シャナ「あんた何者なの?」上条「不幸だ……」6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

御崎市。

 首都圏近郊に位置する、県内でもそれなりの大きさを誇る市。

 市の中央を真南川が流れ、そこから東半分が市街地、西半分が住宅街というつくりをしている。





 そして―――とある"徒"が、"都喰らい"と言う秘法を進めていた場所である。


 ここに、一人の少年がいる。

 彼は、当然のように自分の『日常』を暮らしていた。

 いや、暮らしている、と思っていた。




―――それは、すでに無くなっているとも知らずに……

 

七月十八日

 ここは、御崎市にある御崎高校。そこの生徒の一人、坂井悠二は悩んでいた。

 夏休みでの、金の使い道を、である。

 長い休み、親しい友人とどこかに出掛けたくもあるが、買いたいゲームやマンガもいくつかある。

悠二(ゴールデンウィークのときは池達と遊び行っちゃったんだよな……)

 悠二がぼけー、と考えていると、後ろから自分を呼ぶ声が聞こえた。

池「おーい坂井、ちょっとこっち来てくれ」

 悠二を呼んでいるのは、悠二と中学時代からの友人、池速人だ。

 通称、『メガネマン』。クラスの誰からも信頼されている、悠二とは親友と言ってもよい間柄である。

 そんなメガネマンの周りには、クラスメイトの佐藤啓作と田中栄太、緒方真竹に吉田一美がいる。

悠二「夏休みのことか?」

池「勘がいいな。みんなでどこか遊び行こうって話だよ。坂井も来るだろ?」
 
佐藤「やっぱり夏って言ったら海だろ、海!!」

田中「そーだよな!! 水着のねーちゃんとかいっぱい……ぐはっ!?」

緒方「田中変なこと考えすぎよ!!」

田中「大丈夫だよ、オガちゃんには期待してないから。あっ、吉田さんは楽しみかな」

吉田「そ、そんなぁ……」

悠二「ははは……」

キーンコーンカーンコーン

佐藤「やべ、授業始まるぞ」

池「じゃあまた続きは放課後だね」

悠二「あぁ、そうだな」

 

 

 

―――

 

放課後

 話し合いの結果、結局海へ行くことになった。佐藤と田中の強い希望が通ったように見えるが、実は一番行きたがっていたのはメガネマンかもしれない。

悠二「あーぁ、結局またゲームもマンガもお預けかぁ……」

 帰り道。悠二はそう呟いた。どうするか決めようとは思っていたが、あっさり決まったことに、 少し不満があるようだ。

悠二(ま、海も楽しみだけどね)

 とすぐに前向きになった悠二は、海へ行くメンバーを思い出してみる。一人はメガネマン。

 佐藤と田中は高校に入ってからの悪友だ。中学時代は、荒れていたと聞くが、今はそんな面影は一切ない。

 緒方真竹も、そんな二人と同じ中学らしい。「可愛い」というより「格好いい」顔立ちと、文字通り竹を割ったようなカラッとした性格で、男女分け隔てなく好かれている。

 最後の一人。吉田一美。控えめな印象ながら、よく見ると可愛い容姿の少女。プールの授業のときは、意外なスタイルの良さを披露(本人の意思ではなく)していた。

悠二(吉田さんの水着姿か……)

 一瞬想像し、しかしすぐに頭から取っ払った。少し顔が赤くなっているのは夕暮れのせいにする。

 

 そんなことを考えていた悠二は、気付いていなかった。






 彼のすぐ後ろを歩く、細身のクラシックなスーツを着た、物静かそうな老紳士が悠二のことをじっと見ていることに。

??(あれが、"零時迷子"の"ミステス"……)

 老紳士の名前は、"屍拾い"ラミー。





 ―――彼は、坂井悠二の運命を知っている。
 しかし、告げる気はなかった。

ラミー(さて、"狩人"が残した"存在の力"も回収したし、零時迷子も見れた。そろそろ向かうとするか)

 そして、老紳士は一瞬で消える。悠二の目に少したりとも入ることなく。





 彼の、次の目的地は、"学園都市"。そこにそびえる"窓の無いビル"。

 

 

―――

 

考えごとをしながら歩くと、目的地に速く着く気がする。

 悠二は、自らの家のドアを開ける。

悠二「ただいま、母さん」

千種「おかえりなさい、悠ちゃん」








 こうして、彼の『日常』は、まだ続いていく。

 しかし、坂井悠二は、すでに『非日常』の世界に足を踏み入れていることを、まだ知らない。

 

―――

??「あぁ、もう!! また逃げられた!! くそ、逃げ足だけは速いんだから!!」

??「おいおい、まぁ奴が一枚上手だっただけだろう? 我が麗しの酒盃(ゴブレット)、マージョリー・ドー。」

??「うるさい、バカマルコ。こっちはただでさえあのクソバカな土御門の野郎に新しい"付箋"くれ、なんて言われて頭きてるのに、さらに"徒"まで逃がすなんて……」

??「……と、文句を言いながらも、"学園都市"へ行くつもりなんだよなぁ、我が優しき姫君マー……げふっ!!」

??「ただ前からあそこには行ってみたい、って思ってただけよ、バカマルコ」








 運命は廻る。
 その動きを止められる者はいない。




 第一.五章 終

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。