※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「我が剣が奏でる華麗なる乱舞、お前ごときに見切れるか?」


剣の道を極めたものにのみ使うことが許される、
「御剣術」と呼ばれる奥義を習得した戦士。スラッシャーのサブクラスです。
その者が使う剣は宙を舞い、まるで踊るような華麗な動きを見せると言われています。
スラッシャーの近接特化に比べ、ソードダンサーは中距離・長距離に優れた
スキルを備えており、間合いにあわせた多彩な攻撃を得意としています。(公式より)


敵をスタンさせる機械。
コロでの危険な敵の処理、ボス戦では活躍できるよ!!


通常攻撃

ソードダンサーはほとんどの場合スキルだけでは回せないので通常攻撃を多用します。
弱1~弱3は強1に、強1~2は弱2へ派生が可能です。
また、通常攻撃は移動しながらの攻撃がほとんどなので実際に使ってみて慣れよか。

通常攻撃(弱)


通常攻撃(強)


スキル



飛燕剣スキル


  • 飛燕剣マスタリ初級~上級
命中がうまいのとかりき底上げにとっとこ

  • 飛燕剣マスタリ最上級
とりあえず保留
振る場合は職鞘の影響を受けないのと固有スキルの武器強化と同じ効果である点に注意

  • 破天_近
必須スキル。
目の前の地面から剣がズバーン
破天強化と合わせることでヒット時敵をスタンさせることが出来る
敵を浮かしながら吹き飛ばすので考えて使おね

  • 破天_遠
破天_近をとった分だけスキルポイントを使わずelyで習得できるのでエコやねん
名前の通り近よりも遠くに剣が出現する 距離を覚えとくといろいろ捗るぞ
あとの説明は近と同じ

  • 飛天
必須スキル。
なんかいっぱい剣がふってくるつよい
飛天強化を取ることによってクリティカルが出まくる 相手はしぬ

  • 飛天[強化]
飛天取ったならとれ

  • 回撃
剣を出しながら突進
移動スキル 二刀の移動術みたいに少し上段に登ったりできない
移動しながら釣ることができる
最終的にコレか無限のどっちか20振りにすることになりそう
弐を取ると二回、参を取ると三回発動できる


  • 無限
左右に剣がにょきにょき
上判定が強めらしい
取るなら20まで振ろね
微妙に打ち上げ効果があるため適当にうってると敵を上段に上げてしまったりする
弐を取ると二回、参を取ると三回発動できてだんだん距離が伸びる

  • 滅天
前に剣を投げる
ソードダンサーの中では火力高めのスキル
距離を生かした攻撃が可能である反面、敵が近すぎると当たらないため使って慣れろ
弐を取ると二回、参を取ると三回発動できてだんだん距離が伸びる、そのため近くの敵にはさらに当たりにくくなる


固有スキル


  • 破天[強化]
必須スキル。
ソードダンサーの代名詞とも言えるスキル
破天(近または遠)をヒットさせることで確定スタン2秒
アクティブでAPスキルであることに注意
破天のダメージも少しだけ強化されるらしい
破天がヒットしなかった場合は消えるが破天の発動自体を止められた場合は消えない

  • 筋力、幸運強化
前提とる

  • AP回復
アクティブスキル
APを使うスキルは破天強化と、奥義、奥義弐式、クイックタイム[強化]
必要に応じて取ろう

  • AP拡張
奥義とるならとりあえず前提

  • ソードダンサー奥義
効果時間は40秒+SLv*20秒。
1秒ほどの短時間に2000~4000*3の出血ダメージを与える。
転職直後は強力なのだが、出血ダメージは装備などでの増強がほとんどできないため
素の火力が上がる終盤ではやや微妙な立場になってしまう。
スキリセ本を使うつもりがなければ最初から取得しない選択肢もあり。
 ----------ここまでwiki----------
要するにおれは取ったことないから取った人書いてね^^

  • ソードダンサー奥義[弐式]
たぶんふってる余裕ない

  • APスティール
いらない

  • ダメージ強化
その先のスキルを取るなら前提とる

  • 武器強化
最上級マスタリと効果が同じ

  • クリティカル確率強化
とっておきたいスキル
つよい

  • 限界突破
いらないけどクイックタイムとりたいなら10まで振らないといけない
障害

  • クイックタイム
レベル毎にCT1%減少
パッシブスキル

  • クイックタイム[強化]
10分の間レベルごとにCT1.5%減少
クイックタイムと違いアクティブでAPスキルであることに注意
技スキル安くなったしここまで振りやすくなったんじゃね

  • 憤怒
解説文では物理最大ダメージ上昇となっているが物理最大最小ダメージ双方が上昇するらしい

  • 激怒
今までと同じ
終盤のボス戦などでは発動するタイミングがないので切る場合もある