メニュー

+ ...

+ ...





編集者向け
+ ...




リンク


カウンター

総計 -
今日 -
昨日 -




授業


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

履修に関するルール

※学部学科や年度によって異なる可能性があるので、必ず入学時に配布された「履修案内」に従ってください。

履修科目は 教養教育科目専門教育科目 に分類され、取得単位数は 別々に計算される
学部毎に、教養教育科目と専門教育科目で卒業に必要な単位数がそれぞれ決まっており、これを満たさない場合は留年しなければならない。
また、学部の専門教育科目でも、教養教育科目として他学科・他学部の生徒も同じ講義を受講できる科目がある。
自分が専門で受けているのかか教養で受けているのかは履修登録<作成待ち>の際に入力する講義番号で決定される。
「専門」で履修するべき生徒が「教養」として単位を取得すると、後々面倒なことになるので注意が必要。



教養教育科目

全ての科目は6つの系に分類される。
  • 外国語系
    • 英語
    • 独語・中語・仏語・露語・韓語
  • 人文系
  • 社会系
  • 自然系
  • 情報系
  • 体育系
学部や学科によって必要となる教養科目の系・単位数は異なる(特定の系から一定以上の単位数が必要とされる)。
学部学科によっては、教養科目でも必修であったり、形式上は選択科目であるが、 事実上の必修となっている科目がある

合計で 32単位 (経済夜間主・教育は20単位、工学は26単位)以上を卒業用件として要求される。

他にも、「副専攻プログラム」・「テーマ教育プログラム」・「特別教育プログラム」・「日本語・日本語事情科目」による履修があり、規則は少し複雑になる。
外国人留学生は外国語系の取り扱いなどが特別な場合がある。


専門教育科目




実験・実習




リンク

埼玉大学の授業評価(楽天)(一部で無料会員登録が必要)
http://campus.nikki.ne.jp/?module=lesson&univ=%BA%EB%B6%CC%C2%E7%B3%D8

更新履歴

取得中です。


今日の人気ページ