※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キーホルダー化のためのバンド素材選定(レポ)

バンドの素材が欲しいと思って手芸屋に行くと、
あまりに沢山の種類の素材があって面食らうだろう。
一体、どういう種類の素材が良いのだろうか?
色々試してみたのでレポートしてみる。良ければ参考にして欲しい。

素材の幅は、たいてい、20mmか25mmといったところだろうと思う。
とりあえず25mmを選んでおくことにする。

さて、Ruputerをバンドで固定するためには、
ココ
を何かしら通す必要があると思う。
横幅は(良く知られているように)23mmなので、25mmだと少し幅が広いことになる。
また、バネ棒と本体とのスキマもそれほど広くない。

では、試してみる。


(トートバッグの持ち手などに使われているような)
こういう厚手の素材はどうだろう?
(・・・)厚すぎて通らない。


また、このように薄いが硬すぎるような素材も問題があるようだ。
薄さは十分だが、硬すぎて25mm-23mmの2mmの分だけ無理してしまい、結局通らない。
(23mmにキレイに幅を整えられる技術があれば問題ないかもしれないが、難しそうだ)


つまり、ある程度薄手で、やわらかい素材が使いやすいのだろう。
やわらかい素材だと、幅の融通が利く。25mmでもOK。
ただし、何せ薄いので、強度不足になりそう。
バンドを作る際には、強度の点で工夫する必要があるだろう。


(番外)
何やらエレガント(?)な感じの素材があったので、試した。
少し厚い感じだが、十分やわらかいのでOK。


どうやら(25mm幅の素材を選ぶ場合)、
Ruputer本体をバネ棒を通して固定する役割には・・・
(ある程度薄く)柔らかい素材が良いらしい。

ただ、厚い素材や、硬い素材がバンド作りに使えないというワケではなく、
足りない強度を補う役目に工夫して使えるかもしれない。

素材はこれら以外にも沢山あるので、いろいろと試してみて欲しい。

以上。