※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

画面キャプチャ(RupCaptu)

ソフトウェア名 画面キャプチャ(RupCaptu)
現Version 1.00
作者(敬称略) たろサ
配布元 らぴゅーとぴあウェブ
ソフトウェア形態 フリーソフトウェア
ソース 公開/C

紹介

スクリーンキャプチャ。Ruputerの画面のコピーを撮る。
『RUPCAPTU.EXF』でユーザが設定した撮影時間になると自動的に撮影する。
撮影したイメージは本アプリと同じ階層に『RUPCAP01.MMP』として保存されている。

本アプリで大抵の画面はキャプチャすることができる。
しかし例外として、次のようなアプリの場合はキャプチャできない。
  • ファイラーイベント(ちびファイラ等)に対応していないアプリ
  • 標準LCD-BIOSのワーク画面やGVRAMを使わず独自でVRAMを構築しているアプリ(*1)

なお、本アプリは時間指定による狙い撮り専門であり、
『今、この画面を撮りたい』という時に子プロセスからキャプチャを呼び出せるわけではない。
そのため撮影タイミングは結構シビアである。


(スクリーンショット情報)
全:RuputerPRO + 画面キャプチャ(rupcaptu) ver1.00

(注釈)
(*1)独自VRAMを使う際にキャプチャに対応する方法がRuputerFanの技術情報に紹介されている。