鈴科「す、鈴科百合子でェす……」上条「」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―とある高校―

青ピ「なぁなぁ、今日は転校生が来るらしいで?」

上条「え?この時期にか?」

青ピ「そうそう。何でも事情があって特別な編入らしいで」

上条「ふーん。事情ね……って土御門?お前どうした?」

土御門「な、何でもないにゃー」アセアセ

青ピ「なんや、転校生が来るから緊張してんのか?」

土御門「いや、違うんだにゃー……」

上条「お前今日変だぞ?お前の義妹と喧嘩でもしたか?」

青ピ「あー可愛い女の子やったらなー。カミやんもそう思うやろ?」

上条「まーなー。一生縁がないだろうけど」

土御門「あえて突っ込まないぜよカミやん」
ガラガラ

小萌「はーい座ってくださーい。えー皆も知ってると思いますけど、今日から転校生が来まーす」

オオッ…

小萌「しかも野郎どもには嬉しい女の子でーす」

オオオッ!

青ピ「聞いた聞いた?女の子やってー。嬉しいなぁ」ワクワク

上条「そうだな」ワクワク

土御門「そ、そうだにゃー……」ブルブル

小萌「はーい。じゃあ入ってきてくださーい」

ガラガラ

鈴科「す、鈴科百合子でェす……」

上条「」

土御門(まさか本当に一方通行とは思いもよらないぜよ)

 

 

上条「」

土御門(うわっ……カミやん固まってる!?)

土御門「おいっ、おいっ!カミやん!!」

小萌「えー今日からとある事情でこのクラスに編入となりました、鈴科百合子ちゃんです」

青ピ「百合子ちゃんかー。カワええなぁ……ん?どしたの?」

土御門「カミやんが何故かバグを起こしたんだにゃー」

小萌「えーじゃあ上条ちゃんの横の席に行ってくださーい」

鈴科「分かりましたァ」スタスタ

上条「」青ピ(うおうお、めっちゃ白いやん!)ヒソヒソ

土御門(そうだにゃー……ってカミやん接近に気づいてないぜよ!)ヒソヒソ

鈴科「よろしくお願いしまァ……」ピタッ

上条「…………」

鈴科「…………」

上条「…………」

鈴科「…………」カチッビュンッ

青ピ「うわっ、消えた!?」

土御門(あれは一方通行も恥ずかしかったんだにゃー……)

 

 

―授業中―

上条(どうしてこうなった?)

上条(何故俺の隣に一方通行が……それも女装の格好で平然と座っているんだ?)

上条(一体これはどういうことなんだ?まさかこれも神様が作ったシステムかよ?」

上条「いいぜ、一方通行が女装して座ってんなら、まずはその幻想を――」

小萌「上条ちゃん、ブツブツブツブツうるさいですよー?」

上条「あっ、すみません……」シュン

土御門(だいぶ混乱してるにゃー)

鈴科「…………」

 

 

―昼休みー

上条「はぁ、金持ってくるの忘れるとか不幸だ……」ズーン

鈴科「おい三下ァ」

上条「は、はい!?なんでせうか!?」ビクゥ

鈴科「ちょっと付き合え」

上条「はい?って腕引っ張らない!分かった行くから!」

青ピ「なんやなんや、早速フラグ立てたんか?」

土御門「ある意味立ってるにゃー」


―屋上―

上条「えーと、何でございましょうか……」ビクビク

鈴科「ン」

上条「へ?」

鈴科「弁当忘れたんだろォ?……俺ァこんなに食わねェからお前が食え」

上条「いや、でも……」

鈴科「食えっつってンだろォ!?」ガッ

上条「はいぃぃぃぃ!!!」

 

上条「…………」モグモグ

鈴科「…………」ジィー

上条「…………」モグモグダラダラ

鈴科「…………」ジィー

上条「……えーと、お前のそれって女装?」

鈴科「お前ギネスに載っちまうぐれェ愉快なオブジェに変えてやろうかァ?」

上条「い、いや!でもお前がその格好でここにいるのが上条さん的には疑問な訳でして!」

鈴科「……ェよ」ボソッ

上条「え?」

鈴科「耳が遠いんですかァ?女装じゃねーよ。俺ァ女だ」

上条「」

上条「……冗談、とかじゃ、ない、ですよね……」ハハ…

鈴科「冗談でこんなモン着るか」

上条「……えっ」

鈴科「まだ疑ってんのかァ?じゃあ俺の胸ンとこ触ってみ?」

上条「いやいやちょっと待て!いくらなんでも女の子にそんなことするのは男として――」

鈴科「っつってもオマエまだ疑ってンだろ?」

上条「……少しだけ」

鈴科「だろォ?だから、ホレ」

上条「もっと別の方法は無いのですか……」

鈴科「あァ、脱衣がご希望ですかァそうですかァ。じゃあちょっくら――」

上条「もっと駄目ぇぇぇぇぇ!!!」
鈴科「別に三下風情に見られたって俺は気にしねェぞ?」

上条「お前が気にしなくても俺が気にすんの!気にする気にします三段活用!」

鈴科「じゃあどォしろと」

上条「俺が聞きたい……」

キーンコーンカーンコーン

上条「えっ?もう終わり!?……次体育じゃねぇか!」

鈴科「あァ?何か問題でもあんのかよ?」

上条「俺たちの体育は黄泉川先生が受け持っててな、少しでも遅れようもんならグラウンド10周なんだぞ!」

鈴科「……あァ、そうか。じゃあ急がねェとな」

鈴科(黄泉川かよチクショォォォォ!!!)

上条(あれ?なんかプルプル震えてるけど……)
―放課後―

上条「あ、足が……」ピクピク

青ピ「百合子ちゃんと一緒に食べてた罰やろ?」ケラケラ

鈴科「」グデー

土御門「アk……鈴科の方も死にかけだにゃー」

青ピ「華奢な体じゃしゃあないて。ほらほら帰るでお二人さん」グイグイ

上条「分かったよ……ほら、アk……鈴科も」

鈴科「おォ……」ヨロヨロ
青ピ「しっかし百合子ちゃんまでカミやんの虜じゃ、僕らに勝ち目ないやんなー」

土御門「まったくだにゃー。カミやん病を撲滅するウイスルを作ることを、俺たちはここに誓う」

上条「なんだよそのカミやん病て。俺が何したってんだ?」

土御門「数々の女の子にフラグを立てておいてよく言うにゃー」

青ピ「無自覚なのが腹立つな~このっ」ボカッ

上条「痛いっての!筋肉痛の所殴ってんじゃねぇ!」

青ピ「カミやんが無自覚なのが悪い」

土御門「その通り」

上条「ったく……さっきから訳わかんねぇこと言いやがって……」

鈴科「…………」ズズズ…
青ピ「あらら、百合子ちゃん大丈夫?」

鈴科「……大丈夫ではねェな……」ズリズリ

土御門「……ブフッ」

上条「あ、おい土御門!お前笑ったら――」

鈴科「ベクトルチョップ」ビシッ

土御門「」ピクピク

青ピ「新たな負傷者が出てきた!大丈夫かいな土御門!」

鈴科「ふンっ」ズリズリ

上条「あっ、アk……鈴科!足元!」

鈴科「はァ――」

ズデーン!

青ピ「百合子ちゃんも大丈夫かいな!?ええい土御門!いつまで寝てるんや!」
鈴科「ってェ……」

上条「おい!大丈夫、か……」

鈴科「……あァ?どうした三下」

上条「あーそのだな……パンツ見えてんぞ?」

鈴科「――!ばっ、見るんじゃねェ!」アタフタ

青ピ「ああっ、あっちでは何やら嬉しいイベントが起きとる!」

鈴科「うっせェ!」

上条「だ、だから早く隠せっての!」

鈴科「や、やめ……見ンなァ!」ドゴッ

上条「グフッ、な、なんで俺が殴られてんの!?くそっ、不幸だぁぁぁぁぁぁ!!!」

鈴科「うっせェ三下ァ!」

 

 

 

 

―次の日―

上条「はぁ、休日が補習で潰れるとか不幸だ……」トボトボ

土御門「まあまあ、そう気を落とさずに」

青ピ「そうやでぇ。まあ僕は小萌センセーの顔見れれば十分やけどな」

上条「そして何よりこいつらと一緒ってのが不幸だよ……」

青ピ「そんなこと言わんといてーなーカミやん。僕ら長い付き合いやろ?」バシバシ

土御門「そうだぜい。だから不幸とか言わないでほしいにゃー」バシバシ

上条「うるさい叩くな足を蹴るな!こちとら昨日の痛みが抜けてないんだよ!」

鈴科「それは三下が悪いからだろォ」

青ピ「そうそうカミやんが……え?」

土御門「え?」

上条「え?」

鈴科「……?どうしたお前ら」
上条「あれ?お前補習あったか?」

鈴科「はァ?今日は学校あるんじゃねェのか」

土御門「今日は休みだぜい」

青ピ「まあ僕らはクラスの三バカだからなー。だからこうして学校に来てるわけなんよ」

上条「お前は小萌先生の顔が見たいだけだろうが。普段は勉強出来るくせに」

鈴科「あァくそまずった……あのクソガキ、帰ったら絞めねェと……」ブツブツ

上条「まあそういうわけだから。じゃあn」ガシッ

鈴科「待て。だったら俺に学校案内しろ」

上条「えーっと……俺?」

鈴科「別に誰でもいい」

青ピ「じゃあ僕が――」

上条「よし、じゃあ皆で行こうかなあ土御門!」

土御門「そうだにゃー!うんそうしたほうがいい!」

青ピ「なんや僕じゃ任せれんってことかいな!?」

上条(お前に任せて地雷踏まれたら困るんだよ)

土御門(人の心にズカズカ入ってくるからにゃー)

上条「まあとにかく俺達はどの道補習が終わるまで動けないから、鈴科はどっか別のところで時間を潰しててくれ」

鈴科「おゥ」

上条「じゃあまたなー。ほら青髪、落ち込んでないでさっさと行くぞ」

土御門「面倒な奴だにゃー」

オイオチコムナアオガミ
コイツナグッテイイカニャー
マッテ!?ナンデソンナニボウリョクテキナン!?
ワーワー…

鈴科「はァ……本当は三下に案内してもらいたかったんだがなァ……」ショボーン

鈴科「…………」

鈴科「と、とう――あークソ。やっぱ名前では呼べねェかァ……」

 

                                                             つづく

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。