シャナ「あんた何者なの?」上条「不幸だ……」4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

七月十五日

 シャナ、三日目の授業は、何種類かに別れることとなった。

 初めてシャナの授業を受ける教師は、前日、前々日と同じ目にあった。

 変化があったのは二度目以降の教師だ。

 無視を決めつける者、シャナへ反論を行う者、通常の授業を行える者(それは子萌先生くらいだが。彼女だけは、シャナに自爆させられなかった。恐るべき幼女先生である)。

 三日目にもなれば、クラスメイト達もなれ、シャナの様子を楽しんでいた。

 

 

―――

放課後

 上条とシャナは、夕暮れを前にして、第二学区の爆発物の試験場に来ていた。ここならば、邪魔が入らないと上条が提案したからである。

上条「本当にくるかな……」

 上条は不安に思っていた。わざわざこんなところまで来て、来ませんでしたではとんだ無駄骨だ。

シャナ「来なければまた明日もここに来るしかないわね」

上条「不幸だ……」

 二人が無駄話を十分ほど続けていると、突然、ズン、という衝撃が走った。

上条「シャナ!」

シャナ「ええ、来たわよ!!」

 瞬間、シャナの黒くて艶やかな長い髪と瞳が灼熱に染まる。右手には、大太刀『贄殿遮那』、そして、黒寂びたコートが体を包む。

フレイムヘイズとしての彼女が、燃え上がった。

シャナ「"狩人"のご登場ね」

 その場を埋める様に、薄白い炎が立ち上がる。

 地に紋章、周囲に陽炎が残され、囲われた世界が止まった。

 薄白い炎、つまり"狩人"による封絶だった。

フリアグネ「やぁおちびさん、よい場所を用意してくれたね」

 妙に韻を浮かせた声がする。純白のスーツに、純白の長衣を羽織った美男子、"狩人"フリアグネが、空に浮いていた。

シャナ「御託はいいから、早く始めましょう」

フリアグネ「やれやれ、やっぱり無粋な子だね、君は。ふふふ、まぁいい」

 フリアグネの言葉が終わる前にして、シャナは足裏に爆発を起こして跳んでいた。大太刀『贄殿遮那』を一閃する。

 それを余裕の表情で避けたフリアグネは、手袋わはめた掌から、純白の炎玉をはなつ。

 シャナは刀の峰を体に叩きつけ、反動で大きく返し、太刀で炎を凪ぎ払った。

 音もたてず、両者が着地する。

上条「すげぇな……」

 上条の身体能力では、空中戦は不可能である。上条は両者と軽く距離を取っていた。

シャナ「今日は、お人形遊びじゃないの?」

フリアグネ「もちろん、用意してあるとも」

 フリアグネが両手を大きく広げる。すると、数十もの薄白い炎が沸き上がった。

 その内から、少女型の『お人形』達が姿を現す。

 その人形は、カジュアルやゴスロリから、パンクルック、メイド、巫女、水着(当然のようにスクール)、ナース、メガネにブレザー等々……。

上条「お前は青ピか!!」

 上条が思わず突っ込んだ。

フリアグネ「ん? ……まぁいい、じゃあ、やろうか」

 戦闘が始まる。

 三十は下らないフィギュアが一斉に飛び掛かる。

 シャナは、ものすごい勢いで、フィギュアたちを葬っていく。まさに圧倒的だった。数的劣勢をものともしない。

上条「くっ!?」

 一方、上条のほうにも何匹かフィギュアが来ていた。ただ、上条を殺す気はないらしく、足止め程度である。

 上条は、フィギュアが出す炎玉を右手で打ち消し、フィギュアに近づいていく。

シャナは、ランジェリーと、チャイナの上半身をまとめて切り飛ばすと、さらに前に進んだ。

 ようやく、本命の薄白い影が見える。

 シャナは、その本命・フリアグネを一気に斬りつけようと、踏切の足を地面に打ち付けた。

フリアグネ「ふふふ……」

 ほぼ同時に、フリアグネが右手の拳、その握りこんだ親指を勢いよく上に向けて弾いた。

 ピイン、という音とともに一枚の金貨が舞っていく。どこぞのビリビリ中学生ね代名詞と同様の動きだが、しかし、その金貨は、くるくる回るたびに残像を残し、どこまでもあがってゆく。

 シャナの踏み込みに合わせて、金貨の残像を、思い切り降った。その残像は金の鎖となり、シャナの上に降りかかる。

シャナは、金の鎖を切り上げたが、残像の鎖は斬れず、大太刀に絡まる。

 シャナは、ようやくこれが、武器殺しの宝具であると理解した。

フリアグネ「ふふふ、どうだい、私の『バブルルート』は。その剣がどれほどの業物でも、こいつを斬ることはできないよ」

シャナ(なら、持ち主を斬る)

 当然のように思ったシャナは、大太刀を引き、フリアグネとの間合いを計った。

 周りからフィギュアがにじり寄り、引き合う二人の間にも幾体か入る。

 シャナが、どうするか、とフリアグネを見ると、空いた手で、つい、とハンドベルを取り出した。

なにかさせる前に、とシャナは一瞬、引きを強める。フリアグネも引き返す。
 瞬間、シャナは、その力を利用して、前へ突進した。

 ―――間に入っているフィギュアたちを気にせずに。


フリアグネ「ふふふ」

 フリアグネが笑い、ハンドベルを鳴らす。

 瞬間




 シャナの周りのフィギュアたちが凝縮され、破裂した。

 轟!!と、大爆発が巻き起こり、シャナがノーバウンドで地面に叩きつけられた。

シャナ「ーッ!!がァァァあああああああああ!!」

 もろに大爆発に巻き込まれたシャナは、一発でボロボロになっていた。

シャナ「っうぐ!」

 シャナの体が動かない。もはや戦闘は不可能な状態だった。

上条「シャナ!!」

 上条がシャナに駆け寄る。まだ意識がありらしいシャナは、しかし、来るな、と声を出すこともできない。

フリアグネ「ははははっ!! 素晴らしい威力だろう、私の『ダンスパーティ』は」

上条「ちくしょう……。」

 上条は声を上げた。シャナを一撃で潰したフリアグネは、得意気に笑う。

上条「お前!! なにが目的なんだ!! この世に勝手に現れて好き放題しやがって!!」

 上条が叫ぶ。その様子を見たフリアグネは、にやりと笑い言った。

フリアグネ「目的? ふふふ、この"狩人"相手に、そんな啖呵をきれるきみに免じて教えて上げよう」

 フリアグネが続けた。

フリアグネ「僕の、この世にいる唯一無二の目的は、"都喰らい"を起こし、マリアンヌとの永遠を手に入れることさ!!」

アラストール「馬鹿な、"都喰らい"だと!!」

 シャナのペンダントから、アラストールが驚きの声をあげた。

上条「なんだ? "都喰らい"って?」

フリアグネ「ふふふ、簡単に言うと、とあるひとつの"都"を丸ごと"存在の力"に変化させることだよ」

上条「な……っ!?」

フリアグネ「すでに準備は整っている。あとは、"御崎市"に戻って仕掛けを発動させるだけさ」

アラストール「ありえん!! まさか、あの"棺の織手"の秘法を……」

フリアグネ「僕ならできるのさ。そして、その膨大な"存在の力"でマリアンヌは、一つの存在に生まれ変わる!!」



上条「ふざけんじゃねえぞ…………」

 上条の瞳に、力が宿っていた。

 

上条は、シャナが来てから、今の戦いの中ですら、一つの迷いを持っていた。



 ―――自分が、周りの大切な人たちを、傷つけているのではないか、と。

 上条の右手、これを狙ってきた化物、教室への来襲、そして、ボロボロになったシャナ。

 全ては、上条の『不幸』のせいなのだ、と思っていた。

 自分さえなくなれば、全てがよくなるのでは、と。

 しかし、そんな上条は、気付いた。

 今、目の前にいる、フリアグネを

 自分の『幸福』のために、たくさんの人を犠牲にしようとしている彼を許してはいけない、と。

 上条は、誰かを犠牲ににして得る『幸福』なんて、いらない。

 それならば、『不幸』のまま、全てを守ってやる、と。


上条「いいぜ、てめえが自分勝手に他人を傷つけるっていうんなら」

上条「そんな幻想、俺がぶち殺してやる」


 ―――"幻想殺し" 上条当麻の戦いが始まる。

 

 

上条はフリアグネのもとへ、駆け出した。

フリアグネ「おいおい、君を殺すつもりはないんだか……、死なない程度に傷つけるしかないか。いけ」

 上条の元へフィギュアが襲ってくる。

 上条は、そのフィギュアにたいし、ただ、右手で触れる。

 それだけで、フィギュアは消えていった。

フリアグネ「へぇ……、やっぱり面白いね、その力。ならこれはどうかな!!」

 フィギュアが二体同時に、左右から迫ってくる。

上条「ーっ!?」

 上条は迷わず、片方に接近する。そして、触れると同時に、後ろに手を勢いよく向けた。

 しかし、上条の右手が、フィギュアが触れることはなかった。

 フリアグネのハンドベルが鳴る。それに反応したフィギュアが爆発した。

シャナ「!?」

少しだけ回復したシャナが立ち上がる。

フリアグネ「おや、やりすぎてしまったかな?」

 シャナのときほど大きくはないが、人一人なら充分壊せる爆発をもろに受ける。



 ―――しかし、上条は倒れない。


フリアグネ「なっ!?」

 フリアグネはの上条元へ、さらにフィギュア向かわせる。

 立ち上がったシャナの元へは、マリアンヌが向かって行った。

シャナ「っ!?」

 立つだけでも限界に近いシャナは、なんとかマリアンヌと応戦する。

 一方、上条はフリアグネへと距離を縮めていった。

 もうすでに、爆発を三度、突撃を二度受けている。普通の人間ならば、とっくに倒れるような怪我をして、しかしそれでも

 上条は、絶対に止まらない。

 フリアグネは、その上条の様子を、じっと観察していた。

 "狩人"フリアグネは、"徒"として、獲物の性質を見抜く能力を持っている。そして、彼は鋭い洞察力も持っていた。

フリアグネ「……なるほど、君の力の核は右腕か」

 フリアグネが呟いて上条を見る。その目には、絶対に倒れない上条への、軽い畏怖が込められていた。


フリアグネ「遊びは終わりだ、この『レギュラーシャープⅡ』で、君の力の源を頂くことにするよ」

 フリアグネの右手から、以前のより大きなトランプが現れた。

フリアグネ「行け!!」

 フリアグネの合図とともに、トランプが上条を襲う。

 瞬間、上条の右腕が、ひゅんひゅん、と回転しながら宙を舞った。

シャナ「当麻!!」

 マリアンヌと戦闘中のシャナが思わず叫んだ。

 無理やりマリアンヌを叩き付せる。

シャナ「はぁぁぁぁ!!」

 シャナは、フリアグネの方へと駆けていった。しかし、まだ大量に残っているフィギュアが邪魔をする。

フリアグネ「ふふふ、僕の勝ちだね」

 フリアグネが得意そうに笑いシャナを見た。しかし、シャナは、なぜか呆然とフリアグネの後ろを見ていた。

フリアグネ「ん? おちびさんいったい何を……なっ!?」

 フリアグネは振り向いた。そして、見た

 自らの右腕を切り落とされて、それでもなお


 向かってくる上条当麻の姿を。

上条「はぁ、はぁ」

 満身創痍になりながら、しかし、上条は倒れない。

フリアグネ「な、なんなんだお前は!?」

 フリアグネが焦りの表情を浮かべながら叫んだ。

 上条は何も答えない。しかし、彼の目には力が残っていた。

 フリアグネがその姿を見て、凍る。まるで異質のなにかを見ているように。

 そして、それは突然起こった。

 上条の右腕の切断面。そこから噴き出す血の流れに異常が起きる。

 そこから、なにか透明のモノが飛び出した、


 顎。

 大きさにして二メートルを越すほどの、巨大に強大な、竜王の顎。

 牙の一本が空気に触れる。それだけで、世界が変化した。

アラストール「なっ!?」

 思わずアラストールが声を上げた。それほどの出来事が起きた。



 一瞬にして、封絶が消えた。

シャナ「なに、これ……」

 シャナが驚きの声をあげる。しかし、変化はまだ止まらない。


 シャナの周りにいたフィギュアたちが一斉に消えた。

 シャナの黒寂びたコートが消えた。

 フリアグネの手にしていた全ての宝具が消えた。

 ―――そして、マリアンヌが消えた。

フリアグネ「なっ!? マリアンヌぅぅぅぅぅぅううう!!」

 フリアグネが叫ぶ。フリアグネの"都喰らい"は、マリアンヌとの永遠を手に入れるためのものだった。

 そして、それに必要な道具は"ダンスパーティ"。

 "ダンスパーティ"が壊れたいま、マリアンヌを治して、"御崎市"へ戻っても、"都喰らい"を発動できない。

 ―――フリアグネの、全ての幻想が、一瞬にして壊された。

フリアグネ「ああああぁぁぁぁぁぁ!!」

 フリアグネが叫ぶ。その姿は、白い鳥に変化していた。

シャナ「あれは……」

アラストール「本来のやつの姿だ。恐らく、人化の自在法も消されたのだろう」

 白い鳥と化したフリアグネが、上条へ向かっていく。

 上条は、ただ竜王の顎を最大限に開き、フリアグネを迎え、





―――頭から呑み込んだ。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。