剃毛編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 上条の部屋には、ベランダに通じる大きな掃出窓があった。

 その窓の向こうには別の学校の寮が見えるくらいで、普通に生活している分にはカーテンがなくても室内を覗かれる心配はほとんどない。

 件の寮から、望遠鏡を使えば別かもしれないが、ヘテロであるならば好き好んで男子寮を覗く者もいないだろう。

 それでも、上条部屋のみならず、だいたいの部屋の掃出窓にはカーテンが据え付けられている。太陽の光や音を防ぐため、必要だからだ。

 だが、それも全開にしてしまっていれば、まったくカーテンは機能しない。

 ついでに窓まで開けてしまえば、音まで外に漏れるだろう。
「美琴」

「う、うん」

 掃出窓を背にした上条に促され、美琴は頷いた。

 季節は春の、時刻は夕暮れ。太陽はかなり傾いているが、まだまだ人通りが絶えるまでは時間がある。

 上条の部屋は一階や二階という低い階層ではないが、それでも人の行き交う声や気配は、十分に感じられた。

 カーテンが開いてなければ、あるいは窓が閉まっていたならば、また話が別だったかもしれないが。

 赤く染まった美琴の顔は、カーテンから入ってくる夕焼けに照らされているから、上条という想い人と二人でいるから、というだけではなかった。

 常盤台の制服姿。

 いつもの格好である彼女の足元に、その原因のひとつがあった。

 短パンが、落ちている。

 脱いでそこに置いた、という風情ではなく、両足の甲にくしゃりと乗っかかった状態である。留めているボタンを外し、重力に任せて落とした、という感じだった。

 ついさきほど、美琴が自ら、そうしたものだ。

「・・・・・・」

 上条は薄い笑みを口元に張り付かせたまま、床に座り込んでいた。見上げてくる視線は優しげであるが、多分に揶揄を孕んだものだ。

 その揶揄はおそらく、短パンの内側が妙に濡れていることと、無関係ではない。
「ぅ・・・」

 その視線に、ゾクリとした何かを感じ、美琴は身を震わせた。

 まるでパブロフの犬のように、身体の奥が熱くなってくる。

 その熱に後押しされた美琴の指が、小さく震えながら己がスカートの裾を、ちょい、と摘んだ。

 こくっ、と唾を飲む。上条の顔をしっかりと見ながら、美琴は唇を開く。

「み、見てください、ご主人様・・・」

 言いながら、ゆっくりとスカートをめくりあげはじめた。

 お嬢様学校ゆえにそれなりに長い裾が徐々に持ち上がる。

 膝がまず、覗いた。

 指や唇と同様、小さく震える膝。だがそれは緊張ゆえでは、ない。

 次に太股が見えた。

 普段は短パンに隠れた、まだ未成熟な曲線。だがいま、その曲線はいびつに歪んでいる。バイブレーターに繋がる、遠隔リモコン部分を固定するための、革ベルトによって。

 そしてーーースカートが、腰骨の高さにまで、持ち上げられた。

 下着が見える。

 白い、飾り気の少ない下着が。

 溢れ出した粘液によってジュクジュクに濡れ、肌に張り付いている下着が。

 隠した部分から生えたバイブレータによって、クロッチ部分だけは大きく盛り上がった、下着。

 上条の視線が、恥ずべき部分に向いている。

 いやそれだけではない。

 カーテンどころか、窓自体が開けられた状況。

 赤い空と、道を挟んだ向かいの寮に、淫らな姿を晒しているのだ。
「っ」

 美琴の背筋に、小さな電撃が走った。

 バイブレーターを飲み込むように膣内がうごめき、スイッチを切られて動きを止めているはずの性具が、モゾリと揺れる。

「それで? 今日はいつから、こんなことをしてたんだ?」

 自らすべてを命じておきながら、上条は尋ねた。

「ん、んぅ・・・あ、朝から、です」 

 己の吐く息の熱を唇で感じながら、美琴が答える。

 恥ずかしい。

 染まった顔は、燃えるほど熱い。

 恥ずかしい。

 心臓は、全力で走ったとき以上に早い。

 だがーーー気持ちいい。

 見られる快感。

 浅ましい自分を晒す快楽が、胸を、身体を、そして股間を強く疼かせる。

 その疼きに追い立てられるように、美琴の秘裂からは、とろりとろりと蜜が雫として零れ、太股を伝って流れて落ちていった。
「いつ、これを入れたんだ?」

「あ、朝、黒子が、シャワー、浴びてる間にっ」

「どこで? トイレかどこかでか?」

「い、いいえ、んぅっ・・・自分の、ベッドで、です・・・」

「ベッドで? 白井が出てくるとか思わなかったのか?」

「あの娘、いつも時間どおりに、ぁんっ、出てきます、から」

「でもよくこんなの入ったな。ローションとか、使ったんだろ?」

「いえ、その・・・じ、自分で・・・」

「自分で、なんだよ。はっきり言えって、前に教えたよな?」

「んあっ」

 上条の指が、ツン、と下着越しにバイブレーターの頭をつついた。

 パチッ、と美琴の前髪から電気が弾ける。

「ご、ごめんなさい、あっ、やっ、突かないでっ、くださ、あっ」

「・・・・・・」

「ああっ、くふっ、オ、オナニーっ、あっ、オナニーしてっ、自分で濡らしっ、あっ、あっ、ああっ、ああんっ!」

「ふーん」

 ひとしきり突いてから、上条の指がバイブレーターから離れた。ツツッ、と糸が、下着と彼の指先とを繋ぐ。

「ローション使ってもいいって言ったのに、自分で濡らしたんだな。なんでだ?」

 上条は自分の人差し指についた蜜を親指で弄びながら、美琴を見上げた。
「あ、う・・・それは、」

「・・・・・・」

「が、我慢、できなかったんです・・・」

「・・・・・・」

「前の夜からドキドキして・・・朝起きたら、もう、その・・・アソコ、ぬ、濡れてて・・・」

「アソコ?」

 上条の両目が、すうっ、と細まり、

「ああっ、ふあっ、ああんっ、オ、あぅっ、オマンコ、ですっ、ああっ、オマンコっ、濡れてましたぁっ、んんんっ」

 弾けた電気の音が、艶に染まった美琴の声と重なる。

 上条は、意地が悪そうに苦笑。

「おいおい美琴。そんなに大きな声だしたら、外に聞こえちまうぜ?」

「はあっ、はあっ、はあっ、はあっ・・・で、でも、こんな、我慢が・・・」

「まぁ聞かせたいってんならいいけどな。・・・結局美琴は、昨日からバイブを挿れたくて挿れたくて仕方なかったってわけだ」

「ぅ・・・そ、そうです・・・挿れたくて、仕方ありませんでした・・・」

「美琴」

「は、はい」

 上条は口元の笑みを消し、美琴の目を見た。

「淫乱」

「んぅっ!」

 言葉に反応し、とぷっ、と股間から粘液が漏れた。

 今までよりも僅かに多く分泌された蜜は、太股を流れるよりも早く重力に囚われて珠となって落下する。

 ポタリと、短パンに大きな染みができた。
「んあっ、はあっ、はあっ、そうですっ、私は、美琴は淫乱ですっ。イヤラシイんですっ」

 外に聞こえるほど大きな美琴の声。耐え切れなくなったように、くるり、くるり、と少女の腰が淫らなダンスを踊り始める。

「まったく」はぁ、とため息をつく上条。「こんなイヤラシイやつには、お仕置きが必要だよな?」

「っ」

 お仕置き。

 その単語が耳に入った瞬間、美琴の胸が大きく鼓動をうった。円を描く股間がさらなる蜜を分泌し、触れてもいないバイブレーターが再びモゾリと動く。

 なにをされるのだろう。どんな目にあうのだろう。

 美琴は、口内で舌を回してから、粘度のあがった唾液を飲み込む。

「あっ、はあっ」

 こくっ、と喉の動いた美琴が、淫蕩な笑みを浮かべた。

「は、はい・・・お仕置きしてください、ご主人様・・・」
 

「こら、もうちょっと緩めろよ美琴」

 少女の左太股に右手を添え、上条は少女の脚を撫であげた。

「んあっ、はっ、はいぃ」

 その言葉に、美琴は喘ぎまじりの返事を返す。 

 膝ほどまでずり下げられた、彼女の下着。

 すでにべっとりと濡れた下着に、新たにポタリ、ポタリと粘液が落ちていった。

 秘裂が根本までくわえこんでいたバイブレーター。それに上条の左手が添えられ、不規則に動かされていた。

 押し込む動きではない。

 左右に小刻みに震わされながらも、バイブレーターは僅かずつ引き抜かれていく。 
「あっ、あっ、ああっ」

 ずっ、ずっ、と性具が膣壁を擦っていく度に、美琴に口から艶めかしい嬌声が漏れる。

 よほど強い力で締め付けているせいか、バイブレーターは中々秘裂から解放されない。

 それを言葉では叱りながらも、上条の口元には笑みが浮かぶ。いくら貪欲に締め付けようが、その気になれば引き抜くのは容易だ。

 それをしない理由など、ひとつしかない。

「あくっ、あはあっ、ひあっ、ああっ」

 時に円を描き、時に押し戻す。

 そんなことを繰り返しようやく、バイブレーターの先端が秘裂から抜け落ちた。

「ふああんっ」

 ビクッ、と美琴の腰が跳ねる。膣内に溜まっていた白濁の愛液が、下着に、床に、大粒の雫を降らせていく。

「はあっ、はあっ、はあっ」

 身体を苛んでいた快楽の源泉がなくなり、荒い息をつく美琴。

 今朝からずっと身を凌辱し、恥辱を与えられ続けていたモノをなくした秘裂は、だが、ヒクヒクと物欲しそうに震えていた。

「美琴。お前のここ、また突っ込んでほしいって言ってるみたいだぜ?」

 ツン、と上条の指が濡れた膣口を突く。

「ああんっ」

 ビクッ、と美琴が震え、腰がひけた。

 欲情の汗に濡れた少女の頬。そこに張り付いた髪がパチパチと音をたてるが、太股に添えられた右手のせいか、直ぐさま掻き消える。

「ん・・・んんぅ・・・ご主人様ぁ・・・」

 スカートを持ち上げたまま、美琴はむずがるように、しゃがみこむ上条を見た。

 見下ろす視線に含まれているのは精一杯の媚び。

 彼の右手に触られている限り、美琴には抵抗する術はない。能力は封じられ、力では上条に叶わない。それに、彼の携帯電話には、もう何枚もの己の恥態が納められている。
(あぁ・・・私、絶対に逆らえないんだ・・・)

 抵抗するつもりはない。

 だが「抵抗すらできない」という状況を思うだけで、美琴の胸中は被虐の悦びに彩られる。

 これからどんなお仕置きをされるのだろう。どんな恥ずかしいことをされるのだろう。

 それを考えるだけで太股をゆるりと蜜が滑り、すりすりと両膝がすり合わされる。

 ニチャ、と下着が、粘質の音をたてた。

「まったく、イヤラシイやつだな」

 それを目の端に捉えながら、上条が立ち上がる。

 そして彼は右手を美琴の頬に添えると、美琴の唇に左手のバイブレーターが押し当てた。

「んむっ!」

 美琴はそれに逆らわない。 

 大きく口をあけ、自分の愛液でぬめぬめとするバイブレーターを先端からくわえ込んだ。さらに、上条が押し込むまでもなく、自分から奥まで飲み込んでいく。

(あぁ、私の味がするぅ・・・イヤラシイよぉ・・・)

 美琴の表情が自虐の悦楽にとろりと溶ける。

 バイブレーターと唇の隙間から愛液交じりの唾液が漏れ、顎にまで伝っていった。

「どうだ? 美味いかよ美琴」

「んぁんっ」

 バイブレーターの表面をなめ回しながら頷く彼女の表情に、嫌悪感はまったくない。それどころか、口内でも快楽を得ているかのように、とぷっ、と秘裂から新たな雫が落ちていった。

「よぉし、じゃあ離すなよ? それから、動くな」

「んぅ」

 んふー、んふー、と鼻だけで呼吸を繰り返す美琴。

 スカートを持ち上げたまま、ブラジャーをつけていない胸に掻き抱かれた両手には、固くしこりたった乳首の感触がある。

 股間からの快楽のない今、すぐに刺激したかった。

 しかし「動くな」と命令された以上、そんな勝手なことはできない。

 自分で貪ることもできない、目の前にある快楽に、美琴の瞳が濁りかすんでいく。

「いい子だ、美琴」

 ニヤリと笑う上条。

 彼は触れるか触れないかの加減を保ちながら、頬、顎、首と、下に下に右手を滑らせた。

 ふぅんふぅんと美琴が鳴く。やがて、右手は、美琴の慎ましやかな胸の曲線にまで達した。

「んんんっ・・・んんっ、むふんっ・・・」

 ブラウス越しに、彼の右手。

 揉みしだかれる、あるいは摘まれる期待に、美琴はさらにバイブレーターをなめ回す。

 右手がゆっくりと、確かめるようになだらかな膨らみをさすりーー

「・・・・・・」

 深くなる上条の笑み。

 次の瞬間、空いていた彼の左手中指が、一息に美琴の秘裂に滑り込んだ。

「んんんーっ!?」

 ガクッ、と美琴の身体が跳ねる。

 反射的に爪先立ちになった美琴。しかし上条は彼女の身体が下りてくるのを待たず、左手を激しく上下させる。

「んんっ! んふんっ! んむっ! んんんっ! んむんんーっ!」

 美琴は目を白黒させながら喘ぎ続ける。

 だが彼女の腰は、まったく驚きを無視して、中指にあわせて前後し始めた。

 上条の右手が素早くブラウスのボタンを外し、中に滑り込んだ。しかし彼がその胸を弄ぶより早く、美琴のスカートを抱えた両手が、ぎゅうっ、と上条の右手を乳房に押し当て、ぐりぐりと刺激する。

「んんんっ、んんっ、んっ、んっ、んっ」

(気持ちいいっ! あああっ、すっごく気持ちいいよぉ!)

 水音が連続し、唇の隙間からよだれが垂れていく。

 朝からバイブレーターの刺激を受け、上条に焦らされた揚句、さらなる快楽を注ぎ込まれた美琴の身体は、あっさりと最高点までの道程を駆け上がった。

「むふっ! んんんっ! んんっ! んんっ! んんんーっ!」

(あっ、あっ、もうイクっ、もうイッちゃうっ、ああっ、ああっ)

 絶頂の予感。

 頭の中が真っ白に染まり、目の前がチカチカとする。股間ではグチュグチュと蜜が泡立っていた。右手に触れられながらも前髪から溢れた紫電が、パチッ、と音をたてる。

「んんんっ、んんんっ、んんーっ!」

 股間の中指が、抜けかかるほど大きく下がった。次の挿入を深くしようとするための動き。

「っ!」

 美琴がそれにあわせ、最後の一突きを味わおうと、ぐっ、と腰を落とした、その瞬間。

「おっと」

「んふうっ!?」

 あっさりと、上条は中指を秘裂から抜き出した。

 駆け上がっていた階段がいきなり崩れたような感覚に、美琴が上条を見る。

「んんーっ! んんんーっ!」

 涙すら浮かべ、美琴が首を左右に振る。涸れることなく蜜を零す腰はクネクネと踊り、胸元の手はさらに強く上条の手を掻き抱く。

 しかし、

「ダメだ」

 上条はブラウスの中から無理矢理右手を引っ張り抜き、ニヤリと笑う。

「ここまでは、お仕置きの準備なんだからな」

 言いながら、上条はズボンの後ろポケットから、隠していた「それ」を取り出した。

「っ!」

 美琴が大きく目を見開く。

 T字型のそれがなんなのか、美琴だって知っている。

 そしてこの状況で、それをどう使うのかも、予想がついた。

 コンビニでも売っている、安い粗末な「それ」は、

「ほら、美琴」

 上条が楽しそうに「それ」の、カミソリの、包装ビニールを破り開けた。

「キレイに、してやるからな?」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。