公職選挙法改正検討2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第22回参議院議員通常選挙(平成22年7月11日投票)は、現行、公職選挙法が適用されます。


残念ながら第174回国会で成立はしなかった全党一致の公選法改正案、そしてガイドラインは以下です。



次のステップとしては、次回国会で、上記改正、ガイドラインを決議してしまって、次の議論に移る方法と
また、あらためて議論し直す方法がありますが、個人的には、できるところまでは、早く進めてしまうのが良いかと思います。