※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アナログ時計用針先端位置 C言語用テーブル作成

ソフトウェア名 アナログ時計用針先端位置
C言語用テーブル作成
-
現Version 1.00
作者(敬称略) シン
配布元
<転載中>
転載所 -
ソフトウェア形態 フリーウェア
ソース 非公開

紹介

アナログ時計の針の座標(X,Y)を示すテーブルを作成するソフト。CUI。
テーブルはテキストとして出力される。なお、C言語用のライブラリではない。
テーブル作成には時計の円の中心座標・半径、時・分・秒針円の半径が必要だ。

出力される形式は
int xtbl[3][60] = {
の後に時針・分針・秒針のX座標がそれぞれ60ずつ。
int ytbl[3][60] = {
の後に時針・分針・秒針のY座標がそれぞれ60ずつ。

時計の中心座標と、このテーブルから抜き出した針の座標との2点を
gv_line関数やpv_line関数などで結べば針をあらわす直線を描けるだろう。

Ruputerの開発でC言語標準のライブラリを使うとサイズが超増大する。(+20KB位?)
それならテーブルを作っておいたほうが小さくなるし、実行速度も速くなる。
アナログ時計を自作したい方にとっては便利に使えるに違いない。


(スクリーンショット情報)
全:スクリーンショットなし