※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エコキュートとは 自然エネルギーを利用して環境と家計にやさしいお湯をつくります。 もっと環境を考えた給湯器をお考えの方へ エコキュートは、環境共生と省エネを実現する給湯器です。 エコキュートは、エアコンと同じ原理で、大気中にある”熱”を利用して、お湯を沸かす給湯システムです。 つまり、省エネで環境にやさしい!といえますね。 また、冷媒もフロンガスではなく、自然にあるCO2を使用するので、環境にやさしいのです。 「地球温暖化対策推進本部」がまとめた「京都議定書目標達成計画」において民生部門における省エネ対策の柱として「エコキュート」の普及がもり込まれ、2010年までに全国で520万台の普及目標が立てられています。 ▲ページトップへ エコキュートの4つのポイント POINT 1 高効率 高効率ヒートポンプシステム 大気の熱を有効に利用するヒートポンプシステムなので、使用する電気エネルギーの約3倍の熱エネルギーを得ることが可能です。 POINT 2 環境にやさしい CO2排出量を抑えます 自然界に存在するCO2を冷媒として有効利用。オゾン層に深刻な影響を与えるフロン冷媒を使用しません。さらに従来のフロン系の冷媒ではできなかった90℃沸き上げを可能にしました。 POINT 3 経済性 「ランニング電化deおトク」がおトク 高効率で、さらに昼間の電気代の約1/3と割安な夜間の電力を利用するため、家計に負担をかけません。 POINT 4 省スペース 省スペースタイプも登場 狭い敷地でも設置できるタイプもあるので、設置スペースに応じてお選びいただけます。おまかせ制御のついたものもあり、お湯切れの心配がありません。 ※文章中のわかりにくい言葉の説明 【ヒートポンプ】 普通のポンプが水をくみ上げるように、”熱”をくみ上げるポンプのことをいいます。 【冷媒】 エアコンなどで、冷房・暖房に用いる熱媒体のことをいいます。液化しやすいアンモニア・フロンなど。冷却材。 ▲ページトップへ 環境のことを考えるとエコキュート! 環境にやさしく、オゾン層に影響を与えるフロン冷媒を使用しません。 自然界に存在するCO2を冷媒として有効利用。オゾン層に深刻な影響を与えるフロン冷媒を使用しません。さらに従来のフロン系の冷媒ではできなかった90℃沸き上げを可能にしました。 ●オゾン層破壊係数ゼロ ●地球温暖化係数フロンの約1/1,700 ■1台あたりの年間CO2排出量について (注1)CO2排出量については、「2005九州電力環境アクションレポート」による。ただし、電気のCO2排出原単位については、2004年度当社実績(夜間)を使用。 (注2)スギのCO2吸収量は50年生スギ(直径26cm、樹高22m)の年平均値:14kg/年・本 (出展:平成16年度森林・林業白書) ▲ページトップへ 新たなタイプもエコキュートも続々登場! 省容量・高速加熱型エコキュート 省容量・高速加熱型エコキュートは2台のヒートポンプ搭載により高速加熱が可能となり、タンク容量が小型化。その結果、ヒートポンプとタンクが一体化し、マンションなどの狭いスペースでの設置が容易になりました。 1台4役の多機能型エコキュート 給湯、お風呂への自動お湯はりに加えて、浴室の暖房・乾燥や床暖房もできます。まさに次世代の電気給湯器です。 ◎給湯 お風呂にもキッチンにも、温度の違うお湯を同時に給湯。 ◎浴室の暖房・乾燥 冬の浴室はポカポカで夏は涼風運転。また、換気機能で結露やカビも防ぎます。 ◎自動湯はり キッチンのスイッチで自動お湯はり。フルオートシステムで快適です。 ◎床暖房 電気のお湯で足元からポカポカ。やさしくお部屋全体が暖まります。 ▲ページトップへ 補助金制度もあります 自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯器エコキュートの設置者に対しての、国による補助金制度があります。