだけど・・・能力者の出る大会にまで出るかしら?」

黒子(もしや!!わたくしめが二度と規則を破らないように力を顕示するためでは!!!? あぁ恐ろしい!!なんて恐ろしいんですの!?)

御坂「黒子・・・顔色悪いわよ」

 

寮監(黒妻選手が動いた!!)

黒妻「はぁぁぁぁぁ!!」

スガガガガガガガ!!! バシイッ! シュンシュン!!

司会「すごい!!わたくしの目では捉えることができないほどの速さでの攻防です!!これでは実況もできません!!」


観客「なんだよ このCG映画・・・」

観客「見ろ!!なんか地面から石が浮いているぞ!!」

観客「そのうち大地を揺らすぞ そのうち」


黒妻「だぁ!!!」

黒妻は腹にひざ蹴りを入れて黄泉川をひるませる

黒妻「あんたはキレイだけど・・・手加減したら怒るんだろ?だから本気でやらせてもらうぜ」

黄泉川「ぐぅ・・・へへっ・・・そうこなくちゃ!!」

黒妻は両手を握ってハンマーのようにして黄泉川を地面にたたきつける

黒妻「だぁ!!!」

しかし黄泉川はうまく腕立て伏せのような状態になり、そこから腕の力で起き上がり、黒妻の真上をバック転し、背後を取る

黒妻「なに!!?」

黄泉川「シュッ!」(ジャブ)

ピシュン!黒妻は超スピードで背後を取る

黒妻「背後は俺がもらうぜ」

ピシュン!

黄泉川「背後を制するのはわたしじゃん!」

ピシュン・・・ピシュン・・・ピシュン・・・シュシュシュシュシュシュ

司会「すごいです!!超速移動で背後を取り合っています!!」

寮監(あの2人・・・残像拳も応用しているのね・・・なかなか楽しめそうじゃない)

黄泉川「背後取った!!」

黒妻「しまった・・・」

ズゴッ!

黒妻は地面に平行に吹き飛ばされる。それを黄泉川は走って追いかける。そのまま肘鉄で黒妻を地面に叩きつける

黒妻「どあっ!!」

黄泉川「どうだ!?降参するか?」

黒妻「っへっへっへ・・・まだまだぁ!」

黒妻は立ち上がり攻撃を仕掛ける

ズガガガガガ・・・・

黄泉川「ちょっと息切れしてきてるじゃん!?」

黒妻「ハァハァ・・・」


黒子「黒妻さんもまともに互角に戦えているなんて・・・すごいんですの!」

寮監「互角なもんか」

黒子・御坂「りょ・・・寮監!!」

寮「いい勝負をしているように見えるが黄泉川選手は黒妻選手と違ってまだ余裕がある」

御坂「寮監が言うとなんか説得力があるわね・・・」

黒妻「くぅ・・・!!?」

黄泉川「そらそらそらそら!!どうした!?本気を出してみるじゃん!?」

ズガガガガガガガl・・・・・・

固法「はっ・・・黒妻さん!!」

初春「あ 固法先輩!」

固「こんにちわ!頑張って!!黒妻さん!!」

佐天「ところでなんであの人はこの戦いに出てるんですか?固法先輩なら知ってるんじゃ」

固「彼は・・・きっとアンチスキルに入りたいのよ」

佐天「え?」

固「彼は自分たちのかつての組織のようなあやまちを犯す少年を増やしたくないと言っていたわ」

初春「じゃあ・・・もしかして黄泉川先生に実力を見てもらいたかったとか?」

固「そうね 彼が出場を決めたのはアンチスキルの黄泉川選手が出ると知ってから
   それに迷惑をかけた世間にもこれからは貢献したいと言っていた」

佐天「自分の強さを認めてもらってアンチスキルに入って世の中を守るために更生したんですね!すごくかっこいいです!」

初春「そうですね あの垣根っていう人よりずっとかっこいいです!」

佐天「でも垣根さんも同じぐらいかっこいいなぁ」

初春「・・・・」

 

 

その後黄泉川と黒妻は1時間ほど戦い続けた。勝者は黄泉川だった

黄泉川「お前なかなか根性あるじゃん 」

黒妻「へっへっへ・・・そうだ 俺もあんたたちの仲間に入れてくれないか?」

黄泉川「ほう・・・それで実力を見てもらいたくてこの大会に出たのか アンチスキルになって世間に恩返しか?」

黒妻「ま・・・まぁそんなとこだな・・・ 俺は体力だけは自身あんだよ・・・」

黄泉川「・・・気が向いたらいつでも来るじゃん!ただしその時は私には敬語を使えよ」

黒妻「へへ・・・」  バタッ


司会「すごい戦いでした!!!なんという盛り上がり!!」

観客「すげぇぜ!!燃えたぜ!」

観客「うぉぉぉぉ!!」

観客「わああああああ!!」


司会「この調子で次の戦いへ!」


一方「ふん・・・くだらねぇ・・・」

打ち「とか言いつつちょっと熱いものを感じたんでしょ?ってミサカはミサカは心を読んでみる」

一方「ふ・・・ふん!!ンなわけあるかよ!能力者じゃない奴の戦いなんて大したことねェなぁ!!」

打ち(アクセラレータ!いろんなことをもっと学んで強く優しくなってね!過去の過ちを乗り越えて・・・ってミサカはミサカは臭いことを言ったり)



司会「次は・・・浜面選手vs匿名選手!!」


初春「あの人・・・白井さんたちの寮の寮監じゃ・・・」

佐天「この人も黄泉川先生と同じぐらいの戦闘力がありそうだから怖い・・・」


麦野「は~ま~づらぁ!負けたら承知しない・・・」


浜面(こ・・・こんな大会でるんじゃなかった・・・)

寮監(大したことなさそうだな・・・)

司会「試合開始!!」







ぽこぽこどかーんどかどかばこーん





司会「匿名選手の勝利です!!    ・・・大丈夫ですか浜面選手?」

観客「あ・・・圧倒的・・・」

観客「まるで子供扱いのように倒しちまったぞ・・・」

黄泉川(こいつは・・・できる!!!)



黒子「ひぃぃぃぃぃ!!さ・・・寒気が!!!」

御坂(黒子の能力で外へ出るのもやめておいたほうがよさそうね・・・)


司会「次の試合は・・・」



司会「つづいては垣根選手vs絶対等速選手です!」





御坂(・・・あたし・・・すごい震えている・・・あの垣根提督って人、とてつもなく恐ろしい力を持っているわ・・・正直この場を立ち去りたいくらい・・・)



心理掌握(垣根提督・・・すさまじい邪悪なモノを感じるわ 



それでいいわよ、垣根提督 くっくっく・・・ 強大な力と邪悪さがあなたには必要なんだからね)


麦野(あいつから地球全体を揺らすかのような恐ろしい力を感じる レベル5でも桁違いの力を持っているわ)


一方(一応1位は俺なんだがな だがあいつの能力はよく考えれば「何でもあり」
    ようはなんでもできる物質を生みだすとでも解釈できる
   対して俺ができるのは、まあ応用的な使い方もあるけど基本は”反射”だ
   ”なんでもできる” と ”反射” やれることの多さが違う・・・
   

   ・・・くそう!何考えてんだ俺は!あいつを・・・垣根提督を恐れているとでもいうのか!
   ばかばかしい!あんなやつすぐに消し去ってやるさ)

司会「はじめ!」

等速(・・・なんだよただのチャラ男じゃねえか)

垣根「おい、お前・・・」

等速「ぐっ・・・(やべぇ、ちょっと怖いかも)

垣根「かつて銀行を強盗したことがあったんだってな(ギロッ)」

等速「(ひぃ!!!目つきやべぇ!!)お・・・おうよ だからどうしたよ 今はシャバに出てこの大会に出てるんだ」

垣根「俺さぁ・・・お前みたいなヤツ見るとムカつくんだは♪」

等速「は!?(口調が変わったぞこいつ)」

垣根「俺もやばいことやってっけどさ♪関係ない一般人を巻き込むことだけはしないの♪」

等速「けっ、きれいごとかよ!」

垣根「そうだよね~♪ でもさ そういう美学って大事だと思うんだよね~♪」

等速「何が言いたいんだよ!!」

垣根「だ~か~ら~♪  しにやがれ!!一般人を平気で巻き込むゴミ屑!!!!」

等速「!!!!(やべぇ・・・こ ろされる!!)」

等速「くっそー!!!やられる前にやってやる!!」

司会「おっと、絶対等速選手!手に持っていた小さい鉄の玉を複数投げつけました!」

等速「お・・・お前の体を貫通するぞ!!この玉はあらゆるものを貫通し等速で突き進む!
    さらに俺はパワーアップしたのだ!修行してな!
   だから玉の速度もとてつもなく速いぞ!!!」

垣根「ばからしい・・・物質の性質は”無効化”!!」

垣根は自分の目の前に黒い物体を出現させる。そして玉は物体に触れた瞬間 消えていった


黒子「あの速い玉にガードが間に合いましたの!!」

御坂「あんなのに反応できるなんて・・・身体能力もとんでもないわ」

垣根「しょぼい攻撃だな もうちょっといろいろやってみるか?」

等速「うわぁぁぁぁぁぁ!!!!」

絶対等速はポシェットに入れていた大量の玉を投げつける

垣根は多元物質を手にぬりたくるかのように出現させた

垣根「無効化の能力のある手なら玉もつかめるよな」

垣根は複数の、それもとてつもなく速い玉を片手でつかむ

垣根「全部キャッチしちまったぞww」

垣根は手を開き、地面に玉をすべて落とす


黄泉川「あ・・・あんな速い玉、普通反応できないじゃん・・・」

寮官「あの速さにあの数の玉・・・とてもじゃないけど反応できん・・・こんな化け物がいたとは・・・」


垣根「じゃあ俺も投げさせてもらっていい(ニコッ)」

垣根は手にまた黒い物質を発生させた

垣根「これは光の速さで飛んで行くからね~♪ よけらんねえよ♪」

等速「ひぃぃぃぃぃ!!!」

垣根「性質は”光速で移動” さらに”流血”   ちゃんとうけとれよ!!」

等速「うわぁぁぁぁぁ!!!やめてぇえええええ!!!」

垣根「そうら、よっと」

物体は光の速さで等速に飛んで行き、等速のからだに当たりそのまま消えていった

等速「な・・・何がおこるんだよ・・・ うっ・・・!!」

等速「ぎゃぁぁぁぁぁぁ!!!!」

等速の全身から血が噴きでる

観客「きゃああああああ!!」 「うわ・・マジキメぇ・・・」  「こんなん見たくねえよ!!」  「ひどすぎる・・・」





佐天「こんなひどいことを平気でやるなんて・・・やっぱりただしイケメンに限らないわ!」

初春「でも私たちもいろいろなことに巻き込まれてますから気持悪くてもこの光景を見れちゃいますね」

佐天「なにKYな発言してんのよ (ってあたしもか。つうか初春同様、なんだかんだいってこんな光景に慣れてる自分が怖い)





垣根「はっはっはっは!!どうだ!!観客のみなさん、悪党は俺が成敗してやったよ!ふっはっはっは!!」


観客「いくらなんでも酷過ぎるわ!」 「このひとご ろし!」  「お前が成敗されろ!」


垣根「・・・せっかく悪党を成敗してやったってのによ・・・

   な ん な ん だ て め ぇ ら の 態 度 は !!!!」


観客「ひいっ・・・」


垣根「俺が正しいんだ!!俺がこのばで手を下さなかったら今後こいつがロクでもねえことするかもしれねぇ!!
   だからこの場で始末してやったんだ!!感謝しろ!! それにこいつはまだしんじゃいねぇ!!
   おい運営!こいつをとっとと治療してやれよ!!」

観客「こんな大会中止しろよ!!」「しんでないからってこれはひどすぎる!」


司会「しんでいないのでしたら試合は中止しませんし、垣根選手は次の試合に進みます
    絶対等速選手も治療室に運びますのでご安心を」

垣根「ははっ!!」

黒子「・・・あの男 たぶんしにますわよ」

御坂「え!?」

黒子「垣根帝督は”始末した”って言っていました」

御坂「それってしぬって意味ではないんじゃないの」

黒子「あの男の目を見てください・・・かつてこれほどまで邪悪な目をした人間を見たことはありませんの」

御坂「うわぁ、中二臭いセリフ・・・ていうか考えすぎじゃないの?」

黒子「そうですかね・・・」



そのころ医務室では

医者1「絶対等速くんはいま脂肪した・・・」

司会「そんな・・・わたし運営の人に伝えてきます!」

医者2「まちたまえ こんなすばらしい戦いをとめてはダメだろ」

医者たちは司会を取り押さえる

司会「はなして!!こんな大会中止にするべきだわ!」


???「そうはさせないわ」


司会「あなたは!!!」

心理掌握「この大会はとても必要なことなの 悪いけどツゲ口はやめてね」

司会「心理掌握さん!!」

掌握「あなたは司会だけしていればいいわ さぁ私の目を見なさい」

司会「うっ!!」

掌握「心理掌握が命じる!司会の仕事に従事し今のことは黙認しなさい」

司会「!!!!」

しばらく沈黙が続いた

司会「わかりました・・・私は司会に従事します」

掌握「そう、それでいいのよ」

掌握(まあ運営に連絡しに行ったところで意味はないけどね 私が運営委員も全員洗脳しちゃったから)

掌握(私の能力なら洗脳どころか相手の精神を崩壊させることも可能だわ 本当は某騎士団の黒マントみたいに目を合わせなくても自由に洗脳できるし)

掌握(この力が通じないのは一方通行ぐらいかしら?だから優勝はわたしじゃ狙えないわね)

掌握(だから”あの男”を利用させてもらったのよ)

掌握(私か私の”味方”が優勝しないと計画が台無しだからね)



ゴタゴタはあったが、司会は会場に戻ってきた

初春「佐天さん!司会の人が戻ってきました!」

佐天「まだ続けるつもりなの?」



司会「では続きを始めます!」

観客「あんなことがあったのにまだ続けるのかよ」「絶対等速の人、大丈夫かしら?」



一方(未元物質のヤツ・・・なんか感じがおかしかったぞ・・・)

削板「おいお前!目の前の勝負に集中しろ!」

一方「(おっと、今は余計なこと考えてる場合じゃねえな) てめえみたいな第7位なんか眼中にねェよ」

削板「順位づけなどで勝負は決まらん!根性できまるんだ勝負は!!」

一方「ばかじゃねえのお前!!俺の能力にかなうか!!」

司会「さあ盛り上がってきました!はじめ!」

削板(以下”そぎ”)「いくぞ!すごい波動!!」

一方「くだらねぇ・・・跳ね返すぞ」

そぎのなぞの攻撃は本人に向かってとんでいく

そぎ「気合いだ!!そらっ!!」

そぎは気合いかき消す

一方「じゃあてめぇの血液を逆流させてやる!!ベクトルダァーッシュ!!」

打ち止め(以下打ち)「一方通行!そんな寒い技はやめて!ってミサカはミサカはドン引きしたり」

一方「これでおわりだ!!」

シュッ

一方「なに!?消えやがった!!」

そぎ「能力だけに頼ってるお前には俺はたおせんぞ」

一方「くそっ!だがお前も俺には攻撃できない!」

そぎ「だろうな さてどうするか うーむ・・・」

そぎ「どうしようもないな!」

一方「永遠に決着がつかねェってか?んなわけ・・・ねえだろ!!」

一方はベクトルを応用した”ベクトルダッシュ”でそぎに近づく

一方「触りさえすれば”すごーい衝撃”を与えて俺の勝ちだ!!細腕のパンチでもベクトルを使えばとんでもない威力だからな!」

そぎ「おれは攻撃しても効かない、お前は俺に当てれば勝ち ってことか 面白い!」

一方「てめえが圧倒的に不利だっつーの!」

一方と削板は闘技場で鬼ごっこのように戦う

一方「当たれぇ!!」

シュッ

一方「くそう!!すばしっこいやつだ!ベクトルダッシュから逃げるなんてよォ!!」

そぎ「焦っているな?いままでこんなに運動したことなかっただろう!」

そぎ「そして思うだろ! スポーツってすばらしい、体を動かすことはすばらしいと!!」

一方「てめぇはどっかの先公かよ!!ったく、うぜぇけど面白い野郎だ!」

打ち(あ・・・一方通行の表情がよくなってる・・・ああいう一方通行はいいかも ってミサカはミサカはそろそろこのフレーズを喋るのが面倒くさくなってきている)

一方「さぁ当ててやんぜ!!だぁっ!!」

そぎ「遅い!!」

一方「また当たらねえ・・・!」

一方「うりゃっ!!」

そぎ「まだ甘い!!」


観客「なんか楽しそうだなぁ」「こういうのいいよな」「さっきの勘違いイケメンよりいいよな」「あいつは最低」


司会「一方通行選手表情がすばらしいです!(ちょっとかわいいかも・・・)いい試合です)








御坂「・・・ただの鬼ごっこじゃん」

 

 

 

一方「あたれ!!」

そぎ「甘い!」

一方「おらっ!」

そぎ「まだまだ!」



黄泉川「一方通行のやつ・・・いい表情してんじゃん お前は今みたいな表情の方が男前じゃん」

上条「あんな邪悪な表情してたヤツが・・・何があったんだ?あの根性さんに更生されてるとか・・・?」



一方「だあっ!」

そぎ「全然だめだ!」

一方「そうかな?2段ベクトルダッシュ!!!」

そぎ「なに!!!?ベクトルダッシュを連続で2回行いダッシュ力を強めただと!!?」

一方「タッチアウトォォォォ!!!!」

そぎ「あまーい!!!!!」

ピシュン

一方「なんだと!!?黄泉川や背の高いメガネ女のように背後に移動しやがった!」

そぎ「・・・俺に少し本気で移動をさせるとは・・・さすが第一位だな」

一方「おまえやっぱ最高にたのしめんぞォ!?倒しがいがあるなァ」

司会「おっと!一方通行選手表情がかわった!!(悪人面だ!)」

黄泉川「その表情はやめろよなぁ・・・(汗」

上条「うわぁ・・・あいつ本気モードになったな」


一方「さぁ、邪悪一方さんの復活だァ!本気モード や っ ち ゃ う よ ォ !!?」

打ち「一方通行!中二病全開はやめて!ってミサカはミサカは面倒くさいながらもこのフレーズは忘れない」


そぎ「はははは!本気モードで邪悪さ倍増か!!お前らしいな! だが、そこがいい!!」

一方「笑ってんじゃねェゾ!?お前は俺にぶっ飛ばされちまうんだからなァ!?」

そぎ「そうだな だが俺も第一位と戦うことができてうれしいぜ 強敵(とも)よ!」

一方「俺もお前みたいな面白ェ奴と戦えて結構楽しいんだぜ だが・・・お前は終わりだァ!!!!」











御坂「・・・超ウザいんですけどこのやりとり・・・」

 

 

 

一方「いくぞ!連続ベクトルダッシュ!!」

そぎ「何!?ベクトルダッシュでステップを踏むかのようにして近づいてくる!!段違いに速い!!」

上条「毎回思うんですけどなんで戦闘中にこんなに喋れるんですか?」

 

一方「とらえた!当たれ!!」

そぎ「しまった・・・」



削板はベクトルを応用した一方通行のパンチで吹き飛んだ
そのパンチの威力はトラックの衝突の10倍以上だ


そぎ「うわぁぁぁぁぁ!!!!」

削板は地面に倒れる

一方「お前ならこれぐらいでも気絶ですむンだろォ?」

そぎ「ふふ・・・まいったぜ・・・俺の負けだ」

一方「楽しかったぜ第7位」

そぎ「そうか・・・それはよかった これでちょっとは戦闘の練習になったろ」

一方「ん?どういうことだ?」

そぎ「次の試合・・・垣根提督との戦いには気をつけろ・・・」

一方「なに!!?」

そぎ「やつを倒せる可能性があるのはお前だけだ」

一方「何言ってんだよ!俺の方が順位は上なんだぜ!!」

削板は語る・・・

 

そぎ「あいつは身を隠しながら生きてきた男だ・・・自分の正体だけではなく強大さもな」

一方「・・・」

そぎ「あいつは今まで隠していた力をこの大会で暴走させるだろう・・・」

そぎ「考えてみろ あいつは ”性質は流血” などといい好き勝手に物質を作り出す」

一方「・・・・」

そぎ「どういうことだかわかるな?あいつは何でもできるんだよ・・・ベクトルがまったく関係ない物質でもな」

そぎ「俺の予想だがな だがあいつの邪悪さは計り知れない そしてあいつを止められるのはお前と・・・もしくは・・・」



司会「削板選手 なんか小声でぺちゃくちゃしゃべって気絶しました!!!



一方「ってシリアスな雰囲気をぶちこわすなアッー!!!!」









こうして一方vsそぎいたの試合は終了した


一方(くそう!!なんだか気分がわりいぜ・・・あの垣根の野郎め・・・)




掌握(垣根提督・・・強力な敵だけど私が負けることはないわ なぜなら私は・・・)

御坂(垣根帝督と一方通行・・・あいつらにどうやって勝てば・・・)

麦野(レールガンなんか眼中にないけど第1位と第2位だけはヤバそうね・・・)

六位(・・・・)

司会「さあ続いての試合です!今度は美少女対決!!御坂美琴選手対麦野沈利選手です!!」

観客「ひゃっほー!!いいぞいいぞ!」 「も・・・萌え~!」 「←きめぇんだよ[ピザ ]オタ!!」 


御坂「あの・・・はじめまして よろしくお願いします」

麦野「あなたが御坂さんね 随分と子供っぽいのね」

御坂「(ムカっ!) 子供っぽいとかそういうの今関係ないですよね~」

麦野「こんな子供っぽい子が私より順位が上だなんて・・・この試合に勝って私が上の順位に行くわ」

御坂「そう簡単にはいきませんよ!!」

司会「・・・では始め!!」

御坂「えい!!」

御坂は電撃を発生させる

麦野「ふふふ・・・デスビーム・・・」

御坂「!!?」

電撃と光線はぶつかり、大きな爆発を起こす



観客「うわあああ!!すごい爆風だ!!」

黒子「すごい出力ですの、2人とも」


御坂「今回は加減せずに能力が使えそうね・・・なら・・・」

御坂「砂鞭(カットサーベル)!!」

麦野「砂に鞭・・・ぜんぜんカットサーベルじゃないわよ・・・」

麦野「なら私も・・・ビームウィップ!!」

両者の攻撃が再びぶつかる。そして2つのムチは相殺された

御坂「あら・・・じゃあ次はちょっとかっこいいわよ」

御坂「来なさい!!」

御坂の元に金属が飛んできた

麦野「何をする気?」

御坂「反発(リペル)!!」

麦野「ふん、ただ金属を飛ばしてるだけじゃない・・・ん?」

御坂「まだまだ飛ばすわよ!連続反発(リペル)!!」

麦野「こんなもの私のビームで消せばいいだけ」

麦野はビームで金属を消し去りはじめた

御坂「今よ!!」

司会「あっと、どこからともなく金属が御坂選手の方へ飛んでいく!」

観客「何をする気だ!?」

黒子「お姉さま・・・あのしびれるようなCOOLな技を使うのですね(ウットリ)」

初春「御坂さんの腕に金属がくっついていく・・・」

佐天「腕の形になってきた」



御坂「あんた!ムナクソ悪い野郎ねぇ!ふっとびなさい!」

御坂は金属で巨大な腕を形成し、麦野に襲いかかる



麦野「じゃあわたしも!!レーザーハンド!!」

麦野も光線を凝縮させたかのように腕を形成する


御坂「ふきとべええええええ!!」

麦野「うらぁぁぁぁぁ!!!」



大爆発が起こる


観客「うわぁぁぁぁぁ!!」


垣根「くだらん・・・無効化物質!」


一方「反射・・・」




上条「さっきから爆発発生しすぎなんですけど・・・」

観客「決着はどうなった!?」

司会「りょ・・・両者とも立っています!」

ブロリー「俺の息子ォも勃ってますかぁ? ふふふ」

司会「変な人、乱入しないでください!つうか下ネタ止めろ!」

ブロリー「しょんぼりーです・・・」

ベジータ「ばかな奴め・・・」 (ヒューン) 「ふおっ!?」

ブロリー「お前ウザいです・・・」

カカロット「ブロリー!!おめえ キモチわりっ!」 ドシュゥゥン 「うわぁぁぁぁぁぁ!!!」

ブロリー「元の作品に帰れ」

司会「あんたら全員元の作品に帰りなさい」

司会「両者とも立ってます!」


御坂「なんか他の作品の人たちも来てたみたいだし・・・最後はこれで決着つけない?」

麦野「いいわね・・・やっぱビーム戦闘といえばこれでしょ・・・」

両者、両手を上げる

御坂「はぁぁぁぁぁ・・・・」

麦野「あぁぁぁぁぁ・・・・」

司会「何を始めるのでしょうか・・・」

御坂「連続エネルギー弾!!だだだだだだだだ、だらアッ!!」

麦野「だだだだだだだだだ!!!」

ブロリー「それはクズの死亡フラグです・・・はい」

ベジータ「(2人とも)もうだめだ・・・おしまいだ」

打ち「なにを他作品から勝手に出てきて寝言言ってる!ふてくされてる暇があったら帰れ!ってミサカはミサカはメタ発言をしてみる」

御坂「だっだっだっだっだっだぁぁぁぁ!!!」

麦野「うおおおおおおおおお!!!!」

光線が激しく飛び交う

司会「これは大変です!会場を壊さないでくださいよ~!!」

御坂「だっだっだっだだぁ!!」

麦野「あっあっあっあっあっ!!」

浜面with包帯グルグル巻き(はっ・・・今の麦野の声・・・たまらなかったぜ これじゃあ俺の股間が とある浜面の超電チン砲だぜ!)

滝壺「あんた今へんなこと考えてたでしょ」

御坂「だぁぁぁぁぁ!!!」

麦野「であああああ!!!!」



司会「両者とも攻撃がおさまりました」


御坂「はぁはぁ・・・これもよかったけど やっぱり最後は・・・」

麦野「あれしかないわね」


司会「両者とも構え始めました!」

御坂「レーイールーガー・・・・」

麦野「ダウナ―・・・」



御坂「ンー!!!!」

麦野「砲!!!」




ベジータ「なに!?俺のギャリック法とそっくりだぞ!」

打ち「帰れ」

2人の放出した光線がぶつかり合う

御坂「ぐぐぐぐ・・・」

麦野「いぎぎぎ・・・・」

ブロリー「2人ともガンバガンバ」

黒子「帰って下さい」

御坂「ぎぎぎぎ・・・・」

麦野「うぅぅぅ・・・・」

カカロット「おぉ、がんばってんなぁ!」

一方「帰りやがれ」

御坂「だぁぁぁぁぁ!!!」

麦野「うわあああああ!!」

司会「2人とも最大出力です!!はたしてどちらが勝つのか!」

黒子「おねえさまが押してきていますの!!」

初春「♪はなてこーころーにきざんーだゆめを~♪」

佐天「いや、BGMの真似しなくていいから・・・」


御坂「うぐぐ・・・あたしの・・・勝ちよ!!!!」

ドォォォォォン!!

麦野「!!?」

麦野「うわああああああああ!!!」







カカロット「オラたちのパワーが勝った!!」
ブロリー「すごく・・・うれしいです・・・はい」
ベジータ「ふはははははは!」

垣根「お前ら邪魔だ 帰れ おらっ!」

カカロット「うわぁぁぁぁぁ!!!」
ブロリー「ば・・・ばーかーなー!!!!」
ベジータ「ふおおっ!!」

クリリン「ええ!?もしかして倒しちゃったの!!?」

司会「三坂選手の勝利です!」

御坂「ふぅ、第3位のポジションは守ったわよ」

黒子「おねえさま、素敵でした 記念に私と愛の口づけを」

御坂「疲れてる時に百合はやめなさい!(ドカッ)」

黒子「ぐへっ・・・(チーン)」



さて続いての試合は・・・

司会「匿名選手vs匿名希望選手!!!」

御坂「あいつだ・・・」

黒子「しかし弱そうな面構えですこと 迫力がありませんは」

御坂(黒子…!!)


一方「三下か・・・」

垣根「お手並み拝見といくかねぇ」


上条(覆面かぶってるからバレてねぇよな こんなのに出てたのがバレたら恥ずかしすぎるし)

第6位「よろしく・・・」

上条「あぁ、こちらこそ」


司会「試合始め!!!」


上条「そらっ!!俺の最弱は壊れたってしらねえぞ!!!」

6位「能力発動成功 当たるわけないよ・・・ヒュン」

上条「あらっ?」

6位「私の能力は"運命操作”(※SS主の考えたオリジナル能力です)
  能力を発動させてから30秒の間はあらゆる運命・確率を操作できる
  自分が相手の攻撃を避ける可能性、私のただのでこピンで相手が絶命する可能性
  私が怪我したとき1分後に怪我が全回復する可能性・・・
  無効化能力で私の能力が無効化されない可能性・・・
  あらゆる可能性を0~100%であやつることができる
  ただし1度能力を使ったらその後1分間は能力は発動負荷
  また能力が発動する可能性は80%で、発動しなけれ次に能力を発動するまでに2分間かかる
    
  あぁ、ちなみにこの能力解説は作中の人物には聞こえてないから!
  敵に能力をしゃべるとかアホなことはやらないから!!!」

6位「というわけで私が10秒後に勝つ確率を100%に操作」

上条「なんだぁ?」

6位「でこぴん!」

上条「うわぁぁぁぁぁ!!!」   どさっ


司会「匿名希望選手勝利!!」


インデックス「当麻ェ・・・」


一方(あいつ・・・100%あたるはずの三下の攻撃をかわした・・・
   というより攻撃が避けたようだった まさかこいつ、確立を操作できる例の能力者・・・)

垣根(運命操作かぁ?厄介なのがいやがるぜ)

心理(あいつも配下に欲しいものね)

御坂「第6位は特別な存在だと聞いている・・・無効化能力者に対して唯一の攻撃方法を持っていると
    確率の操作で無効化できる可能性をコントロールしていると
    くぅ・・・!!この大会、とんでもない能力者しか集まってないじゃない・・・
    甘く見ていたわ・・・この大会を!!」

黒子「お姉さま、何語ってるんですか・・・(ドン引き)」


司会「では2時間後に試合再開です!!!」


打ち止め「なんだか嫌な予感がする・・・ってミサカはミサカは根拠のない予測を語ってみたり」

一方「俺が敵をボコボコにしちまうからですかァ!!?」

打ち止め「違う・・・すごく邪悪な気配がするの・・・ってミサカはミサカはまた根拠のないことを語る」

イン「とうまー!なんで負けちゃったんだもん!」

上条「しかたねえだろ あいつただものじゃなかったっぽいし」

イン「むー お金欲しかったもん」


-----------選手たちのそれぞれの待合室--------------
黄泉川「あのメガネの女性・・・おもしろい!あいつはできるじゃん!」

寮管「黄泉川さん たしかアンチスキルの有名な人・・・おもしろそうね、わくわくするわ」

黒子「次の相手の心理掌握・・・格の違う相手でしょうけど私はまけませんことよ」

心理(テレポーテーションの能力・・・厄介な能力ではあるがわたしには意味はないのよ
    そんなことより垣根提督よ 一方通行に勝ってもらわないと)

一方(第2位か・・・まさか俺がこれほどまで震えるとはな・・・あいつの邪悪さはかつての俺の比じゃねぇ・・・
    何より得体の知れない能力・・・くそう!!俺は第1位の一方通行様だぞ!!!なにびびってやがんだァ!!?)

御坂「はぁ・・・すっごい憂鬱・・・」

6位(私って能力発動できなかったらオシマイじゃない?)




垣根(さぁ・・・俺様の時代の到来だぁ!!!)


-------------------2時間経過-------------------
司会「準決勝です!!盛り上がってまいりました!!」

観客「つぎは可愛い子ちゃんどうしの戦いだぞ!!」 「いいぞいいぞ!!こういうの待ってたんだ!」

黒子「私のルックスもなかなかのようですね ほっほっほっほ」


初春「白井さんの対戦相手の人、なかなか綺麗な人ですね」

佐天「まぁあたしには劣るけど!!!」

初春「佐天さんはそんなこと言わない!!!」

佐天「なによ、ノリ悪いわね!」


司会「では試合開始!!!」

黒子「いきますの!瞬間移動!!!」

心理「ふ・・・」

心理掌握は背後に現れた黒子の攻撃を避ける。黒子の繰り出す攻撃を巧みにかわす

心理「体術も結構自信があるようね」

黒子「ジャッジメントですからね・・・避けるばかりでは勝てませんわよ」

心理掌握は黒子の両腕をつかみ、攻撃を止める

心理「あなたこそその程度では勝てないわよ」

黒子「ふふふ・・・今日は過激な黒子で行きますわ ふんっ!!!」

黒子は心理掌握の顎を蹴りあげる

心理「ぐあっ!!」

心理は黒子の手を離す。そこに黒子が怒涛の連続攻撃を仕掛ける

心理「おあっ!!!・・・調子に乗らないでほしいわね」

心理も同じように攻撃を繰り出し、2人の攻防戦がはじまる


寮管「私のしつけのおかげね!」

佐天「白井さんってあんなに武術得意だったの?」

初春「昔から特訓していましたから まあ本人いわく、寮管の影響が大きいとか・・・」


黒子「今ですの!瞬間移動!!!」

心理「ちっ!!ぐあっ!!」

背後から蹴りをくらう心理

黒子「早く降参したほうがよろしいのでは?」

心理「・・・ふふ・・・そうね・・・でもあなたはもう逃げられない・・・」



心理「悪夢からね!!!」

 

 

            こっち
心理「あなたは二度とこの世に戻ってこれない!」

心理「食らいなさい 超絶精神破壊(デストロイドブレイン)!!!」

心理掌握のかざした手が光る

黒子「なんですの!!きゃあああああ!!」






黒子「ここはどこですの・・・って・・・・・・」

黒子は幼い頃の体に戻っていた。そしてこの場所は・・・

黒子「ここは・・・私が絶対等速と遭遇した銀行!!」

等速「動くなぁ!!!」

黒子「等速!!」

初春「白井さん!!」

黒子「初春を放しなさい!!」

等速「嫌だね!!そんなことより面白いものを見せてやるよ!!」

等速は初春の脇腹にビー玉を発射する

黒子「やめてええええええ!!」





黒子「あれ・・・たしか初春と等速が・・・っておねえさま!!?」

御坂「くろ・・・こ・・・たす・・・け・・・て・・・」

御坂が血まみれになって何かから逃げている。三坂を追う者は・・・

垣根「ふっはっはっはっは!!!逃げろ逃げろ!!最強のレベル5は1人でいいんだ!!」

垣根の未元物質が御坂を覆い尽くす

黒子「やめてぇぇぇぇぇぇ!!!!」

黒子「・・・・・・ここ・・・は・・・・・・はっ!」

黒子は電柱に縛られていた

黒子「くぅ・・・放してください!!!初春を!!!おねえさまを助けるんですの!!」


「無駄よ ここであなたはオシマイ・・・」
「だれも助からないさ・・ははっ」


黒子「心理掌握・・・垣根提督・・・」

心理「レベル5とレベル4の次元の違いがわかったかしら?」

垣根「あわれなもんだなぁ、女ァ!!」

黒子「くぅ!!はなしなさい!!」

垣根「いいねいいね、可愛い子が縛られてる様子ってのはよぉ!!」

垣根「いいもん見してもらえたお礼に未元物質をやるよ!!」

黒子「え!!?」

垣根は腕に未元物質の大きいかたまりをつくる。それを大きな腕のようにする

垣根「俺って優しく触るの苦手なんだは!!ハードタッチ専門!!はははは!」

黒子「じょ・・・冗談はやめるんですの・・・」

垣根「はははは!!冗談じゃないんだな~ これが!!さぁいくぜ!!」

黒子「はなして!!!はなして!!!いやぁぁぁぁぁぁ!!!」

垣根「性質は"苦痛"!!痛みで感じるのも悪くねぇよ!!っはっはっはっは!! おらあっ!!」

黒子「いやああああああ!!!!」

垣根の物質が黒子を覆う

黒子「ああああああ!!!痛い!!!苦しい!!!ああああああああ!!!!」





会場では黒子が倒れていた

心理「いい夢見れた?ふふ・・・」

 

御坂「黒子!!」

初春「うそ・・・」

佐天「ちょっと・・・あれってかなりヤバいんじゃ・・・」


医療スタッフが黒子に駆け寄る

医者A「かなりヤバい状態だ・・・はやく医務室へ!!」

医者B「心臓や臓器に異常はないようですが・・・なんなんでしょうか!?」



観客「こんな試合なしだ!!」「危険すぎるからやめろ!!」


司会「お静かに!!試合は続きます!!」

観客「ふざけるな!!」「やめろやめろ!!」「心理掌握を失格にしろ!」

司会「白井選手が倒れた原因が心理掌握選手とはわからない以上失格にはできません」

心理(無駄無駄・・・司会は私に操られてるんだから・・・)

司会「心理掌握選手、準決勝進出!!!」

心理「ふふ・・・」

その時、とてつもない閃光が走り、爆発が起こる

心理「誰!?」

心理が閃光の飛んできた場所を向く
振り向くとすごい形相をした御坂がいた

御坂「あんただけは・・・絶対に許さない!!よくも黒子を」

心理「ははは」

御坂「あんたはあたしが決勝で倒してあげるから!!!」

心理「私があの子を傷つけたなんて証拠あるの?あの子がかってに倒れただけじゃなくて?」

御坂「レベル5ぐらいしかできないでしょ、あんなこと・・・わかってんのよ、あんたがやったってことぐらい!!」

 

心理「まあそう思うなら勝手に思っていればいいわ それよりあなたじゃ一方通行や垣根提督には勝てないんじゃないの?」

御坂「絶対に勝ってあなたは私が倒す・・・!!」

心理「ふふ・・・楽しみにしてるわ」


初春「わたし・・・ちょっと気分を落ち着けてきます」

佐天「初春・・・」


一方(心理掌握・・・気に入らねえ野郎だ)

垣根(心理掌握か・・・なぜだ、あいつを過剰に意識してしまう・・・恋愛感情じゃないけどな 恐怖でもない)


イン「この大会なんだか怖いんだよ・・・当麻 帰ろう」

上条「すまねえな・・・俺はちょっとここに残るよ」

イン「当麻・・・なんで」

上条「ほっとくわけにはいかねえだろ、こんな怪しい匂いのする大会」

イン「当麻・・・」

上条「でもまぁ、お前は危ないから帰っていた方がいいかもしれないな」

イン「わかった・・・私帰ってる だから家までついてきて!」

上条「わーったよ 家で大人しくしてろよ」

上条当麻はいったん家へ戻った。そして試合は進む


司会「次の試合は・・・黄泉川選手対匿名選手!!」

御坂「寮管・・・」

浜面「あいつだ、あのおっそろしいアンチスキル!!」


黄泉川「これはかなりワクワクしそうな戦いじゃん!」

寮管「私もあなたのような人と戦えて光栄です 」

司会「試合始め!!!」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。