※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カシメ玉の打ち方

(*アクセサリー用ではなく、バッグなどの補修用のカシメ玉)
追記: Ruputer関係以外で来た方へ
この記事、Ruputer用に自作バンドを作ろうという趣旨で書いたものなので、
一般的な手芸に使えるかどうか不明ですよ~・・お気をつけを。

例えば、このX印を重ねるようにカシメ玉で固定したいとする(理由はともかく)。
こんな感じに。
そのためには、まず、このポンチで下穴を開ける必要がある。
写真のように、傷ついてもよい硬くて平らな下敷きを用意し、
その上から、布のX印の真ん中を貫くように、ポンチをハンマーで水平に叩き、穴を開ける。
(かなり思い切って力を加えてもよい)
ちなみに、かなりうるさい音が出るので、外に出てコンクリートの上でやったほうがイイかも。
穴を開ける際、(当然)ゴミが出る。
切れ味が悪くなるかもしれないので、先のとがったもので掃除しながら作業しよう。
うまく穴をあけられれば、このような状態になる。(写真では微妙にズレたけどw)
次に、このカシメ玉で固定にかかる。
カシメ玉には、凹面のメスと凸面のオスがある。
布にあけた下穴を通して、この凹凸を合わせる。
これを、この固定用のハサミ(パンチ)に・・・
はさむ。
そして、平らなところの上で、
叩く、叩く、叩く!
するとこのようにピッタリと布が固定される。
これで完了だ。