※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マルチタイムビュワー ../ ../

ソフトウェア名 マルチタイムビュワー
現Version 1.21
作者(敬称略) かーく
配布元 vector_ラピュータ用
ソフトウェア形態 フリーソフトウェア
ソース 非公開

紹介

概要

カウントダウンクロックの機能強化版。
順番としては21世紀まであと何日?->カウントダウンクロック->マルチタイムビュワーとなる。

カウントダウンクロックと比べて大きく変った点は次のとおり

  • 設定ファイル作成機能の追加
  • オフセットデータに対応
  • 年,月,日の指定のない、時,分のみのデータに対応
  • アラーム機能
  • その他諸々(サマータイム等)

設定ファイルの記述方法は、カウントダウンクロックの形式が基本的に踏襲されている。
(つまり、カウントダウンクロックを先に把握しておいたほうがよい)

もう少し詳しく

設定ファイル作成機能
カウントダウンクロックの場合、
設定ファイルはすべて他で用意する必要があった。(PC等)
マルチタイムビュワーでは、これが一部改善され、
通常の設定ファイル(X年X月X日X時X分まで/からの時間)については
プログラム内で作成することができるようになった。
ただし、「通常」でないファイル、
例えばスケジュール連携や、今回追加されたオフセットデータなどは、
やはり他で用意する必要がある。

オフセットデータ
今までは、(曖昧にでも)時点を指定した上で
「XXまで」「XXから」を表示するという処理しかできなかった。

マルチタイムビュワーでは、これに「オフセット」処理が加わった。
これは要するに、
「今からXXだけズレた時間を表示する」という機能だ。(「今」には仮想時間も設定可能)
実用面から分かりやすく言えば、世界時計機能ということになる。

また、標準のワールドタイムの設定データ(World.ini)を参照することもできる。
ただし、参照できるWorld.iniファイルはv1系に限る。



(スクリーンショット情報)
全:RuputerPRO + 画面キャプチャ(rupcaptu) ver1.00