※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

RupEdit ../ ../

ソフトウェア名 RupEdit
現Version 2.01e
作者(敬称略) Kerberos
配布元 IORI
ソフトウェア形態 フリー
ソース 非公開

紹介

概要

Ruputerでテキストファイルを新規作成・編集するソフト。
exfファイルと同一ディレクトリのみだが一応閲覧もできる。
Ruputerはボタン数が少ないため、操作体系がやや特殊。(後述)
その関係で入力にELキーやFILERキーを使うので、
EasyLauncherやファイラーイベントとの相性はあまりよくない。
ひらがな->漢字の変換用辞書を独自で持つ。
辞書の分、インストールサイズは大きくなるが、
この辞書はPC側で編集することができる。

もう少し詳しく

RupEdit同梱のreadme(rupedit.txt及びmkrindex.txt)が非常に詳しい。
詳しくはそちらを読むことをオススメするが、
ややとっつきにくいため、入力に関する基本的なことだけ簡単にまとめておく。
インストール

インストールの際は3つのファイルをセットで同一ディレクトリに置く必要がある。
1:rupedit.dic :辞書ファイル(TXT形式)
2:rupedit.exf :rupedit実行ファイル本体
3:rupedit.idx :辞書ファイル用のインデックスファイル(バイナリ形式)

画面構成
画面構成に関して。

それぞれ、
右下の「。、∴…ー」が「入力文字列」で「文字の選択を行う」エリア
左下の「はつね」とあるのは「変換バッファ」で「文字の変換を行う」エリア
左上の「|」は現在の入力位置を示している。
また、「入力文字列」と「変換バッファ」を合わせて「システムライン」という。

文字入力の基本的な流れ
大体、
「入力文字列」中心の文字選択と
「変換バッファ」中心の文字変換の2つのフェーズに分かれる。

  • 文字選択フェーズ
「入力文字列」で文字を選択し、「変換バッファ」に文字を溜めるフェーズ。

(操作方法)
↑↓←→ :文字選択
ENTER :選択中の文字を変換バッファへ転送
FILER :変換バッファから最新の一文字を削除(変換バッファが空ならBackspace)
EL :文字変換フェーズへ移行

  • 文字変換フェーズ
「変換バッファ」の文字に各種変換を行う。辞書はここで使う。

(操作方法)
→← :辞書を参照し文字を変換
↑or ENTER or EL :「変換バッファ」の内容を入力確定
:平仮名->カタカナ->入力確定 / 全角英数->半角英数->入力確定
FILER :文字選択フェーズへ戻る

これを繰り返すのが基本。
最も重要な点は 変換バッファに入れただけでは入力として確定していない ということ。
ELキーで文字変換フェーズに入って確定しなければ入力できていない。
なお、MENUキーでメインメニューが開くが、この際変換バッファの内容は消えるので注意。

その他
以上がRupEditの使用に関する基本的な事項。
そのほか、濁音・半濁音や前回入力した文字列のリピート等、
出来る限りRuputerで入力しやすくする仕組みが搭載されているので、
同梱のテキストに沿って色々試してみて欲しい。


(スクリーンショット情報)
ファイラー以外:Aurex2 RC4 + WinShot ver1.53a
ファイラー部分:実機(Ruputer PRO) + 画面キャプチャ(rupcaptu) ver1.00
(注:Aurex2 RC4では入力等不具合が出ます)