※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3D-Watch ../ ../

ソフトウェア名 3D-Watch
現Version 1.01
作者(敬称略) いわき(MIRO)
配布元 Ruputer Fan
ソフトウェア形態 フリーソフトウェア
ソース 公開/ASM

紹介

概要

CPUの非力なRuputerで3D表示を実現。
画面中央に表示されるフレームが意味ありげに高速回転する。
回転するフレームには立方体と八面体の2種類がある。
年月日表示、24時間制の時刻表示に加え、BEAT表示に対応している。

もう少し詳しく

EXF版とWCH版の違い
簡単に説明すると、
exf版は親プロセスアプリで、
wch版は子プロセスアプリだ。
バイナリエディタで見てみると、一番先頭のロードアドレスが異なっていることが分かる。
Ruputerはシングルタスクであるため、
通常は、他のプログラムを起動するなら、現在のプログラムを終了しなければならないが、
子プロセスであるwch版は、Ruputer Easy Laucher 等のランチャーアプリを利用することで、
ほかの親プロセスアプリ実行中であっても、その上に起動することができる。
(例えば、標準の反転ゲームを中断して、その上に3DWATCHを起動しておく。等)

また、wch版には他にも特徴がある。
拡張子連動でEasy Laucherと便利に連携できる機能だが、
そのあたりは付属のマニュアルを読んでみてほしい。

2000年問題
上の表のスクリーンショットを見てもらうと分かるとおり、
2009年が1909年と表示されてしまっている。これが2000年問題だ。

この問題に対応した改変バージョンは2ch経由でリリースされている。



(スクリーンショット情報)
バイナリエディタ:Stirling ver1.31 + WinShot ver1.53a
他:RuputerPRO + 画面キャプチャ(rupcaptu) ver1.00