※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Picture Watch ../ ../

ソフトウェア名 Picture Watch
現Version 0.15
作者(敬称略) たろサ
配布元 らぴゅーとぴあウェブ
ソフトウェア形態 フリーソフトウェア
ソース 非公開

紹介

概要

任意のmmp(102x64)を背景に設定できるアナログ時計。
大きく分けて2種類の使い方がある。

ひとつは、そのまま実行ファイル picwatch.exf を起動する方法。
この場合、picwatch.piw 内で指定されたmmpが背景になる。

もうひとつは、 piwファイルの方を拡張子連動で起動する方法。
FILER.INI Editor等を使い、.piw拡張子にpicwatch.exfを割り当てる。
この場合、起動する piwファイル内で指定したmmpが背景になる。
導入にひと手間かかるが、こちらの使い方のほうが多くのmmpで遊びやすいのでオススメだ。

どちらの使い方にせよ
使用するpiwファイル、指定するmmpファイル、picwatch.exfは同一ディレクトリ内に必要だ。

もう少し詳しく

PIW記述方法
付属のマニュアルにも書かれているとおり、
piwファイルの記述方法は
指定mmpファイル名+改行だ。
初期設定
作成したpiwファイルをはじめて起動すると、初期設定状態になる。
1:十字で時計の中心を指定する ->ENTER
2:上下で縦幅、左右で円の大きさを指定する ->ENTER
3:秒針が一周するのを待つ
秒針が一周する間はキーが効かない。これはデフォルトなので焦ってリセットしないように。
初期設定のデータはそのpiwファイルに書き込まれる。
システムエラー
設定データが書き込まれた後に、そのpiwファイルの指定mmp名を書き換えてはならない。
書き換えたpiwファイルを起動するとRuputerがシステムエラーを起こしてしまう。気をつけよう。

同様の理由から、picwatch.exfを直接起動する方法で、任意のmmpを指定する場合には、
新規にpicwatch.piwを用意する必要がある。(指定mmp名+改行)
作成例
例えばこんな感じ



(スクリーンショット情報)
メモ帳:WinShot ver1.53a
その他:RuputerPRO + 画面キャプチャ(rupcaptu) ver1.00
おまけ->