※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チョコボールの当たりを見分ける方法!


まず始めに、チョコボールの当たりの識別の方法と、その根拠について、説明していきます。

チョコボールの箱を展開してみますと、天面、底面、側面、クチバシ、とすべて一体の構造となっています。 つまり、この箱は、すべて一枚の紙から出来ていることになります。

そして、当たりのクチバシに付いている、あのエンゼルマーク。

それの、金、銀の色は、ハズレの箱には使われていません。

それは、印刷工程において、別の工程・工場を通っている証拠になります。

印刷ラインは、当たりとハズレ、別のラインで行われ、最終的な「箱詰め」の段階で、混ぜて出荷されている訳です。

当たり: 印刷→裁断→組み立て→梱包→出荷

ハズレ:印刷→裁断→組み立て→↑


ラインが違うため、製品にも、多少のずれが出てきます。
普通に見ただけでは、区別が付きにくいですが

「多数派」と「少数派」に分かれる訳です。

この「少数派」が、当たりです。

それでは違いがわかりやすい場所を教えましょう。

【裁断時のバリ】

元紙を切り抜くさい、最後に切り取られる部分にバリができます。
これは、天面や、側面の糊つけ部分にあることが多いでしょう。
位置が当たりと、ハズレでは、少しずれていることがあります。
普通に見ただけでは、わかりにくいので、7,8個てにとり揃えて斜め上から見るとわかりやすいでしょう。

【賞味期限の印刷】

印刷されている位置、大きさ、太さが違っている場合があります。
これも、数個を一緒に見比べて見ると一目瞭然です。
賞味期限の日にちが 違うための違いと、間違わないでください。
同じ賞味期限で、見比べれば大丈夫だと思います。

【クチバシの折れ線】

天面には、クチバシが折れやすいよう初めから線が入っています。
この位置の違いを、同じように数個一緒に見比べてみましょう。
赤色と、黄色の境目に線がとおっています。
その境目を基準に、線を見比べてみると良いでしょう。

【インク】

別ラインで印刷されているということは、当然使われているインクも違います。
同じ色でも、微妙に差が出ることがあります。
クチバシの黄色や、文字の大きさ等がわかりやすいと思います。
しかし慣れないと識別は難しいでしょう。

【包装フィルム】

包装フィルムには、はがす為に金色のテープが付いています。
このフィルムをみて、テープの出具合や、切れ込みの入れ具合が若干違う物があります。
このような製品は当たりの可能性がかなり高いです。

【まとめ】

このほかにも、糊付け部のズレ、クチバシの折り目の位置、重ね合わせの量など細かい部分に色々と、違いが現れることがあります。
ちょっとした違いを見逃さないようにしましょう。ここに上げた例がすべて現れるわけではありません。当たりハズレの見分けがつかない、完璧なカートン(20箱セットのこと)も存在します。
いくつかのポイントを臨機応変に組み合わせて、識別に役立てましょう。
筆者の場合は、まずチョコボールがたくさん置いてある店に行きます。
カートンごと置いてある店がベストです。
比較するには、数が多いほうがいいというわけです。
そして、賞味期限が同じものだけを、そろえて、たくさん持ちます。
そして、天面のバリのいち、くちばしの黄色の違いをみます。
印刷されている色や、キョロちゃんの顔色も見ます。
様々な角度から見ると、色の違いはわかりやすいです。
側面の印刷も見比べましょう。
賞味期限のチェックは、非常に大切です。製造時期がずれるだけで、かなり際立った特徴的なちがいが現れてしまうのです。そのため、必ず同じ賞味期限で、見比べましょう。

【メーカー側の対応】
これまで色々説明してきましたが、近年では、メーカー側でも対策がなされ、複数のラインで作ったものを、一つのカートンにまとめて出荷することで、ハズレ同士でも違いが現れる現象が出てきています。
そのため、当たりと思って買っても、ハズレのことが多くなってきました。
このような対策に惑わされず、当たりを当てることは困難ですが、上記の方法を使うことで、
何も考えず買うよりは、遙かに高い確率で、エンゼルを当てる事が可能なはずです。

【余談】
6,7年前に、筆者はこの方法を発見したのですが。そのときは、ほぼ百発百中で当てる事が出来ました。
年々印刷の精度が上がってきたため、いまでは百発百中とはいきませんが、怪しいものではなく
確実に「これだっ!!」と思うものを買えば今でもかなりの確立で当てる事が出来ます。
てっとり早く当てたいのであれば、確立は下がりますが怪しいと思ったものはどんどん買っていくといいでしょう。
金のエンゼルについても触れておきます。金のエンゼルは、本当に滅多にあたりません。
噂では、20~50カートンに一個とも言われています。
それにくらべ、銀のエンゼルは比較的よく出現します。1つのカートンに2~4個ぐらいは、入っているようです。
この方法をふまえ、自分なりに工夫して、チャレンジしてください。良い結果がでることをお祈りしています。
                                                                       2010年 5月 15日

このページが開かれた回数: -
今日: -
昨日: - 回                                  
|