※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

分解の前に ../

失敗する危険を減らすには、事前の準備と、注意が必要。

事前の準備

『基本の分解』までの段階で必要な工具は

mae01.jpg
プラスの精密ドライバー(極小)
ピンセット
バネ棒外し
硬貨

ドライバーは精密ドライバーの中でも相当小さいものが必要。
裏蓋のネジを基準に探すと良い。内部も同じドライバーを使う。
ピンセットは(あまりにも)小さな部品を扱うために必要になる。
バネ棒はずしは、
分解の時、バンドを外さなければならないので必要になる他、役立つこともある。
硬貨は電池蓋を外す/つける際に必要

あと、
mae02.jpg
新品の電池(CR2025 X 2)
も用意しておいたほうが良い。

また、さらに、
『外枠の分解』でボタン部分を分解するのであれば、
mae05.jpg
セロファンテープ

『中核の分解』を行うのであれば
mae03.jpg
マイナスの精密ドライバー(極小:1.2mm位
(*こじ開ける際に使う。マイナスのネジは無い)

を用意しておくと良い。

(追記 -07/09/25 - 冬に備えて)
ピンセットは、プラスチックのものがあればなお良い。
pla_pincet.jpg
電気には気を遣っておこう。(キズつけにくいという効果もあるか?)

注意・警告

【必ず絶縁して作業すること】 (追記 - 15/01/10)
電池を抜いたRuputerが、静電気に著しく弱くなる場合があることが判明した
分解の際はかならず手袋などで静電気対策をしなければならない
ピンセットもプラスチックなど材質に気をつけよう。
(※静電気といってもバチバチ火花が飛ぶのはマレで、大抵は見えない状態で悪さをする)

【1:指先技は必須】
Ruputerの分解は簡単とは言えない、
一度も精密機械を分解したことのない場合は、即刻止めること。

【2:電気と水は即死】
冬に作業する場合、もしくは厚着をしている場合は、
薄着にした上で、あらかじめ放電しておくこと。
コップなど水気を含むものを近くに置かないこと。
暑い場合は空調を整え、汗を引っ込めること。
絶対に風呂上りに分解しないこと。

【3:環境・姿勢を整える】
分解は、
直射日光・埃・騒音・振動・風・来客を避けられる場所/時間にある、
明るい・単色な・狭くない・水平な・安定した机の上でおこなうと良い。
また、部品の転がり予防のため、単色な布を敷いておくとさらに良い。
不意に部品を落としても机の上に落ちるように、姿勢も整えておく。
作業領域は机の端に持ってこない。

【4:部品の記録をつける】
分解で部品を取り外す際は、
どの段階で分解した、どの箇所の部品なのかを記録しておく。
たとえば、『基本の分解』で言えば、
このように記録を残して順次部品を置いておく(残し方は一例)
kiroku1.jpg kiroku2.jpg
kiroku3.jpg kiroku4.jpg
と、言うのも、同じように見えてもネジは微妙にサイズが違うことがあり (追記 - 15/01/10)
もとあった場所以外に入れると緩すぎたり、ネジ穴がバカになったりすることがあるからだ

どんなに準備しても、準備しすぎるという心配だけはない。
準備ができたら、まずは基本分解へどうぞ。