透明


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

11月15日  常盤台中学女子寮


 「どうして見つからないのよ!」

名門常盤台中学二年、レベル5の第三位にして「超電磁砲(レールガン)」の異名をもつ御坂美琴は、少々機嫌が悪い。

 「こんな時に限って...(バチッッ!!)」

訂正、かなり機嫌が悪いようだ。
どれくらい悪いかというと、「風紀委員(ジャッジメント)」の仕事から帰ってきた美琴の後輩である白井黒子を、彼女から話しかけられた途端に「真っ黒子」にしてしまう始末である。

(誰か理不尽な電撃を受けた黒子に救いの手を...)

とまぁ、美琴の機嫌が悪くなっている原因は皆さんお気づきだろうが、そう上条当麻その人である。
「第三次世界大戦が終結し、一時の平和を取り戻している学園都市であったが、常盤台のエース様の心の内は荒れに荒れまくっているようだ。

さて、美琴本人も言っているが機嫌が悪い原因は上条であり、理由は彼に全く会えないからである。
(とは言うものの、実のところ昨日夕方に例の公園で見かけており、声を掛けるか美琴が迷った際に、上条を見失ってしっまた為、美琴の中ではノーカン扱いになっているらしい)

そして今日こそは必ず接触するために何度もメールを送っているのだが、全く返事が返ってこず、そのせいでイライラが溜まり今に至るのである。

(「そんなに会いたければ、メールじゃなくて直接電話すればいいのに...。なんのためにペア契約したの?」と、彼女に聞いてみると...)

(「そっ、そんな事恥ずかしくて出来るわけないでしょ!!!」だ、そうだ...)

しかし美琴とて、上条を今日全く探さなかったわけではない。
彼が出没しそうな場所は出来る限り時間をかけて探した。
が、見つける事が出来ず、メールという手段をとっているのである。

  「ああもう!このままじゃ埒が明かないわ」

そういうなり美琴は、門限に近い時間にもかかわらず、寮を飛び出して行ってしまった。

(いつもなら止めにはいるルームメイトが気絶している事をいいことに...)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。