佐天「アタシのココロ!!解錠!!!」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~~~とある喫茶店~~~

佐天「初春!知ってる?最近ウワサの都市伝説!!」

初春「また都市伝説ですか?で、どんな内容なんですか?」

佐天「タマゴから生まれる守護霊の話!
   なんでも冴木のぶ子先生に占いってマジらしいよ!」

初春「タマゴから生まれる守護霊ですか?」

白井「冴木のぶ子ってあのインチキくさいおばさんですの?」

佐天「なんでも、その守護霊には能力を付与する力とかあるらしいよ」

初春「え‥どこかできいたことあるような‥」

白井「佐天さん!またそのような話を真に受けて、この間の事のようになtt」

佐天「わ、分かってるって!もう手を出したりしないって
   (でも、本当はちょっと気になるかも)」

 

prrrrr
白井「電話ですの
   もしもし、はいわかりました。初春にも伝えておきますの」

白井「初春、明日のジャッジメント会議の時間1500に変更になりましたの
   忘れずにきてくださいな」

初春「はい」

佐天「ジャッジメントの会議って事件か何か?」

白井「それが、詳しい内容は聞かされてないんですの」

佐天「何か秘密があったりして」

白井「また、あなたって人は…相変わらずですわね
   まぁ、明日になったら分かる事ですわ」

初春「あ、今日よるとこがあったので先、帰りますね」

白井「なら、この辺で解散しますか」

御坂「そうね」

 

~~~佐天の家~~~

佐天「(そういえば、またあの高校で特別講習があるのって明後日だったよね・・・)」

佐天「(テレビでも見ながら守護霊のウワサについて調べてみるかな、なになに?
   パーソナルリアリティ               パーソナルリアリティ
   自分だけの現実の具現化?わっかんないな~自分だけの現実って
   結局なんだろ?)」

~~悩んでいるアナタ!日常に疲れているアナタ!新しい自分になりたいアナタ!
生まれ変わりたいアナタ!そんなアナタに元気を一本!‥‥‥~~

佐天「(生まれ変わる…簡単に能力者に生まれ変われたら…なんてね!)」

~~冴木「あなたのうしろに守護霊がいます!!」~~

佐天「(あ!冴木のぶ子先生!)」

隣の家の幼女「こえーーーー…オバケこえ~~~~~」

幼女の親「"こえーー"じゃなくて"こわい"でしょ
       あみちゃん」

~~~常盤台中学学生寮~~~

御坂「う…」ブルブル

~~冴木「オバケ…?いいえ守護霊は怖い存在ではありません!!
     いつも後ろからあなたの本当の姿を見守っています
     あなたを助けてくれる心強い味方です
     バカにしてる人は死にます!」~~

白井「んもう、お姉様ったらこんなバカみたいなインチキおばさんなんて信じて!」

御坂「い、いいじゃないのよ!気になるのよ!」

~~冴木「あなたに言ってるんですよ」~~

白井「はぁ…(たしかに、この眼力はすごいですの!本当に自分に言われた気がするんですの)」

 

~~~佐天の家~~~

佐天「(本当のアタシ…
   ズルなんてしちゃ駄目だよね‥
   でも、守護霊さま!もしいるならどうかあたしに能力を下さい‥‥‥
    何考えてんだろアタシ…テレビ消してもう寝よう)」


~~つかまえないで♪ 迷い込んだ♪
   バタ
ポチッ
~~

 

~~~次の日~~~

佐天「はぁ~今日もいい目覚め!
   …!?
   た、たまごってーー!!?へっ?な、なにこれ?アタシが産んだの…?
   しかも三つ?どうしよう、こんなの保険でも習ってないって!!
   生まれ変わりたいとは言ったけど、産みたいなんて言ってないし…
   (触ってみよう)
   あっ…生あったかい…?
   てことはやっぱり何か生まれるんだ…
   あっ!時間!学校行かなきゃ!
   気になるけど帰ってから考えよう」

 

 

~~~通学中~~~

佐天「(バタバタしちゃったな…
   それにしても気になるなぁ~!
   結局持ってきちゃったけど…
   でもこれってまさか、これが守護霊の生まれるタマゴ?)」

*「‥さん……天さん…」

初春「佐天さん!」

佐天「初春!?おはよう!!」

初春「どうしたんですか?話しかけても上の空でしたよ」

佐天「へ?そ、そんなことないよ(タマゴのことは黙ってよう)」

初春「大丈夫ですか?佐天さん?」

佐天「私はいつも通り元気元気!」

初春「だといいんですけど…」
ピクッ
佐天「!?動いた?ちょっと何これ」

初春「カバンの中なんて見てどうしたんですか?佐天さん?」

佐天「(ヤバッ!バレる!?とにかく誤魔化そう)
   い‥いや、が、学校で用事思い出したから先行ってるね」

初春「ちょ、ちょっと佐天さん!?」

佐天「(ふぅ~危ない。でもちょっと怪しまれたかな)」

 

~~~柵川中学校教室~~~

初春「どうしたんですか?佐天さん!急に走り出して」

佐天「あ、いや、その…か、勘違いだったみたい」

初春「はぁ…勘違いですか」
ガラッ
佐天「ちょっと初春、あの先生誰?」

初春「分かりません!見たことないです」

男教師?「えー、このクラスの担任の先生は一身上の都合によりしばらくお休みします。
    その間私、二階堂 悠がこのクラスを受け持つことになりました!
     そういうわけなんでよろしくおn」ゴツン

二階堂「イテッ!ハハハ…」

生徒「だっせー頭ぶつけてるよww
   クスクスアハハハ」

佐天「な、なんだか、すごいそそっかしい先生だね」

初春「そうですね」

 

二階堂「みんな~授業を始めるよ~
    じゃあ、まずこれを…」バラバラ

佐天「配布プリント落としてるし…ホントにそそっかしい先生」

生徒「先生!落ち着いて」
プークスクス

二階堂「アハハ…」

初春「先生!手伝いますよ」

二階堂「ありがとう!
    (この子、ジャッジメントか…)」

二階堂「さっそくなんだけど~みんなの夢を聞かせてくれるかな
    プリント配布するのでみんな書いてね」

生徒「え~~!!先生!もう夢なんて年じゃないよ!」

二階堂「まぁまぁ、とりあえず書いてみてよ(ターゲット候補参考になるんだから)」ニヤリ

初春「(先生の表情なんだか怖かった気が…気のせい?)」

 

~~~ジャッジメント会議室~~~

白井「会議という割には私たちだけですの?」

初春「そうですね」

固法「もうすぐはじまるよ」

*「最近、能力者が能力を失い、無気力状態になるといった事件が発生している。
 原因は現在調査中だが、有力な説として『自分だけの現実』が失われているといった見解が有力である。
 この事件のは不思議なことに最近デビューし爆発的に売れている歌手、ほしな歌唄のライブ中に多く発生
 している。また、患者もライブ中に異常が出たものが多い。
 ほしな歌唄がなんらかの関係がする確率が高いとみている。そこで今度のライブ
 に潜入捜査をしてもらいたい。編成はここにいる第177支部を投入する。
 入場に必要なライブチケットを配布する。時間と集合場所は
 1000に第六学区の集合場所。意見・質問のあるものは挙手、なければ解散!」

白井「案外早く終わりましたの」

初春「佐天さんと御坂さん誘って遊びにいきます?」

固法「あ、ごめん!私はちょっと用事があるから先に帰るね」
スタスタ
白井「乗りが悪いですわね、そう言ってても仕方ありませんので…」

白井「もしもし、お姉様!今から時間ありましたらどこか遊びに行きません?」

御坂「いけるよ!あ、それだったらセブンスミストどうかな?
   今丁度、ゲコ‥じゃなくて、ほらセールやってるし」

白井「またお姉様ったらゲコ太なんて子供っぽい…」

御坂「べ、別にいいでしょ!他に当てないんだし」

白井「仕方ありませんわね。1630にセブンスミストに来てくださいな」

御坂「うん」

~~~同時刻・佐天の家~~~

佐天「ん~このタマゴやっぱり、ウワサの守護霊のタマゴに間違いない
   これを使えば能力が使えるようになるのかな
    でもどうやって使うんだろう
     どこにも書いてないし・・・」
君とハートはんぶんこ♪君とセットくっつきこ♪
佐天「ん?電話だ!初春からだ」

初春「もしもし、佐天さん!今暇なら遊びに行きません?」

佐天「(タマゴのことは気になるけど)うん!行くよ?どこにいくの?」

初春「セブンスミストに1630集合で」

佐天「わかった」

~~~セブンスミスト~~~

佐天「御坂さん、白井さん、う~い~は~る~」バサッ

初春「きゃっ!佐天さん!公共の場所でなんてことするんですか!!」

佐天「ごめんごめん!友人として初春がちゃんとパンツ履いてるか確かめないといk」

初春「そんなことされなくても、ちゃんと履いてます!!」

御坂「まぁ、そんなことより早く入ろう」

初春「(むっ流された…)」

御坂「(ゲコ太のパジャマ!ゲコ太のパジャマ!…)」

白井「お姉様ったら、ヤケに張り切ってますの!」

佐天「御坂さん、パジャマが買いたかったの?」

御坂「へ?、えぇ!(しまった、ゲコ太のパジャマを買おうとしたら、またバカにされる!!)」

初春「(なるほど!ここは気を利かせて)御坂さん、私たちインナー見てきますのでここで見ててください」

御坂「へ?あぁ、そう!(よし!今のうちに!!)それ!」

男?「何やってんだ?ビリビリ?」

御坂「え?なな、なんでアンタがここに居んのよ!!」

男?「いちゃいけないのかよ!」

御坂「何よ?やる気?だったらいつぞやの決着を今ここで・・」

男?「お前のアタマん中はそれしかないのかよ
   はぁ‥だいたいこんな人の多い場所で始めるつもりですか?
   あ、そうだ!ビリビリ!お前、来週の日曜暇だろ?」

御坂「(イラッ)暇ってことないわよ!仮にも学園都市3位なんだから
  い、色々と忙しいのよ!」

男?「あ、そうなの?せっかくほしな歌唄のライブチケット二枚
   あるから一緒に行こうかと思ったんだが、しゃあねえな
   他のやつと…」

御坂「暇!やっぱり暇だった!」

男?「なんだよ、さっき忙しいって」

御坂「ど、どうせ二枚あっても一緒に行く人なんていないんでしょ
   あ、あたしが一緒にいってあげるわよ」

男?「はぁ‥、上条さんは来週の日曜1000に第六学区の集合場所で待ってるぜ」

女?「当麻!見つけたんだよ!とってもとってもおなかすいたんだよ!
  早くご飯食べるんだよ」

上条「ああわかった。じゃあな!」

 

御坂「(ちょ!もしかして、これってデートじゃ///どうしよう!服とか買わなきゃ!)」

佐天「御坂さん!ん?あれ?顔赤いですけど大丈夫ですか?」

御坂「え?ああ!そうだ!!あ!!(でも、服見てほしいなんて言えない!!)」

佐天「え‥?ど、どうかしたんですか?」

御坂「いや、なんでない///なんでも」

佐天「?」

佐天「そうだ!来週の日曜あいてます?」

御坂「(ドキッ!!)い‥いや‥来週の日曜は予定が///」

佐天「そっかぁ、残念だな~初春は?」

初春「日曜はジャッジメントの仕事があります」

佐天「ということは白井さんもダメか」

白井「そうですわね、何かありますの?」

佐天「第3学区に新しいパフェの店が出来るんだけど、
   二名以上で割引になるからそれで一緒に行こうかと思ったけど
    忙しいなら仕方ないよ・・・」

~~~特別講習~~~



重複「佐天さん?」

佐天「へ?あ、重複さん」

重複「覚えててくれたんだ」ポッ

佐天「この前あったじゃん…」

重複「私は影が薄いですから…
   それであの…ほしな歌唄のライブチケットが2枚あるんだけど
   も、もしよろしければ、今度の日曜もし暇なら一緒にいきませんか?」

佐天「日曜かぁ(初春たちもジャッジメントの仕事があるっ言ってたし丁度いいか)
   行く行く!ほしな歌唄のライブなんて楽しみ~
   第3学区に新しいパフェのお店出来るんだけど、ライブの後にそこにも行かない?」

重複「本当ですか?是非行きたいです!…佐天さんといけてうれしいです」

佐天「あ、そろそろ授業始まるよ」

 

小萌「授業を開始しますよ~
   AIM拡散力場(An Involuntary Movement Diffusion Field)とは~」

キンコンカンコーン

小萌「時間ですので授業は終了でーす」

佐天「午後は体力トレーニングか‥」

黄泉川「体力トレーニングを始めるじゃん、よーしさっそく持久走いってみようか」
ピッピッ
黄泉川「そこーだらだらすんな!走れ走れ」

佐天「ハァ、ハァ、フゥ、も、もうダメ」

黄泉川「そうか、ならもう一周だ」

佐天「えぇ~」
ハァハァ
佐天「今度こそダメ」

黄泉川「もう一周だ!」

佐天「無理です…」
ピク
*「もう一周走っちゃえ」

佐天「(??声が?どこから?タマゴが!?浮いてる!?)」


~~~某所~~~
男?「たまごのにおい‥」


~~~特別講習~~~

ピキピキ パカ

守護霊?「もーーっ!何やってんの?走れない子は走れる子にキャラチェンジ!
    ホップ、ステップ、ジャーンプ!!」

佐天「へ?え?か、体が勝手に!?走るというよりも…飛んでる!?」

生徒A「飛んでるお!すごいお!やる夫も能力を手に入れれば飛べるに違うないんだお
     今は本気を出してないだけだお」

生徒B「お前には無理だろ、能力的に考えて…
   飛行能力とか高レベルの特権だろ、常識的に考えて…」

黄泉川「‥キャラ持ち!?こんなに早く見つかるとは驚きじゃん」

佐天「と、止めて~危ない!
   ハァ、ハァ、き、君は何?守護霊?
   一体なにしたの!?」

 

守護霊?「アタシはラン!涙子ちゃんのしゅごキャラ!」

佐天「しゅ、しゅご、キャラ?」

ラン「涙子ちゃんのなりたい自分」

佐天「なりたい自分‥‥」

ラン「お祈りしたでしょ!能力が欲しいって!
   そんな気持ちからアタシ生まれちゃった!」

佐天「嘘…そんなの、信じられない…」

黄泉川「佐天涙子!」

佐天「え、はい(ど、どうしよ~)」

黄泉川「ちょっとついてくるじゃん」

佐天「わかりました(ヤバッ!もしかして、見られた!?)」

黄泉川「さっきの行動についてだけど聞きたいことあるんじゃん」

佐天「(やっぱり見られたんだ…)あ、あれはなんというか偶然…」

黄泉川「隠さなくていいじゃん。あなたはキャラ持ちじゃん?」

佐天「キャラ持ちって?」

黄泉川「ああ、悪い。しゅごキャラ持ってるんじゃん?」

佐天「はい(て何で馬鹿正直に!?)」

黄泉川「今日から君は能力者同然じゃん!
    強制はしないけど、今から講習を受けてほしいんじゃん」

佐天「私が能力者…!?それって本当ですか!!!?」
                 システムスキャン
黄泉川「本当じゃん!でも、現状では身体検査では判定できないじゃん
    でもまずは、しゅごキャラについて詳しく知ってもらう必要あるじゃん
    講習受けていく?」

佐天「はい!受けます!!」

黄泉川「まずは、この教室に入って待つんじゃん」

佐天「はい!(アタシ一人だけだ‥ほかのみんなは帰ったのかな?)」

ガラッ
小萌「貴方が佐天さんですね!フムフムなるほど、最初に会ったときから
   感じるものがありましたが……やっぱりそうだったんですね」

佐天「最初って?」

小萌「最初の特別講習のあの日ですよ。それもよりも授業を始めますよ」

小萌「まず、しゅごキャラについて説明していきたいと思います。
   しゅごキャラっていうのは実は最近見つかった概念で、学者達と
   しゅごキャラを持っている人で研究した結果
   ある条件の下で、なりたい自分がしゅごキャラとなって
   『自分だけの現実』を刺激し、能力が使えるようになるといった見解が有力です。
   どういう人がしゅごキャラを得るのかは現状では分からないわけですねー。
   次に、簡単な用語は抑えてくださいね。資料を見てくたださい」


~~~資料~~~
   こころのたまご…人間の「願い」や「夢」がたまごとなったもので
   子供たちはみなこころのたまごを持っている。
   たまごは白く、黄色の天使の羽がついたハートのマークがついている。
   自然に生まれる前に無理やり心から抜き出されると後述の×たまになる。

   しゅごたま…しゅごキャラのたまご。しゅごキャラの寝床でもある。
   こころのたまごの中で特に強力な力を持ったものがしゅごたまとなり得る。

   ×たま…こころのたまごが持ち主が悩みを抱えたり、心の中から無理やり抜かれることで変化したもの。
   たまごは黒くなり、大きな白い×が付く。
   発生した場合は中のしゅごキャラごと壊すしかない。

   ×キャラ…×たまが孵化したもの。総じて邪悪な性格。放っておくと暴走し悪さ
   をするばかりでなく、持ち主の心の状態も危険になる。全身真っ黒で人型をして
   おり、額に大きな×が付いている。

   キャラ持ち…しゅごキャラを持っている人をを指します。

   キャラチェンジ…しゅごキャラの力を借りて能力を得ることです。
   口調や性格までも影響される場合があります。」

~~~資料終了~~~

 

 

佐天「(さっきの‥私の能力ってキャラチェンジかな?
   でも後二つはまだタマゴのままだ
   …後二つの能力が使えるの?マルチスキルになれるってこと??)」

小萌「この資料にはありませんが、"キャラなり"があります。
   これはキャラ持ちだからって誰でも出来るわけではありません。
   しゅごキャラと一体化することにより
   しゅごキャラの能力が120%に引き出すことができます。
   自分の可能性を強く信じることが必要になりますよ。
   これが出来るように頑張って貰いたいと思いますよ。」

佐天「キャラなり‥」

…………

小萌「授業を終わります!
   今日は遅くなったので気を付けて帰ってくださいね
    佐天さんは磨けば光ると思いますよぉ」

佐天「はい」



~~~帰り道(崖のある道)~~~

佐天「色々あって疲れた…ん?重複さんからメールだ!」

重複「
     今日の体力トレーニング凄かったです。流石です。
      あの‥ライブの件ですが、日曜日1000に第六学区の集合場所にきてください 
                                       」

佐天「そういえば、アレみんなに見られてたんだ…
   そういえば…ランだっけ?
    能力が欲しいと思ったから生まれてきたってことでいいの?」

ラン「しゅごキャラは持ち主のなりたい自分なんだ!
   だから涙子ちゃんが強く願ったから生まれてきたんだよ
   幻想御手事件の時、友達を巻き込んだり、助けられたりした時に
   能力欲しいって思ったジャン!」

佐天「あの時のこと…
   知ってるんだ…」

ラン「アタシは涙子ちゃのしゅごキャラ!
   涙子ちゃんのことなら何でも知ってるよ」

佐天「な、なんでもって‥‥
   なんだか恥ずかしいな…」

男?「ふ~ん、お前キャラもちか!」

佐天「へ?だ、誰?(この人?誰?)」

男?「まだ、他にもタマゴを持っているようだな」クンクン

しゅごキャラ?「それも二つだニャ」

ラン「気を付けて涙子ちゃん、タマゴを狙って‥」

男?「み~け!エンブリオかな?」

佐天「ちょっと何を!それに、エンブリオって?(アタシのタマゴが…)」

しゅごキャラ?「ハンプティロックも手に入ったし、今日は大漁だニャ
  幾斗!帰ろうぜ」

幾斗「ああ」

佐天「ま、待って!(アタシのタマゴが…手に入れた能力が…)
    アタシのタマゴをなにするんだ~~!!」ガシッ

幾斗「!!」

佐天「きゃああ~~~~!!(アタシ…このまま死ぬ……の?)」

しゅごキャラ?「お、落ちた!!」

ラン「涙子ちゃん飛ぶよ!もっかいキャラチェンジ!自分を信じて
   涙子ちゃんの可能性…なりたい自分!!」

~回想開始~

佐天「よかった、白井さん無事だった…イヤだなこの気持ち
   アタシと同じ中学生で、アタシと同じ年齢で
   アタシと同じ女の子なのに…
   アタシと違う世界に住んでいる女の子がいる
   能力者とレベル0では何もかも違う…」



初春「起き上がって大丈夫なんですか!?まだ、どっか具合が悪いとか??」

佐天「大丈夫!ちょっと眠ってただけだもん
   すっかり元通り、能力が使えないところまでね」

初春「…」

佐天「ごめん、詰まんない事に拘って内緒でズルして、初春をこんな目にあわせて」

初春「そんなこと…」

佐天「アタシ、能力よりもっと大切なものを失うとこだった…」


~回想終了~

佐天「母さん」ギュッ!

幾斗「(ハンプティロックが!?)」

佐天「(鍵穴!?なにこれ?でもなんだろう、この感じ!)」

 

  アンロック
佐天「アタシのココロ!!解錠!!!」

佐天・ラン「キャラなり!アミュレットハート!」

幾斗「まさか‥」

佐天「これって…もしかして?か、体が羽のように軽い!!」

幾斗「アイツ‥キャラなり出来るのか!!」

ラン「やったね!涙子ちゃん、いきなりキャラなり!
   このままタマゴもって逃げるよ!」

佐天「う、うん」
スーー
幾斗「逃げられた…ま、いいか!それよりも…」

白井「ジャッジメントですの!」

幾斗「ほぉ、ジャッジメントか!」

白井「窃盗の現行犯で拘束します!それと、さっきの光は何ですの?」

幾斗「光は俺がやったんじゃねぇ…
   それと悪いが、捕まるわけにはいかない。ヨル!いくぞ!」

ヨル「オッケーだニャ!」
                                   テレポート

幾斗「レベル4相当の空間移動か
   …そうとなれば話は別だ」

白井「強がりは身のためになりませんわよ」
             アンロック
幾斗「俺のココロ!!解錠!!」
           
幾斗・ヨル「キャラなり!ブラックリンスク!!」

白井「(これは一体…爪武器なんてどこから…)」

幾斗「ボーとしてる暇はないぜ
   ジャッジメント!」

白井「なっ!」

幾斗「スラッシュクロウ!」

白井「(速い!!)うっ!!」

白井「くっ!急所はかわしましたが、逃げられましたの!しかし、あの男…
   あのような能力みたことありませんの!」


白井「(ネコミミが生えた?)何の真似ですの?」

幾斗「フ」

白井「手?(いや、これは猫騙し…逃げるおつもりですね
   ですが…)」
    逃がしませんの!」シュンッ
             テレポート
幾斗「ほぉ!お前‥空間移動か?」

白井「ご存じでしたか!なら話は早いですわ!降服なさってくださいな」

~~~帰り道~~~

佐天「なんとか、逃げれた…
   (夢中で気付かなかったけどこの格好は…
    ヤ、ヤダ…は、恥ずかしい~)」ポン

佐天「へ?きゃあああ~~」ドテン

佐天「イテテ…」

ラン「だ、大丈夫?」

佐天「キャラなりが解けた…って急に解かないでよ!!」

ラン「アタシのせいじゃないよ~」

佐天「じゃあ…なんで
   (ん~…なんだかスッキリしないなぁ…
    変化についていけてないのかな…)」

ラン「でも凄かったよ!!!ワクワクしちゃった!
   涙子ちゃんと一緒になってパワー全開!!
   なんでもできちゃうカンジ!!」

佐天「う、うん(でも、これってアタシの能力じゃなくて…
   しゅごキャラの能力?じゃあアタシは一体…
   なんだか分からなくなってきちゃった…)」

~~~常盤台中学学生寮~~~

御坂「日曜はデート♪フン♪フン♪」
ガチャ
白井「ただ今戻りましたの…」

御坂「ちょ、ちょっと黒子!怪我してるじゃない!大丈夫!?」

白井「大丈夫ですの」

御坂「すぐ手当を」

御坂「しかし、アンタがやられるなんて、一体どんな奴よ」

白井「目の前で光り始めて衣装が変わって…
   爪の武器で攻撃されましたの、それに何より動きが速すぎましたの
   調べてみたところバンクに一致するデータがありませんの」
                   テレポート
御坂「動きが速いってアンタは空間移動でしょう?」

白井「ぎゃあ!痛いですの、お姉様」

御坂「ご、ごめん」

白井「でも、お姉様の治療が受けられるなんて黒子幸せですの!この痛みは私とお姉様を繋ぐ絆!
   お姉様!口をお切りましたのでお姉様の唾液で癒して欲しいんですの!
   というわけで、キス…もとい治療をしてほしいんですの!
   はやく治療を‥もう我慢できませんわ!こっちからいかせていただの」チュー

御坂「フーン、なんだ!元気じゃない」ビリビリ

白井「お、お姉様?黒子は怪我人ですの」

御坂「問答無用!!」バチバチ

白井「ぎゃああああ」

 

~~~同時刻・佐天の家~~~

ラン「無事に帰れて良かったね」

佐天「良くないわよ…なんなのアイツ?
   (エンブリオって何?なんでアタシがこんな目に…?)」

ラン「わかんない…
   あ~~!たいへんなの
   カバンの中見て!」

佐天「へ?あれ?ウソ?青いタマゴがない!!」

ラン「逃げる時に落としたの!?」

佐天「わからない…
   あの時はちゃんと取り返したのに」

ラン「探しに行こう!」

佐天「(次から次へと面倒なことばかり…なんなの?タマゴのせいで襲われたの?)
   訳が分からない…」

ラン「え?」

佐天「しゅごキャラが生まれてから変なヤツに襲われて…
   変な格好までして…
   何か分からなくなったよ…
   もうヤダしゅごキャラなんて…」

ラン「涙子ちゃん…」

佐天「タマゴがなければこんなことにはならなかった!!
   能力なんていらないから出てって…(へ?アタシ…何言ってんの!?)」

ラン「……」ショボーン

佐天「……」

~~~次の日~~~

佐天「夢?」

ラン「夢じゃないよ!」

佐天「フン!
   (能力得たときはうれしいと思ったけど
   なんか思ってたのと全然違う……
   訳の分からないのに襲われるし…
   こんなのに巻き込まれるなら能力なんて…)」

ラン「……」

 

~~~登校中~~~

初春「佐天さん元気ないですよ?」

佐天「そうかもねぇ…」

初春「何かあったんですか?」

佐天「昨日変な男に襲われた、そんでモノをなくした」

初春「お、襲われたって…だ、大丈夫なんですか?」

佐天「一応逃げ切ったけど、なんか一度に色々ありすぎて疲れたかも…」

初春「見たところ怪我もしてないようですけど、無理しないで下さいね。佐天さん
   (佐天さんが弱気になるなんて…これはなんとかしないと)」

~~~柵川中学校~~~
キンコンカーン
佐天「(もうしゅごキャラなんて知らない…)ハァ…
   次は美術かぁ…美術って苦手なんだよな~」

 

~~~柵川中学校・美術室~~~

教師「はーい!じゃあ今日は人物画を描いてください!」

佐天(絵なんて気が乗らないなぁ、絵のモデルは初春か‥
    はは…花とか難しそうだな…)

初春「(何とか言って佐天さんを元気づけなければ)
   佐天さん!モデル通り美しく奇麗に書いてくださいね」

佐天「(初春……きっと気を使ってるんだ…
   うし!いつまでもウジウジしてても仕方ないしね、普段通りっと)
   美しく奇麗って初春が?」フフン

初春「(よかった~佐天さん少し元気になったみたい)
   う、うるさいです。とにかく上手く書かないと許しませんよ!!」

…………

佐天(こ、これは見せられないなぁ)

初春「どうかしました?佐天さん?」

佐天「いや(枯れ葉の絵なら通りそうなんだけど…
   アタシ、絵の才能ないかも)」

しゅごキャラ?「だったら変えれば?うまく描けない子は何でも描ける子にチャラチェンジ!」

佐天「へ?また体が勝手に!!!」

初春「どうしたんですか?
   !!これが私?」

生徒A「すごいお!これは奇跡だお!頭の花まで完璧だお!
    やる夫はこの絵のを見て感動したお!明日から引き籠るのをやめるお!!」

生徒B「それは言いすぎだろ、常識的に考えて…
    でもたしかに、これはウマすぎだろ、芸術的に考えて…
    再現度も高いだろ、花畑的に考えて…」

初春「花ってなんのことですか?」

生徒A・生徒B「え‥‥‥?」

佐天「ラン!また何かやったの?」

ラン「違うよ!私が得意なのは運動だけ」

佐天「ということは…いた!!
   (青色ってことは昨日失くした…って逃げた?追いかけよう)
   すみませんトイレいってきまーす」

…………

佐天「待てーどうして逃げるの?」

しゅごキャラ?「ボクはミキ!涙子ちゃんのしゅごキャラ!
        得意なのは芸術!でも、まだフワフワしてて曖昧なんだ!」

佐天「フワフワしてて曖昧…」

ミキ「涙子ちゃんが信じてくれなきゃすぐに消えてしまう」

佐天「消える…ウソ?」

ラン「本当だよ!信じてくれないと私たちは消えちゃうの」

佐天「(消えちゃう‥アタシのなりたい自分…
   しゅごキャラが生まれてから、面倒でやっかいで訳分かんないことに巻き込まれて…
   それでも、ヤダ……消えるなんてヤダ!何でかわからないけどダメ…)
   アンタ達が生まれてから変なことばっかり起こるし…
   色々変わり過ぎて訳分かんなくなってるけど……
   なりたい自分ってのを少しだけ信じてみる!!」

ラン・ミキ「ホント?」

佐天「ホントだよ!能力を得るってこと自体はアタシとしては嬉しいし…
  (こんなに嬉しそうな顔するなんて…アタシのこと本当に見てるってことなのかな)」

二階堂「柵川中学校……楽しそうなところだ……」ニヤッ

 

 

 

~~~昼休み・柵川中学校某所~~~

明美「(昨日と今日と…
   佐天さんすごかった…能力者になったのかな‥
   でも、なんだろう‥すごく裏切られた気分…
   ずっと同じ無能力者で頑張れると思ってたのに‥‥
   こんな気分になってる自分が嫌い……)はぁ…」

二階堂「…どうしたの?(この子は弱ってるね)」

明美「あ、先生…」

二階堂「なにか悩みごと?」

明美「はい、実は…」

…………

二階堂「なるほどねぇ、その友達が遠い存在になってしまんだね」

明美「先生ならどうします?」

二階堂「そうだな…ボクだったらやめるよ」

明美「え…?」

二階堂「無駄な努力なんて止めてしまいなよ
    君たち無能力者は何やっても無駄なんだから」ニヤ

明美「無駄…」

二階堂「無駄だよ!才能がないんだから!!」

明美「才能が…ない……」

二階堂「そう!才能がない!!君達のように才能がない人は何をやってもダメなのさ
    才能のない人がどんなに努力をしたって夢なんて叶いっこないよ?
    それに学園都市では能力がすべて…能力のない人間はいらない
    表向きでは頑張って能力を手に入れましょうなんて言ってるけど、意味がないことなんて
    わかってるんだよ!建て前があるからね…
    つまり、君は学園都市のお荷物さ」スー

明美「お荷…物…」

しゅごたま?「無理~無理~」

二階堂「下らない×たまだったか…
   こんな簡単に×をつけるなんてもろいね…
   夢なんて所詮は幻想……
    エンブリオじゃないタマゴは用済み
    処理はいつも通り彼に…」

×たま「む~り~」

ラン・ミキ「!?」

ラン「この気配!!涙子ちゃん気を付けて近くに×たまがいるよ」

佐天「ば‥×たま!?ど、どうすれば…」

ラン「あそこ」

佐天「あれが×たま…近くにいるのは…アケミ!!?
   まさか、アケミのたまごに×が!?」

ラン「急ごう!涙子ちゃん」

佐天「うん」

×たま「無理、無理」

佐天「アケミ~~、大丈夫?」

アケミ「…」

佐天「アケミ!!しっかりして!どうしっちゃたの?」

×たま「むり~むり~」

二階堂「あの子は…佐天さんだったっけ?
    へぇ…タマゴがわかるんだ
    これは面白そうだ…」

ラン「こころのたまごが×たまになってしまったら声は届かない…」

佐天「そんな…どうすれば」

×たま「む~り~…む~り~」

佐天「…無理なことない!!
   私だって‥能力者になるの無理だと思ってた!
   ココロの中でずっとそう思ってた!!でも今は違う!
   何もしないで無理って決めつけるのはよくないよ!!」
               アンロック
佐天「アタシのココロ!!解錠!!!」

佐天・ラン「キャラなり!!アミュレットハート!!!」

×たま「む~~~り~~~~!!!」
シュワー
佐天「黒いオーラ‥ちょっと、何これ」

×たま「む~り、む~り~」

ラン「涙子ちゃん大丈夫!いけるよ!!」

佐天「いけるって何が!」

ラン「どんどんパワーが湧き上がってくる!!」

佐天「ホントだ!パワーが…
   よし!
   ネガティブハートにロックオン!!
   オープンハート!!!!」

×たま「む~り~」

佐天「×たまが・・・元に戻った?」

ミキ「すごい!カッコよかった」

ラン「すごいよ!涙子ちゃん!」

 

アケミ「ん?あれ?涙子?」

佐天「よかった…気がついて」

アケミ「…なんか、ごめんね!」

佐天「え?」

アケミ「アタシ!涙子に嫉妬してた…
   昨日と今日…能力使ってたじゃん…
   なんか、先越されたと思ってね…
   能力頑張って手に入れたんだもんね?
   これからも私達友達だよね?」

佐天「あたりまえじゃん!あたしだってこの能力…制御できなくてまだ全然使えないって感じだしさ…
   それより次は調理実習だよ」

初春「佐天さん!!」

佐天「う、初春!もしかして、今の…見てた?」

初春「はい!佐天さん!能力使えるようになったんですか?」

佐天「うん!まぁ、一応……」

初春「どうして話してくれないんですか?
   朝も元気ないし凄く…凄く心配したんですよ!」

佐天「初春…」

初春「おめでとうございます!!」

佐天「うん!ありがとう!」

初春「でも、それにしてもさっきの格好はないと思います!」

佐天「///う、うるさい!さっさと家庭科室行くよ!」

初春「さっきのお返しです!」

佐天・初春・アケミ「あははは」

二階堂「佐天涙子…か
    ますます楽しくなりそうだ」

初春(ん?隠れているのは先生?でも、何で隠れてるんだろう…?)

佐天「何してるの?初春!行くよ!」

初春「う、うん!」

 

 

~~~柵川中学校・家庭課室~~~
教師「今日の調理実習はフルーツタルトを作ります!
    教科書読んで安全に進めましょう」

佐天(初春とは別の班か…でもアケミが一緒ならいけそう!)

アケミ「まずはバターを練り上げ」

佐天「ん~‥こう‥かな?」

…………

アケミ「それじゃあ、次は中に詰めるクリーム作ってて」

佐天「どこいくの?」

アケミ「飾り付けのフルーツ持ってくる」

マコちん「こっからどーするんだろ…」

佐天「教科書見るしかないね
   ん~‥これで出来るかな…」

しゅごキャラ?「出来ますよ~」

佐天「初春?」

しゅごキャラ?「初春ではありません!料理が出来ない子は
       料理が得意な子にキャラチェン」パシッ

佐天「え!!?」

幾斗「はい終~了~」

佐天「お、お前は!昨日の変態男!」

幾斗「変態ってお前なぁ…
   …二つ目は違ったか
   なら今度こそ」

ヨル「オウ!フフン」ヒョイ

幾斗「こっちはエンブリオかな?」ペロリ

佐天「!
   返して!!
   どうしてアタシのタマゴを狙うの?
   エンブリオって?」

幾斗「!…」

佐天「(こ、この体勢…ドキドキする…って何考えてるの…?あたし)」ドキドキ

初春「ジャッジメントです!
   佐天さんを放してください!!
   不法侵入と窃盗で拘束しますよ」

佐天「初春!」

幾斗「また、ジャッジメントか」

初春「(また?)大人しくしてください!」

ヨル「キャラなりするかニャ?」

幾斗「いや…コイツ相手ならキャラなりするまでもねぇ」

ヨル「キャラチェンジだニャ!」

佐天「(ネコミミ?)」

初春「(ネコミミ?)速い!!」

幾斗「どうした?ジャッジメント?」

初春「ま、待ってください!
   に、逃げても無駄ですよ」

佐天「ど、どうしよう」

しゅごキャラ?「あわてな~い、あわてな~い!」

佐天「初春?(いや、でもあそこに…)」

初春「はぁ…はぁ…待ってくだしゃい‥」

佐天(この声…どこから?)
パキパキ パカッ ポン
しゅごキャラ?「初春ではありません!!スゥなのです!
       ここはスゥにおまかせあれ~」

佐天「スゥ?(この子の声…やっぱり初春に似てる…)」

スゥ「チップ、シロップ、ホイ~ップ」
ザーー
佐天「え?何これ?お、溺れるぅ~!」

スゥ「生クリームの大洪水ですぅ」

…………

佐天「死ぬかッと思った~…」

スゥ「間一髪でした~」

佐天「アンタのせいでこうなったんでしょうが!!
   (何?このダメキャラ…
    ってそんなこと考えてる場合じゃない…アイツは…)」

幾斗「三つ目もエンブリオじゃなかったか…」

佐天「またエンブリオ?何なの一体!?」

幾斗「…」

ラン「涙子ちゃん!タルトが」

佐天「ホントだ…どうしよう…」

アケミ「どうしたの!?あちゃ~…こりゃもうダメだな」

佐天「そうだね‥」

ヨル「行こうぜ、幾斗」

幾斗「…ああ」

スゥ「大丈夫ですよ~
  スゥにおまかせあれ!
  キャラチェ~ンジ!」

佐天「リメイクハニー!!」

スゥ「これで元通りですぅ!」

ラン・ミキ「やったね!涙子ちゃん」

佐天(ダメキャラと思ったけど、これがスゥの能力……)

アケミ「すごいよ!涙子!!でも涙子の能力って一体何なの?」

佐天「いやぁ、これは何て言うか…(なんて説明していいのか分かんないよ)」

初春「すみません、佐天さん…逃げられてしまいました…」

佐天「仕方ないよ!初春!あのネコミミの男強かったもん!」

初春「……」

 

~~~放課後~~~

初春「……」

佐天「(あちゃ~さっき逃がしたこと気にしてるな~…ここは)う~い~は~る~!」バサッ

初春「やめてくださいよ、佐天さん‥‥」

佐天「(リアクションが薄いこりゃ本格的にへこんでるかも…)
   そうだ!初春!!私のしゅごキャラ
   まだ紹介してなかったでしょ?
   能力者には見えるってきいたから多分見えるよ!」

初春「そのフワフワ飛んでるのですか?」

佐天「そうそう!」

初春「さっきの男もいましたね…」

佐天「うん…最初に襲われた時は夢中で気付かなかったけどね‥」

ラン「あたしはラン!!ヨロシクね初春さん!」

ミキ「ボクはミキ!ボク的にはその頭の花のセンスはアリだと思うよ」

スゥ「わたしはスゥっていいますぅ!よろくおねがいしますぅ!
   料理で困った事があれば頼ってくださいね!」

ミキ「ズルいよ!!スゥ!!初春さん、芸術で困ったらボクを頼って!」

ラン「ミキもスゥもズルい!!応援が必要だったらいつでもするよ!
   がんばれがんばれ!う、い、は、る!」

ミキ「ランの応援はうるさいんだよ!」

ラン「そっちこそ!絵や音楽なんて何の役にも立ちませんよ~ダ!」

スゥ「騒がしいですけど、許してあげてくださいね~」

ラン・ミキ「ズルいよ!スゥ!自分だけ評価上げようと思って!」

スゥ「スゥはそんなつもりじゃありません!」

佐天「ちょっとアンタたち!喧嘩しない!
   まぁ、こんな感じなんだけど仲良くしてあげてよ!」

初春「よ、よろしく…(少し元気出たかも…)」

佐天「あ!初春?御坂さんと白井さん呼んで遊びに行こうよ?」

初春「(気を使ってくれてるんだ…)そうですね!でも、どこに行きます?」

佐天「ジョナGなんてどう?」

初春「はい!行きましょう!」

~~~ジョナG~~~

御坂「佐天さんと初春さん!」

白井「お姉様!二人きりのデートではなかったのですか?」

御坂「デ、デート!!!?(ギクッ)」

一同「…?」

御坂「え、えっと……そ、そんなこと言ったっけ??」

白井「お姉様からお誘いになったから、てっきりデートかと思っていましたのに」

佐天・初春「(あれ?御坂さん、大人しい?いつもなら電気ショックするのに…)」

佐天「白井さん?その傷どうしたの?」

白井「ああ、これですの?昨日の夜盗みをしてたネコミミの
   コスプレした男を拘束しようとしたら攻撃されましたの!」

佐天・初春「(ネコミミのコスプレ…)あーーー!」

佐天「今日学校に来たよ!!!(…ん?というか昨日あの後、アイツとやりあったの?でも白井さんがやられるなんて…)」

白井「え!?本当ですの?」

初春「私も現場にいました!でも…拘束しようとしたら逃げらちゃって…」

白井「私も攻撃されたうえに、逃がしてしまいましたわ‥不覚でしたの
   それよりも、詳しく話を聞かせてくれません?」

初春(良かった…白井さんでも敵わなかったんだ…
   なんでわたし安心してるの……?)

御坂「佐天さん?さっきから気になるんだけど
   周りに浮いてるものって何…?」

佐天「ああ、これ?守護霊だよ!」

御坂「守護霊…ってお化け…?」

佐天「冗談冗談!これはしゅごキャラ!
   まぁ、何というか…この子たちのおかげで
   あたしは能力者になったんだけど…」

御坂「しゅごキャラで能力者?どゆこと?」

白井「お姉様、それも冗談に決まってるでしょう!」

初春「本当ですよ!わたし!目の前で見てました!
   佐天さんが能力を使うところ!」

白井「初春までそんなことを」

ラン「ホントだよ!証拠みせてあげる!キャラチェンジ!!」

佐天「ちょ、ちょっと勝手に!」

ラン「ホップ、ステップ、ジャーンプ!!」

御坂「と、飛んだ!!?」

白井「まさか…本当に!?」

佐天「ちょっとラン!勝手にキャラチェンジしないでよ!!」

ラン「イージャン!それくれい!」

佐天「よくない!!」

白井「…しゅごキャラについて詳しく聞かせてくれませんの?」

佐天「いいけど…」

…………

白井「信じられないような話ですが…
   現に目の前に存在してるので信じる他ないですわね…
   そういえば、あの男は何か言ってましたか?目的など」

佐天「う~ん…なんか知らないんだけど、エンブリオってのを探してるみたい…」

白井「エンブリオって何なんです?」

佐天「それが、わっかんないんだよね…なんだか、たまごみたいなんだけド…」

御坂「ソイツが黒子も叶わなかった相手か…」

白井「お姉様?」

御坂「モタモタしてられないわ!ちょっと、探しに行ってk」
ガシッ
白井「そう言うと思いましたわ!」

御坂「は、放しなさいよ!」

白井「そうはいきませんの!まだ、情報が不足してますわ」

御坂「モタモタしてたら、また佐天さんが狙われるじゃない!?」

白井「それは、大丈夫だと思いますの!」

御坂「どうしてそう言えるのよ?」

白井「佐天さんが持ってるしゅごたまは全部で三つ
   その男の目的はエンブリオってたまご
   もう佐天さんはこれ以上狙われるたまごがありませんの!」

御坂「でも、他の人が狙われるじゃない…」

白井「それはジャッジメントにお任せくださいな」

御坂「わかったわよ‥」

二階堂「…高レベルに学園3位のお友達‥か
 ますます楽しそうだね、佐天さん」

二階堂「もしもし、専務!素材はもう目を付けております!
 ええ、あの計画の研究はすでに進んでおります!
 エンブリオを必ずや御前のもとに…」

御坂「ちょっと、あの男‥今エンブリオって」

白井「男?」

御坂「ほら、あそこ!ってアレ?」

白井「どこにもいませんの!
  んもぅ!お姉様しっかりして下さいな」

御坂「確かにいたんだってば!」

初春「見つけました!!」
白井「?」

初春「エンブリオ…ここの情報によると、どんな願いも叶うという特別なたまご。」

白井「また、そんなお寒い話が現実にあるわけが」

初春「最近じゃ企業もこれに目を付けてるらしいですよ
  ちょっと待ってくださいね…」

白井「そんな話に目を付けてますの?その企業のレベルが知れますわ」

初春「ありました!イースターがその一つという話です」

白井「イ、イースターっていうと音楽、食品、重工など様々な企業展開をしている
   あの企業ですの?なんでイースターともあろう企業が夢物語のような話なんかを…」

佐天「ここで考えても分かんないって!あ‥もうこんな時間‥」

御坂「ホントだ!そろそろ門限の時間が‥」

白井「すっかり話し込んでしまいましたわね!」

~~~初春の家~~~

初春(イースターについて少し調べ物をしよう)
カタカタカタ
初春「え!!?(今度のライブってイースターばっかり!!?
   売られる商品、ライブ会場、スポンサー…
   ほしな歌唄も芸能プロダクションイースター…
   何から何までイースターの提供!
   先生が隠れていた時のアケミさんのあの時の状態って…話に聞いた無気力状態…×たまが原因??
   無気力状態、ほしな歌唄、先生、イースター、×たま、何か関係が…?)」

~~~同時刻・佐天の家~~~

佐天(今日も現れた…幾斗だったっけ?ちょっとカッコいいけど
   どう見ても敵…
   てか、エンブリオを狙ってるの?
   そうだとしたら、なんでアタシのたまごを?
   でも、たまごは全部孵ったから狙われなくなるの?)

ドンドン
佐天「?」

幾斗「よ!」

佐天「で、出た!ネコミミコスプレ変態男!!」

幾斗「コスプレってお前なぁ…」

佐天「何しに来たの?もう渡すたまごはないよ!」

幾斗「べつに…
   ン!」
バサ
佐天「何?このお菓子?」

ヨル「いちおーベンショーだって」

ラン「わぁ!お菓子がいっぱい!」

スゥ「おせんべいにおかきに…それとぉ~」

ミキ「お、おばあちゃんちにありそーな…」

佐天「ベンショーってなんで?」

幾斗「おまえ作ってたろ?そんな感じの菓子…」

佐天「タルトのこと?」

幾斗「うん」

佐天「全然違うんだけど!」

幾斗「え?違うの?」

佐天「違う!」

幾斗「まぁ、似たようなもんだろ…」

ヨル「じゃそーゆーことで」

佐天「ちょ、ちょっと待…って行っちゃった
    (これってもしかしてお詫びのつもりなのかな…)」

 

 

~~~第六学区の集合場所・日曜日~~~

白井「ここですわね…何もないことを祈りますが」

初春「あのエンブリオを狙ってるイースターです!
   何か企んでるかもしれません」

ゴクゴク
固法「やっぱり牛乳はムサシノ牛乳!!
   白井と初春の牛乳もあるぞ!飲むか?」

白井「…遠慮しておきますわ」

初春「私も…」

白井「むむ?あれはお姉様ではありませんか!!
   どうしてこんなとこに?
   と、隣にいるのは類猿人ではありませんか!!?
   ままま、まさかデートなんてことは…
   そそ、そんな筈ありませんわ!
    隠れますわよ!」

初春「白井さん!どうして私達まで隠れなきゃいけないんですか?」

白井「お姉様が、あの類猿人とデートだなんて
   黒子、もう立ち直れませんの!」

初春「(聞いていない…)
   あ!ライブ会場に入って行きましたよ」

白井「お姉様が私に内緒でライブでデートだなんて…」ゴツゴツゴツ

初春(ダメだこりゃ)

固法「白井!しっかりしないさい!」ペチッ

白井「…そうでしたわね!今は仕事中でしたわね…」

……………

初春「あれ?あそこにいるのは佐天さんじゃないですか?」

白井「ホントですの!
   何なさってるんでしょうね隣にいる方は
   あの時の…」

 

初春「なんで佐天さんと一緒に?っていうかなんて佐天さんがここに?」

白井「わかりませんの」

初春「あれ?佐天さん見失っちゃいましたよ?」

佐天「う~い~は~るぅ~!」

初春「ひゃあ!いつから後ろにいたんですか?
   ていうか公共の場でスカートなんて捲らないで下さい!」

佐天「ていうか何やってんの?今日ってジャッジメントの仕事じゃ…?
   もしかしてサボリ?」

スゥ「サボリはいけませんよぉ~」

初春「佐天さんと一緒にしないで下さい!」

佐天「あ!初春!ひどい言い方だなぁ」

ラン「そうだよ!涙子ちゃんはパフェ」

佐天「ラン!余計なことは言わない」グイ

初春「え?あ、あそこ・・・先生だ!(どうして先生がここに…まさか!?…考えすぎ、ですよね?)」

佐天「先生?ホントだ!二階堂先生~~!!」

二階堂「…おやぁ、君たちもきてたんだ!(へぇ~…この子たちが来てたんだね…ライブが楽しめそうだ)」

白井「知り合いですの?」

佐天「担任の先生!最近変わったんだ!
   先生もライブに来たんですか?」

二階堂「そうだよ~」

白井(この人の雰囲気…どこか落ち着きませんの
   まるで何か企んでいるような…)

二階堂「中学生だけでライブなんか来ちゃダメだよぉ!
    よし!今日は先生がついていよう!それなら安心だ!」

佐天「え?先生来るの?付いて来るの?」

二階堂「勿論だよ~中学生だけでライブに来るなんて見過ごせないからね」

佐天「重複さん!ごめんね、何か大人数になってしまって‥‥(てか今時、中学生だけで出かけちゃダメって…)」

重複「いえ、その、私はかまいません…」

佐天「ありがとう!」

二階堂「…」



~~~ライブ会場内~~~

佐天「ちょっとトイレいってくるね!
   トイレ…どこだろう?
   ここじゃ、ないよね?」

女?「あら、幾斗君!久しぶりね」

幾斗「‥‥‥」

佐天(へ!?幾斗?)

女?「先日、路上ライブのミュージシャンを襲って×たまを取り出しんですって?」

二階堂「そう、アレをやったのはボクさ
    いつものように、彼に後始末をさせてね」

佐天「今の幾斗の声?よく聞こえなかった…」

女?「柵川中学校の子も狙ったけど、どれも下らない×たまだったんですってね」

佐天(ウチの中学を狙う?…そういえば最近×たまよく見るけど…
   向こうの人たちがやったの?)

男?「とにかくイースター社の総力をあげてエンブリオを手に入れるのだ!今回は期待しているぞ」

佐天(イースター?どこかで聞いたことあるような…どこだっけ?)

男2?「おい?何してんだ?ここは関係者以外立ち入り禁止だぞ!」

佐天「すみません!トイレの場所分かんなくって」

男2?「トイレならあっちだぞ」

佐天「ありがとうございました!」

幾斗「……」

…………

観客A「歌唄ちゃんカッコイイお!やる夫は今は引き籠ってるけど、
   大器晩成型だから、大人になったら歌唄ちゃんと同じステージにたつんだお!」

観客B「お前に歌の才能なんてないだろ、常識的に考えて…
    歌唄ちゃんと同じステージに立つのは俺だろ、才能的に考えて…」


初春「そろそろ始まります!」

白井「そのようですわね」

~みなさんお待たせしましたほしな歌唄ライブ始まります
 まずは一曲!『迷宮バタフライ』!~

キャーーーーワーーーーキャーーーーー

    Open your shiny eyes♪

                in the silent night♪

       不思議な夜舞い降りた♪         足音立てず忍び寄る♪

              悩ましげな黒猫のポーズ♪


…………

佐天「は、羽?」
    見つめ~♪                      な~いで♪

          つかまえないで♪


      迷い込んだ♪
            バタフライ~~♪

女?「始まるわね…」

         隠してるの♪    アナタの胸の奥~~~♪

観客A「お…」すぅ

観客B「常識…」すぅ


二階堂「…」

ラン「あれ!こころのたまごだ!!こんなにたくさん!」

ミキ「たまごは自然に生まれるもの…
   こんな風に無理やり引っ張りだしたら」

スゥ「×たまに変わっちゃいますぅ~」

佐天「え?×たま?どうしてここに?あ!タマゴが外に!」

重複「佐天さん?あの、どうしたんですか?」

佐天「ごめん、ちょっと野暮用思い出した!!」


白井「!!あの黒いタマゴは一体!?
   それにあのタマゴが出た人の様子が…?」

初春「あの時の黒いタマゴだ!何でここに…
   固法さん!アレが無気力状態と言われてたものの正体です!!」

固法「どういうこと?」

初春「とにかく、あのタマゴが出るとまずいんです!」

固法「分かったわ…追いかけて!ほしな歌唄はまかせて!」

白井「わかりましたの」

初春「はい!」


上条「なぁ、ビリビリ?あれってお前の友達だよな?」

御坂「あれ?ホントだ!てかなんでここに…?
   それに何かあったようね…」

上条「せっかくのライブで…はぁ…不幸だ…
   それじゃ、助けに行きますか!」

御坂「え?アンタも来んの?」

上条「困ってる女の子がいるのを知ってて放っておける上条さんじゃありませんよ」

御坂「まぁ、いいわ
   行くよ」

 

~~~屋外~~~

×たま「無理むりぃむ~り~」

初春「う…」

白井「あの黒いオーラは一体…
   初春!大丈夫ですの?

初春「大丈夫…です」

白井「つかまえましたの!」シュン

佐天「待って!!」

白井「佐天さん、下がっててくださいな」

佐天「そのタマゴを壊さないで!」

白井「何を言ってるんですの!
   壊さなきゃ攻撃されてしまいますの!」

佐天「でも、その子は…」

スゥ「キャラなりするですぅ~」
               アンロック
佐天「う、うん!アタシのココロ!解錠!!!」

佐天・スゥ「キャラなり!!アミュレットクローバ」

~~~同時期・ライブ会場~~~

固法「これ以上被害者を増やすわけにはいかない
   まずは…」

固法「なるほど、ここに配線があるのね!
   なら配線を切るのに手薄なルートは・・・あった!!」


   胸を締め付ける♪    甘いフレグランス♪

ガチャーン
歌唄「!!」

~ス、ステージのトラブルによりライブは中止です
 皆さん落ち着いて外に移動してください!~
固法「よし!」


~~~屋外~~~

佐天「ネガティブハートにロックオン!オープンハート!!!」

白井「驚きましたの!タマゴが攻撃してきませんの!」

佐天「まだいるよ!」

×たま「む~」
パキパキ パカッ

観客A「世の中なんていいことないお!やっぱり引き籠ってるお!
   そうすれば、やる夫のかわりに誰か一人が職を持てるお!」

観客B「俺に歌の才能なんてないだろ、現実的に考えて…」

佐天(あの人たち、タマゴの持ち主だ…
    こんなことするなんて許せない…)

初春「佐天さん!きますよ!」

佐天「う、動きが速い!!」

×キャラ「無理!」

佐天「このままでは!」

白井「ここから先へは行かせませんの!」シュン!

×キャラ「むり~」

佐天「白井さん!」

白井「大丈夫ですの!壊しはしませんわ!」

初春「佐天さん!危ない!!」

佐天「え?」

初春「!?」


しゅごキャラ?「め~きゅ~め~きゅ~バラフラ~イ!」

ラン「まずいよ!涙子ちゃん!!×キャラになっちゃった…」

佐天「ば、×キャラ?5体もいる」

    バチバチ
御坂「苦戦してるみたいね!
   電撃で動きを制限させるわ」バチバチ

×キャラ「む~り~」

初春「御坂さん!!」

白井「お姉様!!」

佐天「御坂さん!どうしてここに?」

御坂「話はあと後よ!早く片づけて!!」

佐天「わかった!」

×キャラ「む~り~む~り~」

初春「佐天さん!あの4つは固まって動いてます!
   いまです!」

佐天「分かった!初春!!
   ネガティブハートにロックオン!オープンハート!!!!」

佐天「ハァ、ハァ‥‥やった?」

初春「佐天さん!あと一体います!
   危ない!!」

佐天「!?」

初春「逃げてください!!」

上条「くそおおおぉ!」ガシ

×キャラ「む~~~り~」

佐天「え?×キャラが…?元に戻った…!?
   (あの人も浄化できるの?)」

上条「ふぅ…出来るか不安だったが、コイツ俺の右手でも元に戻るんだな…
…大丈夫か?」

佐天「(あの男の人…×たまを浄化した??)
   何が起こったの!?
    貴方は一体!?
     どーやったんですか??」

上条「どーって言われてもな…」

佐天「あの、ありがとうございます!助かりました!!」

上条「礼なんていいよ」

白井「まさか類人猿に助けられるとは…一応、感謝はしてますわ」

上条「おっと、上条さんは忙しいのでここで失礼するよ」

御坂「どこいくの?」

上条「…ちょっとな」

 

   御坂「ちょっとって何よ!?」

上条「じゃ、またな」

御坂「何よ、アイツ…」

初春「大丈夫ですか!?佐天さん」

佐天「だ、大丈夫だよ…多分」

白井「佐天さんの能力はどういうものですの?
   身体強化ではなかったですの?」

佐天「それがアタシにもよく分かんなくって…」

御坂「それより、あのバカが会場の方に向かって行ったけど…」

固法「会場なら片付いたわ!
   あと、もうすぐ応援が来るんだけど…そっちも片付いたみたいね」

御坂(アイツは何で会場に行ったんだろう?)

佐天「まぁ、何とか・・」

観客A「やる夫は今目覚めたお!明日からまた仕事探すお!
    目指すは年収1000万だお!」キリッ

観客B「お前なら出来るだろ、能力的に考えて…
    俺も今はすごく清々しいだろ、気分的に考えて…」キラキラ

佐天「(よかった…あの人たち元に戻ったんだ…)
   そういえば…さっきの浄化した男の人どこにいったんだろう?」

御坂「一体何がどうなってるの?」

白井「それは…」

…………

御坂「ということは…あの歌手が悪いのね?許せない!!」

白井「お姉様?まだそうと決まった訳じゃありませんの!
   くれぐれも勝手な行動はしないようにお願いしますの!」

御坂「それくらい分かってるわよ…」

 

 

~~~次の日・ジョナG~~~

白井「昨日の事についてお聞きしたいですの!
  まず、昨日気づいたことや何か変わったことはありましたの?」

佐天「変わったこと…そうだ!思い出した!!」

初春「え?」

佐天「ライブの途中でトイレに行った時…迷っちゃって
   間違ってスタッフルームに入っちゃたみたいなんだ…
   それで、スタッフの会話が少しだけ聞こえたんだけど…

初春「スタッフの会話!!?詳しく聞かせてくれませんか?(イースターが絡んでるかも…それに先生も怪しい…)」

佐天「う、うん…聞き取りずらかったのもあるんだけど…何だったかな…
   イースターの総力がどうとか言ってたような…」

初春「イースター!!?」

佐天「そうだけど、イースターがどうかしたの?」

白井「佐天さん?この間ここで話したことお忘れですの?」

佐天「この間…あ~~!!そうだ!どこかで聞いたことあると思ったら…」

初春「そうですよ!佐天さん、忘れてたんですか?」

佐天「いや、忘れてたって訳じゃ…
   ちょっと気付かなかっただけじゃん!」

初春「それを忘れてるっていうんです!
   それと…少しイースターについて調べてみたんですけど
   今回のライブは主催はイースターで、会場、売られている商品のほかに
   ほしな歌唄…所属はプロダクションイースター…
   恐らく×たまの発生はイースターの狙いであったことは間違いないと思います」

佐天「他にも…幾斗がどうとか×たまを抜きとるとかいう話が聞こえてたんだよね
   後、ウチの中学が狙われてるみたい…」

初春「え…柵川中学が狙われてる!?(まさか本当に先生が…?)」

佐天「うん…でも、考えてみたらアケミの時もそうだったのかな?
   だとしてら許せない‥‥
   誰がそんなことを…?」

白井「でも、ニュースとして柵川中学がどうという話は聞きませんの」

佐天「確かにそう言ってたよ!
   それに、あの幾斗も関わってるみたい…」

初春「幾斗ってこの前、学校に侵入してきたネコミミの?」

白井「ネコミミの男!!あの男が敵にいるとなると厄介ですわね…」

御坂「黒子が敵わなかったっていう男?」

白井「ええ…不覚にもあの時は油断してましたわ!
   ですが、今度会ったときは必ず取り押さえますの」

御坂「…あ、そうだ!アタシも見たんだけど…
   あの黒いタマゴ…会場にいた何人かの黒い服の男が何個か持っていってたわよ…」

白井「お姉様!それをどうしてもっと早く言わないのです?」

御坂「だ、だって…言うタイミングがなかったんだもん」

白井「まぁ、いいですわ…
   となると、イースターがエンブリオだけでなく×たまも狙っていて‥‥
   それを何らかの目的で収集ということになりますわね
   (タマゴと能力の間に密接な関係にあるとすれば
   人の能力を奪って利用ことで強大な力が得られる…
   でも、そうだとするとエンブリオ探しは…一体?)
   ん~何かすっきりしませんの!」

御坂「どうしたの?」

白井「どーも、腑に落ちませんの…」

初春「私もイースター目的が掴めません…」

白井「今後の対策としてはイースターの動きを追ってみたいと思いますの!
   そこで、無理を承知でお願いしたいのですが、お姉様と佐天さんには
   是非協力をお願いしたいですの!
   特に佐天さん…今回の問題の解決のカギになる気がしますの…」

佐天「アタシが解決のカギ…?
   いいよ!アタシ協力するよ!これ以上×たまを発生させるイースターを放ってはおけないもん!
   それに…今まで助けてくれた友達が困ってるんだから
   今度はアタシが助ける番だよ」

白井「佐天さん!」

御坂「アタシだって協力するわよ…そんな連中放ってはおけないわ」

白井「お姉様!佐天さん!ご協力ありがとうございます!」

佐天「そんなに畏まらなくたっていいって!友達なんだしいーの」

白井「ありがとう‥」

 

 

 

 

~~~数日後・某ラーメン店~~~

上条「はぁ…不幸だ…」

歌唄「塩、麺バリカタ、背脂多め、トッピング味たま」

上条「焼飯…」

店員「塩バリカタ、焼飯おまち!」

上条「で、何の相談ですか?」

歌唄「…」ズルズル

上条「はぁ…つーか変装とかしねーの?」

歌唄「どーして変装なんてする必要があるのよ?
  悪いことしてる訳じゃないのにコソコソする必要なんてないじゃない!!」

上条「そうですけど…」

歌唄「かえ玉!バリカタで!!」

上条「お前!もう食ったのかよ!
   てかアイドルがそんなに食うのかよ…」

歌唄「悪い?あたしは食べたいものは食べたいだけ食べるわよ
   体力つけなきゃ声もでないじゃない!!」

上条「…その割にはイースターの言われるがままやってるんだな」

歌唄「……」

 

上条「本当は歌いたい歌があるんじゃねーの?」

歌唄「……」

上条「あるんだろ…?俺で良かったら聞かせてくれ!」

歌唄「ライスも追加!」

上条「はぁ…まだ食うのかよ…(インデックスにも負けてないんじゃねーか…?
   今月の予算が…不幸だ…)」

歌唄「何を勘違いしてるのか知らないけど、お金は自分で払うわよ!!」

上条「いやいや、上条さんは中学生相手にケチケチするほど
   甲斐性なしじゃありませんよ」

歌唄「(イラッ)中学生相手ってなによ?
   それに、さっきまで値段を気にして泣きそうになってたじゃない?
   私は、自分の稼いだお金で食べる!文句あるの?」

上条「いや、ないです(勝てそうもないな)」

歌唄「…後、歌聞かせてあげてもいいけど」

上条「ホントか!?」

歌唄「今回は特別よ」

上条「わかってるって!」

~~~某所~~~

歌唄「星を隠してる~♪うつむいた瞳に~♪」

……

歌唄「ささやくBloo Moon~♪キミを想う時~♪」

佐天「奇麗な声…どこから?でも、どこか悲しそうな歌…
   あれは…ほしな歌唄?それにあの人はあの時の…」

ミキ「いい声だね」

歌唄「追いかけてはくれないね~♪」

歌唄「…」ジー

上条「あ!上条さんは音楽とか良く分かりませんが、凄く良かったと思います」

歌唄「なにそれ?褒めてるの?」

上条「そんな歌も歌えるんじゃないか!
   早いとこ…」

佐天「すごいよ!!ほしな歌唄だよね!?
   どこか悲しげでそれでも強くて、すっごいよかったよ!」

歌唄「アナタは確か…
   これは、あたしが作った歌よ!」

佐天「すっごい!!こんな歌作れるんだ
   ん?腰に付けてる二つのたまご…しゅごたま?
    歌唄もキャラ持ちだったんだ!」

歌唄「だったら何?自分は三つ持ってるから偉いとでも言いたいの?」

佐天「そんなこといってないじゃん…!(しゅごキャラ…そうだ!この間の事…)
   この間のライブ!!
   ×たまを抜いてたのって歌唄なの?」

歌唄「…そうよ!」

上条「どうして正直に言うかね…」

    佐天「なんでそんなことするの?」

歌唄「アナタには関係ないでしょ?」

上条「関係なくはないんじゃないか?あの日に×たまを浄化させてたのはこの子達だったんだぜ?」

歌唄「そう‥やっぱりアナタ達が…」

上条「家庭の事情のことはわかるどよ、そんなことやめろよ
   他に道はねーのかよ?」

佐天(家庭の事情?)

歌唄「これをやめることは出来ない…(幾斗の為だもの…
   幾斗…そういえば、最近の幾斗…この女のことよく気にかけてるみたい)」

佐天「出来ないってなんで?」

歌唄「私はイースターだからよ!!それより、そこの女!!」

佐天「な、なに?てかアタシには佐天涙子って名前があるんですけど!」

歌唄「佐天涙子!アナタ最近、幾斗にちょっかい掛けてるみたいだけど、幾斗に何かしたら許さないからね!」

佐天「ちょ、ちょっかいって…」

歌唄「そういうことだから!
   次に会う時はエンブリオも幾斗もあたしのものだから!」

佐天「歌唄もエンブリオを探してるの…?歌唄の願いって何?」

歌唄「……(幾斗の願いはあたしが叶える!!絶対に…!)」

佐天「行っちゃった…
   (理由はどうあれ、×たまを抜くなんて許せない…
   それに、この人…歌唄と知り合いなんだ…どういう関係?)」

上条「…まぁ意地っ張りだから許してやってくれ
  それに次に会う時って言ったってことはまた会いたいってことだな
  認められてる証拠だと思うぞ!」

佐天「歌唄のことよく知ってるね?」

上条「イースターに縛られてることが
   放っておけなくてな…」

佐天「縛られてるって?
   イースターに脅されたりしてるの?」

上条「そんな感じだな…
   あ!やっべ!インデックスの飯忘れてた…
   涙子!じゃあ、また今度な!!」

佐天「え?ちょ、ちょっと
   (てか下の名前で呼ばれた…!?
   それにあの人も×たま浄化が出来た…
   あの人も能力者?
   御坂さんとも知り合いみたいだったけど…
   御坂さんとはどういう関係?
   歌唄もよくわかんない…イースターに脅されてるの??
   歌唄の意思は??
   あ~、もう分かんないことだらけ!!
   何がどうなってんのよ!!?)

 

 

~~~某所~~~

上条「インデックス怒ってるかな…?
   怒ってるんだろうな…」

御坂「アイツは…
   ちょっと待ちなさい!!
   あたしと戦いなさい!」

上条「はぁ‥こんな時に…
   不幸だ…
   (とりあえず逃げるか)」

御坂「待ちなさいよ~」

上条「待てなんて言って待つ人なんていませんよ!」

御坂「うるさい!!」バチバチ

上条「やべっ!!」

御坂「いない!?どうして?
   どこ行ったのよ!?」

♪~~

御坂「ん?この音…ヴァイオリン?
  何だろう?このせつない感じ…?」

♪~~

御坂「あそこから…?」

♪~~

御坂「…」

幾斗「…何か用?」

御坂「奇麗な音のヴァイオリンだね」

幾斗「ん」

御坂「やめるの?
   奇麗な演奏だったのに」

幾斗「人に聞かせるために弾いてるわけじゃないからな」

御坂「あたしもヴァイオリン弾けるんだけど、ちょっとそのヴァイオリン見せて!」

幾斗「ヤダ!
   …あ!お前…レールガンだろ?」

御坂「そうだけど、どうして知ってるの?」

幾斗「有名だからな…
   悪いことは言わねえ…イースターから手を引くんだな」

御坂「!?
   アンタ…どうしてイースターのことを?」

幾斗「どうしてだろうな…」

御坂「ちょっと待ちなさい!」

幾斗「何?」

御坂「イースターのこと知ってるの?」

幾斗「まぁな…」

御坂「だったら、聞きたいことあるんだけど…」

幾斗「ヤダ!」

御坂「ヤダって‥アンタね」イラッ

幾斗「一応忠告しといたから」

御坂(な、なんなのアイツ…?あたし達の行動を知っていた…
   イースターの仲間?)

~~~数日後・柵川中学校~~~

二階堂「佐天さん!」

佐天「二階堂先生?」

二階堂「腰に付けててるタマゴ…
    おもちゃかな?サクセサリー?」ニコニコ

佐天「あ、いや…えっと
   これは…その…なんというか…」

二階堂「学校にそんなもの付けてきちゃいけないな
    没収~~放課後まで預かっておくね!」ニコニコ

佐天「はぁ…本当のことなんて言えないし」

二階堂「……」ニヤリ

初春「(また、あの表情だ……
   二階堂先生…何か企んでるの?
    …よし!!)」

~~~ホームルーム~~~

教師「え~~と、二階堂先生は体調不良のため早退されました
   代わりに私がHRを行います」

佐天「え?アタシのタマゴ…」

初春「ちょっと、佐天さんいいですか?今まで黙ってたんですけど
   二階堂先生がイースターの一員かもしれないんです」

佐天「え?どういうこと?」

初春「最初にアケミさんのこころのたまごが×たまになった時に
   二階堂先生がそのそばの木に隠れていたんです
   それだけじゃありません!ライブの時も現れましたし…
   気になって調べてみたんですが……これを見てください」

佐天「これってイースターの社員のデータ…?」

初春「ここです」

佐天「二階堂 悠…!?
   てことは…アタシのたまごが危ない!!
   どうしよう…」

初春「白井さんと御坂さんには連絡してあります!」

佐天「アタシのたまご…」

~~~ジャッジメント第177支部~~~

白井「なるほど、状況はわかりました!
   そのイースターの社員が教師と偽っていた,、と」

御坂「でも、なんでそんなまどろっこしい事するわけ?」

佐天「わかりません…でもたしかにタマゴを持ち去られました」

初春「監視カメラの映像を取得しました…
   ここから情報を発信します…」カタカタ

………

初春「いた!これ…二階堂先…じゃなくて二階堂の車です!」

御坂「あそこね…佐天さんのたまごを取り返すわよ…」

白井「ちょっと待つんですの!初春?どこに向かってるか分かります?」

初春「この先は…三番街ですが特に何もないと思います」

白井「もしかしたら拠点が見つかるかもしれませんの…」

………

初春「現在、二階堂悠は三番街の抜けたところにいます!見てください!周りに人が倒れてます!!」

佐天「え?この子達みんなこころのたまごを盗られてる‥‥
   二階堂先生!どうして…」

御坂「なるほどね、尻尾を掴んだわ…
   だったらぶっつぶすまで」

歌唄「ちょっと待ちなさい!」

一同「!」

御坂「アンタ、一体どこから?」

歌唄「見かけたのでついてきたわ!あのとき、×たま浄化してた人たちと佐天涙子ね」

佐天「なんであたしだけフルネーム…?」

御坂「あたし達のこと知ってるの?
   イースターの手先が何か用?邪魔しようってんなら…」ビリビリ

歌唄「ちがうわ!あたしもいく!!」

御坂「へ?」

歌唄「わたしはたしかにイースター…でも二階堂さんのやり方は嫌い…
   同じイースターでも卑怯なやり方は許せない!
   見ないフリできないわ」

初春「ほ、本当ですか?」

白井「ダメですの!あの時、×たまを抜いていたことをお忘れになりましたの?
   何を企んでるか分かりませんの!
   現地に着いてから裏切られても不思議はないんですの!」

初春「白井さんひどいですよ!?この人本気です!目を見たらわかります!」

佐天「いいよ!アタシも信じる!!」

歌唄「わかってるわよ
   それと、アタシの他に彼にも協力してもらうことにしたから」

上条「不幸だ…」

御坂「な、ななな何でアンタがこんなとこにいるのよ!!?てか歌唄とアンタってどういう関係よ?」

上条「いちゃ悪いのかよ…」

御坂「悪いなんていってないでしょ!歌唄とどういう関係なの?」

歌唄「ふぅん…そんなに気になるのかしら?」

御坂「べ、別に気に何かしてないわよっ!(何よ…仲良さそうにして…)」

白井「どういうつもりですの?」

歌唄「どうもしないわ、ただ協力してもらうだけ」

佐天「あ、あのお名前聞いてもいい?」

上条「ああ、俺か?俺は上条当麻
   この間は急にすまんな!」

佐天「そんなこと気にしなくていいよ!」

御坂(この間…?佐天さんまで親しくなってる…?
   何よっ!どうしてあたしだけ…)



御坂「…アタシも何て言っていいのか分からないけど、悪い人じゃなさそうだしね」

白井「佐天さんやお姉様まで…わかりました!今回は認めましょう
   …ですが裏切るというのなら容赦はいたしませんわよ?」

歌唄「わかってるわよ
   それと、アタシの他に彼にも協力してもらうことにしたから」

上条「不幸だ…」

御坂「な、ななな何でアンタがこんなとこにいるのよ!!?てか歌唄とアンタってどういう関係よ?」

上条「いちゃ悪いのかよ…」

御坂「悪いなんていってないでしょ!歌唄とどういう関係なの?」

歌唄「ふぅん…そんなに気になるのかしら?」

御坂「べ、別に気に何かしてないわよっ!(何よ…仲良さそうにして…)」

白井「どういうつもりですの?」

歌唄「どうもしないわ、ただ協力してもらうだけ」

佐天「あ、あのお名前聞いてもいい?」

上条「ああ、俺か?俺は上条当麻
   この間は急にすまんな!」

佐天「そんなこと気にしなくていいよ!」

御坂(この間…?佐天さんまで親しくなってる…?
   何よっ!どうしてあたしだけ…)

 

 

 

~~~三番街付近~~~

佐天「二階堂先生!」

二階堂「驚いたな…よくここがわかったね」

佐天「ニセ教師!!あたしのたまごをどうする気?」

二階堂「これのことかな?」

ラン「涙子ちゃん!」

ミキ「助けて~」

白井「ジャッジメントですのっ!大人しくお縄についてくださいまし」

二階堂「おっと動かないで
    このたまご潰しちゃうかもよ?
    それと念のために…」
キーーーン
白井「う…これはキャパシティダウン…どうしてあなたがそれを?」

御坂「くっ!ダメ…電撃が制御できない…」

二階堂「さぁ!どうしてだろうね…
    試してみたけど本当に効果があるなんて驚きだね…
    能力者もこれの前では無力だね」

歌唄「貴方ちょっとカッコ悪いよ!!
   ×たまも佐天涙子のしゅごたまもエンブリオでもないのに
   必要ないじゃない!!それに、そんな卑怯な道具を使うなんて…
   卑怯なことはもうやめなよ!」
二階堂「くくく…僕にとってはたまごを奪うこと自体楽しくて仕方ないねえ
    現実も見ないで夢だの希望だの浮かれたこと言ってるバカな子どもたちのたまごをさ
    それに‥必要ないってわけでもない」

御坂「…アンタおかしいよ!」

二階堂「ついでにこれも教えてあげる!
    能力者も同じ、能力者だのレベルだの言っても所詮は学園都市の実験台みたいなものだからね
    それと、能力者のたまごは不思議と質が良くて、いい×たまになるからねぇ…
    ついでだから見せてあげる…レールガンさん?」バチバチ

御坂「う…ぐっ…ああ…
   どうして電撃を!?」

白井「お姉様!!
   くっ!どうしてアナタが電撃の能力を…?」

二階堂「くくく…×たまを使うと、こんなこともできる」

歌唄「前からコソコソ隠れて何かやってたのは知ってるけど、そんな研究して…
   一体何を考えてるわけ!?」

女?「それはこっちのセリフだわ
  歌唄!立ち位置違うんじゃない?」

歌唄「三条さん‥でも…」

三条「悪い子ねえ私の目を盗んで…
   まぁいいわさっさとこっちに戻りなさい!
   ジャッジメントとそのお仲間!
   目障りなのが勢ぞろいで丁度いいわ
   みーんなまとめてやっつけちゃいなさい!!」

歌唄「…」

佐天「歌唄…いかないよね?信じてるから…」

白井「やはり…裏切るつもりでしたのね…」

三条「反抗的ね…幾斗くんがどうなってもいいの?」

歌唄「(幾斗…!!)
   イル…」

イル「まかせろ!」

             アンロック
歌唄「アタシのココロ‥解錠…」

歌唄・イル「キャラなり‥ルナティックチャーム…」

白井「やはり、裏切るのですわね!」

歌唄「…裏切る?違うわ…あたしは元からイースター…
   悪いけど、ここで消えてもらうわ!ジャッジメント!」

佐天「歌唄!!卑怯は許せないって言ったのは…嘘だったの?」

~~~ジャッジメント第177支部~~~
初春「そ…そんな……(どうしよう…私のせいでみんなが…)」

~~~三番街付近~~~
歌唄「ナイトメアローレライ…!!」

佐天「!」

白井「う…!」

御坂「くっ…!」

上条「歌唄!悪いがその行動には賛成出来ないぜ」

歌唄「やっぱりアナタには効かないのね?だったら…
  リリントライデント!!!」

上条「いっ…やべぇ!!正気か!?」

歌唄「どうしたの?あの時みたいに負かしてみさいよ!!
   あなたの能力が分かったわ!!
   でも、どうやら物理攻撃は無力化できないようね!!」

上条(このままじゃ押されっぱなしだ…
   何か、手はないか…?
   せめて右手を触れることが出来ればあの変身をなんとかできる
   だけど、この槍の攻撃に隙がない…)

歌唄「どうしたの?避けてるだけじゃ勝てないわよ!!
    …あたしは幾斗のためだったら何だって出来る」

幾斗「俺は別に頼んでねーぜ?」

上条「ん?」

佐天「アイツは…?どうしてここに!?」

白井「また、現れたましたわね…
    今度という今度は逃がしませんの!」

御坂「あ~~!!!あの男この間の!!」

白井「知ってますのお姉様?」

御坂「え?うん」
歌唄「イクト…」

三条「まずいわ…」

歌唄「イクトぉ~~~」ぱん

佐天「へ?歌唄のキャラなりが解けた?」

上条(なるほど…あの人が例の幾斗か…)

幾斗「歌唄…動けない!」

歌唄「だって、だって久々にあったんだもん!」ゴロゴロ

御坂「な、何が起こったの?」

幾斗「やめろ!怒るぞ!俺達兄妹だろ!!」

佐天「へ?、兄妹って…えっと
   あっちが兄でこっちが妹…
   ええぇぇ~~~」

御坂(兄妹!?
   あのヴァイオリンの男…ほしな歌唄の妹??)

白井「あらぁん、お姉様あちらの二人を見て羨ましく思ったのですね~」クネクネ

白井「黒子もそれでは…
   おねぇたまぁ~~~~ん」ゴロゴロ

御坂「…な、何してるの?黒子?(イラッ)」ビリビリ

白井「ぎゃああ~~…あ、あ…
    お、お姉様…な、何で能力が使えますの…」

御坂「はぁ…はぁ…少しくらいなら出せるのよ
   ってなんでアンタはそんなに元気なのよ?」

白井「…もう動けませんの」

三条「まぁ、いいわ!必要なものは手に入ったんだし…
  さっさと引き上げるわよ
  幾斗君には彼らの足止めをしてもらうわ
  それと歌唄…一緒に来なさい」

歌唄「はい‥‥三条さん」

佐天「あたしのたまごを返して!!」

二階堂「残念だけど、返すわけにはいかないなぁ」

幾斗「わりぃ
   足が滑った」バラバラ
ゴロゴロ
二階堂「チッ!!たまごが…」

佐天「アタシのたまご‥」

二階堂「クッ」ガシッ

佐天「スゥのたまごが…!!」

佐天「返してよ!あたしのたまご…
   こんなことして何が楽しいの?
   自分が持ってないからって……」

二階堂「(…!)いいよ…そこまで言うならチャンスをあげる
    明日町のはずれにある僕の研究室に来るんだ!
    君一人でね…」

佐天(あたし一人で…
   絶対取り返すんだ!)

 

御坂「ちっ逃げられたわね…」

白井「またしてもイースターのペースですの!
   それにしてもあの幾斗って男?今回は攻撃してきませんでしたの!
    それになんだか、佐天さんのたまごを落として助かったように感じられますが…
    まぁ、あの男のおかげで、結果的に二つ戻ってきたんですけど…」

御坂「…」

佐天「たしかに…(助けてくれたの?)
   あれ?向こうから走って来てるの初春?」

初春「はぁ…はぁ…だ、大丈夫ですか~~~~?」

佐天「初春!?どうしたの?そんなに急いで…
   どうしたの?泣いてる!?」

初春「ヒック‥らって、わらしのしぇいでみなしゃんをきけんなめに…わたしのせいでごめんなしゃい~~」

佐天「そんなぁ、初春のせいじゃないよ」

御坂「そうよ、あたし達だって信じたんだし…」

白井「全く…だから言いましたのに!(それにしてもあの女…何か引っ掛かりますの!)」

初春「すみません…(あの時も取り逃がすし…私、迷惑掛けてばかり…)」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。