絹旗「きぬはた荘、ですか?」滝壺「うん」 > 1スレ目 > 09


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


絹旗 「超ヒマそうなミサワさんに用があります」

番外個体 「なんか引っ掛かる言い方だけど……なにかな?」

絹旗 「」つ【PSP】

番外個体 「ああ、そういうこと。いいよ、付き合ってあげる」

絹旗 「今日こそは、今日こそはティガ2頭クエを超クリアするんです」 カチ

番外個体 (無闇に正面突破する癖を改善すれば、そんな苦戦しないと思うけどね) カチ


 【PSP】<チャーチャー


絹旗 「集会所01でよろしいですね」

番外個体 「ちょっと待ってて、肉焼いてくるから」

 :
 :
 :

番外個体 「準備おk」

絹旗 「よし、では始めますよ」

 

 

~30分後~


絹旗 「轢き殺されました……ムカつく、超ムカつく……」

番外個体 「だから顔の真正面に立つなって言ってるじゃーん」

絹旗 「だって頭が超弱点じゃないですか」

番外個体 「弱点だからこそ、いつでもどこでも狙えるモンじゃないっての」

絹旗 「むむむ……」

番外個体 「あと、ずっと気になってたんだけど……なんで防具マフモフ(超初期装備)なの」

絹旗 「武器と回復アイテムに全財産をつぎ込んでますから」

番外個体 「……なんでそんなやり込みプレイみたいなことしてんの」

絹旗 「攻撃こそが最大の防御なんです! 最強の矛なんです!」

 

~再チャレンジ~


絹旗 「わっ、怒った、超怒ってます!」

番外個体 「一旦退いて、怒ったときの攻撃力はヤバイ」

絹旗 「むう、止むを得ませんね……」

番外個体 「やっ、ちょっと、なんでこっちに逃げてくるの! 巻き込まれるよ!」

絹旗 「私が逃げた先に偶然ミサワさんがいたんです!」

番外個体 「あ」

絹旗 「……吹っ飛んできた雪玉に二人まとめて吹き飛ばされましたね」

番外個体 「絹旗さんのせいだ」

絹旗 「超連帯責任です!」
海原 「おや、盛り上がってますね」

絹旗 「あ、海原さんいいところに。手伝ってください」

海原 「お力になれるでしょうか……結標さんにも加わっていただきましょうか」

番外個体 「あ、そうだ、淡希もいたんだ。あいつ何してんの?」

海原 「2階のべランダでユリコさんの写真撮ってましたよ」

絹旗個体 「「なんだと」」

番外個体 「それは是非ぼっしゅ……分けてもらわないとね」

結標 「なんか呼ばれた気がしたんだけど」

絹旗 「うひゃあっ!?」

結標 「何よ、驚き過ぎじゃない?」

絹旗 「結標さんのテレポ、白井さんと違って無音だから気付かないんです」ドキドキ
~4人で再開~


結標 「さっさと捕獲したほうが楽ね」

絹旗 「殴り殺してこそ華があると思うんですが」

番外個体 「物騒なこと言わないでよ」

海原 「閃光玉は材料込みで満載してきました。これならどうにかなるでしょう」

番外個体 「閃光弾とかないのかなー、あったら使いたいなー」

 :
 :
 :

海原 「おや、結標さんの方に向かいましたよ」

結標 「危ないっ……弓はやたらとヘイト稼ぐのが問題ね、防御は濡れ紙なのに」

番外個体 「あ、麻痺った。淡希の麻痺攻撃きいたね」

結標 「ほら、絹旗さん出番よ」

絹旗 「超やってやります!」

~20分後~


結標 「罠張ったから、こっちに誘い込んで。真琴はアレの準備しといてね」

番外個体 「∑」

絹旗 「もう捕獲したも同然ですね」

海原 「いや、妙に手こずってしまいましたね」

番外個体 「……あのさ、すごい言いづらいんだけど」

結標 「どうしたのよ」

番外個体 「麻酔弾を忘れてきたことに今気付いた」

結標 「」

海原 「」

絹旗 「」

番外個体 「ごめんなさいごめんなさい! そんな目で見ないで!」

絹旗 「結局最後はタコ殴りでしたね」

結標 「捕獲したほうがレア素材出やすいのにね」

番外個体 「ゴメンナサイゴメンナサイ」

海原 「いやしかし、ここでは僕のリクエストを受け付けてもらえてありがたい限りです」

番外個体 「ここでは?」

海原 「いつものメンバーでは、僕は完全に引き立て役ですからね」

結標 (いっつも土御門と一方通行に押し切られてるのよね)

海原 「まあ、そっちの人たちはLEVEL5級のプレイヤースキルを持っていて、
     僕が引っ張ってもらってるようなものなので文句は言えませんけどね」

絹旗 「超感謝することですね」フンス

海原 「ええ、感謝してますとも」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。