※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

WineでPCFiler(rupfiler)

なにかと話題のWineでRuputerのPCFilerを動かしてみた。
(「Ruputer PC Filer」を以下「rupfiler」と呼ぶ)
結論を先に言えば、「rupfilerはWineで利用できる」
ただ、やはりちょっとクセがあるようだ。
そこで導入の際の手順や注意点やらをまとめておく。

導入環境:
  • Ubuntu Linux 8.10 (日本語REMIX)
  • GNOME 2.24.1
  • Wine 1.1.8
  • HDD40GB
  • 通信ポート:COM1

wine_version.jpg

要旨:
rupfilerのVer wineの動作設定 動作 同期 備考
v1.02(Pro付属) windowsXP OK NG 「パソコン上でエラーが発生しました」
v1.02(Pro付属) windows95 OK OK 上のエラーを回避
v1.10(+upall130) windowsXP OK OK 特になし
v1.10(+upall130) windows95 OK OK 特になし
v2.52(+rupV21) windowsXP OK OK RupShell.exeの起動が必要
ファイル転送の問題から非推奨
v2.52(+rupV21) windows95 OK OK 上と同じく
参照
  • Pro付属のrupfiler v1.02でもwin95設定なら同期OK(アップデート不要?)
  • v2系のrupfilerではなく、v1系をあえて使うべし
  • ドラッグ&ドロップやコピー&ペーストによるファイル転送は不可(?)
  • ファイル転送手順:同期完了->cache弄る->F5で更新->同期上書き終了

初期インストール

今回は直接付属CDからではなく、そのCDのバックアップからインストールした。
  • インストーラ起動
wine_rupfiler_01.jpg
あっけなく起動。

  • インストール完了
wine_rupfiler_02.jpg
あっけなく完了。
とくに注意点もない。Windowsでインストールするのと変わらない。

Wine側の設定とrupfilerの動作

Wineは起動するアプリケーションごとにWindowsのバージョンを指定できる。
wine_rupfiler_04.jpg
(Windowsで言うところの「互換性」のようなものだろう)

  • WindowsXPの設定の場合
とりあえず、WindowsXPの設定にしてみる。
wine_rupfiler_xx.jpg
そして、rupfiler(v1.02)を起動してみると、起動はした。
しかし、同期中に..
wine_rupfiler_03.jpg
悪名高い(?)「パソコン上でエラーが発生しました」が出る。
最近Ruputerを手に入れた人がよく困るエラーとして知られている、例のアレだ。
この辺りは実際のWindowsXPの場合の動作と変わらないだろう。

  • Windows95の設定の場合
そこで、Wine側でrupfilerをwindows95モードで起動する設定に変えてみる。
wine_rupfiler_05.jpg
それから再度rupfilerを起動すると...?
wine_rupfiler_06.jpg
見事、同期に成功!
wine_rupfiler_07.jpg

このように、rupfilerは Ubuntu Linux 上の Wine で動作した。
また、 少なくとも編集者の環境では
Wineでrupfilerの動作設定をWindows95にしておけば、
最も古いバージョンである、rupfiler v1.02でも(何故か)同期できた。
これは実際のwindows機に対してアドバンテージかもしれない。

この他、upall130適用後のv1.10とrupV21適用後のv2.52でも動作・同期を確認した。
v1.02以外であれば、windowsXPの設定でも同期できた。
ただし、次の項の理由から、v2系は使わないほうが良い。

ファイル転送の問題

編集者が試した限りでは、
  • ファイルをLinux側から直接ドラッグ&ドロップでrupfilerに渡す動作
  • ファイルをLinux側から直接コピー&ペーストでrupfilerに渡す動作
を行うことができなかった。
では、Ruputerにファイルを転送するためには、
どうやってrupfilerにファイルを渡せばよいのだろう?
以下、RupTEST.txtというファイルを送ってみるという形で手順を一つまとめておく

  • 1:Ruputerとrupfilerを同期させる
ドッキングステーションに乗せたままの状態。rupfilerも動作中のままで。

  • 2:転送したいファイルをrupfilerのcache/下に放り込む
wine_rupfiler_08.jpg
Program Files/Ruputer/pcfiler/にcacheというフォルダがある。
v1系のrupfilerはファイル転送の際に次のような動作をしている。

1:Ruputerからファイルを転送してcache/下にバックアップを作る
2:そのcache/にRuputerに送りたいファイルを追加する
3:同期終了時にそれをRuputerに上書きする

この動作を利用してファイルをrupfilerに渡すのだ。

  • 3:rupfiler側でF5キーを押して「最新の状態に更新」する
wine_rupfiler_09.jpg
企みどおり、rupfiler側にRupTEST.txtが現れた。

  • 4:一括転送(上書き)して終了
当然、rupfilerの終了メニューでは上書きして終了を選ぶ。
wine_rupfiler_10.jpg
すると、このようにRuputer側にファイルを送ることができた。

以上、rupfilerにファイルを送り、Ruputerに転送できた。
しかし、ここで紹介した方法はv1系の動作を利用しているので、
動作が異なるv2系のrupfilerでは使用することができない。
Linux+Wineで利用する際には、あえてv1系を使ったほうが良いということらしい。

なお、cache/下にファイルを放り込むのは、あくまで同期中でなければならない。
同期前にcache/下にファイルを追加しておくと、それは自動的に削除されてしまう。
その点注意。

その他の問題点

Wine上のrupfilerで確認した不具合(?)を挙げておく。

  • 更新日時が文字化ける
wine_rupfiler_11.jpg
メニューなどは大丈夫なのになぜかここだけ。

  • まれに謎のファイルが転送される
wine_rupfiler_12.jpg
cache/下に追加した覚えのないファイルが転送されることがあった。
これがどういう条件で起こるのか、まだ分からない。
しかし発生頻度は低いようだ。気にするほどでもない..か?

  • インストーラの斜体日本語が化ける
なぜか斜体は化ける。

総括

Linuxでも、Wineを介することで、rupfilerを利用することができる。
「rupfilerはVISTAで動くか?」「7で動くか?」などという心配にウンザリな方は、
Linux + Wineな環境に乗り換えてみるのも良いかもしれない。

もちろん自己責任で。