メニュー

+ ...

+ ...





編集者向け
+ ...




リンク


カウンター

総計 -
今日 -
昨日 -




中央線


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

JR東日本の路線の一つ。なお中央本線は東京―名古屋間であるが、ここでは主に新宿を発着する列車について述べる。

●:停車、○:この駅発着の場合は特急券が必要、■:早朝または深夜のみ運行、▼:一部通過、◆:新宿始発は通過、▲:土休日は通過、|:通過、║・空欄:経由しない
※1:特別快速=特別快速ホリデー快速おくたま・特別快速ホリデー快速あきがわ
※2:快速=快速富士登山電車(全区間において着席券が必要。ただし祝日と一部の日を除く毎週木曜日および車両点検日は一般車両で運転し、着席券は不要)
東西線直通 総中
武央
線・
総武線快速
各駅停車
通勤快速
快速



車 









千葉
西千葉
稲毛
新検見川
幕張
幕張本郷
津田沼
東船橋
船橋
西船橋
↓浦安方面 下総中山
本八幡
市川
小岩
新小岩
平井
亀戸
錦糸町
両国 ↓東京方面
浅草橋
秋葉原
東西線直通 総中
武央
線・
中央線快速電車 中央本線


各駅停車
通勤快速
快速



車 



車 



速 



速 



快 
青 特
梅 別
特 快
快 速
※1



快 



通 
富ホ
士リ
山デ
1|
・快
2速




号 
東京
神田
御茶ノ水
水道橋
飯田橋
市ケ谷
四ツ谷
信濃町
千駄ケ谷
代々木
新宿
大久保
↑浦安方面 東中野
中野
高円寺
阿佐ケ谷
荻窪
西荻窪
吉祥寺
三鷹
武蔵境
東小金井
武蔵小金井
東小金井
国分寺
西国分寺
国立
立川
日野
豊田
八王子
西八王子
高尾
相模湖
藤野
上野原
四方津
梁川
鳥沢
猿橋
大月
↓上大月 甲上
府大
方月
面 ↓



東西線直通 総中
武央
線・
中央線快速電車 中央本線


各駅停車
通勤快速
快速



車 



車 



速 



速 



快 
青 特
梅 別
特 快
快 速
※1



快 



通 
富ホ
士リ
山デ
1|
・快
2速




号 

東葉高速線・東京メトロ東西線

東葉高速線
各駅停車 通勤快速 快  速
東葉勝田台
村上
八千代中央
八千代緑が丘
船橋日大前
北習志野
飯山満
東海神
東京メトロ東西線
各駅停車 通勤快速 快  速
西船橋
原木中山
妙典
行徳
南行徳
浦安
葛西
西葛西
南砂町
東陽町
木場
門前仲町
茅場町
日本橋
大手町
竹橋
九段下
飯田橋
神楽坂
早稲田
高田馬場
落合
中野
↓高円寺

青梅線・五日市線・八高線

青梅線 中央線快速電車
各駅停車 快  速 青梅特快 各駅停車
通勤快速・通勤特快
特別快速
ホリデー快速おくたま
特別快速
ホリデー快速あきがわ
↑国立 ↑国分寺 ↑国立
↑国分寺
↑国分寺
立川
西立川
東中神
中神
昭島
拝島
牛浜 ↓熊川
福生
羽村
小作
河辺
東青梅
青梅
宮ノ平
日向和田
石神前
二俣尾
軍畑
沢井
御嶽
川井
古里
鳩ノ巣
白丸
奥多摩
五日市線 中央線快速電車 中央線快速電車
各駅停車 快  速 青梅特快 特別快速
ホリデー快速あきがわ
↑昭島 ↑昭島 ↑西立川
拝島
熊川
東秋留
秋川
武蔵引田
武蔵増戸
武蔵五日市
八高線 中央線快速電車
各駅停車 快  速 青梅特快
↑八王子方面 ↑昭島
拝島
東福生
箱根ヶ崎
金子
東飯能
高麗川
↓川越方面

富士急行線

富士急行線 中央線
快速電車
中央本線









※2



快 通 中
     勤 央
     快 特
速 速 快



富ホ
士リ
山デ
1|
・快
2速
↑猿橋


大月
上大月
田野倉
禾生
赤坂
都留市
谷村町
都留文科大学前
十日市場
東桂
三つ峠
寿
葭池温泉前
下吉田
月江寺
富士山
富士急ハイランド
河口湖

沿線から埼大へのアクセス

東京周辺から向かう場合
新宿周辺から向かう場合
  • 新宿で下車し埼京線に乗り換え→埼京線ページを参照
西国分寺周辺以西から向かう場合
  • 西国分寺で下車し武蔵野線に乗り換え→武蔵野線ページを参照

路線概要

共通事項

御茶ノ水―三鷹間は、緩行線と急行線からなる複々線になっている。
中央・総武線各駅停車と地下鉄東西線直通列車は緩行線を、それ以外の列車は急行線を走行する。
御茶ノ水においてのみ快速と各駅停車が隣同士で乗り換えられる。

中央・総武線各駅停車

西は三鷹(一部は立川)まで、東は千葉まで直通で乗り入れる。
三鷹―千葉間は中央・総武線(正式には三鷹―御茶ノ水間は中央線、御茶ノ水―千葉間は総武線)
早朝と深夜はこれに代わって東京発着の各駅停車 が運行される。
代々木では中野方面と山手線渋谷方面が隣同士で乗り換えられる。また、新宿では中野方面と山手線池袋方面、千葉方面と山手線渋谷方面が隣同士で乗り換えられる。
全列車が10両編成で運転される。

地下鉄東西線直通

西は三鷹まで、東は西船橋・東葉勝田台・津田沼(平日の朝夕のみ)まで直通で乗り入れる。
中野―西船橋間は東京メトロ(正式には東京地下鉄)東西線
西船橋―東葉勝田台間は東葉高速鉄道東葉高速線
なお、三鷹―中野間、西船橋―津田沼間は中央・総武線の線路(緩行線)を走行する。
東西線内で通勤快速や快速になる列車も、JR線内では各駅に停車する。
西船橋以外のJR線の駅をSuica等のICカードで行き来する際に、津田沼発着列車を利用して東西線経由で乗車すると、中野―西船橋間はJR線に乗車したとみなされて運賃が高くなる場合があるので注意が必要。
全列車が10両編成で運転される。

中央線快速電車

西は河口湖・大月・高尾・奥多摩・青梅・武蔵五日市・高麗川まで、東は東京まで直通で乗り入れる。
東京―大月間は中央線(正式には東京―神田間は東北線、代々木―新宿間は山手線)
立川―奥多摩間は青梅線
拝島―武蔵五日市間は五日市線
拝島―高麗川間は八高線
大月―河口湖間は富士急行線(正式には大月―富士山間は富士急行大月線、富士山―河口湖間は富士急行河口湖線)
東京―高尾間では全列車が10両編成で運転される。
高尾―大月間では10両か6両のいずれかで、青梅線では10両・6両・4両のいずれかで、五日市線では6両か4両のいずれかで、八高線・富士急行線では4両で運転される。
東京方面からの快速は、中野(土休日は吉祥寺)から先の各駅に停車する。駅の時刻表や接近放送、発車標では各駅停車と案内され、車内放送や行先表示器では種別を案内しない。これは途中から各駅に停車する他の種別でも同様。また、新宿→東京間では各駅停車を除くすべての列車が快速と同じ停車駅に停車するため、駅では快速と案内される。
早朝・深夜は、中央・総武線各駅停車 に代わって東京発着の各駅停車 が運行される。
この各駅停車は、御茶ノ水―三鷹間は緩行線を、それ以外の区間は急行線を走行する。なお、御茶ノ水は急行線のホームに、三鷹は緩行線のホームに発着する。
通勤特快は平日の朝上りのみ運転される。国分寺を出ると新宿まで停車しないので注意が必要。また、通勤快速は平日の夕方下りのみ運転される。三鷹までは土休日の快速、それより先は特快と同一の駅に停車する。
ホリデー快速おくたま・あきがわは、中央線内は青梅特快と同一の駅に停車する。青梅線内は青梅特快が各駅に停車するのに対して、おくたま・あきがわには通過駅がある。
快速は途中駅で後続の特快等に追い越されることがあるので、急いでいる場合は案内放送に注意すること。

中央本線普通列車

西は河口湖・松本方面へ、東は立川まで乗り入れるが、列車により運行区間は異なる。
大月以東では3両または6両編成で運転される。
土休日や多客期にはホリデー快速富士山号が運転される。
ホリデー快速富士山1・2号は新宿―河口湖間で運行される。
普通車自由席は乗車券や定期券のみで乗車できる。普通車指定席に乗車する場合は、指定席券が必要。

車両

共通事項

中央・総武線各駅停車と地下鉄東西線直通、中央線快速電車の座席は全てロングシートとなっていて、トイレはついていない。

中央・総武線各駅停車

使用される車両はJR東日本209系500番台、E231系0番台、E231系900番台である。
E231系の5号車は6ドアになっている。平日朝10時までは座席が収納されるため座ることができない。
総武線内では、平日朝の三鷹方面行きの三鷹寄り10号車が女性専用車両となる(実施区間は千葉→御茶ノ水)。

地下鉄東西線直通

使用される車両はJR東日本E231系800番台、東京メトロ05系、07系、15000系である。
ただし、東葉高速線直通列車はすべて東京メトロ車両が使用される。
総武線内と東西線内では、平日朝の三鷹方面行きの三鷹寄り10号車が女性専用車両となる(実施区間は津田沼→大手町)。

中央線快速電車

使用される車両はE233系0番台のみである。
中央線・青梅線・五日市線では、平日朝の東京方面行きの東京寄り1号車が女性専用車両となる(実施区間は大月・青梅・武蔵五日市→東京)。

中央本線普通列車

使用される車両は115系と211系である。
甲府以東の列車に使われる115系と211系は全車両がセミクロスシート(一部の座席がボックスシート)になっている。
トイレは各編成の甲府寄り先頭車両に(加えて一部の115系は立川寄り先頭車両にも)付いている。
ホリデー快速富士山号には189系(特急車両)が使用される。座席はリクライニングや回転が可能。各車両にトイレが付いている。
この他に特急用や臨時列車用として多数の車両が使用される。